eラーニングコンテンツ

Webで利益を上げる方法について回答します。それにしても、お問い合わせフォームから色々な質問がきます。Web上で、ソフト、サービスを販売して利益を上げている方法について質問をいただきましたので、私たちが考える方法を公開します。(とてもメールで回答しきれないような質問が、ちょくちょく届きます。Blogネタにすれば良いと思い、親切に回答をしたのでBlogに貼り付けておきます。)

基本的には、お客様の立場にたって、有益な情報、優れた製品、心地よいサービスなどがそろっていることが重要です。日々、製品、サービスのことを意識しながら、次のようなことを意識してwebを作っています。

1.更新頻度を上げる
そのために、更新しやすいツールを選ぶ。→WordPress
下手なSEO対策よりも更新頻度、情報の鮮度を上げる方が効果が高い。
毎週曜日を決めて新着情報やプレスリリースを発行するように、量、回数を決めて、更新するのも良いでしょう。

2.更新担当者を、Webマーケティングチームだけにしない
営業、開発メンバーも含め、積極的な情報発信を行う。
できれば、現場の人だけではなく、リーダー、役員、代表も含め、全社を挙げて情報発信の体質、習慣を付けることが重要です。

3.製品ごとのWebを作る
製品全部を集めたサイトとは、別に、主力製品については、個別に製品紹介のページを作る。
会社のサイトから、各製品に入っていくことも可能ですが、どうしても階層が深くなります。
また、検索結果が、1ドメイン、1行で表示されることであれば、製品ごとに、ドメインを取得し、可能な限り、少ないクリック数で、購入までの導線を作りたいところ。


4.オンラインでマニュアルをすべて更新する

オンラインでWebで公開する。
質問を頂いた方が、ソフトウェアのダウンロード販売についての質問でしたので、上記のような回答になりました。
マニュアルを公開することで、ソフトウェアの使い方、利用イメージもふくらみますし、本当に良くできた親切なマニュアルであれば、公開することは、ユーザーにとって有意義です。

5.携帯電話、iPhone、GPhone用のサイトを作る。
WordPressであれば、プラグインを追加するだけで完了。

6.SEO対策ツールを活用する
WordPressに含まれるSEO対策ツールを最大限活用する。
SEO対策がしっかりしたツール(WordPress以外でも良い)を選ぶことで、SEO対策の手間が減ります。
SEO対策ツールを工夫して設定することも重要ですが、どのようなキーワードで検索されるのかを意識して最初から文章を書くことはもっと重要です。

7.ユーザー事例を掲載する
活用事例、ユーザー事例を積極的に更新する。
ソフトウェア、システムの提供であれば、どのようなユーザーが、どのような使い方をしているのかは知りたいところ。
ユーザー事例を調査して公開することは、非常に有益な情報公開になりますし、
バージョンアップが頻繁ではないソフトウェアの場合にも、定期的なコンテンツの更新ネタとして最適です。

8.オンラインセミナーを開催する

使い方が分からない人も多いので、動画による使用方法を説明したビデオを用意する。
オンラインでマニュアルを公開することは先に書きましたが、DemoCreator(http://democreator.jp)などを利用して、
ソフトウェアの操作方法を説明するコンテンツを作ることは非常に有効です。

9.法人向けの請求書払いに対応する
個人だけではなく企業での購入(請求書支払い)に対応させる。
案外対応している会社が少ないと思います。
個人向け以外に、法人向けにソフトウェアの販売をするのであれば、請求書払を、販売方法に追加すべきです。
10.サポートの充実
オンラインで購入するときの最大の不安は、購入後のサポート。
サポートの内容、サポートの受け方について明記する。

上記のよな10のポイントを一度チェックしてみて、ソフトウェアをオンラインで販売する際の効果、成果を上げる方法の一助としてください。

Ustream用のスタジオ建設工事が着々と進んでいます。4メートルの天井の高さですから、塗装作業も大変です。黒のスタジオ(ブラックスタジオ)と、白のスタジオ(ホワイトスタジオ)の天井塗装が始まりました。3回重ね塗りをするそうですが、色を塗るだけで、とても綺麗で明るくなった感じがします。

塗装前と、塗装中の写真を、それぞれアップしておきます。

このUstreamブラックスタジオと、ホワイトスタジオで、生中継だけではなく、eラーニングのコンテンツも、どんどん量産していきたいと思います。また、株式会社キバンインターナショナルの提供する会員専用、課金システムがついた生中継システム http://ustreamer.jp/ を利用した番組やコンテンツも、どんどんお届けしたいと思います。

▲塗装前に補強のためにコンクリートを塗り直しました

▲4メートルの高さがあるので、塗装作業も足場を組んでの作業

▲用途のことなる2つのUstream用のスタジオになります。

▲色々考えるところがあって、天井は、白と黒に分かれています。

▲黒は夜空を見上げる感じです。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Blogを書く上で注意をしておくだけで、大きくアクセス数アップや、お問い合わせ数が違ったりします。気をつけている10のポイントを説明します。Blogの特性を意識して書くことが重要です。10のチェックポイントを参考のため、公開します。

  1. まず、キーワードを決めてから執筆する
    どのようなキーワードで、検索してもらいたいか、キーワードを最初に決めます。
    決めたキーワードは、タイトル部分、文頭、結末部分にも、入れるようにします。
  2. タイトルを決める
    キーワードを決めたら、それらのキーワードを組み合わせたキーワードでタイトルを作るようにします。
    検索の際に表示されるのが、このタイトルで、完結で内容を示したものにします。
    「●●とは?」 「●●の方法」「●●する10の方法」など、クリックしたくなるような定番のタイトルを持っておくと、記事が書きやすくなります。
  3. タイトルの文字数を節約する
    blogに投稿されたタイトルと、文頭は、そのままTwitterに投稿されるようになっています。(私たちのブログの場合)。
    タイトルと文頭で同じ内容にならないように工夫をしてください。
    また、タイトル+文頭の100文字程度で内容が分かり、興味を引くものにしてください。
  4. 1つの内容に絞る
    文章が得意な人は、たくさんの文章を書き、内容が2-3になることがありますが、その場合は、ブログの記事を複数に分けるようにします。
    1つの記事に、1つの内容を入れるようにします。
  5. 写真やイラストを入れる
    長い文章であると読みはじめるまえに、気持ちが萎えることがあります。美しい写真や、写真そのものが内容を説明するものであると、読む意欲が高まります。
    イラストや写真を入れる工夫や努力を惜しまないようにしましょう。
  6. リード分(頭2-3行に結論を書く)
    最後の最後まで文章を読んでもらえる確証はないので、文頭に結論や問題提起、興味をそそるような文章を置くように努力します。
  7. 文字の強調
    たくさんの文字色を入れると、かえって読みづらいですが、重要箇所の太字や、赤文字にする工夫は読み手の理解を助けます。
    赤の太文字がきつすぎると思う場合は、濃いグリーンの文字が良いでしょう。
  8. カテゴリー、キーワード設定をする
    横着な投稿者は、カテゴリー、タグ(キーワード)の投稿をしない人が多数します。
    カテゴリーやキーワードは、関連する記事を、もう1-2つ読んでもらえるチャンスですので、必ず設定しましょう。
  9. キーワードの置き換え
    検索キーワードを意識して文章を書くだけではなく、同じ意味で違う単語で検索する人もいます。
    また、英単語で検索する人や、カタカナで検索する人もいます。
    複数回登場するキーワードは、意識的に、違う表記にして文章を書いてください。

  10. リンクのURLを表記する
    ブログの内容をメールで受信している人もいます。(私たちのBlogは、Subscribeというプラグインで希望者に、Blogの内容を、1日1回メール配信しています。)
    文字に、リンクを張った場合、HTMLであれば、リンクが分かりますが、メールにテキストで配信された場合は、どこにリンクが張られたのか不明です。
    リンクを張った後に、URLを文字としても本文に入れるように工夫してください。

新人さんが増えてきて、Blogを書くコツ、注意すべきブログの書き方について質問をされましたので、文章にまとめてみました。

私たちは、営業のノルマ設定はありませんが、アウトプット量、月に50本のブログを書くことが目標として設定されています。それは、少量生産で、多くの人に到達するような文章を書くことは不可能であることを知っているからです。こうして検索して見つけてくれるあなたのために、私たちのサービスをしってもらう、1つのきっかけとして、そして、社内のノウハウを1人でも多くの人に共有して共有材として欲しいから、こうして毎日毎日Blogを書いています。

Blogを書く理由は、人それぞれでしょう。ですが、上記のような10のポイントをすこし意識するだけで、実質的にSEO対策になったり、多くの読者、リピーターになっていただくキッカケになったりします。細かなテクニックや技術は、色々あるでしょうが、良い機会ですので、自分の文章を、上記の10のチェックポイントでチェックしてみてはいかがでしょうか。

iPadプレゼン術

CATEGORIES eラーニング, iPad, コンテンツの作り方by.o.nakamura4 Comments2010.07.23

キバンインターナショナルでは、社員全員にiPadを支給しています。ですから、キバンインターナショナルのメンバーたるもの、iPadでスマートに営業ができなくてはなりません。
という訳で今日は、営業に役立てるモバイルデバイス! つまり、iPadプレゼン術についてです。まずは、我らのお得意様である、インターワークス様による、「営業現場でのプレゼンの悪い例、iPadで劇的に変身!.」を見てみましょう。


「ぱっと思いついて、ぱっと撮った」という手作りムービーですが、なんとなく言いたいことはわかるかと思います。ただし、これは、7月14日に開催されていた、「iPadを買ったサラリーマンのための iPadプレゼン術セミナー」で詳しく解説されていたようで、次回開催は未定、との事。うーむ。いきなり暗礁に乗りあげてしまいました。

しかし、捨てる神あれば、拾う神あり。
iPadには、keynoteというアプリケーションがありまして、これを使うと、パワーポイントとはまた違ったカッコいいムービーが作れます。以下は、ネットで見つけた例ですが、写真と動画、だけでもかなりイメージが違って見えるのがわかるかと思います。

さらにこちらは、「40分でつくれるkeynoteプレゼン資料 」簡単操作で、かなりカッコいいものになっていくのが見ていて楽しいです。

とまぁこんな感じです。
実は、eLearning WORLD では、全員にiPadを持たせて説明させたい、と思っているので、彼らのiPadの中身を作りたいな。と。さぁ、どこまでできるかな。
(※社員以外にも、大勢のお手伝いの人が手伝ってくれるので、ブース内の関係者全員には、iPad配れないかなぁ・・・)

Ustreamで放送中に録画したは、別途ダウンロードしたり、FMLE利用の場合は、放送と同時に録画が可能です。しかし、このままですと長大な放送時間そのままの動画になってしまいますので、ダイジェスト版を作るのに便利なソフトウェアを紹介します。

Ustreamでの放送に利用したファイルは、.flv形式ですので、ダイジェスト版を利用する場合は、この形式の動画を編集できるものでないといけません。
弊社では、UnitMovieという無料のソフトウェアを利用しています。

UniteMovie
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se233899.html

UnitMovieそのものは、動画・音声ファイルを結合するソフトのようですが、実は付属する、CutMovieを使うと、動画・音声ファイルの編集を行うことができます(切り取りのみ)。

使い方は、簡単明瞭です。起動させると以下のような画面が表示されます。

CutMovie起動後の画面

そこで、切り取りたい.flvファイルを指定し、○○分○○秒~△△分△△秒 といった、切り取りたい時間を設定します。(動画をプレビューする昨日はありませんので、予め、.flvファイルを再生して、何分で切るかを検討しておきます。尚、弊社では、flvの再生には、GOM Player もしくは、WebVideoAuthor を利用しています。

切り取るファイルを指定し、開始時間と終了時間を入力します。

あとは、「切り取り」のボタンを押すだけで、保存先に指定している個所にファイルが切り取られます。
実は、きばらじのアーカイブは、このようにして10分以内で適宜区切り、Youtubeにアップロードして作成しています。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

「アニメDEマナーレッスン短期集中ゼミ」の提供を開始

eラーニング専門企業の株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp/)は、弊社のeラーニング管理システムにより、社会人のマナーの基礎知識をアニメで楽しく習得するオンライン講座「アニメDEマナーレッスン短期集中ゼミ(http://manner.bz/)」を、2010年6月7日(月)より配信開始しました。

「アニメDEマナーレッスン短期集中ゼミ」は、株式会社学研教育出版(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:矢崎 悦男)が提供するオンライン講座「アニメDEマナーレッスン」を、ソフトバンク クリエイティブ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:土橋 康成)がさらに短期間で集中して身につくように工夫した講座で、「ビジネスマナー」「テーブルマナー」「弔事のマナー」の3講座に分かれています。各レッスンには学習後の確認テストがあり、学習内容が身についたかどうかを確認しながらしっかりとマナーの基礎を学ぶ内容になっているので、新入社員はもちろん、もう一度社会人としてのマナーを見直したいという方にも最適な講座です。

「アニメDEマナーレッスン短期集中ゼミ」は、パソコンだけでなくiPadTMやiPhoneTMなどでも最適化されたWebブラウザを通して学習することが可能です。また、それぞれの学習履歴の同期が取れるので、自宅のパソコンで途中まで学習し、続きを通勤・通学中にiPadTMやiPhoneTMで学習することができます。

なお、各3講座とも1~3レッスンまでは無料で学習できますので、自宅のネットワーク事情などでオンライン学習に不安を感じられている方も気軽にお試しいただけます。

■ 「アニメDEマナーレッスン短期集中ゼミ」の特長

1.隙間時間に学習できる
iPadTMやiPhoneTMでもパソコンと同じように学習できるので、電車の待ち時間などの隙間時間に学習を進めることができます。

2.短時間で学習のポイントがわかる
全講座とも約1時間15分のアニメを使った講習の後に、確認テストで学習した内容を振り返ることができます。

3.何度でも繰り返し学習できる
契約期間中は何度でも講座を受けることができるため、弱点分野を身につけるまで学習できます。受講登録時に契約期間(30日コースと90日コース)をご選択いただけます。

4.アニメで学習するので楽しく、覚えやすい
普段の日常生活で遭遇するような身近な場面を本講座のキャラクターである鳩豆商事の愉快な仲間たちが登場するアニメで学習するので、楽しく、覚えやすい内容になっています。

■ 料金(税込)

契約期間 30日コース 90日コース
1コース受講 700円 1,500円
2コース受講 1,400円 3,000円
3コース受講 2,100円 4,500円

■ お申し込み方法

下記webページよりお申し込みください。

http://manner.bz/

■ 学習項目例

●ビジネスマナー

① お辞儀の種類

② 社内でのあいさつの種類

③ 名刺を渡す順序

④ 名刺の渡し方と受け取り方

ほか、全33項目

●テーブルマナー

① 箸の使い方

② お膳の並べ方

③ 椀物の食べ方

④ 天ぷらの食べ方

ほか、全34項目

●弔事のマナー

① 臨終直後に行うこと

② 遺族の喪服

③ 弔電と供物・供花

④ 故人との対面の作法

ほか、全33項目

■ 画面イメージ

ビジネスマナー        テーブルマナー        弔事のマナー

お問い合わせ
株式会社キバンインターナショナル
http://manner.bz
お問い合わせフォーム:http://manner.bz/?page_id=14
電話:03-5846-5800
メール:international@kiban.jp
住所:〒121-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F

キバンインターナショナルについて
2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。1900社にeラーニング関係の製品を提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。
キバンインターナショナルの情報についてはこちらをご参照ください。 http://elearning.co.jp/

本プレスリリースについて
本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

  • Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPad はApple Inc.の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • iPhone 3G およびiPhone 3GS は単独の通信業者のサービスでのみお使いいただけるよう設定されている場合があります。
  • その他、記載されている社名、製品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。

動画を利用したe-ラーニング教材を作るとき、一番困るのが動画のエンコードです。
例えば、一般にiPhone用にエンコードすると、他のスマートフォンではそのままの状態では学習できません。
そこで今回は、iPhone、iPad、Andloidの3デバイスで開ける動画のエンコード方法について解説します。

今回使用するソフトはGOMエンコーダー(通 常版:4,980円、拡張版5,980円)です。
エンコードとは、動画を自分の使いたい形式に再変換することを指しますが、わかりやすく図説したものがGOMエンコーダーの製品サイトにありましたので引用させて頂きました。

入出力対応ファイルが豊富(http://www.gomplayer.jp/encoder /products/guide.htmlより引用)

簡単に言うと手元にあるAVIなどを、iPhone対応のmp4などへ変換する為のソフトです。
(エンコードソフトを購入する前でも、体験版として利用可能ですので、ぜひエンコードをお試しいただければと思います。)

基本的な使い方については、GOMエンコーダーの 製品サイトにも多数記載されていますので、今回はどのような設定を行えばよいのかまとめます。

iPhone、iPad、Andloidの対応動画を調べていくと、ちょうど3デバイスで共通でファイルを開ける形式がありました。
今回は、そのエンコード設定をご紹介します。

GOMエンコーダをインストールし、プログラムを開くと、上のような画面になります。赤枠で囲われているところの[出力設定]を選択し、実際に設定を行いましょう。
まずはコーデック設定です。基本的に下の図のように設定してください。

  • ビデオコーデック
    • どのような形式で変換するかを選択します。今回はMPEG-4Videoを使用しています。MPEG-4Videoは変更できません。(変更すると3デバイスで開けません。)
    • [1PASS-CBR]を[2PASS-CBR]に変更することでより精度の高い変換が可能ですが、エラーが発生することが多いため今回は[1PASS-CBR]を使用します。
  • ビットレート
    • 動画の品質(綺麗さ)の設定です。この数字を上げると高品質になりますが、ファイルサイズも大きくなります。3デバイス対応で3G回線で使用する場合は200kbpsにして下さい。
  • キーフレーム感覚
    • 動画をシークする際の基準になります。基本的に設定は変更しないで下さい。
  • オーディオコーデック
    • オーディオの変換形式です。基本的に設定は変更しないで下さい。
  • フォーマット
    • 音質設定です。基本的に設定は変更しないで下さい。

  • ビデオサイズ
    • 変更しないで下さい。(Andloid対応をする場合、この設定が最適値となります。)
  • リサイズ
    • 変更しないで下さい。
  • フレーム
    • 変更しないで下さい。

  • オーディオ設定は変更しないで下さい。

  • 以下、デフォルトのまま使用します。



さて、ここまで設定を行いました。[プリセット管理]を選択し、このファイルを保存しておくと、次回から便利です。完成した設定ファイルはこちら
ここまでの設定でエンコードを行えば、iPhoneとiPadに対応した動画ができます。
Andloidに対応するためには、少し難しいですがもう一手間かける必要があります。

使うのは、MP4BOXというプログラムです。これをコマンドプロンプトで実行します。

MP4BOX

MP4BOXはダウンロードしてC:\ 直下に、解凍したディレクトリをおいて下さい。(日本語名不可)
また、プログラムと同じ階層に動画ファイルを置き、なるべく日本語や記号を使わない動画ファイル名で実行して下さい。

META情報書き換えを行うプログラムの実行方法

コマンドプロンプト

  • 実行文
    MP4Box.exe -add 入力ファイル -brand mmp4:1 -new 出力ファイル

//実行例
MP4Box.exe -add before.mp4 -brand mmp4:1 -new after.mp4
//プログラム名 -add 入力ファイル -brand mmp4:1 -new 出力ファイル

MP4BOXを実行した動画は、iPhone、iPad、Andloidの3デバイスに対応した動画になります。
一度お試し下さい。

(上級テクニックとしてWindowsバッチファイルを作成し、MP4BOXの一括処理も可能です。興味のある方は挑戦してみて下さい。)

見た目が良ければ中身などどうとでもなる、と言ったのはドイツの偉い人だったか。見た目は中身だ、もっと伝わるパワーポイント、という講座がありましたので紹介致します。ここまで凝ったスライドを作成されると、ある意味わが社のツールのコンセプト「誰でも簡単に作れる」から逸脱してしまうので、ちょっとアレですが、講座で指摘されている事は非常に参考になると思います。

 

この講座は、ダイヤモンド・ビジョナリー2009年7月号の企画で、パワポのスライドは同誌のサイトからダウンロードできるようです。元々は、パワーポイントスライドで配布されておりましたが、紹介しにくいので、PPT2Mobileで変換しています。

スライドそのものを拝見されると分かるのですが、スライドの方では、スライド切替はキー操作が前提となっているので、動画で見るとスライドの切替部分に問題が有ります。また、PPT2Flashでも変換してみましたが、非対応アニメ山盛りのためか変換に失敗してしまいました。う~む。PPT2Mobileの方が変換性能はいいみたいですね。

ついでに気になったので、作成者の河合さんも探してみました。

株式会社シー・レップ http://www.c-rep.jp/
同社スタッフ紹介 http://www.c-rep.jp/staff/index.html
(プランニングユニット 東京 の方に、河合さんとおぼしき写真が)
(僕は、全く面識がないんですが、ネット時代って怖いですね。)

eラーニングの教材作成や、営業資料作成などでお困りの場合は、シー・レップさんに相談すると力になって頂けるかもしれません。

最後に、この講座に巡りついたのは、全く関係ない誰かがツイッター上で呟いたパワポサンプルが掲載されたブログにで紹介されたパワポ講座だったります。ツイッター上では当然、河合様の名前などはつぶやかれてませんでしたので、パワポ講座の資料に書かれていたのでそこで初めて名前などが判明したわけです。(そこから、シー・レップ様などに巡りついた)。ネット時代、公開する資料には社名(できれば担当者名も)を入れておけ、という事かもしれません。

弊社製品をご利用の方から、WEB書き出しでパブリッシュした教材が動かない。というご相談が何件かありましたので回避方法をご説明致します。

FTPでアップロード頂く場合は、アップロード時の転送モードをバイナリモードにご変更下さい。
アスキーモードでアップロードしてしまうと、アップロード途中にファイルが壊れる場合がございます。

以下、FFFTPを利用している場合のモード切り替え方法となります。

1.FFFTPを起動後の画面で、オプションから環境設定を開く。

ffftp起動後のメニュー画面

ffftp起動後のメニュー画面

2.オプションの転送1をクリック。左上の転送モードを常にバイナリモードに変更する。
(デフォルトの設定では、ファイル名で切替えになっています。)

ffftpの詳細編集画面

ffftpの詳細編集画面

3.変更完了後に、OKを押して編集画面を閉じる。

情報バラエティなどでよく見る、フリップの張り紙をべろっと剥がすあれ、あれをパワーポイントでやる方法をご紹介します。下のサンプルは、きばらじで紹介したパワーポイントにPPT2Voiceでナレーションをつけてみたものです。ね、それっぽいでしょ。

 

クリックするサンプルが表示されます。

このような動きは、パワーポイントのアニメーションで作成できます。

パワーポイントのストリップアニメーションを利用します。

このように、終了アニメーションのストリップを利用します。
また、アニメーションの方向は適宜指定してください。(サンプルは右下です。)