eラーニング作成必要機材

キャノンのデジタル一眼レフカメラを、パンダスタジオhttp://pandastudio.tv/)に導入を考えています。通常のビデオカメラの整備も必要ですが、デジタル一眼レフカメラを利用した背景のきれいなボケ、被写体深度の浅い映像も作りたいと思ったからです。キャノンの5D mark2を利用した動画のサンプルが沢山Youtubeにアップされていますが、被写体深度の浅さや、デジタル一眼レフの動画の持ち味を非常にうまく利用した映像がありましたので、添付の上、紹介をいたします。

株式会社キバンインターナショナルの事務所が4Fから、2Fに移動しました。

USTREAM用スタジオパンダスタジオ」の横にオフィスも移動しました。パンダグッズであふれる明るく楽しいオフィスが、すこしづつ出来ています。スタジオの設備に投資するだけではなく、生中継スタッフのノートパソコンもどんどん刷新されています。

北海道研究所では、配線が電源ケーブルのみという理由で、全体が、すでにiMacになっています。LANも無線、キーボード、マウスも無線ですので、ディスクトップでありながら、電源ケーブル1本で事務所の机の上が非常にきれいに維持できます。

今回は、出先でUstremamマシンとして利用できることを、もっとも大きな選択理由に色々しらべて、MacBookPROを購入しました。USTREAM用マシンとして、MacBOOK PROは、IEEE1394(iリンク)が標準であり、OSも非常に安定していることから、社長が一気に5台を投資して購入しました。13インチタイプを5台購入しました。

MacBOOK PROには、BootCampでWindwsOSもインストールしてあり、常時、Windowsマシンとして利用しながら、生中継時は、MacOSに切り替えて利用することができます。MacBOOK PROに変えるメリットをまとめておきたいと思います。

  • WindowsOSと、MacOSの両方が利用できる。
  • IEEE1394(iリンク)が標準であり、USTREAM生中継時のインターフェイスを標準で持っている。
  • 社内システムが、ほぼ、Webアプリになっているので、MacOSでも、ほとんど困ることがない。
  • iPhone、iPadアプリの開発に利用できる。(iPhoneシミュレータが便利。)
  • SDカードリーダーがあり、Blogを書くために、写真の取り込みが大変便利になった。
  • バッテリーの持続時間が8時間以上あり、ACアダプターを持ち歩かなくても1日利用できる。
  • デザインが格好いい。
  • 同時に5台購入したので、癖、トラブルシューティングに倉光さんが即、問題解決してくれる。
  • 社内の予備ACアダプターが便利に利用できて、ACアダプターを持ち歩く必要がない。

不便な点

  • 重くなった。
  • キーボード配列が変わったので、慣れるまで不便。

MacBook Proのセッティング中

MacBook Proのセッティング中

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

USTREAM用、eラーニング教材撮影用のスタジオ工事がいよいよ、大詰めに来ています。

エントランスの最終工事が、今日と明日で完成します。今日は、これまで天井からつけられていた壁に、枠を作り、ガラスがつきました。工事終了が20時近くになったため、出入り禁止(ドアの開け閉めで、乾く前のパッキンがずれることを防ぐため)となりました。

明日は、壁紙、床の張り替えなど、エントランスの最終工事、セコムのセキュリティー装置の取り付けとなります。工事の様子を写真でとりましたので、公開しておきます。

上部は壁、下部は、すべてガラスパテーションになる予定です。

▲上部は壁、下部は、すべてガラスパテーションになる予定です。

階段側から、エントランスを見た様子(ガラスパテーションの取り付け前)

▲階段側から、エントランスを見た様子(ガラスパテーションの取り付け前)

USTREAM用スタジオの通路からエントランスを見たところ(ガラスパテーション取り付け前)

▲USTREAM用スタジオの通路からエントランスを見たところ(ガラスパテーション取り付け前)

ガラスが取り付けられテンションの上がる長谷川部長(シャツだらしい!)

▲ガラスが取り付けられテンションの上がる長谷川部長(シャツだらしい!)

透明のゴム?で接合部分を埋めていることろ。

▲透明のゴム?で接合部分を埋めていることろ。

ガラスの透明度がないので、工夫しないと、ぶつかる人が出そうです。

▲ガラスの透明度がないので、工夫しないと、ぶつかる人が出そうです。

エントランスは、白、赤、黒の原色構成で、非常に鮮やかです。

▲エントランスは、白、赤、黒の原色構成で、非常に鮮やかです。

パッキンが乾くまでは、ドアが利用できず、出入りは明日以降だそうです。

▲パッキンが乾くまでは、ドアが利用できず、出入りは明日以降だそうです。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

私たちの会社は、普通の会社にくらべると、非常に沢山の写真を撮ります。年間にすると10,000枚を超えます。一眼レフカメラ、ミラーレス一眼など、プロユースに近いカメラも所有していますが、東京本社では2人に1台体制で、SONY デジタルカメラ Cybershot HX5Vを配備して事務所に、おいてあります。

沢山ブログを書く人は、専用で1台を占有して、いつでも鞄にぶら下げて、気になったことがあったら、すぐに撮影したり、メモ代わりに利用しています。沢山あるコンパクトカメラがあるなかで、この機種にしたのには、いくつか理由があります。

Cybershot HX5V シャンパンゴールド(ゴールド)モデル

▲Cybershot HX5V シャンパンゴールド(ゴールド)モデル

色はシャンパンゴールドとブラックのタイプがあります

▲色はシャンパンゴールドとブラックのタイプがあります

  1. 一眼レフカメラに比べ、小さく、軽く、機動性が高い
    わずか200gの重量と、ポケットに入る大きさは魅力的です。
  2. AVCHDフルハイビジョン(1920×1080、 60i)画質のビデオ撮影できる。
    この大きさでフルハイビジョンで結構な画質で撮影ができます。Blogのビデオは基本的にybershot HX5Vで撮影してYoutubeにアップしています。
  3. GPS、コンパスが内蔵されていて、PICASAで管理すると撮影場所が、GoogleMaps上に表示される。
    海外出張に行ったりすると、地図上のどこにいるのか、どこでとった写真であるのかわからなくなることがありますが、GPS機能が標準ですので、どこで撮影したか一発でわかります。
  4. 本体が、25,000円前後と格安で購入できる。また、オークションで互換バッテリーが700円という非情に安価で購入できる。
    本体が格安であるだけではなく、人気機種、人気メーカーなので、互換性の安いバッテリーが簡単に入手できます。
  5. 写真、動画とも強力な手ぶれ防止モードがあり、写真の失敗が少ない。手ぶれ防止が非常に協力で、手ぶれの失敗写真が少ない。
    だれでも、失敗しない写真が簡単にとれることは非常に重要。
    プロ用の一眼レフカメラを利用しても、使いこなせず、良い写真が撮れないことがあります。
  6. メモリースティックDUOと、安価なSD、SDHCメモリーの両方が利用可能
    SDカードはメモリースティックにくらべ、非常に価格が安価です。秋葉原の電気街に行けば、安く購入できますし、忘れたときにはコンビニや地方の電気店でも100%購入ができます。
  7. Blogや社内記録用としては、必要十分な1020万画素 裏面照射型 CMOSセンサー 「Exmor R」。
    広角から望遠まで、10倍ズームが使えます。写真、動画とも十二分な画質で撮影ができます。
    光学10倍 Gレンズ、光学式手ブレ補正、高速連写10枚/秒(メカシャッター)と、基本性能がしっかりしている。(広角側のひずみは結構大きい)
  8. スイングパノラマ(顔・動き対応)で、パノラマ写真が撮影できる。
    キャノンの一眼レフカメラでは、このスイングパノラマは利用できません。
    会場全体の雰囲気などを記録するためには大変便利で良く利用します。
    集合写真などにも大変便利です、
  9. 夜景モードが素晴らしくきれいに撮影ができる。
    これはかってからわかったことですが、デジタルで補正しているようで、驚くほどきれいな写真が撮れます。
    絵はがきのようなきれいな夜景写真が撮れます。
  10. 価格が安いので、消耗品としてあきらめがつく
    凄い枚数撮影しますし、どこにでも持って行きますので、壊したり、盗難にあうことも想定する必要がありますが、1台25,000円。700円の互換バッテリーであれば、あきらめがつきます。
    デジタル一眼レフカメラを購入して、固定資産として、1回で償却できないような悩みもありません。

USTREAM用スタジオ、勉強会用スタジオ、eラーニング用のスタジオとして広く多くの方に利用していただこうと、スタジオを新設しました。黒ベースの内装と、白ベースの内装のスタジオです。

黒ベースのスタジオには、シャープ製の65インチディスプレイが導入され、プレゼンテーションデータを3枚のディスプレイに同時に表示することもできるようになりました。3枚にそれぞれ違うものを表示することもできます。

液晶プロジェクターとちがって、液晶テレビであれば、室内を暗くする必要もなく、眠くなる心配もありませんん。センターのテーブルには、エルゴヒューマンの椅子をいれて、快適な会議室としても利用出来るようになっています。

スタジオには、65インチモニタが3台入りました

▲スタジオには、65インチモニタが3台入りました

Ustream設備を完備したスタジオの正面

▲Ustream設備を完備したスタジオの正面

Ustream設備が完備されているだけではなく、客席を入れることも出来ます

▲Ustream設備が完備されているだけではなく、客席を入れることも出来ます

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Ustreamの中継用のスタジオ工事が大詰めに来ています。

工事代金の圧縮のため、e-Learning WORLD 2.0で作ったブースの部材の一部を利用して壁を作りました。黒い板の上に、壁紙が貼られ、すっかり綺麗な壁になりました。

天井までパテーション、壁を作っているところ(まだ黒壁の状態)

▲天井までパテーション、壁を作っているところ(まだ黒壁の状態)

壁紙が貼れるように、やすりをかけ、紙のシートを下地に貼っている様子。この上に壁紙を貼ります。

▲壁紙が貼れるように、やすりをかけ、紙のシートを下地に貼っている様子。この上に壁紙を貼ります。

壁紙を貼り、真っ白の壁になりました

▲壁紙を貼り、真っ白の壁になりました

現在は、セイコービル4Fで撮影していますが、9月中頃からは、この2Fのスタジオが可能開始できそうです。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

最高のUstreamスタジオ、eラーニング教材用の収録スタジオを作ろうと6月から頑張っております。工事が終盤に来ています。まるで、テレビの「ビフォアー・アフター」状態。どんどん綺麗になっていきます。

この場で、最高の教材が生み出されたり、ナマチューケーサービス(http://ustreamer.jp/)を利用して、面白いコンテンツが発信できる日が楽しみです。

床にレールを造り、木製パネルを上に設置

▲床にレールを造り、木製パネルを上に設置

古いビル(築45年)のビルを大改装しています。床面が水平ではないため、パネル設営のためのレールを取り、大工さんがこのレール部分の高さをカンナで削り、水平をとるための微調整をします。まさに職人技です。

パテーションは現場で微調整しながら最終仕上げ

▲パテーションは現場で微調整しながら最終仕上げ

費用の圧縮面、資源の有効利用など色々考え、e-Learning WORLD 2.0で設営したブースの部材を、切ったり加工したり、追加したりしてパテーションを作りました。厚みが5センチ。加工するのも大変な作業です。ミリ単位の採寸、加工を現場で行います。

Ustream専用のスタジオが2つ。ブラックスタジオの工事の様

▲Ustream専用のスタジオが2つ。ブラックスタジオの工事の様

ドアの枠を作る工事をしているところ。水平、垂直がとれてないので四苦八苦。垂直、水平をきちんと作ることを「カネを出す」と職人さんの言葉でいうようですが、カネが出ないな、、、なんて、そばで聞いていると、工事費を払っていない、払ってもらえない、、、と言っているようで、不思議な感じでした。

ドア枠を作っているところ。ドアは深紅になります。

▲ドア枠を作っているところ。ドアは深紅になります。

スタジオとオフィススペースの境界にドアを作っているところです。ドアは、深紅、真っ赤なドアが設置される予定です。指紋認証付きのドアになります。手前の大きな枠には、ちょっとした「遊び」を作る予定です。そのうちに、、、

現場で、大工さんが加工工事をして、次々に壁ができあがります

▲現場で、大工さんが加工工事をして、次々に壁ができあがります

でこぼこした床に、見事な技で壁を設営。この上に防煙のシートを貼って仕上げをしていきます。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

現在、Ustream用の収録スタジオや、eラーニング教材撮影用のスタジオを作っています。このスタジオを利用してeラーニングのすばらしい教材作成の場となるだけではなく、会員専用Ust中継や、課金決済が可能なUstream中継のサービスであるナマチューケーサービスhttp://ustreamer.jp/)の配信の場としても提供していきたいと思っています。

スタジオといっても、お客様を招いて、セミナーをしながら、Ustream中継ができるように、各種の機材を手配しています。

ブラックUstスタジオ(天井も壁もブラックになります。)には、トラスで照明器具やスピーカーなどをつり下げられるような仕組みを設置します。

サウンドハウスさんで、ネットで注文すれば、トラスを購入することができますし、床にアンカーボルト(固定用のボルト)を打たず、自律型でトラスをくむのであれば、自分たちだけでも、組み立てをすることができます。

下記にトラスのイメージを添付します。音楽ステージなどで必ずといっていいほど設置され、スピーカーや照明機材がぶら下げられている金属の柱です。

▲トラスのイメージ 出典:http://truss.stagehouse.co.jp/images/truss1-1-.gif

この金属の骨組みに、スピーカー、カメラ、照明などの設備を追加していきます。照明は、DMXという共通規格があり、1つのコントローラーから、照明器具をコントロールすることができます。ブラックUstreamスタジオでは、このトラスに必要な装置を取り付け、音響、撮影、照明をコントロール出来るようにする予定です。

この機材の一部は、e-Learning WORLD 2.0でも設営して利用しました。この設備の一部が、今、建設中のUstream用スタジオでも利用出来るようになります。

e-Learning WORLD 2.0で作ったブースが、USTブラックスタジオの原型

▲e-Learning WORLD 2.0で作ったブースが、USTブラックスタジオの原型

DMXのコントローラーで照明の設定を細かくコントロールできます

▲DMXのコントローラーで照明の設定を細かくコントロールできます

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Ustream用のスタジオ、eラーニングの教材作成用のスタジオの工事をしています。

工事も終盤にさしかかると、凄い勢いで進捗があります。特に内装工事が進捗は見ていて楽しいものです。金曜日は、古いトイレの面影がありましたが、土日、今日の工事でトイレは、ホテルのトイレのようにとても綺麗になりました。

トイレだけではなく、IT、コンピュータの仕事をしていて、古い電源設備で、ブレーカーが、しょっちゅう落ちたり、漏電でもするようなことがあると怖いので、配電盤も取り替える大工事をしました。

今日は、照明機材の選定のために、持ち込んだサンプル照明で試行錯誤しながら、どの照明を付けるのかを決定しました。初期費用は多少高くなるもののLED照明を使いたかったので、秋葉原の電気街に繰り出し、幾つか照明機材を購入し、天井に付けてみました。4メートルもある天井ですので、取り付け、取り替えだけでも大変な作業でしたが、試行錯誤の上、照明器具を選定しました。

廊下、エントランス、ミーティングスペースについては、すこしオシャレで珍しいものにしたかったので、もう少し内装工事が進んでから決定することにして、それ以外の照明機材については、すべて決定をしました。

また、事務所スペース、執務スペースには、落ち着いた深い茶系のカーペットが敷設され、すこしオフィスの雰囲気がでてきました。いつもは17時には作業を切り上げる職人さん達も土日返上、20時ぐらいまで残って作業を進めてくださっています。

日に日に良くなっていくユーストリームスタジオ、eラーニングスタジオを見学に行くのが、もっとも大きな楽しみの一つです。工事現場ばかりの写真ばかりですが、私たちが、新しいサービスや、新しいeラーニング教材を創ろうとしていることの一部でも伝わればと思います。

今回は、電源周りも新しく工事をしました(動力・弱電とも)

▲今回は、電源周りも新しく工事をしました(動力・弱電とも)

照明器具の選択のための実験

▲照明器具の選択のための実験

トイレも綺麗に

▲トイレも綺麗に

執務スペースにカーペットが敷設

▲執務スペースにカーペットが敷設

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Ustream用のスタジオ・eラーニング用のスタジオの建設が着々と進んでいます。これまでの工事費用が1600万円(※)になっていることもあり、節約できるところは、節約をしていこうということで、e-Learning WORLD 2.0でつくったブースの部材を加工してパーテーションを作る事になりました。サイズが異なるので、加工が必要ですが、費用が抑えられるところは、抑えていきたいということで、再利用を決定。(※前の入居者の現状復帰、トイレの全面改装、天井の剥落などがあり、大規模な工事になりました。この費用は、大家さんと一定の比率での分割になります。)

2Fのスタジオまで、クレーンでパテーション部材をあげたいところですが、クレーン費用、窓をいったん壊さないといけないとのことで、内装業者の皆さんと、私たちスタッフが総出動で、パテーションの階段上げをしました。

蒸し暑い階段を巨大なパテーション部材をあげたので、全員汗だく、握力もなくなり、午後からはヘロヘロでした。社内の人件費を考えれば、すべて外注業者にお願いすること、金銭的なメリットは小さいかもしれませんが、こうして、全員で力を合わせ、工夫することころは工夫しながら、スタジオを創っていくは、大変大切なプロセスだと思い、今日は、全員ジャージ持参で、頑張った次第です。

小さな工夫、小さな事をコツコツ積み上げて、約3ヶ月の工事が、いよいよ終盤です。これからの毎日は、変化に富んだ、報告ができると思います。

窓を壊してクレーンで入れたいところですが、、、

▲窓を壊してクレーンで入れたいところですが、、、

裏階段を汗だくで、8人で運び上げしている様子

▲裏階段を汗だくで、8人で運び上げしている様子

裏階段がギリギリでした

▲裏階段がギリギリでした


長期休暇(夏休み)明けの王さん、汗だく

▲長期休暇(夏休み)明けの王さん、汗だく

袴田工業の袴田さんと。全員汗びっしょり

▲袴田工業の袴田さんと。全員汗びっしょり

荷物の搬入後、時間がなく、そのまま「きばらじ」に突入

▲荷物の搬入後、時間がなく、そのまま「きばらじ」に突入

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv