SCORM
▲SCORMとは

▲SCORMとは

●smartbrainはeラーニングの国際標準規格(SCORM1.2)に準拠しているので、教材の選択肢が多く、システムの入れ替えなどにも柔軟に対応することが可能です。

標準規格のメリットとして、
・既成コンテンツを活用しやすい
・運用コストをおさえられる
・簡単に教材作成できるツールがある
等が挙げられます。

弊社SmartBrainはScormには3段階ございまして、その中で最高ランクのRTE3の認定を
日本eラーニングコンソシアムより正式に受けております。

最高ランクRTE3のメリットとしては、Scormで定められているすべてのデータオプションを扱えますので、
成績管理等において、ご希望の運用がしやすくなる事が多いです。
(一例としてですが、テスト問題の1問ずつの正答率の統計を取りたい、など)

●PPT2Flash Professional、QuizCreator、DemoCreator、WebVideoAuthor、PPT2Mobile LectureMAKERなど、弊社で販売しているeラーニング教材作成ソフトウェアでの互換性が保証されています。

●電子データをeラーニング教材として活用可能
マイクロソフトのオフィス(WORD、エクセル)ファイル、PDFファイル、HTMLファイルをアップするだけで、SCORM教材に変換されます。 また、 FLV(FlashVideo)ファイルをアップすれば、学習に最適なビデオプレヤー組み込まれ、学習履歴を記録することができるようになります。

smartbrainについて詳しくは、こちらから

http://www.smartbrain.info/

SmartBrainには履修制限という、受講順序などを制限する機能があります。
(参考 SmartBrainの便利機能。「履修制限」)
先日リリースされたSmartBrain1.16より、履修制限のあるSCORM1.2対応コンテンツのアップロードが可能になりました。これにより、コンテンツの他の環境への移行がスムーズに行うことができます。

履修制限はコース管理のコース詳細から、以下のように設定することができます。

履修制限設定画面

これは順に履修制限をつけた例です。これにより、初級テストに合格しないと、上級研修を受けられないようになります。

順に履修制限をつけた例

また、この機能に伴い、教材の登録時に識別子の登録が必須となりました。(参考 識別子とはなんですか?)
識別子を削除した場合は、以下のようにエラーになりますので、ご注意ください。(標準で識別子には値が入っていますので、変更を行う必要はありません)

識別子エラー

株式会社キバンインターナショナル  http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム) SmartBrain http://smartbrain.info/

今回は、SmartBrainで、学習履歴を消さずに教材を差し替える方法をご紹介します。

これらの作業は、念の為、テストコースを作成して実験し、動作が確認できたら、実際に差し替えたいコースで実施して頂ければと思います。(事前に.csvで学習履歴もダウンロードしておくとよいでしょう

▲1.「管理機能」をクリック

▲1.「管理機能」をクリック

▲2.「コース管理」をクリック

▲2.「コース管理」をクリック

▲3.任意のコース名をクリック

▲3.任意のコース名をクリック

▲中身を差し替えしたいSCOをクリック

▲4.中身を差し替えしたいSCOをクリック

▲5.関連ファイル右の「コンテンツ追加」をクリック

▲5.関連ファイル右の「コンテンツ追加」をクリック

▲6.「ZIPファイルをSCO内にアップロード」→「ファイルを選択」→「登録」

▲6.「ZIPファイルをSCO内にアップロード」→「ファイルを選択」(ここで、差し替え後ファイルとなるzipファイルを選択します)→「登録」

▲8.古い方のコンテンツは削除する。(左側の数字が年月日になっているので、そこで判断できます)

▲8.古い方のコンテンツは削除する。(左側の数字が年月日になっているので、そこで判断できます)

▲9.同画面内「起動ファイル」の「編集」をクリック

▲9.同画面内「起動ファイル」の「編集」をクリック

▲10.「パソコン向け」の、新しい日付の方を選んで「保存」をクリック

▲10.「パソコン向け」の、新しい日付の方を選んで「保存」をクリック

これで差し替え完了です。ちゃんと閲覧できるか確認しましょう。

その後、念の為、履歴が消えていないか、新しい閲覧履歴が表示されるか確認しましょう。

▲「管理機能」→「閲覧履歴」をクリック

▲「管理機能」→「閲覧履歴」をクリック

▲古い日付の履歴と、新しい履歴の両方が表示されています。

▲古い日付の履歴と、新しい履歴の両方が表示されています。

(なお、今回の方法では「ユーザ管理」→「成績ダウンロード」からの.csvの履歴も消えません)

SmartBrain http://smartbrain.info/ は20ユーザまで無料でご利用頂けます。初期費用もいらず、お気軽にeラーニングを実施できますので、ぜひ無料でお試しになってみてください。

▲eラーニング国際標準規格SCORM

▲eラーニング国際標準規格SCORM


キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年7月8日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0045

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は、eラーニング導入の際の重要ポイント、国際標準規格SCORMについてご案内します。

これはeラーニングの担当者であれば、知らなかったでは済まされない内容。知らないと、互換性が効かないシステムを導入し、あとあと多大なコストがかかったり、乗り換え用にもコンテンツをまるごと新しく用意しなければいけなかったりと、様々な問題が発生し得ますので必見の内容です。ぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. SCORMとは
2. コストダウンと互換性がメリット
3. 主だった企業が加盟しています
4. 3つの種類:人、教材、システム
5. SmartBrainは最高レベルのLMS-RTE3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。
『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】必見!eラーニング国際標準規格SCORM

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▲SCORMとは

▲SCORMとは

●SCORMとは

SCORM(スコーム)は、eラーニングの国際標準規格。

eラーニング教材と、ラーニングマネジメントシステムのデータ連携について定めたものです。

では、SCORM規格に準拠していると、どんなよいことがあるのでしょうか。見ていきましょう。

●コストダウンと互換性がメリット

SCORMのメリットは、規格が標準化されていること。
標準化により、一般的に、コストダウンが可能になります。

また、標準化されているので、互換性があります。

もし学習管理システムとコンテンツのメーカーが異なったとしても使用することができます。

ところが、標準化されていない場合は、他のメーカーの製品と互換性がありません。教材やシステムをつくり直す必要があります。これでは、手間もお金もかかって仕方がありません。

●主だった企業が加盟しています

では、SCORMの運営主体についてご説明します。

SCORMを策定したのはADL。
1997年に設置された米国の国防総省系組織です。

企業や団体として法人格を有している組織ではなく、あくまで国防総省の内部にある組織として、eラーニング規格の標準化を進めています。

日本では、日本eラーニングコンソシアムがSCORMの認証を行っており、国内の主だったeラーニング関連企業が加盟しています。

▲SCORMの種類

▲SCORMの種類

●3つの種類:人、教材、システム

SCORM認証には、大きく分けて、3つの種類があります。

1.「教材」に関する認証。
2.「学習管理システム」に関する認証。
3.「人」に関する認証

です。

認証を受けるには、日本eラーニングコンソシアムのテストに合格しなくてはなりません。

キバンインターナショナルのLMS(ラーニング・マネジメント・システム)、SmartBrain http://smartbrain.info/ も認証を受けています。

▲認証システム3つのレベル

▲認証システム3つのレベル

●SmartBrainは最高レベルのLMS-RTE3

SCORMでは、ラーニング・マネジメント・システムに3つのレベルがあります。

規格の必須データモデルだけを満たしたものは、LMS-RTE1。

そこにデータモデルの一部を加えたものが、LMS-RTE2。

さらに、すべてのデータモデルを加えたものが、LMS-RTE3になります。

私たちのSmartBrainは最高レベルのRTE3を取得しております。

RTE3というのは、全てのデータモデルに対応していますので、多くの会社でeラーニングに必要とされる管理機能が、SmartBrainにはカスタマイズ不要で備わっています。

つまり、SmartBrainは、保証された最高レベルの品質にして、1ユーザ210円(税込)/月という最低水準の料金。まさに、最高の学びを全ての人に!なのです。

●今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニング国際標準規格SCORM」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7/7(木)カエルスタジオがオープンしました。
カエルスタジオとは、御社の会議室がUstream配信スタジオ、eラーニング収録スタジオに早変わりしてしまうパッケージ。ビデオコンテンツを活用して、告知、あるいはコンテンツ販売などを行いたい企業様にうってつけのパッケージです。

パンダスタジオ内に展示ブースがありますので、ぜひ見学にお越しください!
お問い合わせはこちらから
http://kaerustudio.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参ります。
教材と人に関する認証も、また別の機会に説明しますので、よろしくお願い申し上げます。

eラーニング国際標準規格SCORM(スコーム)の説明動画を作成しました。どうぞご覧ください。

●PowerPointを合成音声ナレーション教材に PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

SCROMとは

CATEGORIES eラーニング, SCORM, SCORMアセッサ, SCORM技術者by.m.nishimura0 Comments2011.05.15

eラーニングの国際標準規格のSCORMとは

プリンターとインクの関係に腹立ちを覚えることはありませんか。安価なインクジェットのプリンターを購入したら、すぐにインク代金の方が高くついて しまう。メーカー純正以外のものでは保証が受けられず、性能も心配。

一方、用紙のサイズは、規格が統一されているために、用紙を作っているメーカーやプリ ンターとの相性を心配せずに、安価に購入することができます。

SCORMという国際標準規格は、eラーニングシステムのメーカーと、教材メーカーの互換性 を保つために決められた規格です。

従来、プリンターとインクのようにメーカーを統一して導入する必要があったものが、国際標準規格により、教材とシステムは、プリンターと紙のように、それぞれ最適な物を購入し、自由に組み合わせをすればよくなりました。

株式会社キバンインターナショナルのSCORM対応製品

私たちのSmartBrainは、国際標準規格のSCORM1.2のテストに最高レベル(LMS-RTE3)で合格して います。eラーニングコンソシアムの試験で認証を受けています。そのため、安心してどのメーカーのSCORM教材でも安心してご利用いただけます。

また、PPT2Flash ProfessionalQuizCreatorDemoCreatorWebVideoAuthorLectureMAKERといった、私たち が販売している教材作成ツールでの互換性を保証しています。

SCORMとは

SCORMとは

20名まで完全に無料のLMS SmartBrainとは

20名まで完全に無料のLMS(学習管理システム eラーニングシステムSmartBrain:スマートブレインで、利用企業が約1000社まで増加してきましたが、受講者として、どのような画面で、どのように学習できるのか、体験してみたいという声が増えていました。

そこで、共通のアカウントでログインして学習できる環境を準備しました。ログインフォームを画面下部に設置しておきますので、ID: demo パスワード:Demo でログインして確認ができます。現在、公開しているのはPCと、モバイル端末と共通の画面ですが、近日中に、開発中のPC専用画面を公開していきたいとおもいます。

SmartBrainの機能で、ログイン画面は、下記のフォームを埋め込むことで、どのページからも埋め込みが可能となります。ログインページをきちんと記憶しておき、ログオフをすると、ログインしたページに戻る仕組みも用意されています。

埋め込みタグ

下記のタグを埋め込むことで、SmartBrain:スマートブレインの体験環境にログインすることができます。ID: demo パスワード:Demo (Dが大文字です)で、ログインしてeラーニングシステムを体験していただけると幸いです。
<script language=”JavaScript” src=”http://kiban.smartbrain.info/login_js.php”></script>

SmartBrain(スマートブレイン)の体験環境

株式会社キバンインターナショナルでは、「最高の学びをすべての人に!」をゴールに活動する中、eラーニングシステム SmartBrainを、20名までサーバ利用料金も含め、無料で提供をしています。

日本語以外に、英語版、中国語版、韓国語版と4つの言語で開発されており、現在、約1,100社程度の利用者がいます。海外での利用者増加を目指し、Webサイトの翻訳作業も進めていますが、ユーザのサポート、コミュニケーションの場として、Facebook Page(フェイスブックページ)を活用していきたいと思っています。

始まったばかりですが、皆様の意見に真摯に耳を傾け、多くの方に利用していただけるサービスにしたいと思います。

http://www.facebook.com/smartbrain.info

http://www.facebook.com/smartbrain.info

http://www.facebook.com/smartbrain.info

中小企業診断士の金高誠司先生はコンサルティング会社、株式会社キーツウサクセス社長さんです。大手教育会社の中小企業診断士講座のプロデューサー、そして看板講師として活躍されてきました。多忙なコンサルティング業務の経験から、特に二次試験においては、まさに金高あり!そんな、実践肌の先生です。今回、キバンインターナショナルの先駆的講義収録配信システムに共鳴していただき、診断士受験講座のテスト収録をパンダスタジオで行いました。今回クロマキーを使用した、収録映像をアップしました、難関資格を、スマートフォンで取得というチャレンジをしていきます。試行錯誤の中最高の教材を提供できるよう、皆様のご意見感想をいただきながら開発してまいります。

http://www.youtube.com/watch?v=pHqltzQ7V9I