月別アーカイブ: 2011年 1月

いつでもどこでもeラーニングが利用できるようになるには、完全にシステムがオフライン対応版になるか、出先でも自宅やオフィスのようにブロードバンドで接続される必要があります。

出先で高速接続ができるように、常に投資を志津つけてきました。最近、私自身は、Wimax(日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R プラチナブラック PA-WM3500R(AT)Bと、DoCoMoもモバイルルータ(BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG
)を持ち歩いています。以前は、eモバイルのルーターを持ち歩いていたので、同時に3つのルーターを持ち歩いていた時期があります。

基本的には都内であれば、Wimaxで利用して、地下鉄やWiMaxが入らない地方であれば、電波のエリアが広いDoCoMoのルータを持ち歩いています。eモバイルは速度の遅さと、すぐに帯域制限がかかって使い物にならないため、最近は放置して持ち歩かず、最低料金だけを支払っていました。

ところが最近、eモバイルが、DC-HSDPA規格(下り最大:42Mbps*2、上り最大:5.8Mbps*2)に対応というD41HWを発売しており、もしかして最強のモバイル環境では、、、と気になっていました。

eモバイルの42MB対応のモバイルルーター D41HW

eモバイルの42MB対応のモバイルルーター D41HW

同じことを気にしているユーザーも居るもので、山手線の全駅で、WiMAXと、eモバイルのどちらが早いかを検証したサイトがありました。

WiMax VS. eモバイルの対決は、WiMaxの圧勝!

WiMax VS. eモバイルの対決は、WiMaxの圧勝!

お客様よりSmartBrainイントラ版導入の際の質問をいただきましたので、Blogにて公開させていただきます。

  1. SmartBrainの動作環境

    SmartBrainのサーバ側動作環境

    OSCentOS5.x
    WebサーバApache2.2系
    DBサーバMySQL5.1系
    アプリケーションサーバPHP5.2系
  2. 提供ソフトウェアの範囲
    提供ソフトウェアは、SmartBrainを構成するソース一式のみとなります。サーバハードウェアの手配、OS、ミドルウェアのインストール、設定等は通常弊社で実施いたしますが(4.イントラ版購入の際の費用、設置設定費用がそれに当たります)、お客様で行っていただくことも可能です。
  3. 設定マニュアルの提供
    初期設定マニュアルの提供を行っておりますが、4の表中にありますとおり弊社の技術者による設置設定は20万円で実施可能ですので、弊社による設置設定をおすすめしております。
  4. イントラ版購入の際の費用

    SmartBrainイントラ版料金

    サービス名単位単価
    SmartBrain イントラ版1式5,250,000円
    SmartBrain イントラ版 年間保守サポート1年1,050,000円
    設置設定費用1回200,000円
    オンサイトサポート費用(交通費別途)1回200,000円
    イントラ版を購入したときに必須でかかる費用はソース1式、および年間保守サポート費用(1年分)となります。その後ランニングコストとして、年間保守サポート費用がかかります。設置設定費用、オンサイトサポート等は、必須ではありません。

きばらじ 194回の内容をブログでも公開します。

2011年、盛んになるといわれるFacebookと、その中に埋め込めるライブ動画配信サービス「Livestream」と「Ustream」の違いを解説しています。きばらじを見逃した人向けです。

「UstreamとLivestreamの違い」

生中継支援部の王です。この3ヶ月で少なくても100本以上の生中継番組を経験して、生中継だったら、どんな中継であっても確実に配信できると自信があります。

配信に自信が付いた頃に、社長から呼び出され、小説家の話をされました。

歴史にのこるような有名な作家は、ほぼ多作の作家で、1冊だけで大成功した小説家はいないと。

クラシックで現代にまで曲が演奏されるような大作曲家は、ほとんど間違いなく、多くの作品を作っていると。

何の話かと思っていたら、毎日、ビデオを編集して、1日1本の作品をつくるようにという指示のようです。

ですから、私は、これから毎日、ビデオ作品をつくってブログで紹介していくことになりました。皆さんの感想をいただけると、この大変な作業を続ける勇気を貰えると思います。よろしくお願いします。

今日は、2本目のビデオです。パンダスタジオにセットしていただいたフラワーデザイナーの小山大蔵さんのフラワーアレンジメントについて説明をしていただきました。

パンダスタジオのご利用を検討している皆様に、FAQを作成しました。

パンダスタジオでの飲食禁止と書いてありますが、ペットボトルで水やお茶を持ち込むのはだめですか?

座談会などで、配信機材のないテーブルに置く程度であれば問題ありません。
飲食や、お酒を飲んで騒ぐような配信は機材を損傷するおそれがあるため、禁止させていただいております。
また機材を損傷した場合には別途請求をいたします。

パンダスタジオに配信前に荷物を郵送できますか?

可能です。
発送先は別途お問い合わせください。ただし、営業日(月~金)の間に到着するようにお願いいたします。

パンダスタジオで食事はできますか?

スタジオ内で食事をすることはできません。
別途食事が可能なスペースがありますので、そちらで食べていただくか、キバンインターナショナル周辺にはおすすめのお店があります。

1.かつ進 とんかつ屋 がっつりと配信するときに!

キバンインターナショナル最寄のかつ進

2.イタリアンレストラン リアルト かっこうよく配信する前に!

イタリアンレストラン リアルト。ピザもパスタも!

3.あうん 絶品の坦々麺。混んでいて食べられないことも!体をアツくしたいときに!

四川坦々麺の阿吽。湯島駅そば。ラーメンです。

ということで、必ずしもスタジオ内で食べなくともおいしいお店がたくさんあります。
夜はジョナサンが遅くまで開いています。ぜひ一度食べてみてください。

本日は、ある企業の採用説明会をパンダスタジオから配信しています。
Ustreamではなく特定の相手に限定することができる「ナマチューケー」サービスを使っての配信を行っています。

Ustreamの配信というと、無料で誰でもがみられるということもあり、企業の中で就職活動の説明会に利用する機会が増えてきました。
こうしたUstreamの生中継配信を、ワールドビジネスサテライトでは「ソー活(ソーシャル・双方向の就職活動)」として番組の中で紹介していました。

今回は、Ustream(ユーストリーム)ではなく、Watershed(ウォーターシェッド) を使い、会員限定の配信を行っています。

キバンインターナショナルの「ナマチューケー」は、 Ustreamの有料サービスを使い、特定の相手だけに配信ができるサービスです。
今後、特定のお客様にだけ配信する生中継も増えるのではないかと思います。

ログインしないと、生中継はみられません!

配信風景は、Ustreamの配信とまったく同じ。

パンダスタジオと、ナマチューケーを組み合わせることで、クオリティの高い映像を、会員だけに配信しています。

ナマチューケーのシステムに興味をお持ちの方は、一度お問い合わせください。
パンダスタジオを使ってみたい方は、一度下見にいらしてください。

1月14日に、全日本フェイスブックサミットが、日本8都市+オーストラリアで開催されました。

その際、スタジオで撮影した写真を、イベントの最後でエンディングムービーとして流しました。(一部後日公開)。

このムービーには、イベントに賛同をしてくださったシンガーソングライターの尾飛良幸さんの曲が流れています。イベント当日の深夜にメッセージをいただき、イベント当日の朝方に曲のデータをいただき、ムービーの作り方を、Blogで紹介するという奇跡のようなタイミングと流れで、全国5箇所でムービーが作成されました。

名古屋、福岡の2会場がYoutubeにアップされていたので、東京、新潟、福井、名古屋、福岡の5会場が1つの音楽をもとに、ムービーを作成したことになります。

全日本フェイスブックサミット 名古屋会場のエンディングムービー

全日本Facebookサミット『ソーシャルグッド福岡の元気を全国に!』

全日本フェイスブックサミット-みんなが主役-東京会場

第0回全日本フェイスブックサミット新潟

全日本フェイスブックサミット第0回:福井会場エンディングームービー

作成に必要な素材

フェイスブックサミットのムービ作成用の素材集一式

上記ムービー作成に必要な素材が全部アップロードされています。イベントに参加された方であれば、どなたでも作成をして、Youtube、Faecebookにアップロードいただいて構いません。
アップロード後は、ぜひ全日本フェイスブックサミットのファンページに、お知らせいただければ幸いです。

フェイスブックサミットの「エンディング」ムービーの簡単作成方法を全部公開
上記ムービの作成方法が公開されています。 

SmartBrain/サムネイルアップロード

CATEGORIES SmartBrain, 北海道ラボby.yasu.tanaka1 Comments2011.01.19

SmartBrainには、コースのサムネイルを自動生成する機能があるのですが、教材の種類によってはうまくサムネイルを生成できない場合がありました。そこで、SmartBrain1.14(2011年2月中旬リリース予定)で、サムネイル画像のアップロード機能が追加される予定です。以下の画像は、開発環境で撮影したスクリーンショットなので、サムネイルの自動生成がうまく動作していませんが、手動でアップロードしたキバンのロゴはちゃんと表示されています。

サムネイル

サムネイル

こんにちは。株式会社キバンインターナショナルの蔡(チェ)です。
ミレニアムプロジェクトで予測した2030年の中、教育と関連がある部分の内容をご紹介します。
(元データは、韓国のeラーニング大学院カフェーより:http://cafe.daum.net/E-LEARNING/SB9V/62)

教育(EDUCATION)

1. 未来には、「授業時間」という概念が完全に消えるでしょう。
高度のネットワーク時代になれば、教授及び先生たちは自分の仕事と日常生活をモザイクのように編まれた形態で運営しなければならない。
学生の生活も類似の形態となり、未来には自ら勉強する訓練が一番重要な教育関連イシューに浮び上がるでしょう。

2. 文字メッセージ、マイクロブルロギング及び、その他オンライン媒体の過度な使用は学生たちの書き取りと学業能力に否定的な影響を及ぼすでしょう。
学生たちがキーボードで文を書くことに慣れると、速度が早くなる反面いざ重要な内容を見逃しやすくなる。子供たちがインターネット環境で育った結果、正しくない表現を大まかに書くことに慣れてしまう。
このために大学は、新入生に書き込みに対する部分を再整備するために多くの時間を割くようになるでしょう。また、職場ではもっと多くの書き込みコーチが必要となるでしょう。

3. 中国がインターネット教育分野を善導するようになるでしょう。
貧しい地方地域の労動人口を教育しなければならない状況で、中国は、インターネットで大部分の国民を教育させることに成功する一番目の国家となるでしょう。
中国は、2003~2007年まで、地方地域に住む人口を教育するためのシステムを取り入れるのに約 1兆ウォンを投入した。

4. ソーシャルネットワークメディアがもっと協力的な学びの体系を提供するでしょう。
「ネット世代(net generation: N世代)」と呼ばれる現在の青少年たちは、SNS メディアを遊びだけではなく、学問の道具としても使うでしょう。
したがって、彼らの学業は以前より、より少なめに競争的で、チーム単位で働く形態に変わるでしょう。
教師たちもこれ以上、詰めこみ主義の受動的な教育学モデルで学生たちを教育してはいけなきなるでしょう。

5. 未来教育では、対人関係の技術も教えるようになるでしょう。
今日、ソーシャルメディアの世代は、読み-書き取り-演算の基本教育以外に、自分の訓練と責任、メディアの理解など、社会的素養面で脆弱な部分を現わした。
グループ別の実習、クラス討論など、他の学生たちとの意思疎通ができる多様な活動を用意しなければならないでしょう。

6. 未来には博士の学位所持者がもっと有り勝ちになるでしょう。
アメリカの国立科学財団の調査によれば、アメリカの国内博士の学位取得者の数字は、2008年現在、4万 8,802人に達し、6年連続増加している傾向を見せたと発表した。
博士の学位所持者の中、3分の 1は、他の国家出身であることで明らかになった。過去、10年間で電算学及び工学博士は、20% 以上増加した一方、教育学を除いた人文学分野では減少する傾向となった。

7. 2020年、学校では、本とペン、紙などをアナログ媒体で、読み・書くことができる方法を模索するでしょう。
デジタルとアナログ的な道具が、適切に混合した時こそ、知識が一番效果的に体得されることができるという認識が広がり、教師と学生たちの間では、アナログ的な部分をカリキュラムの必須要素と見るようになるでしょう。

8. 未来の大学では、これ以上教室での授業が重要ではない。
次の世代には、学生本人が願う所に住みながら、かなり多い数の科目をオンラインで受講するようになるでしょう。
また、国際的に認証された機関を通じて学位を取得する事がもっと頻繁になるでしょう。しかし、高度に世界化された環境でも、学生たちは相変らず「キャンパス」という空間で、同じ年齢集団との交わりを続くでしょう。

【参照 : UN未来報告 3, 朴栄淑・ジェロームグレン・テドゴドン作,  Kyobo文庫,  2010】

皆さん、こんにちは。株式会社キバンインターナショナルの韓国チームで頑張っている蔡(チェ)でございます。今回、皆様にご紹介する内容は、最近映画館でもよく接する「ソーシャルランニング:Social-Learning」についてです。

先週、韓国のeラーニング大学院のセミナーに行ってきて、いろんな面でよい刺激を受けてきましたが、その中で一つのキーワードが「ソーシャルランニング:Social-Learning」でした。今回は、2つの特別講演がありましたが、2つの特別講演、「Smart-Learningの意味と展望について」演説者:郭・ドックフン (EBS 社長)」と「A New Way for eLearning : Going Social」演説者:林・ゴル (高麗大 教授)の中で、共通にご紹介されたキーワードである「ソーシャルランニング:Social-Learning」について皆さんにもご紹介させていただきます。

▼以下、PowerPoint資料は、郭・ドックフン (EBS 社長)よりいただきましたものを日本語訳しました。

▼また、林・ゴル (高麗大 教授)より、現在、アメリカで一番人気があるソーシャルランニング:Social-Learningのサイトをご紹介されましたので、そのDemoの動画をご紹介いたします。(http://www.socialtext.com/index.php)

弊社では、「何かと忙しいあなたにお昼のホッとひとときを提供」する【きばらじ】キバンインターナショナル・ラジオ(http://kiban.tv/)サービスや【ナマチューケー】「会員限定・課金機能付きネット生中継サービス」(http://ustreamer.jp/)サービスを皆様に提供することで、既にソーシャルランニング:Social-Learningを実現しています。

また、PCでも、SmartPhoneでも学習と管理ができる「eラーニング学習管理システム(LMS)」である【SmartBrain】(http://smartbrain.info/)を皆様に提供することでSmart-Learningを実現していると言っても過言ではないと思います。