タグ別アーカイブ: eラーニングオーサリングツール
クイズ機能のチューニングとリバースプロクシ+SSL+mod_rewrite環境下での安定性を向上させました。

クイズ機能のチューニングとリバースプロクシ+SSL+mod_rewrite環境下での安定性を向上させました。

主に1.14.3のバグフィックスを行いました。
変更点は以下の通りです。

 

クイズ機能

1.Android端末の画面幅・高さが共に640pxを越えている場合はPC向けのスタイルを適用
(ICONIA TABなどの大画面のタブレットでも、綺麗に表示させるための対応です)
2.スマートフォンの穴埋め問題で、穴にはまっている選択肢の右端をドラッグして何も無い所へ出しても、穴から外に出ていない問題を修正
3.スマートフォンで選択肢ドラッグ直後に設問が移動することがある問題を修正
4.正誤判定・採点ロジックには問題ありませんが、WQCインポートで作成したクイズにおいて、学習履歴で正答例のラベルが正しく表示されない問題を修正

 

基本機能

1.リバースプロクシ+SSL+mod_rewrite使用の際 httpにリダイレクトしてしまう場合があったので修正
2.IE8の場合,Javascriptのwindow.innerHtmlでエラーが発生していたので修正

 

今後もクイズ機能のAndroid対応や基本機能を強化してまいりますので、ユーザ数20名まで無料のSmartBrainをよろしくお願い致します。

DemoCreatorの「吸着」ボタン

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2011.08.03

簡単動画キャプチャソフトDemoCreator http://democreator.jp/ 。数回のクリックだけで簡単にPC画面操作を動画にすることができます。通常のWebでの公開はもちろん、eラーニング国際標準規格scormにも対応しているソフトです。

DemoCreatorで動画キャプチャする際、「吸着」というボタンがあります。少々分かりにくいかも知れませんので、どのような意味かをご案内致します。

動画をキャプチャしようとすると、吸着ボタンが表示されます。

▲赤枠内がキャプチャ対象範囲です。

▲赤枠内がキャプチャ対象範囲です。

「吸着」というボタンをクリックすると、選択されたアプリケーションのウィンドウに、赤い枠が表示されます。赤枠内がキャプチャ対象範囲です。このように、画面のどこをキャプチャしているかを明確にしてくれるのが吸着ボタンです。

DemoCreatorは30日間フリーでお試し頂けます。ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://democreator.jp/?page_id=8

作成したクイズを印刷できますか?

キーボードでテキスト入力のみで問題作成できるソフトQuizCreator http://quizcreator.jp/
作成したクイズを印刷したいご要望を頂くことがございますので、その方法を公開致します。
Microsoft Office向けパブリッシュ機能を利用して、WordやExcelのドキュメントとしてテストをパブリッシュし、そこから印刷する方法がございます。

1. ツールバーの”パブリッシュ“を選択してパブリッシュ・タブを表示し、”MS Office“ボタンをクリックしてください。
MS Office向けパブリッシュ

2. パブリッシュ設定で、テストの題名を”タイトル“に入力してください。
タイトルは出力先フォルダおよび出力ファイルに反映されます。テストを保存する場所を”フォルダ“で指定してください。初期設定では次のディレクトリに保存されます。

C:\Documents and Settings\Administrator\My Documents\My Quiz\

別の場所に保存したい場合は、ボタンをクリックするか、ディレクトリのパスを直接入力してください。

MS Office
1) コンピュータ上の別の場所に保存したい場合は、ボタンをクリックするか、ディレクトリのパスを直接入力してください。
2) “Microsoft Office”部分で、ドキュメントタイプを”Word”にするか”Excel” にするか選択してください。
現在ご利用のMicrosoft Officeのバージョンによって、作成されるファイルの形式が、Office 2007形式(*.docx, *.xlsx)のものと、Office 2003形式(*.doc, *.xls)に分かれます。

*注意:
Word形式に書き出しされた場合には、変換後、Word 2007バージョンで、確認してください。
また、Excelに書き出すする際に、画像が含まれた場合には、Excel 2007で、開いてください。

*MS Office用に書き出しする場合は、選択肢のランダム設定は反映されませんのでご注意ください。

3. パブリッシュをクリックしてください。
キャンセル“ボタンをクリックすれば、パブリッシュ作業をいつでも中断できます。パブリッシュ作業が終了すると、新たらしいWordまたはExcelドキュメントが生成されます。終了後すぐにテストを見ることもできます。

株式会社キバンインターナショナルが提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム) SmartBrain http://smartbrain.info/ は、PCはもとより、iPhone、iPad、Androidなど、あらゆるモバイル端末に対応することを目指しています。

端末により仕様が異なるため、様々なモバイル端末の実機を購入しては、ひとつひとつ動作確認を繰り返しています。確認が済んだものはこのブログで公開して参ります。今回検証したのは、

●モバイル端末:MOTOROLA XOOM (au)

●オーサリングツール(教材作成ツール)
QuizCreator 簡単クイズ作成ソフト http://quizcreator.jp/
DemoCreator 簡単デモ動画作成ソフト http://democreator.jp/
PPT2Mobile PowerPointからモバイル対応動画を作成 http://ppt2mobile.jp/
PPT2Voice Neo PowerPointから合成音声を作成 http://ppt2voice.jp/

です。

▲QuizCreatorで作成したクイズ

▲QuizCreatorで作成したクイズ

▲DemoCreatorで作成した教材も、大画面なので見やすいです。

▲DemoCreatorで作成した教材も、大画面なので見やすいです。(AVIパブリッシュ→エンコード)

▲PPT2Voice Neoで作成したコンテンツも再生

▲PPT2Voice Neoで作成したコンテンツも再生(PPT2Mobileでflv書き出ししたものをエンコード)

モバイル対応のeラーニングなら、SmartBrain http://smartbrain.info/ 。20ユーザまで無料。以降、1ユーザ210円(税込)/月でご利用頂けます。

▲SCORMの種類

▲SCORMの種類

●3つの種類:人、教材、システム

SCORM認証には、大きく分けて、3つの種類があります。

1.「教材」に関する認証。
2.「学習管理システム」に関する認証。
3.「人」に関する認証

です。

認証を受けるには、日本eラーニングコンソシアムのテストに合格しなくてはなりません。

キバンインターナショナルのLMS(ラーニング・マネジメント・システム)、SmartBrain http://smartbrain.info/ も認証を受けています。

▲認証システム3つのレベル

▲認証システム3つのレベル

●SmartBrainは最高レベルのLMS-RTE3

SCORMでは、ラーニング・マネジメント・システムに3つのレベルがあります。

規格の必須データモデルだけを満たしたものは、LMS-RTE1。

そこにデータモデルの一部を加えたものが、LMS-RTE2。

さらに、すべてのデータモデルを加えたものが、LMS-RTE3になります。

私たちのSmartBrainは最高レベルのRTE3を取得しております。

RTE3というのは、全てのデータモデルに対応していますので、多くの会社でeラーニングに必要とされる管理機能が、SmartBrainにはカスタマイズ不要で備わっています。

つまり、SmartBrainは、保証された最高レベルの品質にして、1ユーザ210円(税込)/月という最低水準の料金。まさに、最高の学びを全ての人に!なのです。

●今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニング国際標準規格SCORM」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7/7(木)カエルスタジオがオープンしました。
カエルスタジオとは、御社の会議室がUstream配信スタジオ、eラーニング収録スタジオに早変わりしてしまうパッケージ。ビデオコンテンツを活用して、告知、あるいはコンテンツ販売などを行いたい企業様にうってつけのパッケージです。

パンダスタジオ内に展示ブースがありますので、ぜひ見学にお越しください!
お問い合わせはこちらから
http://kaerustudio.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参ります。
教材と人に関する認証も、また別の機会に説明しますので、よろしくお願い申し上げます。

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。この度、PPT2VoiceNeoをお試し頂いた企業様にアンケートのご協力を頂きましたので公開致します。

▲PPT2VoiceNeoのWebサイト

▲PPT2VoiceNeoのWebサイト

アンケート内容

PPT2Voice Neoで、教材のほうは思い通りに作成することができましたでしょうか。

アンケートご回答

作成することが出来ました。一括で音声を設定することができ、比較的早く、簡単に音声の設定を行うことが出来ました。
もともと音声付きのコンテンツを作成するにあたり、挿入する音声データがなかったので、メモを読みとって音声合成が行われたのは便利でした。
決まった単語やフレーズのイントネーションや発音を一括設定できるのも、大変便利だったと感じます。

【キバンインターナショナルまとめ】

簡単に作成頂いたようで、大変うれしいです。Webサイトでデモをお試し頂けます。 http://ppt2voice.jp/?page_id=7 その場で変換されますので、いろいろなテキストを入力してみてください。

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。この度、PPT2VoiceNeoをお試し頂いた企業様にアンケートのご協力を頂きましたので公開致します。

▲PPT2VoiceNeoのWebサイト

▲PPT2VoiceNeoのWebサイト

どのようにご利用頂いているか、今後の製品の改善に活かせるよう、提供する側として気になる質問にご回答頂きました。ご利用頂く予定の方にもご参考にして頂ければと思います。ぜひご覧ください。

1.業種/職種は?

製造業

2.どんな目的で使用しますか?

IT部門メンバーに対する教育の一部をeラーニング形式で
実施しています。
eラーニング教材は「PPT2Flash」を使って作成しています。
その教材にナレーションを挿入するために使用します。

3.使用する教材の分野

弊社のIT部門メンバーが知っておくべき知識
例えば、社内システムの成り立ちや特徴をまとめた資料など。

4.なぜ合成音声なのか(現状の不満や問題点)

これまでは、会議室にこもって、ボイスレコーダーで、1スライド分ずつ音声を録音して、音声ファイルをPPTに紐づける、という作業をしていました。

教材を作成したIT担当者に音声取りをしてもらいますが、当然ながらプロではないので、つっかえたりして、録音に非常に時間がかかっています。

今後eラーニング教材を増やす方向で、効率良いナレーション作成が必要になり、音声合成ソフトを探し始めた次第です。

5.使用してのご感想

フリーのソフトもいくつか試しましたが、使い物になりませんでした。
イントネーション等を修正できる点が非常に良いと思います。
気になった点として「体を様している」が「からだをさましている」になったり、「クラウド・ソーシング」等の複数文節のイントネーションが自然だったり、といったことがありました。

ここまで、質問にご回答頂いた後、さらに気になる点について質問しましたので以下に公開致します。

合成音声使用前と使用後ではどのくらい時間が短縮できたでしょうか (何分、など数字を含む)

時間の短縮は測定しておりません。
イントネーション等の修正をするならば、時間差はあまりないかもしれません。
教材を作成する人(=社内のハイパフォーマー)にナレーション録音のために時間を割いてもらわなくて良い、というのがメリットかもしれません。

なぜeラーニング教材にナレーションが必要になったのでしょうか

従来、集合研修で実施したいた内容を、eラーニング化するにあたってナレーションが必要になりました。

工場のどのような機械でしょうか(具体名や具体的な機能等)

工場は関係ありません。
社内の情報システムに関する知識です。
例えば、出張旅費を精算するシステムや、勤務時間を管理するシステムなど主な社内システムの特徴を説明する教材です。

【キバンインターナショナルまとめ】
やはり、業務に関する知識をeラーニング化するためにご利用頂いてるようです。
自動合成ですので、音声漢字の読みなどに関しての変換、あるいは専門用語のイントネーションが完璧でない分もあったようですが、簡単に編集したり、辞書登録することもできますので、ぜひご利用頂ければと思います。

デモでお試し頂いた方には専門用語等のイントネーションもかなり正確だとおっしゃって頂いております。テキストをご入力頂くだけですのでぜひご確認ください。 http://ppt2voice.jp/?page_id=7

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

ボイスソムリエネオのPowerPointアドインのインストールがうまくいかない場合の解決方法についてご紹介します。

これは、以下のような場合に起こり得るエラーです。

  • PowerPointをバージョンアップした場合
  • ボイスソムリエネオをアンインストール後に再度インストールする場合

以下、解決方法です。

ボイスソムリエ ネオ PowerPointアドインのクリーン再インストール方法につきまして

手順1.ボイスソムリエ ネオ PowerPointアドインをアンインストールします。
手順2.以下のフォルダに保存されているキャッシュを削除します。

手順3.

エクスプローラーで「C:\(ユーザーフォルダ)\Local Settings\Apps\2.0 」
以下にあるサブフォルダを参照します。

※例えばログインユーザー名 TANAKA の場合、「C:\Documents and Settings\TANAKA」

手順4.

“2.0”フォルダ内を参照し、サブフォルダとして以下名称のフォルダを含んでいるフォルダを確認します。

「 voic…~ 」

確認した後、サブフォルダに上記名称が含まれるフォルダを全て削除して下さい。
(複数フォルダがある場合があり)

例:下記例のようなフォルダが存在した場合、それぞれの¥2.0直下のフォルダを削除します。

C:\Documents and settings\(ログインユーザーID)\Local
Settings\Apps\2.0\J7YQNQJR.C47\XVCZRL17.DVD\voic..2007_653886ab6321a81.0002_none_c2de84614bd17fac

C:\Documents and settings\(ログインユーザーID)\Local
Settings\Apps\2.0\Data\932T4NBL.GOV\84NZXPHM.PR0\voic..vsto_af40ad5410c_0001.0002_f591a8f1831692e0

※環境によって異なります。

手順5.再度、ボイスソムリエ ネオPower Pointアドインをインストールしてください。

これで解決です。

皆様、こんにちは。株式会社キバンインターナショナルの蔡(チェ)です。
本日、皆様にご紹介する内容は、現在公開準備中の【QuizCreator PRO】についてです。

まず、QuizCreator PROで作成した多国語対応のサンプル教材をご覧ください

サンプルWebコンテンツの再生

コンテンツ名のリンクをクリックすると、ブラウザ内で日本語版、英語版、韓国語版の教材が再生されます。
(お使いの光回線環境により、再生までお時間かかる場合があります。)

▼Solar System Quiz(日本語版)

Solar System Quiz

Solar System Quiz 日本語版クイズ(クリックで再生)

▼Solar System Quiz(英語版)

Solar System Quiz 英語版のクイズ(クリックで再生)

▼Solar System Quiz(中国語版)

Solar System Quiz 中国語版のクイズ

Solar System Quiz 中国語版のクイズ(クリックで再生)

▼Solar System Quiz(韓国語版)

Solar System Quiz

Solar System Quizクイズ(クリックで再生)

こんにちは。株式会社キバンインターナショナルの蔡(チェ)です。
前回は、2回目に渡って皆様に、動画ファイルを生かしたLectureMAKERクイズについてご紹介しました。繰り返しとりますが、LectureMAKERでは、単一選択問題複数選択問題記入問題のクイズが作成可能です。

クイズ内の設問設定は、レイアウトやオブジェクトの挿入が自由に設定変更できる以外、TOEICテストのように「一つの説明文に対して複数の問題を作成する」ことも可能です。

Q1. 「リスニングセクション」と「リーディングセクション」に分かれますが、音声を挿入したテストは作成可能でしょうか?
A1. 可能です。LectureMAKERでは、音声以外、画像や動画を位置の制限なく自由に挿入可能です。

Q2. PART4では、一つの説明文に対して、複数の問題が出るんですが、作成可能でしょうか?
A2. 可能です。また、クイズ内の選択肢のレイアウトは「横表示」でも、「縦表示」でも、簡単に設定や変更が可能です。

Q3. PART6、PART7では、結構長い説明文が出る場合もありますが、閲覧するユーザー環境を配慮する方法はありますか?
A3. あります。LectureMAKERでは、「ボタン」機能がありまして、オブジェクトの「表示」、「非表示」設定が簡単に可能ですので、スクロールバーをなくした状態で、同じ画面を2倍以上で表示させることが可能です。


長い説明文を非表示した状態です。


長い説明文を表示した状態です。

では、サンプル教材をご確認してください。

TOEICテストの作成:応用編(クリックで再生)

是非、皆様もLectureMAKERでTOEICテスト教材を作成してみてください。
(サンプル教材の引用:http://exam.ybmsisa.com/toeic/info/sample_lc1.asp)

また、LectureMAKERのインストールなど導入手順などでご不明な点がございましたら
購入の有無に関わらずお気軽にお問い合わせください。
今後とも、LectureMAKERをどうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●LectureMAKER
URL:http://lecturemaker.jp/
価格:
99,750円(サポート無ライセンス)
152,250円(1年間サポート付ライセンス)
※サポート付ライセンスでは、教材の作成方法などについても親切丁寧にサポートいたします。

●販売方法
現在は、LectureMAKER専用サイト(http://lecturemaker.jp/ )にてご購入方法をご案内いたします。
見積もり依頼、購入、お問い合わせもWebから簡単に行うことができます。

●株式会社キバンインターナショナルとは
株式会社キバンインターナショナル(http://elearning.co.jp/)では、
「最高の学びをすべての人に!」という目標に向けて活動をしており、その目標を達成するために、
自社で製品・サービスを開発するだけではなく、日本・海外から優れた製品を探して皆様にお届けいたします。