北海道ラボ

動画教材作成のすすめ3

CATEGORIES eラーニング, 動画配信, 北海道ラボby.yasu.tanaka1 Comments2010.02.25

今回は動画ファイルの分割結合を説明します。
自分で撮影した動画をeラーニング教材にしたいとき、前後の余分な箇所を編集ソフトでカットをする作業を行うと、動画の再書き出しに長い時間がかかったり、設定次第ではせっかくの動画の画質を落としてしまうこともあります。今回は、そんな手間いらずに動画の分割・結合ができるソフトをご紹介します。

動画教材作成のすすめ1WebVideoAuthorを使った簡単動画作成)
動画教材作成のすすめ2(DVDから動画ファイルを抽出)
も合わせてご覧ください。

さて、今回ご紹介するソフトは、Movie Operator v6.02(フリーソフト)です。このソフトは窓の杜でも取り上げられた簡単に動画の分割結合を行うソフトです。

「Movie Operator」は、簡単にFLV/AVI/WMV動画の結合や音声・映像の抽出などができるソフト。Windows 2000/XP/Vistaに対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。

本ソフトは、結合などをする際にデコード・再エンコードを行わない仕組みのため、動画や音声が劣化しないのが特長。また、音声を含まないAVI/WMV動画に音声を合成することも可能。

使い方は簡単で、まず処理したいファイルの種類を画面左上のプルダウンメニューから選択し、右上のプルダウンメニューで処理の種類を選択する。次に、処 理したいファイルをドラッグ&ドロップなどで登録し、出力するファイル名を指定したら、あとは[連結]など処理の内容が書かれたボタンを押せばよい。

そのほか、秒数指定による動画の切り出し機能や、WAVE/WMV音声の結合・切り出しを行う機能も備える。
(窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/30/movieoperator.html より引用)

では、実際に使ってみましょう。

窓の杜でも紹介されているとおり、使い方は至ってシンプルです。
まずは、分割したいファイル形式を選び、【動画区間抽出】を選びします。
そして、抽出したい区間を設定するだけ。1/1000秒単位で指定でき、さらに抽出処理はほんの数秒。
誰でも簡単に動画のカットができます。
(動画のキーフレームの都合で、抽出したときにうまく切り取れない場合があります。その場合は抽出区間を数ミリ秒前後させることで解決することがあるようです。)

また、動画の連結も簡単です。連結したいファイルを選んで、【連結ボタン】を押すだけなんです。

この抽出と連結ができれば、簡単な動画の編集はできちゃいますね。

このソフトは、ほかにも動画から音声ファイルのみを抜き出したり、逆に音声ファイルを合成したりもできるんです。
使い方は様々だと思いますので、ぜひ、お試しください。

どうですか?動画の分割はできましたでしょうか?

今回は、WMVで処理を行いましたが、AVIやFLVなどにも対応しています。
うまく分割できない場合は、次の回で紹介するエンコードを行った後にAVIやFLVでこのソフトを使ってみてはいかがでしょうか?

では、また。

InnerHTMLの罠

CATEGORIES SmartBrain, 北海道ラボby.yasu.tanaka1 Comments2010.02.25

はじめまして.北海道研究所の研究員松村です.

開発していく中で,JavaScriptのinnerHTMLが特定の状況下でうまくうごかない状況にぶつかりましたので,ご参考までに紹介させていただきます.
innerHTMLは任意の箇所を,動的にゴッソリ書き換えることができるため,非常に便利なコマンドです.

以下のソースコードは,「チェンジ」ボタンを押すと,divタグで囲まれた部分をそのままtextareaに転記するというものです.

<html>
<head>
<script>
<!–
function copyTextarea(){
var inputText = document.getElementById (“before”).innerHTML;
document.getElementById (“after”).innerHTML = inputText;
}
–>
</script>
<title>サンプル</title>
</head>
<body>
<div>
eラーニングツール SmartBrain<br>
20ユーザまで無料!!<br>
お試しください!!
</div>
<hr>
<input value=”チェンジ”>
<hr>
<textarea style=”width:300px;height:100px;”>
SmartBrain,20ユーザまで無料!!
</textarea>
</body>
</html>

しかしながら,このコード,IEにおいてはエラーが生じて動きません.
どうやら,IEにおいてはinnerHTMLにタグを含めるのは禁止されているようです.
では,同じ動作を得るために......と,今度はdivタグ内の<br>タグを改行コード(\n)に置換して実行してみます.

しかしながら,今度は改行コードが空白として扱われてしまいました.
どうやら,IEにおいてはinnerHTMLでの改行は空白に置き換えられてしまうようです.

いずれの現象も「ブラウザはIE」「innerHTMLを用いる」という条件で発生します.
それでは,これら2つの状況を回避するためにはどうすればよいのでしょうか.

答えは「innerHTMLで書き換えるのではなく,textareaのvalueを書き換える」です.

×:document.getElementById (“after”).innerHTML = inputText;
○:document.getElementById (“after”).value = inputText;

これで改行込みで動的に書き換えられるようになります.
innerHTMLは便利なので何かと頼りがちですが,思わぬところに伏兵がいるものです......

参考にしたURLはコチラ

-OASIS- – 今日のメモ「innerHTMLの改行コードの扱い(JavaScript)
http://pochi.orz.ne.jp/oasis/archive_198.htm

今回はDVDから動画ファイルへの変換方法を説明します。

動画教材作成のすすめ1
も合わせてご覧ください。

動画教材を作りたいというお問い合わせを頂くことが多々ありますが、サンプルを頂戴するとその多くがDVDやCD-Rなどのメディアで送付されてくることがあります。
例えば、今まで通信教材としてDVDで配布していたものをeラーニング教材にしたいなどの場合、まずDVDをPCで取り扱い可能な動画ファイルに変換する必要があります。

一般にDVD-Video形式は、映像ファイルと音声ファイルに分離され、読み出し専用・編集不可として説明されている場合が多く著作権保護機構がついているものも多数あります。
eラーニング教材を作成するためには、まずこのDVD-VideoをPCで取り扱い可能な動画形式に変換するのですが、”PCで取り扱い可能な動画形式”といってもたくさんの形式があることはご存じでしょうか?

メジャーなものでも、

  • AVI
  • MPEG2
  • MPEG4
  • WMV
  • FLV

などがあります。

今回は、DVDを簡単にWMV(Windows Media Video)、AVI形式に変換する方法をご紹介します。
変換には、DVD2WMV(フリーソフト)を利用します。使い方はすごくシンプルなんです。

基本機能のみを搭載した超初心者向け動画作成入門ソ フトを作成しました。MPEG2ファイルをリストに入れて、出力先を指定するだけです。凝る人には物足りないですが、動画作成の入門ソフトになれば幸いで す。
(作者ページhttp://novolization.hp.infoseek.co.jp/pro.html#dwより引用)

まずは、取り込みたいDVDを用意します。

では、早速ツールを起動します。
使い方は、簡単。MPEG2ソースで、読み込みたいDVDを選択します。
そして、出力先を決定します。
出力先を決めるときに、WMVかAVIのどちらも選択できますが、おすすめはWMVです。
WMVで今後の作業で問題が発生する場合はAVIで変換し直してください。

簡単に設定をすませたら、あとは【開始ボタン】を押すだけ!

さぁ、動画ファイルはできましたか?

次回は、動画の分割、結合について解説します。

では、また。

北海道研究所の研究員村山です。携帯電話対応のeラーニングの開発を担当しています。

携帯電話の各キャリア(スマートフォン以外)対応について研究しています。

携帯電話でwebアプリケーションを利用するにはいくつかの制限があります。

  • Cookieが使えない
  • JavaScriptが使えない
  • 文字コードがShift-JISのみ
  • XHTMLが未対応

最近はフルブラウザなどがありますが、従来のブラウザを使用している人はまだ数多くいます。また、すべての携帯電話端末で対応させるにはJavaScriptが利用できません。携帯電話でJavaScriptが利用できないのは、非常に大きな影響があります。

現在はログイン画面やコース一覧などのインターフェイスの部分を手がけています。

これは開発中の画面ですのです。ユーザーインターフェイスの面に関してはまだまだですが、一通りの携帯用プロトタイプを作成しました。

将来的にはQuizCreaterで作成した教材やHTML系の教材は対応させる予定です。

これからも北海道開発チームの皆様と一緒にがんばって開発していきます!

北海道研究所・調査研究報告その4

CATEGORIES 北海道ラボby.yasu.tanaka2 Comments2010.02.15

辛いものだけではありません。スイーツも最高です。北海道の牛乳(ミルク)を使ったアイスクリーム、パフェ、ラテ、 どれも最高です。ラッキーピエロというお店は、値段も安くボリュ ーム満点。ついつい食べ過ぎてしまうのが欠点です。スイーツのおかげで、北海道生活も、とっても、すいーつな生活になりつつある浜田でした。

し・あ・わ・せ

北海道研究所・調査研究報告その3

CATEGORIES 北海道ラボby.yasu.tanaka1 Comments2010.02.15

北海道研究所・調査研究報告その3を送ります。焼き肉の写真を全社のメーリングリストで送って大ブーイング。魚三昧は黙殺されました。

ならば、私の得意な辛いものの調査研究報告を、、、、と考え第3弾です。RAMALというお店は、函館に2店舗ありますし、最近は横浜にもあります。北海道の新鮮な野菜が沢山入っており、スープ大盛り、ライス大盛りも無料です。

チキン、ビーフとも、とろとろに煮込んだ絶品が入っており、スープカレーは最高です。無料だからといって腹一杯食べると、大抵、お昼からは仕事にならないのが、玉に瑕です。

▲北海道には、なぜかスープカレーのお店、名店が沢山あります。


▲残念ながら、うまく音がとれていませんでした。3人前ぐらいがちょうどいい?

▲スープカレーのL、ライスもL。どちらもL(大盛り)は無料でお得。

北海道研究所レポート

CATEGORIES 北海道ラボby.m.nishimura1 Comments2010.02.12

北海道研究所の様子を見るためと、電子書籍についてのミーティングで函館に来ています。外は涼しめのマイナス11度。雪は、少しだけ積もっていました。

▲北海道研究所の窓から撮影 "すこしだけ”雪がつもっていました

研究員2名にあってお話をしました。非常に優秀な方を採用できたようで、安心しました。挨拶もそこそこに、調査、研究課題に取り組みを開始しました。この研究所には電話が設置されておらず、静かで完全に集中ができるので、私自身の作業も進みそうです。

現在、光ケーブルの工事をしており、月曜日に開通予定なのですが、着席位置によっては、eモバイルがつながったり、つながらなかったりと、回線状況は決して良くありません。すべてをWebアプリケーション化してきているため、自分自身のパソコン、ローカル環境には、ほとんどアプリも資料も入っていないため、回線が利用できなかったり、回線状況が悪い場合は効率に影響を受けそうです。(現在は、窓に近いところで、回線を確保できましたので、ADSL程度の速度では作業ができています。)

電子書籍については、気合いを入れて、50枚近い資料を作りました。電子書籍の最新動向についてまとめた力作です。後ほどWebにも公開したいと思います。まずは、第一報まで。

北海道研究所・調査研究報告その2

CATEGORIES 北海道ラボby.yasu.tanaka5 Comments2010.02.11

函館研究所所長の浜田です。順調に研究開発の準備が整いつつあります。状況報告をします。

先日、焼き肉の研究成果をSNSで送ったら、東京本社から、「肉ばっかり食べているんじゃないよ!死ねっ!」をおしかりを受けましたので、お魚について調査してきましたので、レポートします。

北海道の魚は最高!ということが分かりました。東京では考えられないような安い値段で最高の食材を、低価格で満喫することができます。やはり開発拠点は東京より北海道、函館の方が良いということが分かりました。

▲お刺身の活け作りの一番いいのを頼んでみました。ま、こんなもんでしょ。

▲食事がおいしいと飲み物もおいしく感じるのは気のせいでしょうか?

▲カニの太巻きです。中央の赤い部分はカニ身です。1人前。幸せのひととき。

▲マグロの中トロ巻き2人前、これで約1,000円。

▲研究所での食糧事情を良くするために大量にカップラーメンを購入

株式会社キバンインターナショナルの北海道開発研究所(北海道ラボ)の準備が進んでいます。

机・椅子・開発機材がやっと届きました。(一気に機材が届きました。)

はこだて未来大学の学生さんにお手伝いしてもらいながら組み立て作業です。一から事務所を作るって大変ですね。そもそもエレベータがないので、大量の机とイスを3Fに運ぶのが、、、、(足がプルプルしちゃいました!!)

IMG_1124

▲コーナー部分の机。一番部品が多い。

残念ながら、今日は作業終わらず打ち切り。明日こそは完成させて一日も早く事務所を稼働させたいところです!!来週月曜日からは、東京から開発担当の洋一郎さんが、水曜日からは社長がきます。

洋一郎さんは、しばらく、この開発研究所内の宿泊施設で住み込みになります(笑)。はこだて未来大学の優秀な学生と、一緒に、新規に色々なプロジェクトを進めていく予定です。(浜田)