北海道ラボ

いつも弊社製品をご利用頂きまして誠にありがとうございます。この度、バージョン1.18.4のSmartBrainをリリースいたしましたのでお知らせ致します。

今回のアップデートは主に、twitterアカウントを用いた外部認証のバグフィックス、ユーザ人数推移グラフ機能の追加などが行われております。

詳細は以下のとおりです。

アップデート内容

■twitterでのログインの処理をapi version 1.1に対応しました。
twitter側のAPI変更により、twitterアカウントでログインが出来ない問題を 解決しました。
自動バージョンアップが有効な場合、順次アップデートいたしますのでお待ちいただくか、下記のお問い合せフォームからアップデート依頼をいただけますと迅速にアップデートいたします。

■ユーザ数の推移グラフ機能を開発しました。
管理機能->システム情報画面のユーザ数の詳細ボタンから閲覧可能です。

■コース管理 コンテンツの物理データクリーンアップボタンを開発しました。
コース詳細のSCO一括削除ボタンを作成しました。コースはそのままでSCOを再配置する場合などにご利用ください。

■ユーザCSVインポート 特定の条件下で新規登録ユーザ数を正しくカウントできなかった問題を解決しました。

■クイズプレイヤー ネットワーク接続エラー時のログを貯めておき、退出時にサーバに送信する機能を開発しました。
弊社での設定変更作業が必要です。

■IE7の場合親のscoフォルダまでopenFolder関数が呼ばれ、閉じてしまう問題を解決しました。

バージョンアップ版の適用

SmartBrainのバージョン、1.15から、自動でバージョンアップする機能を備えています。システムの迅速なバージョンアップをご希望の方は、システム情報から自動バージョンアップを「有効」になっている事をご確認下さい。標準の設定は、「有効」ですので、バージョンアップを行なって欲しくない場合は、「無効」の設定をお願いいたします。

なお、サーバ運用の都合上、バージョンアップ順次行われていきますので、すべてのバージョンがリリース直後にバージョンアップするわけではありません。ご了承下さい。

▼自動バージョンアップ機能について
http://blog.elearning.co.jp/archives/26353.php

▼お問い合せフォーム
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290


SmartBrainの無料お試しは、以下のURLからお申込み下さい。

いつも弊社製品をご利用頂きまして誠にありがとうございます。この度、バージョン1.18.1のSmartBrainをリリースいたしましたのでお知らせ致します。

今回のアップデートは主に、環境作成時の通知処理変更、外部認証の文字化け修正、動画プレイヤーに製品ロゴが表示されてしまう場合の対策などのバグフィックスが行われております。

詳細は以下のとおりです。

アップデート内容

■スムーズに導入頂けるように環境新規作成時の動作を整理しました
・環境の新規作成時に、環境URL,ID,PW ならびに今後の手順を表示し、同時に同じ内容が記載されたメールを送信する機能を開発しました
・環境の新規作成時に送られていたメールのうち、コース割当通知など混乱をきたすものは配信停止しました
・環境の新規作成時の入力項目からIDを削除し、代わりにIDとしてメールアドレスを利用するようにしました。

■SmartBrain外部認証機能を利用する際、外部認証機能が有効で、かつログイン画面からのユーザ登録が無効となっている場合に、文字化けを起こすことがあったため、解消いたしました。
現在はアラート画面を設け、新規登録できない旨を表示し、外部サービスのアカウントを既存のユーザに結びつける場合の手順を記載してあります。

■既存コンテンツに「動画・PDF・音楽・静止画・HTML・MS Officeを追加」からFLVを追加した場合に、動画プレイヤーに製品ロゴが表示されてしまう問題を解決しました

■お知らせ外部設置の画面表示が崩れる場合があったため、改善しました
ただし、呼び出し元のHTMLの構造に影響され、画面表示が崩れる可能性をなくすことはできません。
予めご了承ください。)

■コース複製時にコンテンツの構造が崩れる場合がある問題を解決しました

■新規ユーザ登録の場合、かつ、初期割り当てコースが存在する場合に、
割り当て通知メールの名前(nickname)が空白になってしまう問題を修正しました

■お知らせにユーザトップ画面からアクセスできる機能を開発しました
具体的には、FAQの隣にお知らせに遷移するリンクを追加いたしました

■お知らせ管理で確認画面から編集画面に戻ると入力した期限などが失われる問題を修正しました

 

バージョンアップ版の適用

SmartBrainのバージョン、1.15から、自動でバージョンアップする機能を備えています。システムの迅速なバージョンアップをご希望の方は、システム情報から自動バージョンアップを「有効」になっている事をご確認下さい。標準の設定は、「有効」ですので、バージョンアップを行なって欲しくない場合は、「無効」の設定をお願いいたします。

なお、サーバ運用の都合上、バージョンアップ順次行われていきますので、すべてのバージョンがリリース直後にバージョンアップするわけではありません。ご了承下さい。
(今回は1.17系→1.18系となりますので、バージョンアップ作業はゆっくり行なっていく予定です。早く試してみたい方は、お問い合せフォームからお申し出下さい)

▼自動バージョンアップ機能について
http://blog.elearning.co.jp/archives/26353.php

▼お問い合せフォーム
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290


SmartBrainの無料お試しは、以下のURLからお申込み下さい。

ミク給、支給のお知らせ

CATEGORIES 北海道ラボby.o.nakamura0 Comments2012.09.01

函館研究所の日頃の頑張りに大して、経営陣より、特別手当(ミク給)が支給されましたのでお知らせいたします。

ミク給に喜ぶ函館研究所の面々

・初音ミク FamilyMart Ver. 1/8 スケールフィギュア
・オリジナル複製原画 Illustration by KEI
・コロコロクッション
・グラス
・クリアファイル
・グラフィグABS
・オリジナル3Dポスター Illustration by KEI

※一応念のため。
 日々の小ネタ風味の記事です。ほどほどにお楽しみ下さい。

SmartBrain1.18から既存ユーザーの外部認証へのひも付けが出来るようになりました。
各ユーザーの個別設定より設定できます!

設定方法

▲外部認証が可能なログインフォーム

 

▲個別設定を選択

 

▲ソーシャルログイン設定を選択

 

▲外部アカウントひも付け画面

 

こちらの画面よりSmartBrainアカウントを「Facebook」「twitter」「Google」のアカウントとひもづける事が出来ます。

とても便利なこの機能、ぜひお試しください!

SmartBrain1.18より、ブログなどへのSmartBrain外部ログインフォーム作成で外部認証ボタンの追加が出来るようになりました!

追加方法

▲管理機能を選択

 

▲ポータル管理を選択

 

▲ログインフォーム作成を選択

 

▲ログインフォーム作成URL画面

こちらの設置したいログインフォームのHTMLをブログなどに使うと、ログインフォームを設置することができます。

表示サンプル

ログインフォームのみ

 

ログインフォーム+外部認証ボタン

 

外部認証ボタンのみ

ぜひご利用ください!

いつも弊社製品をご利用頂きまして誠にありがとうございます。この度、1.18系の最新版SmartBrainをリリースいたしましたのでお知らせ致します。
主に外部認証関連の強化などが行われております。
今後はFacebook,twitter,Googleでのログインフォームを外部に設置することが可能になります。
また、既存ユーザが外部認証サイトとのヒモ付を行うことが可能になりました。(個人設定内のソーシャルログイン設定から可能です)
利用方法につきましては、現在blogにまとめておりますので、今しばらくお待ち下さい。

詳細は以下のとおりです。

新規機能

外部ログインフォームの入力欄の幅を自動的に調整する機能を開発
外部ログイン認証 既存ユーザの外部認証との関連付け機能を開発(個人設定)
外部ログイン認証 外部ログインフォーム表示機能を開発(ID/PW入力表示、ID/PW入力+外部ログインフォーム表示、外部ログインフォーム表示の3種類が選べます。なお、既存のフォームは影響を受けません。)
ユーザ一括登録(CSV)時にユーザ種別(class)を指定できる機能を開発
管理者画面でのメールアドレス重複について、可能・不可能を選択できる機能を開発(弊社による作業が必要です)
SCO削除時に同一コース内の他SCOからも参照されているファイルは削除しない機能を開発
クイズ更新時にアセット(登録されたファイルリスト)に従いファイルを削除する機能を開発
コースのマニフェストファイルを更新・ダウンロードできる機能を開発
ASP環境/プラン変更履歴の、送信元アドレスのドメインをdomain設定の値を参照する機能を開発(メールタイトルは「ASP環境/プラン変更履歴(domain/環境パス)」のようになります)

バグフィックス

メールアドレスのドメイン部が数字からも始められるように修正
メール送信設定 パスワードヘルパー設定確認画面に有効・無効の確認表示がされるように修正
クイズプレイヤー Android4.0端末に於いて、スクロールが必要な問題の場合、選択肢を選択できないの問題があったため修正
クイズプレイヤー GalaxyTabを最新のバージョンにアップデートすると、クイズが学習できなくなるため、PCブラウザで学習した時と同じ処理を行うように変更
コース管理に於いて、コースが入っているはずのフォルダで「フォルダ内にコースが存在しません」と表示されることがある問題を修正
IE6用cssとIE7用cssをそれぞれ作成し、マージン処理を修正

その他

GalaxyS3の機種判定を追加
Windows版MYSQLでelm5_scoとelm5_userの行を挿入できない問題が報告されたので、デフォルト値を修正
Windows版MYSQLでassignを挿入できない問題が報告されたので、デフォルト値を修正

バージョンアップ版の適用

SmartBrainのバージョン、1.15から、自動でバージョンアップする機能を備えています。システムの迅速なバージョンアップをご希望の方は、システム情報から自動バージョンアップを「有効」になっている事をご確認下さい。標準の設定は、「有効」ですので、バージョンアップを行なって欲しくない場合は、「無効」の設定をお願いいたします。

なお、サーバ運用の都合上、バージョンアップ順次行われていきますので、すべてのバージョンがリリース直後にバージョンアップするわけではありません。ご了承下さい。
(今回は1.17系→1.18系となりますので、バージョンアップ作業はゆっくり行なっていく予定です。早く試してみたい方は、お問い合せフォームからお申し出下さい)

▼自動バージョンアップ機能について
http://blog.elearning.co.jp/archives/26353.php

▼お問い合せフォーム
http://smartbrain.info/?page_id=1290


SmartBrainの無料お試しは、以下のURLからお申込み下さい。

SmartBrainではユーザ一括して登録する機能があります。
(参考:SmartBrainマニュアル「ユーザ一括登録」)

ユーザ一括登録では登録時にグループを割り当てることもできます。
手順は以下の通りです。

▲ユーザ管理から「全ユーザ」を選択

▲「++」を選択

▲入力画面

一番上のインポートフィールドに「addgroup」を追加し、ユーザ入力部分の最後に割り当てるグループを入力します。
複数のグループを割り当てる場合は「」で区切りを入れて入力します。

▲確認画面

▲指定したグループに追加されています

これでユーザ登録と同時にグループを指定することが出来ました!

また、管理外のグループに追加しようとするとエラーが表示されます。

▲エラー表示

今回はグループを追加するグループに割り当てる「addgroup」をご紹介しましたが、
「updategroup」・・・現在割あたっているグループを削除し、指定したグループのみ割り当てる
「removegroup」・・・グループからユーザを削除する

なども同様の手順で行うことが出来ます。

ユーザー一括登録の詳しい方法はこちら
またユーザ登録と同時コースを登録する方法はこちらに記載されていますので、ぜひご覧ください。

函館研究所に新しいAndroid端末、GALAXY S IIIが届きました!
さっそく開封の儀を・・・

GALAXY S IIIの外箱

若干緊張しながら開けます・・・
緊張で何度かカメラを落としかけました・・・

あけてみました。

いざご対面。
画面が大きいですね。

大きいですが手に持ってみると以外と持ちづらくはありませんでした。
画面が大きいですがそんなに重くないです。
GALAXY S IIより角が丸いデザインになってます。

持ってみました

せっかくなので歴代GALAXY Sたちと並べてみました。

左からGALAXY S, GALAXY S II, GLAXY S III

これくらい大きいです。
どんどん縦長になっていきますね。

さっそく動作確認しなくては・・・!

いつも弊社製品をご利用頂きまして誠にありがとうございます。この度、SmartBrain1.17.1をリリースいたしましたのでお知らせ致します。

今回のマイナーリリースでは、バグフィックスを行いました。

変更点は以下のとおりです。

コース履修制限関連

コースフォルダを内包する場合の「順に学習」処理を修正しました
全フォルダ、全コース表示時のコースの履修制限に関する処理を変更し、エラー抑制を行いました

クイズ関連

IE8の場合、穴埋め問題で提出できない問題を修正しました
まとめて提出時、2問目から解答が表示される問題を修正しました
配点を0点にしたクイズを作成できる機能を開発しました

個人設定

購入履歴 キャンセルした時に表示が崩れる問題を修正しました

外部認証

ポータル管理に外部認証機能(twitter/Facebook/Googleアカウントによるログイン)の表示・非表示設定を開発しました

バージョンアップ版の適用

SmartBrainのバージョン、1.15から、自動でバージョンアップする機能を備えています。システムの迅速なバージョンアップをご希望の方は、システム情報から自動バージョンアップを「有効」になっている事をご確認下さい。標準の設定は、「有効」ですので、バージョンアップを行なって欲しくない場合は、「無効」の設定をお願いいたします。

なお、サーバ運用の都合上、バージョンアップ順次行われていきますので、すべてのバージョンがリリース直後にバージョンアップするわけではありません。ご了承下さい。
(今回は1.16系→1.17系となりますので、バージョンアップ作業はゆっくり行なっていく予定です。早く試してみたい方は、お問い合せフォームからお申し出下さい)

▼自動バージョンアップ機能について
http://blog.elearning.co.jp/archives/26353.php

▼お問い合せフォーム
http://smartbrain.info/?page_id=1290


SmartBrainの無料お試しは、以下のURLからお申込み下さい。

SmartBrain1.16 では、 クイズを作成する際、SmartBrain1.13のクイズに近い “old” というデザインを選択できます。今回は 1.13 のクイズ画面と 1.16 で “old” を設定した画面を比較してみます。デザインの変更方法については以下の関連記事をご覧ください。

関連記事:SmartBrain1.16 クイズ設定:クイズプレイヤーのデザインを6種類追加

 

開始画面

1.16 のクイズでは日本語・英語から言語を選択できます。
画面に表示されるメッセージやボタンなどの言語が変わります。

SmartBrain 1.13.17

SmartBrain 1.16.4

 

回答画面

1.16 のクイズでは 選択肢にラジオボタンやチェックボックスがついています。

また、ボタンの位置が以下のように変わっています。
1.13 : 画面下に「中断する」と「提出する」
1.16 : 画面上に「中断」、画面下に「前へ」「提出」「次へ」

さらに、1.16.4 から選択肢に HTML タグを使用することができるようになりました。
選択肢の左寄せ、右寄せや、文字の大きさ、色、数式などを自由に設定することができます。

関連記事:クイズ作成機能で、選択肢にHTMLタグを利用できるようになりました。

SmartBrain 1.13.17

SmartBrain 1.16.4

 

結果画面

クイズの結果が表示される画面では、メッセージの表示場所が変わっています。

SmartBrain 1.16.4


SmartBrain 1.13.17