SmartBrain

誰が何をどれだけ学習したかを管理できるeラーニングマネジメントシステムSmartBrain。 

パスワードの長さや文字数、有効期限などを設定できるモードパスワード強化モードのFAQを追加しましたのでご紹介します。 http://www.smartbrain.info/?page_id=12997

使い方

ログイン > 管理機能 > システム情報 > パスワード強化モードの設定 > 編集 > パスワード強化モードを使用する 「はい」 を選択

・パスワードの最低文字長・・・パスワードの最低文字数の設定項目です。半角数字で入力します。4-50までの整数値が入力可能です。

・パスワードに使用する文字の組み合わせの指定・・・半角アルファベット大文字、小文字、半角数字、半角記号、パスワードに使用させる文字の組み合わせ下限など、パスワードに使用する文字に関する設定項目です。

・パスワードの有効期限設定・・・ユーザがパスワードを変更してから指定した日数が経過すると、パスワードを変更しないとログイン出来なくなる設定項目です。半角数字で入力します。

・使用済みパスワードの保存・・・指定した回数のパスワードを保存する設定項目です。半角数字で入力します。ユーザがパスワードを更新するとき、保存したパスワードと比較され、一致しない場合パスワードが使用できます。例えば、10回と指定すると、10回変更前までのパスワードを保存しますので、11回変更前のパスワードは設定可能です。

・保存・・・上記の設定を保存します。

smartbrain詳細はこちらから

smartbrainについてはこちらをクリック

smartbrainについてはこちらをクリック


http://www.smartbrain.info/

・「smartbrain」お問い合わせはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

・「smartbrain」無料お試しはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

誰が何をどれだけ学習したかを管理できるeラーニングマネジメントシステムSmartBrain。 成績管理ツールについての説明を追加しましたのでご紹介します。

Q.成績管理ツールとは何ですか?

A.管理者が、学習者の成績を閲覧することができるツールです。標準機能の「閲覧履歴」とは異なるデータを表示することができます。以下、「成績管理ツール」の使い方や、表示できるデータについてご説明します。

▲成績管理ツールは、コースのひとつです。割り当てられた管理者ユーザの学習画面から閲覧することができます。

 

▲成績管理ツールのメニューには、「コース」「コンテンツ」「個人」の3種類があります。

 

コース

▲「コース」の画面です。ユーザやコースを選択して、コースの進捗率を表示することができます。

※コースの進捗率を指定して検索することもできます。例えば、コースを全て修了したユーザだけを表示させたい場合は100%-100%で検索します。

 

コンテンツ

▲「コンテンツ」の画面です。ユーザやコースを選択して、コンテンツ(コース内の教材のこと)、平均点(クイズ教材)、修了率、修了者(学習者)を表示することができます。

※修了率は、グループに所属する学習者数のうち、コンテンツを修了した学習者の割合を表します。 修了者(学習者)は、グループに所属する学習者数のうち、コンテンツを修了した学習者の数を表します。

※グループを選択していない場合は、管理者が管理するすべてのグループの合計が表示されます。 「詳細」から、より詳細なデータを表示できます。

▲「コンテンツ」の詳細画面です。(この画面は、上記画面の「第1章 貿易事務のお仕事」の詳細画面の例) コンテンツを修了したすべてのユーザが表示されます。

※得点を入力して検索することも可能です。

個人

▲「個人」の画面です。ユーザ個人単位で、コースごとの成績を表示できます。

※月単位でも表示されます。
※年度選択が可能です。年度の開始は4月です。

smartbrain詳細はこちらから

smartbrainについてはこちらをクリック

smartbrainについてはこちらをクリック


http://www.smartbrain.info/

・「smartbrain」お問い合わせはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

・「smartbrain」無料お試しはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

SmartBrain料金プランについてご案内致します(税別)

●ASPプラン(初期費用なし、即日ご利用可能)について

おおきく分けて、ユーザーIDプランと同時接続プランの2つがございます。

ユーザーIDプラン・・・ご登録頂くユーザのID数に応じて、料金をお支払い頂くプランです。1ユーザ200円/月額になります。

同時接続プラン・・・ユーザ数が多いけれども、同時に利用する人数が少ない場合や、よく利用する月と、あまり利用しない月が分かれている場合におすすめのプランです。
ユーザー登録数は無制限で、1同時接続2,000円/月額となります。

もしも、同時接続数が100を超える運用を想定されるようでしたら、オプションで
専用サーバのご利用を推奨しております。
目安として、100同時接続あたり、専用サーバ1台100,000円/月額(年契約)となります。
専用サーバの場合は、導入に、御発注から1ヶ月程度のお時間を頂いております。

●イントラプランについて
買い切りに近い形としまして、イントラプランがございます。
イントラ版は初期費用500万円+年間保守100万円になります。ユーザ数は無制限でご利用頂けます。
別途ハードウェアのご用意が必要です。
要件は下記になります。
http://www.smartbrain.info/?page_id=4374
イントラプランの場合も、導入に、御発注から1ヶ月程度のお時間を頂いております。

smartbrainについてはこちら

詳細ページ http://www.smartbrain.info/

●弊社LMS「SmartBrain」とは、
学習履歴管理、教材UP、スマートフォンでの閲覧、
可能なeラーニングの学習管理システムです。

中央の官公庁や金融機関、保険会社、派遣会社、コンサルティング会社、メーカー、大学、学習塾など、産官学で幅広くご利用頂いております。

eラーニングに関しましては、プラットフォーム、コンテンツ、
ツールがワンストップ
でご提供可能です。

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

動画配信ならsmartbrain 

CATEGORIES eラーニング, SmartBrainby.o.nakamura0 Comments2017.01.13


動画配信ならsmartbrain
~動画ウィザードで簡単にアップできます。アップ方法をご紹介~

 こんにちは。キバンインターナショナルの小林です。
動画配信ならSmartBrain、eラーニングシステムのSmartBrainで動画登録ウィザードの画面から簡単に動画をアップすることができます。
とても簡単ですので一緒に見ていきましょう。

 SmartBrainはeラーニングをパソコンで見るだけではなく、タブレットですとかスマートフォンにも対応しております。こちらのやり方としては、まずSmartBrainのeラーニングシステムにログインしていただき、右上の「管理機能」を押していただきます。そして「コース管理」をクリックして空のコースを作ります。

今回はこちらのテストコースを作りました。一番下のコンテンツリストの右の「+」の所をクリックしていただきます。
そして「動画登録ウィザード」をクリックしていただきます。そしてまずはパソコン用の動画を入れていきます。こちらにコンテンツ名を入力していただき、ファイルを選択してパソコン用のファイルをこちらに選択します。そして「登録して次へ進む」をクリックします。すると今度はiPad用の動画の追加となります。こちらも同じく「ファイルを選択」からiPad用のファイルをチョイスします。そして「登録して次へ進む」を押していただきます。今度はiPhone用の動画を追加することになりますので、こちらも「ファイルを選択」からiPhone用の動画を入れていきます。そして「登録して次へ進む」を押します。

すると「iPhone用の動画を流用する」とありますが、今度はAndroid用の動画登録となっておりまして、iPhone用と同じファイルで良ければ「登録して終了」、違うファイルでしたらこちらの追加からファイルをアップします。今回は「登録して終了」とします。

 このような形で動画ファイル、パソコン用、iPhone用、Android用、iPad用が出来上がりました。もし例えばAndroid用の動画を別のファイルから選択するなどの変更がある場合は「ウィザード形式で編集」を押していただきます。すると先ほどの流れと同じような形で、パソコン用からの編集画面になりますので、変更がない場合はそのまま「次へ進む」を押していただき、Android用の画面まで進めます。Android用の画面が出たら「追加」から「ファイルを選択」でAndroid用のファイルを選択して終了します。

 こういった形でとても簡単に動画を登録していくことが可能となります。
詳細について問い合わせのURLはこちら(http://www.smartbrain.info/?page_id=1290)となっております。
SmartBrainはこちらのURL(http://www.smartbrain.info/?page_id=478)から無料お試しもできますのでぜひお試しください

~smartbraimには、理解度をチェックするクイズ機能があります。
自分の隙間時間にスマホでも解くことができますが、しかしこんなケーススタディがありました。~

そもそもsmartbrainのクイズ機能を使うと

講座の受講者が、どれだけ内容を理解できたかを、受講者も管理者も把握することができます。

例えば、
・eラーニングを使った研修で、研修を受けた人がどこまで内容を理解できているかを、上司が把握したいとき。

・登録販売者の講座を受けた人が、テスト前の演習問題としてチェック。

【悩み】

クイズ受講者同士で問題を教えあってしまい、本当の理解度が図りにくい。そんなときの対処方は?

【解決法】

smartbrainのクイズ機能で「ランダム設定」をする。

【詳細】

事前に多めの設問を作成しておき、「ランダム設定」をすると
用意した設問の中から、ランダムに問題が抽出され、どの問題が出るかわからないようにすることができます。

【「smartbrain」に詳細はこちらから】

smartbrainについてはこちらをクリック

smartbrainについてはこちらをクリック


http://www.smartbrain.info/

・「smartbrain」お問い合わせはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

・「smartbrain」無料お試しはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

・「smartbrain」クイズ機能導入事例についてはこちら
紹介動画 http://bit.ly/2dQnx6M
ブログ http://blog.elearning.co.jp/archives/49026.php

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

eラーニングシステム「smartbrain」の導入事例をご紹介いたします。

【ご相談内容】

企業の人事部からのご相談。
eラーニングシステム「smartbrain」で、コンプライアンスの研修をしたが、社員が理解できているのか確認したい。

【ご提案】

「smartbrain」では、5分で簡単に作成できる「クイズ機能」があります。
9種類の問題形式(※)を選べます。
こちらで、管理者は受講者の研修の理解度チェックすることができます。
受講者自身も、クイズを解くことで、記憶の定着につながります。

(※)9種類の問題形式・・・・
正誤問題・単一選択問題・複数選択問題・記入問題・マッチング問題・並べ替え問題・穴埋め問題・小論文・クリックマップ問題

【smartbrainとは?】

誰が
どんな教材を
どれだけ学習したか
を管理できるeラーニングシステムです。

様々なタイプの学習教材を作ることができます。
その中でも動画では「クイズ機能」をご紹介しています。

【クイズ機能を使うとどんなことができるの?】

講座の受講者が、どれだけ内容を理解できたかを、受講者も管理者も把握することができます。

例えば、
・eラーニングを使った研修で、研修を受けた人がどこまで内容を理解できているかを、上司が把握したいとき。

・登録販売者の講座を受けた人が、テスト前の演習問題としてチェック。

【「smartbrain」に詳細はこちらから】

smartbrainについてはこちらをクリック

smartbrainについてはこちらをクリック


http://www.smartbrain.info/

・「smartbrain」お問い合わせはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

・「smartbrain」無料お試しはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

smartbrainに動画をアップロードしてみよう

1)動画を準備する

まずはアップロードするFLVまたはM4Vファイルを準備してください。
FLV形式の動画を作成するなら30日間無料で使えるPPT2FLASH(http://ppt2flash.jp/)やPPT2Mobile(http://ppt2mobile.jp/)がおすすめです。

2)動画をアップロードする

管理者アカウントでsmartbrainにログインしてください。
TOPページから
→管理機能
→コース管理
→テストコース(今回作ったコース)
→コンテンツリスト[+]
→動画登録ヴィザード
→PC用動画をファイルからアップロードし登録して次へ進む
→iphone用、android用も同じく登録

上の動画でも解説しております。

smartbrainについてはこちらから!!

http://www.smartbrain.info/

smartbrain無料プランはこちらからお試し(20ユーザまで)

http://www.smartbrain.info/?page_id=478

smartbrainについてのお問い合わせはこちら

http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

eラーニング導入事例をご紹介いたします。

【ご相談】

人材育成のコンサルティング会社。お客様に合った、自社のスキルアップ研修がある。それをeラーニングでも受講できるようにしたい。
その際にsmartbrainを使った場合、自社サービスのeラーニングとして見えるようにしたいが、可能か?

【ご提案】

標準機能で、以下のデザインが変更可能です
・ログイン画面の、背景が変更。
・eラーニング教材の、サムネイル画像の変更。
・タイトルロゴ

そもそもsmartbrainとは

誰が、どんな教材を、どれだけ学習したかを管理できる「eラーニングマネイジメントシステム」です。

スマホ、タブレット対応!! eラーニングシステム「smartbrain」

「smartbrain」特設サイト
http://www.smartbrain.info/

「smartbrain」お問い合わせはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

「smartbrain」無料お試しはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

▲SCORMとは

▲SCORMとは

●smartbrainはeラーニングの国際標準規格(SCORM1.2)に準拠しているので、教材の選択肢が多く、システムの入れ替えなどにも柔軟に対応することが可能です。

標準規格のメリットとして、
・既成コンテンツを活用しやすい
・運用コストをおさえられる
・簡単に教材作成できるツールがある
等が挙げられます。

弊社SmartBrainはScormには3段階ございまして、その中で最高ランクのRTE3の認定を
日本eラーニングコンソシアムより正式に受けております。

最高ランクRTE3のメリットとしては、Scormで定められているすべてのデータオプションを扱えますので、
成績管理等において、ご希望の運用がしやすくなる事が多いです。
(一例としてですが、テスト問題の1問ずつの正答率の統計を取りたい、など)

●PPT2Flash Professional、QuizCreator、DemoCreator、WebVideoAuthor、PPT2Mobile LectureMAKERなど、弊社で販売しているeラーニング教材作成ソフトウェアでの互換性が保証されています。

●電子データをeラーニング教材として活用可能
マイクロソフトのオフィス(WORD、エクセル)ファイル、PDFファイル、HTMLファイルをアップするだけで、SCORM教材に変換されます。 また、 FLV(FlashVideo)ファイルをアップすれば、学習に最適なビデオプレヤー組み込まれ、学習履歴を記録することができるようになります。

smartbrainについて詳しくは、こちらから

http://www.smartbrain.info/

Q:eラーニングの学習管理システム(LMS)製品の性能、価格を検討する上でのポイントは何でしょうか?

A:eラーニングの標準規格Scormに準拠しているか、正規のテストを受けて認証されているか、がポイント。

運用の目的にもよりますが、LMSが、eラーニングの標準規格Scormに準拠しているか、
正規のテストを受けて認証されているか、がポイントとなります。

標準規格Scormのメリットとは

・既成コンテンツを活用しやすい
・運用コストをおさえられる
・簡単に教材作成できるツールがある

等が挙げられます。

弊社SmartBrainはScorm最高ランクのRTE3の認定

弊社SmartBrainはScormには3段階ございまして、その中で最高ランクのRTE3の認定を「日本eラーニングコンソシアム」より正式に受けております。

最高ランクRTE3のメリットとしては、Scormで定められているすべてのデータオプションを扱えますので、
成績管理等において、ご希望の運用がしやすくなる事が多いです。
(一例としてですが、テスト問題の1問ずつの正答率の統計を取りたい、など)

smartbrainについてはこちら

詳細ページ http://www.smartbrain.info/

●弊社LMS「SmartBrain」とは、
学習履歴管理、教材UP、スマートフォンでの閲覧、
可能なeラーニングの学習管理システムです。

中央の官公庁や金融機関、保険会社、派遣会社、コンサルティング会社、メーカー、大学、学習塾など、産官学で幅広くご利用頂いております。

eラーニングに関しましては、プラットフォーム、コンテンツ、
ツールがワンストップ
でご提供可能です。

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ