英語学習
山根のゲーム感覚TOEIC講座はこちらから。

山根のゲーム感覚TOEIC講座はこちらから。

eLearning.co.jpでは、「山根のゲーム感覚TOEIC講座」を開講しています。時間をかけずに問題を解くコツだけでなく、リスニング、語彙、速読の本当の実力をつけるための勉強法もわかりやすく解説しています。
それでは、近々に実施される試験情報を見てみましょう。

TOEIC L&R公開テスト

「試験実施日」
★第218回 2017年3月12日(日)実施

インターネット申込 1月31日(火)15時まで
コンビニ端末申込 1月30日(月)24時まで

★第219回 2017年4月9日(日)実施

2月3日(金)10時申込開始

「テストの形式と構成」

TOEIC L&Rはリスニング(45分間・100問)、
リーディング(75分間・100問)、
合計2時間で200問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。

「テスト結果の表示方法」

TOEIC L&Rの結果は合格・不合格ではなく、トータル10~990点の「スコア」として表示されます。

※検定については、必ず主催者発行の情報をご確認ください。
(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 http://www.toeic.or.jp/index.html

山根のゲーム感覚TOEIC講座

「山根のゲーム感覚TOEIC講座」は隙間時間に勉強できます。
一部ご覧いただけますので、是非一度ご覧ください。
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/270/59/

その他オススメ英語講座

TOEIC SWテスト実力養成講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/264/54/

CNNニュースが聞けるようになる「技術」
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/394/127/

発音の基礎講座「竹村式英語発音矯正法」子音編&母音編パック
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1584/767/

TOEIC SWテスト実力養成講座はこちらから。

TOEIC SWテスト実力養成講座はこちらから。

eラーニングはいつ、どこででも学ぶことのできるツールです。本間 正人先生の実力養成講座では、試験対策はもちろんのこと、忙しく生活する中でどのように学んでいくかというヒントをたくさん教えてくださっています。
まずは、試験の内容を確認していきましょう。

TOEIC(R) Speaking & Writing Tests

「メリット」

・ビジネス現場で「実際に使える」との証明になる。
・TOEIC L&Rに比べ受験者数が少ないので、積極性をアピールできる。
・SWテストを目指して勉強すると実際に実力がつく→Listening,Reading,Speaking,Writingを総合的に学ぶと相乗効果を生む。

「次回次々回の試験日」

2月12日(日)
インターネット申込1月27日15時まで
3月5日(日)
インタネット申込1月20日10時開始

「問題構成」

TOEIC Speaking 約20分 11問
TOEIC Writing 約60分 8問
問題はTOEIC Speakingと、TOEIC Writingで構成されています。
途中、休憩はありません。

「実施方法」

TOEIC S&Wは試験会場のパソコンにインターネットを介してテスト問題が配信されるもので、受験者はTOEIC L&Rのように紙と鉛筆で解答するのではなく、パソコン上で音声を吹き込んだり文章を入力して解答します。

※検定については、必ず主催者発行の情報をご確認ください。
(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 http://www.toeic.or.jp/sw/guide01.html

本間正人先生のTOEIC SWテスト実力養成講座

http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/264/54/

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。
動画でeラーニング講座に関連する情報を発信します。
今回は、「英語検定」について解説します。

「勉強前に考えておくこと」 英検を受験して、そのあとのことを考えよう。

そもそも、英検を受験する意味は何ですか。
自分の英語力を試したいから。
でしょうか?
勉強を始める前に、
合格した後、どのように活用したいか考えてみましょう。
それを考えることで、明確な目標ができ、モチベーションもアップしますよ。
以下には、英検を取ったらどんなメリットがあるのか。
また、英検とTOEICの違いについて解説します。

英検のニーズ、メリットは?

・通訳案内士試験(通訳ガイド試験)において英検1級合格者は筆記(一次)試験の外国語(英語)科目の受験が免除される。
・高校や大学の入試試験と多くの共通点があるので、入試、センター試験に対応する英語力が身につく。
・世界各国の教育機関で海外留学時の語学力証明資格に認定されている。
・英検取得者は多くの高校・大学の入学試験や単位認定で優遇。
なので、特に学生さんにお勧めの資格!!
大人でも、もう一度教育機関で勉強したいという方、おすすめです。

「英検とTOEICの違いは?」

英検
小学生から社会人まで幅広い方を対象とした、英語検定試験です。
国内外の教育機関での資格証明として使用され、入試や単位として優遇されることが多いため、学生に人気の資格。
TOEIC
世界共通の英語コミュニケーション能力を評価するテスト。TOEICテスト、TOEIC S&Wテスト、TOEIC Bridgeテストの3種類がある。
特に日本では、ビジネスシーンで評価されることが多く、よく企業の採用や昇進の指標として使われる。

「平成28年度第2回英語検定 試験情報」

日程については必ず、直接主催者HPでご確認をお願いいたします。
http://www.eiken.or.jp/eiken/schedule/#anc01 より引用。
申込受付期間
8月1日~9月16日(書店は9月14日締切)
一次試験
本会場
10月9日(日)
準会場(すべての団体)
10月8日(土)、9日(日)
準会場(中学・高校のみ)
10月7日(金)
二次試験
11月6日(日)

【英検のeラーニングはこちら】

英検1級突破の極意と大特訓(植田 一三先生)

http://elearning.co.jp/?page_id=9140

英検2級 二次面接必勝・実力養成講座 イヤでも身に付く英語力(釜本 二先生)
英検2級
http://elearning.co.jp/?page_id=18961

英検準2級 二次面接必勝・実力養成講座 イヤでも身に付く英語力(釜本 二先生)
英検2級
http://elearning.co.jp/?page_id=18943

英検3級 二次面接必勝・実力養成講座 イヤでも身に付く英語力(釜本 二先生)
英検2級
http://elearning.co.jp/?page_id=18953

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

CNN 子音字+母音字

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

CNNニュースが聞けるようになる「技術」を、受講しております。

英語を最短時間で出来るようになるには。

この講座で徹底解剖しているネイティブの発音の「メカニズム」。これを理解して、リスニングすると、ネイティブ発音の97%は見える 

とのことで、

さらに、大事なのは「アウトプット」 

ということでした。

そこで、講座で紹介されていた手軽で確実なアウトプット法を少し実践してみました。

まず、その方法は、

「スマホの音声検索機能」で、自分の英語を聞き取ってもらう。(設定言語を英語にしておく) 

なるほど。 いつでもアウトプット出来るし、確実に自分の発音を評価してもらえる

まず手始めに、「how are you」と言ってみた。

検索結果、、、「Hawaii」

えーー。

おかしいなと、試しに5歳の息子に発音してもらうと、

検索結果「how are you」。

今まで私の「how are you」は「ハワイ」に聞こえていたのか。

それにしても、アウトプットもスマホでチェックすると結構楽しい。

講座では、リスニングとアウトプット交互に行う事が、英語が上達するコツ・英会話力へ繋がると、教えてくれていました。

是非、実践してみてくださいね。

【CNNニュースが聞けるようになる「技術」 講座概要】

本物の「英語耳」と「英語口」を手に入れる!

今までボトルネックだった英語の「リスニングの壁」と「スピーキングの壁」をリエゾンの法則を使って、2つの壁を同時に攻略するトレーニング講座です。リエゾンの法則は、ネイティブ特有の音の変化を視覚化し、論理的に理解することが可能になります。これにより受講者は、従来の学習法のような個人の経験値や言語センスに頼らず、“耳から”入ってくる情報と“目から”入ってくる情報が一致するようになる“ので、「ただ聞き続けるタイプ」のリスニング学習法より 1/10 以下の時間で 10 倍以上の効果を発揮します。

【CNNニュースが聞けるようになる「技術」 サンプル講座】

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

CNNニュースが聞けるようになる「技術」 一括受講 365日間 定価 19,072円(税込) キャンペーン価格 13,356円(税込)

【今すぐ購入する】

Volume1のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume2のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume3のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume4のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume5のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume6のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume7のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

Volume8のみ 365日間 定価 2,980円(税込) キャンペーン価格 1,980円(税込み)
【今すぐ購入する】

英検1級

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

2015年度第2回英語検定は、既に申込期間に入っております。
是非今月中にお申込手続き下さい。

試験日程は以下となります。(日本英語検定協会HPより、一部抜粋)

受付期間 8月3日~9月17日(書店は9月15日締切)
一次試験
本会場:10月11日(日)
準会場(すべての団体) :10月10日(土)、11日(日)
準会場(中学・高校のみ):10月9日(金)
二次試験 11月8日(日)

【英検1級突破の極意と大特訓 サンプル講座】

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

英検1級突破の極意と大特訓 365日間 9,800円(税込)
【今すぐ購入する】

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、12月2日(金)、個人・大学・企業を対象に、eラーニング講座『TOEIC TEST 完全達成 470』の販売を開始しました。

TOEIC470

【講座名】

TOEIC TEST 完全達成 470

【対象者】

・TOEICをはじめて受験される方
・英語学習の初級者
・ビジネス英語をマスターしたい方
・グローバル展開をしている、これからしていく企業様
・グローバル人材を育成したい大学様

【特徴】

・豊富な種類の学習メソッドを実現
・リスニング・リーディング・語彙の3分野をバランスよく徹底学習
・学習の前後に実力チェック可能なTOEIC®ミニテスト(50問)付き
・全36ユニットの豊富なボリューム
・学習に慣れていない学習者にも優しい学習設計
・各ユニットの最後には、TOEIC®形式の練習問題を収録
・問題を一度解いたら終わりではなく完全達成までフォロー
・シャッフル出題の腕試しテストでのリピート学習が可能
・TOEIC®新問題形式対応
・もちろんLMSによる進捗・成績の一元管理可能

【学習形式の一部をご紹介】

・指で覚えるキーフレーズ学習
文字を読んだり、音を聞いたりするだけでなく、キーボード入力することで指でも覚えていきます。

・読解スピードを強化瞬発力トレーニング
20秒という短い制限時間内に問題を解く訓練を繰り返すことで、実戦的な読解スピードを養います。

・音声を聴いて入力ディクテーション
聴いた音声をそのままキーボード入力していくディクテーションで、リスニング力を向上させます。

【学習期間】

90日

【価格】

12,600円(税込)

【対応OS・ブラウザ】

(Windows、InternetExplolerのみ対応)

※この他PC・スマートフォン両対応、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。 http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【eラーニングコンテンツのお申込み・お問い合わせ】

eラーニングポータルサイト http://elearning.co.jp/
TOEIC470Webサイトページ http://elearning.co.jp/?page_id=4970

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800
E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

キバンインターナショナルについて2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、国内初の企業向け課金可能、会員限定可能インターネット生中継「ナマチューケー」サービスを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。

本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

This is on me.

CATEGORIES eラーニング, 英語学習by.o.nakamura0 Comments2011.10.24

一緒に飲み食いする機会に、貴方が言ってくれると嬉しい表現、「This is on me.」。今週の火曜きばらじ、の英語講座ではベリタスアカデミー の坂木先生にこららの英語表現と英文法の講義を行なっていただきました。

▼きばらじの模様はこちらから。

 子育てコミュニケーション講座、TOEIC®SWテスト実力養成講座等、学習学の提唱者の本間先生の講座収録が急ピッチで行われております。今回は『ビジネスを成功に導く40のポイント』サブタイトルはMBAでは教えてくれなかった仕事術の収録を行いました。先生はコミュニケーション、コーチングのプロフェッショナルですが、ご自身の沢山の引出から、40のポイントにまとめて公開していただきました。ビジネススキルの向上には勿論、人間力を育むヒントが詰められております。全250分の講義を辞書的に使えるようにします。

 

アップル関連の書籍や、IT関連の書籍を多数持つ林信行さんが、取材に訪れました。
ベリタス・アカデミーの電子黒板や、ベリタス創立、キバンインターナショナルのUstream機材、パンダスタジオなどを見学していかれました。

左から、キバンインターナショナル代表 西村正宏、 ジャーナリスト 林信行さん、ベリタス・アカデミー代表 坂木俊信さん

ベリタスがどうして電子黒板を使うことになったのか、そして今後についてもお話しました。

Ustream機材や、ベリタスの電子黒板をご紹介しました。

キバンインターナショナルのスタジオも見ていただきました。

iPhone, iPadなど、ITを使った教育について、取材したい方は、
http://elearning.co.jp/?page_id=7
までお問い合わせください。

TOEIC SW TESTは、TOEICの中の新しいテストで、今まで以上にスピーキングとライティングを重視したTOEICです。
このTOEIC SW TESTは新しく設置されたためになかなか対策本がなく、また急速に受験者数が増えているテストです。

このSWTESTの対策をeラーニングで提供されるのが、NHKビジネス英会話やコーチング、学習学で有名な本間正人さん。
生徒役はコーチング講師の野中有加さん。また翻訳家・執筆家のジャイルズ・マリーさんを加えての豪華教師陣です。

今回は、撮影一日目で、ぱっとみただけでも大きく聞き取りができること、文法ができることをメインとしたTOEICとは大幅に違う訓練を積む必要があることがわかります。

左から、本間さん、野中さん、マリーさん

例えば、写真をみて、その中にあるものを次々に英語で表現するであったり、
英語の質問に英語で答えたり、一番難しいものでは、どちらか意見が分かれる問題について自分の意見を述べたりといったものもありました。

今後、特にビジネス向けにはこのTOEIC SWTESTは大きな資格になるのではと思います。

野中さんが、出題に懸命に答えています。とにかく、話し続けることが大事だそうです。