タグ別アーカイブ: eラーニングオーサリングツール

Moodle Moot Japan 2011の報告

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2011.02.28

2/22〜2/23に開催された,日本ムードル協会主催の学会,Moodle Moot Japan 2011に参加してきました.

会場は,高知工科大学でした.

高知工科大学

高知工科大学

Moodle Moot とは,全国のMoodleユーザーが集まり,使用事例の発表などを行う集まりで,日本では3回目となり,今回の参加者は150人を超えました.

今回のMoodle Mootでは,開発者のMartin Dougiamasさんが初来日し基調講演をするなど,非常に盛り上がりました.

Martinの基調講演

Martinの基調講演

基調講演では,Moodle2.0の紹介と,Moodle2.1の展望などが発表されました.

Moodle2.0からは,

  • Flickr,Youtubeとの連携(Moodleの中で単語を入力するだけで、画像・動画を検索することが出来、その画像・動画をそのままMoodleに貼り付けることが出来る)
  • ポートフォリオ機能が強化された。具体的には、Google Docs連携追加・mahara連携強化がなされた。
  • アップロードされて保存していたファイル名をハッシュでリネーム保管し、ファイル名はデータベースで保管するように仕様変更された
  • デザインテーマが拡張され、調整出来る部分が増えた

といった機能拡張が行われました.

翌日には,Moodle2.0に関する質問会が設けられました.その際,私からは,「SCORM対応は今後行っていくのか?SCORM2004への対応は?」と質問しました.Quiz CretorなどオーサリングツールはSCORM1.2,2004で出力でき,Moodle上で利用可能です.そういう点からも,今後の対応を聞きたかったところもあります.

これに対しMartinからは,「今後もMoodleではSCORMをサポートするし,SCORM次期バージョン(1.3?)にも対応します」

と回答がありました.今後も,Quiz CreatorDemo Creator, Lecture MakerをMoodle上で問題なく使用出来るようです.

Moodle Mootでは,私もプレゼンを行う機会があり,公立はこだて未来大学における入学前導入教育についてプレゼンを行いました.

当日のプレゼン資料は,こちらにあります.

当日の様子は,こんな感じでした.

当日の様子

今回のMoodle Mootは,特に外国人の割合が非常に高く,会話をほとんど英語でやらなければならない状態でした.

日々の勉強不足がつらくのしかかってきます...英文法ドットコムで勉強しないといけませんね...

前回、集合研修の申込管理を頑張ってSmartBrainでやってみたいPart1では、SmartBrainを使った集合研修の申し込み管理法をお伝えしました。今回はその応用編です。

例えば、集合研修の参加者の質を保ちたいとしましょう。そうした際には、申し込んでもらう前に、テストを実施するのが有効です。つまり、テストに合格した人だけが、集合研修に申し込めるという仕組みです。では、そのやり方をご紹介しましょう。

1.QuizCreatorで試験を作成し、Part1で作成したコースに追加。

▲Part1で設定したコースに「前提知識テスト」を追加した

▲Part1で設定したコースに「前提知識テスト」を追加した

2.

▲「履修制限」をクリック

▲「履修制限」をクリック

3.

▲チェックすることで、前提知識テストに合格した人しか、「申し込みフォーム」に進めない設定。

▲チェックすることで、前提知識テストに合格した人しか、「申し込みフォーム」に進めない設定。

このように、「履修制限」機能を活用すれば、テストに合格した人のみが集合研修に参加できる仕組みの出来上がりです。

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト

『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

私たち株式会社キバンインターナショナルが提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)、SmartBrain。LMSですので、学習者がどの問題をどの位やったのか、どの問題に正解したのか、テストを実施し、合格したかしていないかなど、履歴を管理することができます。

これらの機能と、簡単テスト作成ソフトQuizCreatorを組み合わせて応用すると、集合研修の申込管理を行うことも可能です。

以下、研修を申し込む方の視点から、画面を見てみましょう。
▼1.

▲コース「集合研修申込フォーム」をクリック

▲コース「集合研修申込フォーム」をクリック

▼2.

▲教材「申込フォーム」をクリック

▲教材「申込フォーム」をクリック

▼3.

▲「参加する」「参加しない」を選択する

▲「参加」「不参加」を選択する

▼4.

▲「ご回答ありがとうございました」メッセージが表示されました。

▲「ご回答ありがとうございました」メッセージが表示されました。

上記は管理者がQuizCreatorで作成したアンケート(参加・不参加)をSmartBrainにアップしただけのもの。とても単純に実施できます。では今度は、申し込み数の管理を、管理者側の視点で見てみましょう。

1.

▲「管理機能」をlクリック

▲「管理機能」をlクリック

2.

▲「ユーザ管理」をクリック

▲「ユーザ管理」をクリック

3.

▲「全ユーザ」をクリック

▲「全ユーザ」をクリック

4.

▲「履歴ダウンロード」をクリック

▲「履歴ダウンロード」をクリック

5.

▲履歴を見たいコースを選択し「ダウンロード」をクリック

▲履歴を見たいコースを選択し「ダウンロード」をクリック

6.

▲参加・不参加を確認できます。.csvファイルなので統計をとるのも自在です。

▲参加・不参加を確認できます。.csvファイルなので統計をとるのも自在です。

参加者は「参加」「不参加」をクリックするだけですが、もともとLMSに登録されているので、名前やメールアドレスなどを入力してもらう必要がなく管理できるので、便利な使い方だと思います。

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト

『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

先日、株式会社キバンインターナショナルが運営するUstreamレンタルスタジオ『パンダスタジオ』Facebookページの「いいね!」が1,000になりました。こんなにも多くの方にいいね!して頂いてうれしい限りです。

いつも「いいね!」がキリ番になる度にプレゼント抽選を行って参りました。今回のキリ番抽選はUstream投げ銭システム『Hike Theater』の投げ銭ポイントを抽選でプレゼントしました。いつもならプレゼントは1名ですが、今回は大台の1,000ということで、5名の方にそれぞれ1000ポイントずつ、『Hike Theater』様の提供でプレゼント致しました。

さらに、キリ番1000番目をゲットした方には、下記の『しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル)』を差し上げます。

“]▲しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル) [コミック]
▲しろくまカフェいちご味! (フラワーコミックススペシャル) [コミック

さらにさらに、パンダスタジオのファンページでは、1,000いいね!記念として、eラーニング教材作成ツールやUstream配信専用機Cet\revoLiveboxなどのいいね!割セールを実施中(Shop nowタブから)ですので、お見逃し無く!

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

LectureMAKERの機能や使い方が一目でわかる「LectureMAKERを学ぶ講座」の「Part 3. オブジェクトを挿入する」(http://lecturemaker.jp/?page_id=3449)コンテンツを公開いたします。

現在、Webページに公開されている教材は、LectureMAKERの全機能が楽しめる「ビューア形式」の教材で作成した動画教材とFlashPlayerがインストールされている環境であればそのまま、再生可能な「Flash形式」のコンテンツで両方公開しております。

さらに、LectureMAKER実行ファイルである「.lme」ファイルと「.mp4」動画ファイルも公開しておりますので、是非、ダウンロードして教材を作成する際にもご参照いただければと思います。

「LectureMAKERを学ぶ講座」(http://lecturemaker.jp/?page_id=3449)は、以下の手順でご確認できます。

1.「製品概要」をクリックします。
2.LectureMAKERを学ぶ講座をクリックします。
3.公開されたコンテンツは、左側が「Flash形式教材」、右側が「ビューア形式教材」となります。


Part 3. オブジェクトを挿入する

[ダウンロード:Part 3.zip (35.2MB)] [ダウンロード:MP4動画(32.2MB)]

1. マスタスライドの設定

2. 画像の挿入/アニメーション効果設定

3. 音声の設定/進行ボタンの挿入

4. 完成したコンテンツの実行

Part 3. オブジェクトを挿入する
Part 3. Flash形式教材(クリックで再生)
Part 3. 動画形式教材(クリックで再生)

今後とも、LectureMAKERをどうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●LectureMAKER
URL:http://lecturemaker.jp/
価格:
99,750円(サポート無ライセンス)
152,250円(1年間サポート付ライセンス)
※サポート付ライセンスでは、教材の作成方法などについても親切丁寧にサポートいたします。

●販売方法
現在は、LectureMAKER専用サイト(http://lecturemaker.jp/ )にてご購入方法をご案内いたします。
見積もり依頼、購入、お問い合わせもWebから簡単に行うことができます。

PPT2Voice Neoの「部分再生」

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2011.02.18

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

「全体再生」すると、作成したナレーションをスライドのノートの文を、1文ごとに再生して聞くことができます。

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲「部分再生」をクリック

▲3.「部分再生」をクリック

すると、カーソルを合わせた文(この場合は1)が再生されます。

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

その昔、教育は「読み・書き・そろばん」でしたが、このような基礎的な知識、能力、教養のことを「リテラシー」(literacy)といわれております。「読む」とは 相手の伝えたいことを正確に読み取ること、「書く」とは 自分の伝えたいことを正確に表現すること 、「そろばん」とは数字をきちんと把握し、正確な答えを出すこと、 当たり前だろうと思うでしょうが奥深いですね。現代に生きるビジネスパーソンには、これにとどまらず、いろいろなリテラシーが必要とされています、よく言われているのは、情報リテラシーメディア・リテラシーコンピューターリテラシーマネージメント・リテラシーファイナンシャル・リテラシー等です。細かい説明は必要としませんが、例えば、経営リテラシーとは経営に関する分野、戦略、マーケティング、財務、人事などの基本知識と能力をいいますが、別に経営者でなくともビジネスパーソン、あるいはこれから起業する人には必須のリテラシーですね。フィナンシャル・リテラシーとは、マネー経済の仕組みや財形の方法などお金(マネー)にまつわる基本的知識、能力のこと。今の社会でお金のことに疎くては何かと損をすることが多い。損をしないため、さらに、より良く暮らすために、積極的にお金の仕組みと向き合っていかねばならない。効果的な預貯金・投資の方法、賢い節税のしかた、ムリ・ムダのない生涯マネープランなど、ビジネスパーソンのみならず学生、生活者にも必要なリテラシーだと思います。キバンインターナショナルでは、数社のパートナーと、資格講座のeラーニング化を進めておりますが、その中で「中小企業診断士」「ファイナンシャルプランナー」は資格試験に勿論合格することがGOALなのですが、勉強のプロセスでビジネスパーソン、生活者の大事なリテラシーとなる内容だと思います。現在パンダスタジオでテスト版の収録を行っておりますが、逐次ここで披露しご意見、評価をいただこうと思います。

PPT2Voice Neoの「全体再生」

CATEGORIES PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka2 Comments2011.02.17

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

「全体再生」すると、作成したナレーションをスライドのノートの全ての文を再生して聞くことができます。

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック


3.「全体再生」をクリック

3.「全体再生」をクリック

上記画面の全文、すなわち、1と2が再生され、音声を確認することができます。

PPT2Voice Neoの「一文削除」

CATEGORIES eラーニング, PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka2 Comments2011.02.17

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

作成したナレーションの、途中の1文だけを削除することができます。

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック


▲3.「一文削除」をクリック

▲3.「一文削除」をクリック


▲4.カーソルのあった文が削除されました

▲4.カーソルのあった文が削除されました


▲5.「保存」をクリック

▲5.「保存」をクリック

これで削除できました。

▲6.「×」をクリック

▲6.「×」をクリック


7.PowerPointの「ノート」にも反映されます

7.PowerPointの「ノート」にも反映されます

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

LectureMAKERで作成したコンテンツは、SCORM2004対応であることは自社のBlog、LectureMAKERのWebサイトでお知らせしていました。しかし、その根拠となるドキュメントは発表しておりませんでしたので、SCORM2004に準拠していることを確認できるツール、「SCORM 2004 4th Edition Version 1.1.1 Test Suite」を利用してコンテンツのテストを行いましたので、こちらで報告させていただきます。

この「SCORM 2004 4th Edition Version 1.1.1 Test Suite」というツールは、米国においてSCORM2004規格を策定している団体である「Advanced Distributed Learning(以下ADL)」が提供しているテストツールで、学習管理システム(LMS)やコンテンツがSCORM2004に準拠しているかどうかを確認できるものです。

適合ログ抜粋

適合ログ抜粋

適合ログ抜粋2

適合ログ抜粋2 下の紫の文字あたりが適合を示すログになります

こちらのZIPファイルがチェック結果となります。こちらのZIPを開いていただくと、ファイルが幾つか含まれていますので、「2011-01-05_10.14.39839-imsmanifest_DetailedLog.xml」をIE8で開いていただくと御覧いただけます。この中で一箇所だけWarningが出ていますが、これはSCORM2004 3rd edition準拠のLectureMAKERコンテンツを、SCORM2004 4th edition用のTestSuiteでチェックしたために出力されているエラーですが、特に問題は発生致しません。

テスト結果ログ