eラーニング作成必要機材

Ustream用スタジオ、eラーニング教材撮影用のスタジオならびに、キバンインターナショナルの新オフィスの工事が着々と進んでいます。土曜日、日曜日も工事です。土曜日の工事の様子を確認のために出勤してまいりましたので、その様子を下記に紹介します。

換気用のダクトが現場に到着

▲換気用のダクトが現場に到着

▲空調も設置され壁紙工事が始まったオフィススペース部分

▲空調も設置され壁紙工事が始まったオフィススペース部分

執務スペースの壁紙貼り付け工事の様子

▲執務スペースの壁紙貼り付け工事の様子

換気装置(ロスナイ)の設置も完了

▲換気装置(ロスナイ)の設置も完了

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏)は、自社内にUstream番組、eラーニング教材作成用のスタジオを構築し、多くの番組を放送していますが、その取り組みが、玄光社の『Ustreamガイドブック (玄光社MOOK)』に紹介されましたので、その様子を下記に紹介致します。

▲『USTREAMガイドブック』の表紙

機材についても、非常に丁寧に検証がされており、機材の選定から、番組の作り方、Ustreamの操作方法についても詳しく掲載されています。また、Ustreamを使って番組を作っている人の事例集や、機材に関しても、写真、配線図付きで詳しく紹介されています。

▲KNN神田さんの放送の事例紹介。週2回キバンスタジオから放送をしています。

私たちのキバンスタジオから放送をしているKNN神田さんのKNN NOWが紹介されています。神田さんの後ろに、会社で利用してる演台がかすかに、、、映っています。

▲キバンインターナショナルの機材構成についても紹介されています。

色々な番組の機材、配線について紹介されていますが、キバンインターナショナルのUstreamスタジオの配線、機材についても、紹介がされています。下は、その記事をトリミングしたものです。

▲キバンインターナショナルのUSTスタジオ(秋葉原)の配線図

上記の本は、Ustreamの初級者から中上級者まで広く参考になる必読の一冊です。Ustreamを利用しようと考えている方は、是非購入をお勧め致します。

Ustreamガイドブック (玄光社MOOK)


お問い合わせ

株式会社パンダスタジオ
担当:西村・工藤

お問い合わせ:http://kiban.jp/?page_id=7
取材の依頼:http://kiban.jp/?page_id=869

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-4405-8487 FAX:03-6684-4610
地図:http://kiban.jp/?page_id=1486

パンダスタジオについて

2013年9月に株式会社キバンインターナショナルから分離独立。
各種映像コンテンツ撮影用クロマキースタジオ事業を核に、オリジナル撮影/収録機材の開発、機材レンタル事業を行う。
会社概要:http://pandastudio.tv

キバンインターナショナルについて

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。
eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフト、会員制・課金可能なUSTREAM生中継システムを開発/販売。
2700社にeラーニング関係の製品を提供(2010年6月現在)

2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。
会社概要:http://kiban.jp/?page_id=1117
メディア掲載実績:http://kiban.jp/?cat=107

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

4メートルという天井の高さに恵まれ、Ustream用スタジオを2つ新設しています。1つは、天井・壁面もブラックで統一したブラックスタジオ。もう1つは天井・壁も白で統一したホワイトスタジオです。

ブラックスタジオには、椅子が約30脚、ホワイトスタジオには、机付きの椅子が20脚導入されます。お客様を入れた中継や、セミナーを配信することができるようになります。9月9日(木)のオープンを目指して鋭意、工事が進んでいます。

電気工事が終わり、天井にはダクト(電気を取るための配線)が完了しました。これから壁を作る工事を含め、急ピッチで作業が進む予定です。照明器具、什器など、発注作業が続きます。より多くの人にスタジオを使って頂き、Ustreamのおもしろさや良さを体感していただけるスペースにしたいと思います。

私たちは、法人が自社のメディアとしてUstreamを活用することを提案しています。会員制の生中継や、有料課金型のUstreamサービスを、ナマチューケーサービスhttp://ustreamer.jp/)として提供していますので、このサービスの拠点としても、このスタジオを活用していきたいと思います。

▲天井も壁も黒白の2色に

▲天井に電源用のダクトが取り付けられました

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Ustream用のスタジオ建設工事が着々と進んでいます。4メートルの天井の高さですから、塗装作業も大変です。黒のスタジオ(ブラックスタジオ)と、白のスタジオ(ホワイトスタジオ)の天井塗装が始まりました。3回重ね塗りをするそうですが、色を塗るだけで、とても綺麗で明るくなった感じがします。

塗装前と、塗装中の写真を、それぞれアップしておきます。

このUstreamブラックスタジオと、ホワイトスタジオで、生中継だけではなく、eラーニングのコンテンツも、どんどん量産していきたいと思います。また、株式会社キバンインターナショナルの提供する会員専用、課金システムがついた生中継システム http://ustreamer.jp/ を利用した番組やコンテンツも、どんどんお届けしたいと思います。

▲塗装前に補強のためにコンクリートを塗り直しました

▲4メートルの高さがあるので、塗装作業も足場を組んでの作業

▲用途のことなる2つのUstream用のスタジオになります。

▲色々考えるところがあって、天井は、白と黒に分かれています。

▲黒は夜空を見上げる感じです。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

海外で先行発表されていた、ソニーのEマウント採用のレンズ交換式デジタルAVCHDビデオカメラ「NEX-VG10」が国内でも発表されました。

6月に発売したレンズ交換式一眼レフカメラ『NEX-5』『NEX-3』から採用されたAPS-Cサイズの大判センサと新レンズマウント『Eマウント』を採用。高画質で豊かな映像表現を実現しています。

総画素数約1460万画素の『Exmor APS HD CMOSセンサー』は、既存の『ハンディカム』に搭載されている1/2.88型イメージセンサと比べて、受光面積は焼く19.5倍。被写界深度を浅くできるため、見せたいものにピントを合わせて、それ以外の部分をきれいにぼかした撮影が可能にできるそうです。

映像の記録方式は、1920×1080ピクセルのAVCHDフルハイビジョン。同規格の最大記録ビットレートである24Mbpsとなっています。。

■ プレスリリース:高画質で豊かな映像表現を実現 世界初レンズ交換式HDビデオカメラ“ハンディカム”(2010年8月5日)

2010年9月10日(金)発売予定で、価格は 198,000円。(ソニースタイル:7%=13,860ポイント)フラッシュや予備バッテリー等が付属するクリエイターズセット「NEX-VG10/CREATORSicon」は244,620円。(ソニースタイル:10%=24,462ポイント)(ソニースタイルでは、長期保証<3年ベーシック>付き。)

動画編集ソフトに、「Vegas Movie Studio HD Platinum 10」のダウンロードクーポンが付いているそうですから、ビデオ編集用ソフト(AVCHD対応のソフト)を持っていない人には、大変親切なサービスです。

また、5名と大変すくないですが、モニタープレゼントをしています。(http://www.jp.sonystyle.com/Customer/Member/Event/201008_1/index.html )2010年8月5日(木)13時~2010年8月19日(木)15時までで、当選に外れたとしても、「NEX-VG10」の購入時にお使いになれる「長期保証<5年ワイド>無料クーポン」を、もれなくプレゼントしてもらえるということで、早速、申し込みをしました。

ustream関連、eラーニングコンテンツの作成で、ビデオ撮影時間が大変長くなっているので、ついポチッと購入してしまいそうです。

e-Learning WORLD 2.0が終われば、新オフィス、新スタジオの準備が始まります。手塚治虫が若手漫画家を、ときわ荘に集めたように、コンテンツ事業者をあつめた、デジタルときわ荘を、中長期の時間をかけて、追求したいと思います。

それだけではなく、自分たちのオフィススペースも、リニューアルする予定です。メモをとったものを、備忘録をかねて、ブログで公開します。「●●できるオフィス」というイメージで5つのキーワードを書き出したものです。

  • 集中できる
    多くの時間を「仕事の場」として過ごすわけですから、快適で集中できる事務所を作ることは非常に重要なことです。
    私自身は、集中したいときに、他の人の話し声や、電話の声がきになりますので、ヘッドフォンを付けて集中作業をしています。
    動・静を分割して、集中できる静かな場所と、時々刻々、激しい動きに最適化したスペースが作れればと思います。
  • コミュニケーションができる
    新しいものが生み出されるには、社員同士のコミュニケーションは重要です。
    ワークスペースに小さなミーティングテーブルを置いたり、ホワイトボードを壁面に埋め込んだり、
    社内でのコミュニケーションが活発に起こるような場を作りたいと思います。
  • 集うことができる
    社内外の人がたくさん集まって、ワイワイ・ガヤガヤできるスペースは重要です。
    おいしいお茶を飲みながら、リラックスして購入できるような場、
    集中してミーティングできるような場、セミナーを開き、切磋琢磨して学ぶ場を作りたいと思います。
  • 作ることができる
    優れたシステム、すぐれたサービス、そして、人生を変える力、感動できるようなコンテンツを次々生み出す場を作りたいと思います。
    スタジオを設置し、コンテンツの作成が行えるような場を作りたいと思います。
  • 笑える
    素晴らしいものづくりをするには、明るく楽しい職場でなければなりません。
    明るく楽しく、笑顔が絶えないようなオフィス、スタジオを作りたいと思います。

▲新オフィスのコンセプト・メモ

2F 80坪の工事が着々と進んでいます。

天井を外し、もともとの4Mの高さを活かした場所にしたいと思っています。古い建物ですから、天井を塗り直し、電気工事をやり直し、空調を付け替え、和式便所をつぶして、洋式の快適な便所に、全部改装したりと、大変な工事になっています。

7月末を目標にしていましたが、8月末までかかりそうな勢いです。最高に快適なスペースにしたいと思うと、他社がどのよういスペースを作っているのか気になるところ。

アスクルのメールで、150社ものオフィスの事例が紹介されていましたので、下記に会社名とURLを記載しておきます。会社規模や売り上げでは対抗することはできませんが、アイディアを絞り、下記の企業に負けない快適なスペースの構築をしたいと思います。

成長企業の個性派オフィス

●ソフトバンク株式会社
「デジタル情報革命の担い手」ソフトバンクグループの本社ビル!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_1

●株式会社デジタルガレージ
話題のTwitter日本語版を運営支援するIT業界老舗の新オフィス!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_2

●アーンストアンドヤング・トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社
訪問することが楽しみになる!働く人たちを元気にする!10の会議室!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_3

●株式会社栗山米菓
思いがけない出会いを生む森をイメージしたオフィス空間!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_4

●株式会社BIRDMAN
発見!バードマンの秘密基地は漆黒ビルディング!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_5

●株式会社SORICH (ソリック)
仕事はいつもの公園で。自由をテーマにした「見る・見られる」オフィス!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_6

◎まだまだあります!新着オフィスはコチラから!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_7

リニューアルで魅力アップのオフィス

●株式会社 ECナビ
海賊船がオフィス!独自のカルチャーを体現した新オフィス「NAVI SHIP」!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_8

●株式会社たき工房(芝浦オフィス)
橋を渡ってリフレッシュ!今回のオフィス作りのテーマは「脳内活性」!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_9

●株式会社ヘッドウォータース
虚飾よりも身の部分にこだわりたいという想いがかたちになった見えるオフィス
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_10

◎まだまだあります!アクセスランキングはコチラから!
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_11

経営者に聞くオフィス戦略

●vol.12 天毛 伸一 (ブレイン株式会社 代表取締役)
3000社を超える導入実績を誇るメール配信ASPシステム「ブレインメール」にも
「ぜんっぜん売れなかった」(天毛代表談)という時代があったのだそうです。
設立10年目という記念すべき日に、ピカピカの新オフィスでお話を伺いました。
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_12

●vol.11 玉木 剛 (株式会社コミュニケーションデザイン 代表取締役社長)
社名どおりコミュニケーションをデザインして人を惹きつけることの
プロフェッショナルにふさわしく六本木の中でもひときわ存在感を放つオフィス。
1000冊もの本が並ぶセミナールームに象徴されるオフィス環境へのこだわりとは?
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_13

●vol.10 宇佐美 進典 (株式会社 ECナビ 代表取締役CEO)
コンセプト「VOYAGE(航海)」のもとにオフィス全体をリニューアル、
海賊船をモチーフとした新オフィス「NAVI SHIP」を完成させた株式会社ECナビ。
オフィスづくりにこめられた社員への想いや未来への展望についてお聞きしました。
http://webmail.askul.co.jp/?4_283530_211229_14

さて、前回に引き続き、株式会社キバンインターナショナル セイコービル2F 新オフィスの工事続報です。前回は天井の解体がほぼ終わったところでした。今回は、見た目上大きな違いはないのですが、天井とその上の構造材の隙間を埋めたり、天井そのものを左官さんが塗って平らにしたりと、細かな調整が進んでいるイメージです。解体そのものは、今月中に何とか終わるかな?といった塩梅のようです。(少し、超えそうですが)

セイコービル2F 全景 かなり広い空間です。

職人さんが天井を平らに塗っています。

解体の難物だったクレーン。元看板屋の事務所なので、こんなものもあったようです。

仮想黒板と椅子、でセミナールームの感じを予想

以前紹介した、キバンインターナショナルの新オフィス工事。天井の撤去がほぼ完了し、広々とした、高い空間が露わになりましたので、レポートします。

天井の撤去完了。広々とした空間が

天井裏に隠れていた階段も撤去

日々、工事が進んでいますので、またご紹介します。

今はいっているビルの2F 80坪を6月1日から借りています。大家さんの急なお願いで、「つい」借りることになったのですが、この80坪は、eラーニングのコンテンツを作成するための「最新式工場」のような場にしたいと思っています。徹底的に効率を追求し、コンテンツの開発、制作に最適化した場を作り、コンテンツ、eラーニング事業を行いたい方に提供するサービスを考えています。約半分のスペースは、セミナー、Ustreamの中継ができる大、中、小のスタジオとして利用も考えています。

私たちはeラーニングビジネスを行ってみて、「根っからの先生」、すばらしいコンテンツを作る能力を持っている方に、巡り会うことが増えました。この天賦の才をもつ先生が、教育コンテンツを作成する事業を立ち上げたいと思っています。コンセプトの芯の部分は決定しましたので、細部を決めていき、皆様に発表をしたいと思います。アイディアを多くの方からいただき、皆様のアイディア、私たちのゴールへの道のりを重ね合わせ、すばらしいサービスが生まれようとしています詳細は決まり次第、発表していきます。

すばらしいコンテンツの発祥の地、皆々様に素晴らしいコンテンツを提供してくための良い場になるようにしていきたいと思います。