タグ別アーカイブ: QuizCreator

Webマーケティングにプラスアルファー動画SEO活用例その3

CATEGORIES 未分類by.Kinugasa Noriko0 Comments2015.11.10
eラーニング クイズシステム

eラーニング クイズシステム

<導入成功事例>医療系の学会様の実例
最近、様々な学会より、オンラインでテストしたいというご相談が増えています。

学会の会員数が少ないと手動で集計出来ますが、事務局側では大変負担になります。
eラーニングシステムSmartBrainhttp://www.smartbrain.info/に大変優秀なクイズ機能があり、これによりオンライン一括登録で管理者の手間を省けます。

また、学習者の回答・正誤率・時間など詳細に至るまで設定することが可能です。
学会での意欲を高めたいとのご希望が、クイズを分析、厳選し、精査することにより、
より質の高い問題を提供するのにお役立ち頂いているそうです。

また、大きな特徴として、スマートフォン上でもクイズを作成、回答することが出来るのが大変便利です。

クイズ教材の作り方
http://www.smartbrain.info/?page_id=5763

弊社のeラーニングシステムSmartBrainでもクイズ作成機能がございますので、
ID20まで無料でお試し頂けますので宜しければお試しください。

その他、eラーニングのことでご相談がございましたら、お気軽にお声がけください。

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/

キーボードにテキストを入力するだけでクイズ問題を作成できるQuizCreator http://quizcreator.jp/

PCでアクセスした場合はFlash版、iPhoneやiPadでアクセスした場合はhtml版という風に、アクセスする端末ごとに、端末に適した表示に自動判定させることが可能ですので、その設定方法を御紹介します。

手順1.
wqcファイルをインポートします。
http://smartbrain.info/?page_id=8521

手順2.
コースに登録します(これがiPhone・iPad用になります)
http://smartbrain.info/?page_id=3378

手順3.
SmartBrainの教材内メニューの「コンテンツ追加」より、QuizCreatorでLMS向けにパブリッシュした
zipファイルをアップします。(これはFlash版=パソコン向けです)


▲起動ファイルの編集

▲ZipファイルをSCO内にアップロード

手順4.
起動ファイル編集で「パソコン向け」を「Quiz.html」にします。

▲Quiz.htmlを選択し、保存。

これでPCでアクセスした場合はFlash版、iPhoneやiPadでアクセスした場合はhtml版で学習することができます。
学習履歴はPCで学習してもiPhone・iPadで学習しても統一することができます。

SmartBrainは20ユーザまで無料でお試し頂けます。
QuizCreatorは30日間無料で全ての機能をお試し頂けます。

試験問題作成ソフト

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年10月14日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0059

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

いよいよiPhone4Sが発売になりましたね。
いち早く欲しいと店頭に並ぶ長蛇の列、キャリア同士の顧客獲得合戦など、相も変わらず話題となっています。

弊社でも、「iPhoneで試験問題を実施したい」というお問い合わせを頂くことがたくさんございますので、今回は、iPhoneでのeラーニング、とりわけ試験問題にフォーカスしてお届け致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. たくさんのお問い合わせを頂く意外な理由
2. キーボード入力するだけの簡単作成
3. アップロードするだけでiPhone対応教材に
4. 動画、画像、音声などを使用した出題もできます
5. iPhone向けクイズ教材サンプル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト
『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】iPhoneで試験を実施するには

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●たくさんのお問い合わせを頂く意外な理由

「iPhoneではFlashが使えない」
eラーニング業界の人間や、ちょっと詳しいiPhoneユーザの方であれば、普通に知っているこの事実。

しかし、まだまだご存知ない方もたくさんいらっしゃいます。
「そもそも、Falshって何?」という方も、少なくありません。

※参考:Flashとは・・・Adobe Systems社による、音声や動画などのアニメーションを組み合わせてWebコンテンツを作成するソフト。また、それによって作成されたコンテンツのこと。

ですので、
「現在eラーニングで使っている試験問題を、iPhoneでそのまま使えると思っていたが、使えないことが分かった。Webで調べていたら、SmartBrain http://smartbrain.info/ やQuizCreator http://quizcreator.jp/ を使用すればできると知った」
ということでお問い合わせを頂くことが多いようです。

●キーボード入力するだけの簡単作成

通常、eラーニングのコンテンツ作成には、プログラミング費用や、コンテンツそのものの作成費用など、多くの手間と費用がかかります。これが多くのeラーニングご担当者様の悩みのタネだったかと思います。

しかし、私たちキバンインターナショナルが提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/ や教材作成ソフトQuizCreator http://quizcreator.jp/ であれば、難しい知識は一切必要ありません。

キーボード入力するだけで試験問題を作成できますので、どなたでもご利用頂けます。他の業者に依頼せずに、自社で簡単に作成できるのは大変便利、9種類もの問題形式に対応、しかも16,800円(税込)という低価格ということでご好評を頂いております。

●アップロードするだけでiPhone対応教材に。

さらに、QuizCreatorで作成した試験問題は、SmartBrainにアップロードするだけで、iPhone対応教材となります。

これは、SmartBrainはQuizCreatorと連携できるよう設計されている為です。iPhoneでも使用できるよう、flashではなくhtmlに自動変換する機能がついているので、らくらくiPhone対応の試験問題教材を作成頂くことができます。

さて、問題を作成するだけではなくて、そのあとのテスト結果の履歴はどうなるのだろうとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

SmartBrainでは、それぞれのユーザがiPhoneで学習しても、PCで学習しても、同じように学習した履歴が残ります。
さらに、どの問題でどう回答したのかも記録が残ります。

QuizCreatorはクイズ作成専用ソフトですので、PC版(=Flash版)も作成することができます。しかし、iPhone版だけで十分という場合はあるでしょう。そんなときは、SmartBrainの機能だけでも、iPhone用の教材を作成できます。

●画像、音声を使用した出題もできます

「iPhone版になると、PC版のように画像や音声が挿入できないのでは?」

大丈夫です。
SmartBrainのクイズ問題作成機能には、音声、画像をクイズ問題に挿入する機能が備わっています。問題文に挿入することもできますし、選択肢それぞれに挿入することもできます。

QuizCreatorの話と、SmartBrainのクイズ作成は、やや機能に差があり、文章だけでは伝わりにくい点もあるかと思いますが、お試しいただければわかると思います。

どんな風に作成できるのか、どのように表示されるのか、お試ししたい!という方は、Webサイトから無料でお試しご利用頂けますので、ぜひご確認ください。

SmartBrain(20ユーザまで無料)
http://smartbrain.info/?page_id=478

QuizCreator(30日間ご利用無料)
http://quizcreator.jp/

●iPhone向けのクイズサンプルをご用意しました:

今回のeラーニング教材はiPhone向け(=html版)のクイズ教材です。画像、音声などを使用して、どのようなことができるのか、お確かめ頂くことができます。htmlですので、PCからアクセス頂いてもご覧頂けます。

http://10000.bz/elw2010/

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「iPhone向けのクイズサンプル」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

iPhone新製品発売時に報道される長蛇の列に、もはや驚くこともなくなっている自分に気が付きました。もはや驚くこともなくなっているという事実に気づき、逆にそこに驚きを感じるという、なんだか不思議な気分です。

「売れているのが当然」と消費者に思わせてしまうのが、大ヒット商品のすごいところですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

QuizCreatorで作成したコンテンツは、弊社のLMSであるSmartBrainやジンジャーアップ社のLMSであるeLearningManager4Uにアップロードし、InternetExplorer9(以下IE9)で学習した場合、成績が取得できず、正常に動作しないと案内させていただいておりましたが、メーカー非公式ながら利用できることが確認できましたので、その方法について解説させて頂きます。残念ながらQuizCreator側の設定ではなく、IE9側の設定となります。

その方法ですが、IE9には、互換モードという設定があり、これをONにしていただくと成績が取得できるようになります。IE9の互換モードは以下の場所にございます。

互換モードオフ

互換モードオフ

通常は、上記画像のように互換モードがオフになっています。そこで、赤枠のアイコンをクリックして下さい。すると、以下の画像のようにアイコンの表示が変わります。

互換モードオン

互換モードオン

これで、LMS上で正常に成績が取得できるようになります。IE9を利用中のユーザより成績が取得できないという報告があった場合、この方法をご案内下さい。

注)この方法は、メーカー非公式の対応であるため、確実に成績が取得できることを保証するものではありません。

Q.QuizCreatorで、成績管理を行いたいのですがそのような機能はないのでしょうか?

A.QuizCreatorは試験問題の作成ツールのため、QuizCreator単体で、試験の成績を管理する機能はありません。
通常、eラーニング用の学習管理システム(LMS)が必要となります。
QuizCreatorで作成したテストは、SCORM1.2対応の学習管理システム(LMS)をご利用いただくことで、進捗、成績を管理することが可能になります。

例えば弊社の場合、SmartBrainというLMSを利用いただくことで、受講者の成績を管理することができるようになります。SmartBrainは、20名まで無料でご利用いただくことができますので、まずはお試し頂きまして、成績管理の方法など体感頂ければ幸いです。

20名まで無料でつかえるLMS SmartBrain

 

閲覧履歴機能で成績を確認

QuizCreatoのファイルを挿入

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2011.08.09

PPT2FlashQuizCreatorを組み合わせて、テスト教材付きのスライドを作成可能です。
(尚、後述しますが、LMSと連携して成績を取得する場合、複数のテストを挿入するのはオススメ出来ません)

まずは、どのようなコンテツが作成可能かご紹介します。(8枚目のスライドのクイズが埋め込まれています。再生まで若干時間がかかります。)

クリックすると再生します。


ppt2flash.jp/wp-content/uploads/2011/08/it_02_03/index.html

このようなスライドを作成するには、PPT2FlashのQuizCreator埋込み機能を利用します。詳しい方法は、以下の動画マニュアルを参照下さい。

クリックすると再生します。


PPT2FQC

語群選択を活用したクイズ作成の例

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2011.08.08

以下のような問題をQuizCreatorで作成するにはどうしたら良いでしょうか。そんな時は、穴埋め問題を利用します。

原稿イメージ
今回作るのは、以下のような設問になります。(空欄のAおよびBの部分に当てはまる物を選択させたい)


AおよびBに入るものを語群から選択させたい

作成方法
このような問題を作成する場合、QuizCreatorの設問から、穴埋め問題を利用します。また、空欄の指示については、テキストだけで指示するのが難しいので、設問用の画像も作成しておきます。
(ここでは、上記に貼りつけた画像が該当します。)

QuizCreatorの設問追加から、穴埋め問題を選択し、以下のように設問や選択肢などを作成していきます。

穴埋め問題を作成(クリックすると拡大されます)

 

出来上がったらプレビューしてみます。

語群選択問題の例(クリックすると拡大されます)

このようにして作成していきますので、お試し下さい。

作成例:
以下に、今回の方式で作ったものをアップロード致しましたので、クリックしてお試し下さい。

クリックすると別ウィンドウで開きます。

クイズ機能のチューニングとリバースプロクシ+SSL+mod_rewrite環境下での安定性を向上させました。

クイズ機能のチューニングとリバースプロクシ+SSL+mod_rewrite環境下での安定性を向上させました。

主に1.14.3のバグフィックスを行いました。
変更点は以下の通りです。

 

クイズ機能

1.Android端末の画面幅・高さが共に640pxを越えている場合はPC向けのスタイルを適用
(ICONIA TABなどの大画面のタブレットでも、綺麗に表示させるための対応です)
2.スマートフォンの穴埋め問題で、穴にはまっている選択肢の右端をドラッグして何も無い所へ出しても、穴から外に出ていない問題を修正
3.スマートフォンで選択肢ドラッグ直後に設問が移動することがある問題を修正
4.正誤判定・採点ロジックには問題ありませんが、WQCインポートで作成したクイズにおいて、学習履歴で正答例のラベルが正しく表示されない問題を修正

 

基本機能

1.リバースプロクシ+SSL+mod_rewrite使用の際 httpにリダイレクトしてしまう場合があったので修正
2.IE8の場合,Javascriptのwindow.innerHtmlでエラーが発生していたので修正

 

今後もクイズ機能のAndroid対応や基本機能を強化してまいりますので、ユーザ数20名まで無料のSmartBrainをよろしくお願い致します。

QuizCreatorでアンケート作成設定デモ動画

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2011.08.02

プログラミング不要、キーボード入力だけでクイズ作成できるソフト、QuizCreator http://quizcreator.jp/ でアンケートをとる方法を以前にご紹介しました。 http://blog.elearning.co.jp/archives/2239.php

最近、QuizCreatorをアンケートとしても使いたいというご要望を頂くことがさらに増えて参りましたのでデモ動画を作成しました。下記の画像をクリックして頂くと再生されます。

▲QuizCreatorアンケート用設定デモ動画

▲クリックすると再生します。QuizCreatorアンケート用設定デモ動画

QuizCreatorは30日間無料でお試し頂けます。 http://quizcreator.jp/?page_id=11

なお。こちらの動画は、簡単動画キャプチャソフトDemoCreatorで作成しました。
こちらも30日間無料でお試し頂けます。 http://democreator.jp/?page_id=8

作成したクイズを印刷できますか?

キーボードでテキスト入力のみで問題作成できるソフトQuizCreator http://quizcreator.jp/
作成したクイズを印刷したいご要望を頂くことがございますので、その方法を公開致します。
Microsoft Office向けパブリッシュ機能を利用して、WordやExcelのドキュメントとしてテストをパブリッシュし、そこから印刷する方法がございます。

1. ツールバーの”パブリッシュ“を選択してパブリッシュ・タブを表示し、”MS Office“ボタンをクリックしてください。
MS Office向けパブリッシュ

2. パブリッシュ設定で、テストの題名を”タイトル“に入力してください。
タイトルは出力先フォルダおよび出力ファイルに反映されます。テストを保存する場所を”フォルダ“で指定してください。初期設定では次のディレクトリに保存されます。

C:\Documents and Settings\Administrator\My Documents\My Quiz\

別の場所に保存したい場合は、ボタンをクリックするか、ディレクトリのパスを直接入力してください。

MS Office
1) コンピュータ上の別の場所に保存したい場合は、ボタンをクリックするか、ディレクトリのパスを直接入力してください。
2) “Microsoft Office”部分で、ドキュメントタイプを”Word”にするか”Excel” にするか選択してください。
現在ご利用のMicrosoft Officeのバージョンによって、作成されるファイルの形式が、Office 2007形式(*.docx, *.xlsx)のものと、Office 2003形式(*.doc, *.xls)に分かれます。

*注意:
Word形式に書き出しされた場合には、変換後、Word 2007バージョンで、確認してください。
また、Excelに書き出すする際に、画像が含まれた場合には、Excel 2007で、開いてください。

*MS Office用に書き出しする場合は、選択肢のランダム設定は反映されませんのでご注意ください。

3. パブリッシュをクリックしてください。
キャンセル“ボタンをクリックすれば、パブリッシュ作業をいつでも中断できます。パブリッシュ作業が終了すると、新たらしいWordまたはExcelドキュメントが生成されます。終了後すぐにテストを見ることもできます。