タグ別アーカイブ: PPT2Flash

smartbrainに動画をアップロードしてみよう

1)動画を準備する

まずはアップロードするFLVまたはM4Vファイルを準備してください。
FLV形式の動画を作成するなら30日間無料で使えるPPT2FLASH(http://ppt2flash.jp/)やPPT2Mobile(http://ppt2mobile.jp/)がおすすめです。

2)動画をアップロードする

管理者アカウントでsmartbrainにログインしてください。
TOPページから
→管理機能
→コース管理
→テストコース(今回作ったコース)
→コンテンツリスト[+]
→動画登録ヴィザード
→PC用動画をファイルからアップロードし登録して次へ進む
→iphone用、android用も同じく登録

上の動画でも解説しております。

smartbrainについてはこちらから!!

http://www.smartbrain.info/

smartbrain無料プランはこちらからお試し(20ユーザまで)

http://www.smartbrain.info/?page_id=478

smartbrainについてのお問い合わせはこちら

http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

▲SCORMとは

▲SCORMとは

●smartbrainはeラーニングの国際標準規格(SCORM1.2)に準拠しているので、教材の選択肢が多く、システムの入れ替えなどにも柔軟に対応することが可能です。

標準規格のメリットとして、
・既成コンテンツを活用しやすい
・運用コストをおさえられる
・簡単に教材作成できるツールがある
等が挙げられます。

弊社SmartBrainはScormには3段階ございまして、その中で最高ランクのRTE3の認定を
日本eラーニングコンソシアムより正式に受けております。

最高ランクRTE3のメリットとしては、Scormで定められているすべてのデータオプションを扱えますので、
成績管理等において、ご希望の運用がしやすくなる事が多いです。
(一例としてですが、テスト問題の1問ずつの正答率の統計を取りたい、など)

●PPT2Flash Professional、QuizCreator、DemoCreator、WebVideoAuthor、PPT2Mobile LectureMAKERなど、弊社で販売しているeラーニング教材作成ソフトウェアでの互換性が保証されています。

●電子データをeラーニング教材として活用可能
マイクロソフトのオフィス(WORD、エクセル)ファイル、PDFファイル、HTMLファイルをアップするだけで、SCORM教材に変換されます。 また、 FLV(FlashVideo)ファイルをアップすれば、学習に最適なビデオプレヤー組み込まれ、学習履歴を記録することができるようになります。

smartbrainについて詳しくは、こちらから

http://www.smartbrain.info/

キバンインターナショナル女子部の唯です。
※女子部とは、社内女性スタッフにより構成される部署です。

今回は、少し前にお知らせした「ボイスソムリエネオ」をまたご紹介させてください!

★ボイスソムリエネオとは??
このソフトは、私たちがみんな一度は使ったことのある、「パワーポイント」に、機械的にナレーションを付けることができる、とても画期的なソフトなんです!!

やり方も簡単で、所定のソフトウェアをダウンロードしたあと、ナレーションしてもらいたいページにナレーションしてもらいたい文章をスライド下のノート欄に記入し、「作成」ボタンを押すだけ!!

2015-03-24_1400
※画像はパワーポイント2007のものです。

スライドショーを実行すると、流暢に文章を読み上げてくれますよ♪

このボイスソムリエネオは、日本語版、英語版、中国語版の3種類がございます。
そして今回、ボイスソムリエをダウンロードしておいたPCでナレーション付きのパワーポイントを作成したうえで、当社のPPT2Mobileをつかって映像化したものをYouTubeにUPしましたので、ぜひこちらをご覧ください!

しかし、これを聞くと、もう少し発音やイントネーションが改善できそうだな、と思った方もいると思いますが、
改善できるんです!!!

例として、中国語の編集画面を取り上げさせていただきます。(実は私、中国語が少しできるんです!!)
中国語には「あいうえお」のような『発音』のほかに、声のトーンを上げたり下げたりする『声調』というものもそれぞれの字ごとに決められています。
ですがこの「ボイスソムリエネオ中国語版」では、声調や発音の違いはもちろん、微妙な語句間の一息置く長さまで調節することができるんです!
とても便利ですね(^^)☆

2015-03-24_1350

中国語ではこのように編集できますが、
英語でしたら、発音記号に基づいた発音区切り方
日本語は、文章の発音の高低や、文節の区切り方
などを編集することができます!
少し手入力を加えるだけで、とても自然なナレーションができますよ♪

これがあればプレゼンでもナレーションの事前準備がしっかりできますし、当日も間違えなくて済みますね。さらに視覚障がい者への情報保障にも活用できるのではないでしょうか。
また、当社ではパワーポイントファイルを動画に変換するソフトもご紹介させていただいておりますが、そちらのソフトでもこのナレーション機能が適用されます
YouTubeなどに紹介映像を載せることにも効果的です。視覚聴覚に訴えかけることで、映像のさらなる効果が期待できますよね!

このソフトを当社でもたくさん活用していきたいと考えております!
みなさんもぜひご活用してみてはいかがでしょうか??

【↓ご興味のある方はこちら↓↓】

ボイスソムリエネオ搭載、作ったパワーポイントにナレーションがつけられる、「PPT2VoiceNeo」 → http://ppt2voice.jp/

作ったパワーポイントを動画にして、みんなと共有しよう!「PPT2Mobile」 → http://ppt2mobile.jp/
↑↑↑30日間無料でお試し利用ができます!!↑↑↑↑

☆当社では他にもさまざまな商品を提供しております。 → 製品情報「http://www.kiban.jp/?page_id=1934

 

\この機会に当社eラーニングシステムで中国語の勉強を始めてみませんか/

中国語の発音・基礎から始められる講座 → 「通じる!」中国語特訓コース

発音や簡単な文章がすでにわかる方には → 中国語講座「ハートを込めておもてなし」~使える!簡単!接客業編~

中国語の流暢な会話を特訓したい方には → 話してみようビジネス中国語会話

PPT2Flash ProfessionalSmartBrain上で動作させる際に、中断機能が正常に動作しないという報告が寄せられています。こちらの対応方法について解説いたします。

本来、中断機能とは、学習を途中で終了した場合に、続きから学習を再開し最後のページまで学習したら成績が修了となるという機能です。ところが、本機能には、以下のURLですでに報告させて頂いているとおり、幾つかの問題有り、正常に動作しておりません。

http://ppt2flash.jp/?page_id=3036

この問題はLMS(LearningManagementSystem)の共通規格である、SCORM規格の曖昧さから発生している問題になりますので、LMS(この場合はSmartBrain)の修正で解決できません。そこで、お手数をおかけいたしますが、PPT2Flash Professionalでパブリッシュしたコンテンツにパッチをあてていただくこととなります。

さらに、中断機能を正常に利用していただくためには、PPT2Flash Professional4.5.0.26をご利用頂く必要がございます。まず、以下のURLよりPPT2Flash Professional4.5.0.26をダウンロードし、現在インストール済みのPPT2Flash Professionalのバージョンが異なる場合は、既存のPPT2Flash Professionalをアンインストールした上で、PPT2Flash Professional4.5.0.26をインストールして下さい。この際に、レジストレーションコードを再度設定する必要があることにもご注意下さい。

http://ppt2flash.jp/wp-content/uploads/2009/09/ppt2flash_4.5.0.26.exe

続いて、下のパッチファイルをダウンロードし、ZIPファイルを解凍して下さい。その結果、scorm.jsが解凍されます。

パッチファイル

ここまで準備が出来ましたら、中断機能を利用したいコンテンツをPPT2Flash Professional4.5.0.26でパブリッシュして下さい。デフォルト設定のままであれば、マイドキュメント内の「Wondershare PPT2Flash」フォルダ内に、コンテンツがパブリッシュされています。まずは該当フォルダを開いて下さい。ここでは、「テスト」という名称のコンテンツをパブリッシュしたとします。

パブリッシュされたコンテンツ
上記のようにパブリッシュされているはずですので、赤枠のフォルダをダブルクリックして下さい。

上記フォルダを開くと、以下のような構成になっています。

パブリッシュしたコンテンツの内容
赤枠の「scorm.js」を、入れ替えます。

コンテンツは、上図のような構成になっていることが確認できるかと思います。こちらの、scorm.jsを、先ほどダウンロードしたパッチファイル、scorm.jsで上書きします。

このフォルダを圧縮
このフォルダをZIPで圧縮して下さい。

入替が終わりましたら、一つ上のフォルダに移動し、コンテンツをZIPで圧縮して下さい。この時、圧縮形式はZIPのみに対応しております。LZH等では正常にアップロードできませんので、ご注意下さい。

あとは、通常通り、SmartBrainにコンテンツをアップロードして下さい。以上で、中断機能が正常に動くようになります。中断機能の動作でお困りのお客様は、お手数をおかけしますが、こちらの方法で対応いただくよう、よろしくお願いいたします。

上記の中断機能については、以下のブラウザで動作確認を行い、正常に動作することが確認できました。
Internet Explorer 8
Google Chrome

Q:SmartBrainへの教材登録方法を教えて下さい。

A:パブリッシュの際にLMSを選択して、SCORM1.2形式で書きだしたZIPを登録して下さい。

詳しくは、以下の動画マニュアルを参照下さい。

クリックすると再生します。


PPT2Flashで作成した教材のSmartBrainへの登録方法

教材登録後、受講者に公開するまでの方法に関しては、以下のSmartBrainのオンラインマニュアルも参照下さい。

他の人にみてもらおう
http://smartbrain.info/?page_id=5704

Flash Player のバージョンをダウングレードする方法

CATEGORIES 未分類by.o.nakamura0 Comments2011.09.13

オーサリングツールなどの動作確認を行う場合、Flash Player のバージョンを下げる(ダウングレードする)必要があることがあります。ここでは、その方法をご紹介します。

1.アンインストール
まずは、現在のFlash Palyerをアンインストールする必要があります。Adobe Web Player (http://www.adobe.com/jp/shockwave/download/alternates/) から
Flash Player Uninstaller をダウンロードして、現在のFlash Palyerをアンインストールします。

アンインストーラーをダウンロード

 

2.ダウンロード
Archived Flash Player versions (http://kb2.adobe.com/cps/142/tn_14266.html)から昔のFlash Player をダウンロードします。

無印(debugger versionsで無い方)をダウンロードします。

最近のリリースの場合、いきなり狙いのリビジョンをダウンロードできます。

 

3.インストール
複数のリビジョンがまとめてダウンロードされるので、適当なバージョンを選択してインストールします。

適当なバージョンをインストールします。

なおファイルは、 _win.exe と _winnax.exeがあります。ご利用のブラウザによって変更、もしくh,両方インストール「して下さい。
例:
flashplayer10r3218_win.exe (IE以外)
flashplayer10r3218_winax.exe (IE用)

通常、PPT2Flashで作成した教材は、以下のような形で、教材下部にコントロールバーが表示されています。

通常は、このようにコントロールバーが表示されています。

 

これを、このような感じで、コントロールバーを非表示にする方法をご紹介します。

コントロールバー無しの例(クリックすると再生します。)

 

方法は、テンプレート選択の際に、Video Narration を選択して、コントロールバーのチェックを外します。

コントロールバーのチェックを外します。(クリックで拡大します。)

 

このようにすることで、上記のような、コントロールバーなしの教材を作成可能です。
(尚、コントロールバーを外しても、スライドをユーザがクリックすると次のスライドへ進みますので、ユーザが勝手に先に進めない教材を作ることはできません)

 

また、バグのような動きなので、今後変更になるかもしれませんが、上記の様に、チェックを外した状態からさらにテンプレート変更することが可能です。例えば、コントロールバーのチェックを外した状態で、innovative のテンプレートで書き出すと以下のようになります。

innnovative テンプレートでコントロールバーを外した例(クリックで拡大)

 

eラーニングは、様々な用途で利用できます。それは、一般的に「ラーニング」という言葉でイメージするような、資格試験や受験勉強といった用途に留まるものではありません。今回は、eラーニングを利用して営業マンへの情報共有に利用する場合、どのようなソフトウェアを使い、どれくらいの費用がかかるか、という点についてご紹介致します。

 

 

 

PPT2FlashをWebサイト内で表示する方法

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2011.08.23

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するPowerPoint資料をFlashのラーニング教材に簡単変換できるソフト『PPT2Flash』・・・29,400円(税込) http://ppt2flash.jp/ 30日間無料お試しダウンロードできます。

今回は、以下のように、PPT2FlashをWebサイト内で表示する方法をご紹介致します。

やり方は、通常通りWebにアップした後、以下のタグをhtmlに記述します。

▲このようなスクリプトをhtmlに記述します。

▲このようなスクリプトをhtmlに記述します。

上記のテキストはこちらからご覧ください。
http://blog.elearning.co.jp/data/frameweb.txt

『PPT2Flash』はこちらからお試し頂けます。 http://ppt2flash.jp/ 30日間無料お試しダウンロードできます。

QuizCreatoのファイルを挿入

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2011.08.09

PPT2FlashQuizCreatorを組み合わせて、テスト教材付きのスライドを作成可能です。
(尚、後述しますが、LMSと連携して成績を取得する場合、複数のテストを挿入するのはオススメ出来ません)

まずは、どのようなコンテツが作成可能かご紹介します。(8枚目のスライドのクイズが埋め込まれています。再生まで若干時間がかかります。)

クリックすると再生します。


ppt2flash.jp/wp-content/uploads/2011/08/it_02_03/index.html

このようなスライドを作成するには、PPT2FlashのQuizCreator埋込み機能を利用します。詳しい方法は、以下の動画マニュアルを参照下さい。

クリックすると再生します。


PPT2FQC