タグ別アーカイブ: eラーニングオーサリングツール

●書き出し形式一覧

LMS・・・SCORM1.2、SCORM2004、AICCに対応。作成した動画マニュアルは、ラーニング・マネジメント・システム上でご活用頂けます。

ビデオ・・・書き出し形式と、主な用途をご紹介します。
Flash(.swf)・・・FlashPlayerが必要。
AVI・・・Windows PC向け。
FLV・・・主にPC向け。FlashPlayerが必要。
MP4・・・PC・スマートフォン(iPhone・iPad・Android)向け。
WMV・・・Windows PC向け。WindowsMediaPlayerで再生。
MPEG2・・・DVDプレイヤーなどで再生。
MOV・・・主にPC(Windows・MAC)向け。Quicktimeで再生。
3GP・・・携帯電話向け動画。PCでも対応ソフトを使えば再生可。

※端末のスペックにより再生できない場合もあります。(ご購入前に無料お試しでご確認頂けます。 http://pro.democreator.jp/?page_id=238 )

CD/EXE形式・・・CD-Rなどのメディアなどで配布したい時に便利です。

eメール形式・・・書き出しと同時にOutlookなどのメールソフトが起動し、添付することができます。

●パブリッシュ後の動画がさらにキレイに。

DemoCreatorProでは、動画にパブリッシュ(書き出し)する際に、様々な設定を行うことができます。

・解像度は480*320~1280*960まで選択可能。

・画面サイズもパブリッシュ設定でカスタマイズできるようになりました。これでいろいろな端末の画面サイズにあわせて作成することが簡単にできます。

・フレームレート・・・単位時間あたりいくつフレーム (映像)・コマのこと)が処理されるか、という値です。ネットを通じて動画を再生させる場合には、この値の調整を行うことで、軽い動画にすることができます。

・サンプリング周波数・・・音質のクオリティを調整できます。単位はHzです。

●使いやすく・かゆいところに手が届く編集機能

旧製品のDemoCreatorでも基本的な動画キャプチャ・編集は行うことができました。

しかしPro版では、「こういう機能はないんですか?」とお客様からお問い合わせのあった中から、特に多かったものが盛り込まれていますので、本当に使いたい、かゆいところに手が届く仕様になっています。

・PowerPoint2007以降のようなインターフェイスで直感操作

・編集も簡単に・・・「クイックスタイル」機能でテンプレートから簡単にデザインができます。

・アニメーション効果・・・フェードイン・フェードアウトなど、PowerPointでおなじみの効果の多くが使えるようになりました。

・Youtube対応・・・Youtube用に16:9か4:3を選択してパブリッシュできます。

・レイヤーに対応・・・挿入した説明の為の吹き出しなどのオブジェクトを最前面・前面・背面・最背面など、細かい調整ができます。

・オブジェクトの回転・反転・・・オブジェクトを回転したり、反転することが簡単にできます。

・ウォーターマークの挿入・・・会社のロゴなどを入れて動画を作成できます。

などなど、細かい点はこのメールマガジンではご紹介しきれません。
ご興味がございましたら無料体験でお試しください。
http://pro.democreator.jp/?page_id=8

●eラーニング動画:

今週のeラーニング動画は、DemoCreatorProで作成した動画マニュアルです。

PowerPointから合成音声ナレーション付eラーニング教材を簡単に作成できるソフト PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/ の定型文機能(作成した合成音声をテンプレーとして保存する機能)の操作方法を、録画して編集しました。

DemoCreatorProでどのようなエフェクトが使用できるか、一部ではありますがご理解頂けると思います。どうぞご覧ください。

http://10000.bz/elw2010/
(ユーザ登録が必要になります)

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第75回】PPT2Voice Neo 定型文機能の動画マニュアルをDemoCreatorProで作成しました!」をクリックでご覧頂けます。

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/が提供する、思い通りのeラーニング教材を作成できる高機能オーサリングツールLectureMAKER http://lecturemaker.jp/

IT Times という韓国のeラーニング雑誌に掲載されました。

LectureMAKERがあれば、プロに頼まなくても自分でプロ級のeラーニング教材を作成することも可能です。

LectureMAKERは30日間無料でお試し頂けます。ダウンロードは http://lecturemaker.jp/?page_id=11 からどうぞ。

※ LectureMAKERは韓国Daul Soft社の製品です。株式会社キバンインターナショナルは販売の代理を行っています。

PPT2Voice Neoスケジュール機能

CATEGORIES eラーニング, PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka0 Comments2012.02.02


PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

PPT2Voice Neoには、作成した合成音声をスケジューリングして再生する機能があります。

「スケジュール機能」を利用することで、作成した音声ファイル(WAVファイル)を、スケジュールに登録して、指定日時に自動再生させることができます。

登録した予定はスケジュール画面に表示されます。(最大99件まで登録可)

繰り返し指定も可能で、指定日のほか、毎週、毎日、曜日毎と指定できますので、定期的な音声再生が必要な場合に便利です。

合成音声

▲PowerPointのボイスソムリエネオメニューから 「編集」をクリック。

以下、やり方です。

作成ソフト

▲「ボイスソムリエネオで編集」をクリック。

スケジュール

▲「ツール」から「スケジュール機能」をクリック。

設定

▲「追加」をクリック。

カレンダー

▲再生したい音声ファイルと日時を選択し、登録をクリック。

閉じる

▲「閉じる」をクリック。 これで、指定した日時になると、自動的に再生されます。

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。お好きなテキストを入力し、無料でご確認できるデモもありますのでぜひお試しください。

▲合成音声作成ソフト『PPT2Voice Neo』

▲合成音声作成ソフト『PPT2Voice Neo』

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、2月1(水)、ナレーション付eラーニング教材を簡単に作成できるパッケージソフトPPT2Voice Neo(価格189,000円) http://ppt2voice.jp/ の同梱ソフト、クリック一発で合成音声を作成できる「ボイスソムリエ」などをインストールしたPCの貸出キャンペーンを開始します。

これまでPPT2Voiceをご検討の方には、Web上でのみ、音声合成のデモ
http://ppt2voice.jp/?page_id=7 にてご確認頂く形となっておりました。

この形でもボイスソムリエネオの高品質な合成音声はご確認頂くことが可能なのですが、
ボイスソムリエネオの購入を検討していらっしゃるお客様から「実際にPCを操作して動作を確かめたい」というお声をたくさん頂きましたので、この度、インストール済PCの貸し出しキャンペーンを行う運びとなりました。

このキャンペーンにお申し込み頂きますと、ボイスソムリエネオを含むPPT2VoiceのセットがインストールされたPCを貸し出し致しますので、実際にお手元でソフトウェアの動作をご確認頂けます。
ご興味のある企業のご担当者様は、下記をお読み頂き、お気軽にお申し込みください。

【対象】

eラーニングを実施している企業

【貸出期間】

3日間

【お申し込み期限】

3/31(金)

【お申込み方法】

お問い合わせフォーム
http://ppt2voice.jp/?page_id=15
より、「PPT2voice貸出キャンペーン希望」とご明記の上、お問い合わせください。折り返し担当者よりメール致します。


貸出できるPCの台数には限りがございますので、お申込み多数の場合は、お待ち頂く、あるいはお貸し出しできない可能性もございます。予めご了承ください。

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800
E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

キバンインターナショナルについて2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、国内初の企業向け課金可能、会員限定可能インターネット生中継「ナマチューケー」サービスを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。

本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

DemoCreatorProの販売を開始致しました。

CATEGORIES 未分類by.o.nakamura0 Comments2012.02.01

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、2月1日(水)、eラーニング用教材作成にも利用可能な『DemoCreatorPro』の販売を開始しました。

【名称】

 DemoCreatorPro

【概要】

これまでもPC画面をキャプチャして動画マニュアルを簡単に作成する事ができるソフトウェアとして、DemoCreatorを販売しておりましたが、
今回はそのPro版である、DemoCreatorProとなります。DemoCreatorProの特徴は以下となります。

【特徴】

・動画マニュアル作りに最適
 DemoCreatorProは、PCの画面を録画(キャプチャ)しFlash形式などのデモムービーを作成できるソフトウェアです。
 吹き出し・テキスト・音声・画像やロゴなどを加えることができるので、他にないオリジナルのデモを作成できます。

・スクリーン上の動きを簡単にキャプチャ
 口頭では説明できない、紙資料では伝えにくい点も画面キャプチャで簡潔明瞭に説明可能です。

・複数のビデオ動画形式での出力に対応 
 AVI形式だけでなくMP4形式やFLV形式などの複数形式の動画出力に対応しました。作成した動画マニュアルを
 PCだけでなくスマートフォンやタブレットで再生する、という事も簡単に行えるようになりました。
 

・国際標準規格SCORMに準拠
 SCORM形式に変換したファイルは、eラーニングSCORM標準規格のLMS(eラーニングシステム)に教材として登録し、成績進捗管理できます。 

【無料お試し版】

30日間全ての機能を利用することができる、無料お試し版をダウンロード可能です。
以下のURLからお申し込み下さい。

▼無料お試しダウンロード
http://pro.democreator.jp/?page_id=8

【価格】

1ライセンス 33,600円(税込)

【お問い合わせ】

以下のURLからお問い合わせください。

DemoCreatorProサイト お問い合わせ
http://pro.democreator.jp/?page_id=12

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/

キーボードにテキストを入力するだけでクイズ問題を作成できるQuizCreator http://quizcreator.jp/

PCでアクセスした場合はFlash版、iPhoneやiPadでアクセスした場合はhtml版という風に、アクセスする端末ごとに、端末に適した表示に自動判定させることが可能ですので、その設定方法を御紹介します。

手順1.
wqcファイルをインポートします。
http://smartbrain.info/?page_id=8521

手順2.
コースに登録します(これがiPhone・iPad用になります)
http://smartbrain.info/?page_id=3378

手順3.
SmartBrainの教材内メニューの「コンテンツ追加」より、QuizCreatorでLMS向けにパブリッシュした
zipファイルをアップします。(これはFlash版=パソコン向けです)


▲起動ファイルの編集

▲ZipファイルをSCO内にアップロード

手順4.
起動ファイル編集で「パソコン向け」を「Quiz.html」にします。

▲Quiz.htmlを選択し、保存。

これでPCでアクセスした場合はFlash版、iPhoneやiPadでアクセスした場合はhtml版で学習することができます。
学習履歴はPCで学習してもiPhone・iPadで学習しても統一することができます。

SmartBrainは20ユーザまで無料でお試し頂けます。
QuizCreatorは30日間無料で全ての機能をお試し頂けます。

PPT2Flash ProfessionalSmartBrain上で動作させる際に、中断機能が正常に動作しないという報告が寄せられています。こちらの対応方法について解説いたします。

本来、中断機能とは、学習を途中で終了した場合に、続きから学習を再開し最後のページまで学習したら成績が修了となるという機能です。ところが、本機能には、以下のURLですでに報告させて頂いているとおり、幾つかの問題有り、正常に動作しておりません。

http://ppt2flash.jp/?page_id=3036

この問題はLMS(LearningManagementSystem)の共通規格である、SCORM規格の曖昧さから発生している問題になりますので、LMS(この場合はSmartBrain)の修正で解決できません。そこで、お手数をおかけいたしますが、PPT2Flash Professionalでパブリッシュしたコンテンツにパッチをあてていただくこととなります。

さらに、中断機能を正常に利用していただくためには、PPT2Flash Professional4.5.0.26をご利用頂く必要がございます。まず、以下のURLよりPPT2Flash Professional4.5.0.26をダウンロードし、現在インストール済みのPPT2Flash Professionalのバージョンが異なる場合は、既存のPPT2Flash Professionalをアンインストールした上で、PPT2Flash Professional4.5.0.26をインストールして下さい。この際に、レジストレーションコードを再度設定する必要があることにもご注意下さい。

http://ppt2flash.jp/wp-content/uploads/2009/09/ppt2flash_4.5.0.26.exe

続いて、下のパッチファイルをダウンロードし、ZIPファイルを解凍して下さい。その結果、scorm.jsが解凍されます。

パッチファイル

ここまで準備が出来ましたら、中断機能を利用したいコンテンツをPPT2Flash Professional4.5.0.26でパブリッシュして下さい。デフォルト設定のままであれば、マイドキュメント内の「Wondershare PPT2Flash」フォルダ内に、コンテンツがパブリッシュされています。まずは該当フォルダを開いて下さい。ここでは、「テスト」という名称のコンテンツをパブリッシュしたとします。

パブリッシュされたコンテンツ
上記のようにパブリッシュされているはずですので、赤枠のフォルダをダブルクリックして下さい。

上記フォルダを開くと、以下のような構成になっています。

パブリッシュしたコンテンツの内容
赤枠の「scorm.js」を、入れ替えます。

コンテンツは、上図のような構成になっていることが確認できるかと思います。こちらの、scorm.jsを、先ほどダウンロードしたパッチファイル、scorm.jsで上書きします。

このフォルダを圧縮
このフォルダをZIPで圧縮して下さい。

入替が終わりましたら、一つ上のフォルダに移動し、コンテンツをZIPで圧縮して下さい。この時、圧縮形式はZIPのみに対応しております。LZH等では正常にアップロードできませんので、ご注意下さい。

あとは、通常通り、SmartBrainにコンテンツをアップロードして下さい。以上で、中断機能が正常に動くようになります。中断機能の動作でお困りのお客様は、お手数をおかけしますが、こちらの方法で対応いただくよう、よろしくお願いいたします。

上記の中断機能については、以下のブラウザで動作確認を行い、正常に動作することが確認できました。
Internet Explorer 8
Google Chrome

ボタンを使ったアクション

CATEGORIES 未分類by.o.nakamura0 Comments2012.01.02

DemoCreatorを利用したスライドは、多くの場合そのまま閲覧するだけで、ユーザが何かしらのアクションを起こせるようなものは作られていないようです。なので、本日は、ボタンを使ったアクションについて紹介致します。ボタンアクションを利用すると、ユーザのボタンクリックによって、次のスライドに飛んだり。指定のURLに移動したりすることが可能です。

例:画面上の「次へ」「戻る」をクリックしてスライドの移動を行うことが可能です。

上記のデモは、DemoCreatorProで作成しております。この機能は、DemoCreatorProの新機能!と言いたいところですが、従来のバージョンでもご利用可能です。詳細に関しては、以下のマニュアルを参照下さい。

ボタン (DemoCreator通常版 Ver2)
ボタン (DemoCreatorPro版 Ver3)

LectureMAKERアップデートリリース

CATEGORIES eラーニング, LectureMAKERby.yasu.tanaka0 Comments2011.12.28

高機能なeラーニング教材作成ツールLectureMAKER http://lecturemaker.jp/

▲LectureMAKERサンプルコンテンツはこちらから

最新版がリリースされましたのでご案内致します。

バグ修正について

■IE9

  • flash変換後、スライドにエンベッドしたflashが動作しないバグを修正。flashが画面下段に表示されるバグを修正。
  • align centerタグを使用した際にブラウザにスクロールバーが表示させるバグを修正
  • ポップアップ表示をする際、画面が白くなるバグを修正。

■flash変換

  • 音声オブジェクトが2重になるバグを修正。
  • スライドとflashのシンクのバグを修正。
  • クイズで誤ったメッセージがでるバグを修正。
  • ビデオファイルを再生した際、スライドと同期しないバグを修正
  • メンテナンスボタンが表示されないバグを修正。
  • ポーズが聞かないバグを修正
  • メッセージの表示順序が異なるバグを修正。
  • 手動のビデオ再生が自動で再生されるバグを修正

■Windows7でのJavascript

  • callが動作しないバグを修正
  • アラートと共にJavascriptが呼び出されたとき不安定になるバグを修正

■その他

  • Windows Vistaと7でPowerPoint挿入時、適切処理されないバグを修正
  • ボタンをクリックした際、音声アイコンが変更されるバグを修正

LectureMAKERの無料お試しダウンロードはこちらから。 http://lecturemaker.jp/?page_id=11


▲滝口先生のITパスポートガイダンス。傾向と対策が分かります。

●時代は変わった!

しかし、時代は進み、昨今のビジネスでは、ITは全てのビジネスマンにとって必須スキルとなりました。

ワープロソフトや表計算ソフトといったオフィスツールを使いこなせるというだけではなく、企業のIT化が進む中で、非IT部門の社員がシステムを使いこなし、場合によっては開発にも関わるシーンが増えてきたことによって、ビジネスマンに求められるITやビジネスの知識も高度になっています。

そんな時代の変化を反映し、すべてのITを活用するビジネスマン(=ITワーカー)のための資格として、初級シスアドはITパスポートに生まれ変わりました。

このような資格の特性から、受験者層はITスペシャリスト、一般的なビジネスマンに加え、これから社会に出る大学生・短大生・専門学校生、高度な知識を身に付けたい高校生まで、非常に幅広くなっています。

●ITパスポート試験講師 滝口直樹プロフィール

「ITパスポート.tv」http://itpassport.tv/ を運営し、今回、ITパスポートのeラーニング講座を開講する滝口直樹先生のプロフィールをご紹介致します。

大学卒業後、大手資格スクール会社に入社。情報システム部・企画開発部でデジタルコンテンツ制作・eラーニングプロジェクトを担う。

2006年に独立。Webコンサルティング・Webマーケティング・Webサイト制作・IT顧問を中心に活動をはじめる。

現在は、ITパスポート資格対策講師、専門学校講師、PCスクール講師、通信制大学院システムマネージャー、私大ITアシスタントなどとして活動の幅を広げる。

主な資格に、ITパスポート、基本情報技術者、Microsoft Office Master 2010(Word/Excel/Powerpoint/Outlook)、インストラクター資格は、Microsoft Official Trainer 、IC3認定インストラクター、第一種教員免許。

著書に、「ゼロからはじめるITパスポート」、MOS対策問題集など。

近日中に滝口先生のインタビューも当メルマガでご紹介予定ですのでお楽しみに!

●eラーニング問題: ITパスポート試験の過去問にチャレンジ!

今週のeラーニングは、ITパスポート試験の過去問を出題致します。メルマガの文章を読んだだけでは、いったいどんなテストなのか分かりにくいかもしれません。実際に出題された問題を解いてみて、体感して頂けます。

http://10000.bz/elw2010/
(ユーザ登録が必要です)

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「第65回「ITパスポート試験の過去問にチャレンジ」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ITパスポートを勉強すると、基礎から体系的に身につきます。ですのでIT初級者方はもちろん、一見ITに詳しいような人でも知識が抜け漏れ防止の為に受験をおすすめ致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。