月別アーカイブ: 2011年 1月

パンダスタジオ(http://pandastudio.tv/)では、ハイアングルでの映像をいれられるように、トラスの上に、USBカメラを追加しました。番組のオープニングやエンディングに映像をきりかえて利用することができます。

3.5メートルのハイアングルカメラをパンダスタジオに設置

▲3.5メートルのハイアングルカメラをパンダスタジオに設置

今回導入したLOGICOOL キューカム オービット 200万画素 カールツァイス社製レンズ採用 QCAM-200RXは、管理画面の矢印キーでカメラアングルも変更できます。

パンダスタジオのハイアングルカメラは、カメラアングルをリモートで操作

▲パンダスタジオのハイアングルカメラは、カメラアングルをリモートで操作

ズームも自由にコントロールすることができます。そのため、トラスの上(350cm)の位置にあったとしても、カメラを触ることなく、自由に画角、範囲を調整することができます。

ハイアングルカメラは、USB接続で、PCから全部操作できて便利

▲ハイアングルカメラは、USB接続で、PCから全部操作できて便利

本日パンダスタジオより、ガールズトークバラエティー『水谷うぃっち』配信中致しました。2人のアイドルと珍味ヒロー「メンタイマン」の織り成すトークをお楽しみ頂く番組ですが、その中で、「同時100超えたら3D放送を行う」的な流れになりました。

同時100超えたら3D放送を行うそうです。

実際のところ、3D配信は、カメラの方はなんとかなるにしても、3D対応のPCで無いと観るのが難しいようなので、実現するかどうかはかなり未知数ですが、

コスプレLIVEは決定だそうです。

このように、コスプレLIVEは決定(同時接続100超えたら)のようなので、次回放送の際は、皆様お誘い合わせの上ディスプレイの前で待機頂きたいと思います。

『水谷うぃっち』
http://www.ustream.tv/channel/mizutani-witch
(アーカイブには、パスワードがかかっています。ライブでお楽しみください。)

次回放送は2月8日 20:00~21:30 みんな見てねー (クリックで拡大)

 

 

『水谷うぃっち』とは


水谷彩也加と初原千絵のアイドル2人と、珍味ヒーローメンタイマンが繰り広げる異空間脱線アンストッパブル・ガールズトーク・ヴァラエティ番組です。

次回放送日時
2011年2月8日(火)スタート 隔週火曜日放送 20:00〜21:30

出演
水谷彩也加、初原千絵、メンタイマン

放送時間中に、以下のURLから御覧いただけます。
http://mentaiman.com/attraction/uihara/mizutani_uicchi.html
http://www.ustream.tv/channel/mizutani-witch

QuizCreatorの設定を変更することで問題の出題をランダムにすることが出来ます。但し、ランダム可するには2種類の方法があります。
それぞれ、以下のようになっています。

■「ランダムに出題」を選択した場合
・パブリッシュの際に、ランダムな問題が出力される。(出力されれば、何度開いても同じ問題を表示)

■出題順序のランダム化を選択した場合
・テストが読み込まれる度にランダムで出題される

それぞれの形式でパブリッシュした結果を掲載致しましたので御覧ください。「ランダムに出題」を選択した方は、何度読み込んでも同じ問題が表示されますが、出題順序のランダム化を選択した場合(一番下の例)は、このページを読み込む度に表示される問題が異なります。

「ランダムに出題」を選択した場合

出題順序のランダム化を選択

パンダスタジオって何?

CATEGORIES Ustream, 動画配信, 新着情報by.m.nishimura1 Comments2011.01.25

忙しくなるとWebサイトの更新が放置されますよね。見かねてパンダスタジオのWebサイト(http://pandastudio.tv/)の更新をお手伝いしました。

パンダスタジオの紹介と特徴は、下記のような文章に入れ替えました。特徴を書き出してみたのですが、結構他のビデオスタジオと違う特徴があることが、私達自身でも再認識できました。

パンダスタジオ」とは、2010年10月10日10時10分にオープンした最新の設備がそろったインターネット生中継、ライブストリーミングに対応したビデオスタジオです。黒を基調にした「黒スタジオ」と白ベースの「白スタジオ」の2つのスタジオがあることから、パンダスタジオと命名されました。フルハイビションの美しい映像での配信ができるだけではなく、運営の株式会社キバンインターナショナルが作成したオリジナルのTwitterクライアントの組み合わせや、会員制の生中継、生中継番組に課金決済機能を組み合わせた有料配信など、単なるスタジオ機能だけにとどまらない番組支援の仕組みを持ったスタジオです。

▼パンダスタジオの特徴

  • フルハイビジョン対応の撮影環境。超高画質による配信が可能。
  • リアルタイムクロマキーの配信に対応
  • 登録したユーザー、会員限定のUSTREAM配信に対応した唯一のスタジオ。
  • 課金決済機能付きの有料番組の配信に対応した唯一のスタジオ。
    (参照:ナマチューケーサービス
  • 商用利用で、品質保証付きUstream配信が可能。(USTREAM Watershed対応。通常のUSTREAMは利用規約上、商用利用が禁止されています。)
  • Facebook向けのライブストリーミングに対応。Livestream for Focebook対応。
  • リアルタイムにスイッチング、エフェクト、字幕出しに対応(技術者対応)
  • オープニング、エンディングの作成に対応。番組用オリジナル効果音の作成対応可能。
  • 多言語同時通訳などの難易度の高い放送に対応(ご相談ください。)

パンダスタジオのロゴ

パンダスタジオのロゴ

第2回 SCORM技術者資格試験・講習会開催案内

第2回のSCORM技術者資格試験・講習会が開催されるそうです。申込締切は、2011年2月1日(火)となっていますが、先着20名までしか受講できないそうなので、興味のあるかたは早めに申し込みましょう。私は、講習日程周辺も函館で開発業務を行っている予定なので今回の参加は見送ることになりそうです。

駒澤大学経営学部創立40周年記念シンポジウムにて、株式会社キバンインターナショナル代表取締役社長 西村正宏がパネリストとして参加したディスカッションが『駒大経営研究』に掲載されましたので、お知らせいたします。

テーマは「経営学教育に求められるもの」。

卒業生代表2人のうちの一人としてコメント致しました(もうひとりは三菱UFJ証券株式会社常務執行役員 大石孝さま)。

▲タイトルは「駒大経営研究」。カバーつきです。

▲タイトルは「駒大経営研究」。カバーつきです。

▲豪華なハードカバー。

▲豪華なハードカバー。

▲教授陣とのパネルディスカッションが記録されています。

▲教授陣とのパネルディスカッションが記録されています。

グローバル化により、日本社会・経営環境がめまぐるしく変化するなか、経営や教育について討論することは大変意義があり、卒業生のうちのひとりとしてお声がけ頂いたことは大変光栄なことだと思います。逆に、忙しい時代だからこそ、こうした節目の大切も感じることができるのかもしれませんね。

Ustreamの人気番組、UstTodayさんに、我がキバンインターナショナルの長谷川さんが出演し、UstreamとLivestreamの違いの違いについて解説致しましたので、ご紹介致します。

▼UstTodayの録画 1時間9分頃から長谷川さん登場です。
「UstreamとLivestreamの違い」に関しては、コチラの以前こちらのブログでも紹介しておりますが、今回は、iPad上でスライドをくって説明を行いました。

個人的には、なんだか普段と違う語り口の長谷川さんがツボでした。

長谷川高士さん、登場(クリックで拡大)

iPadを使って説明(クリックで拡大)

UstTodayの皆様と夢の共演!(クリックで拡大)

わかりやすい!と評判でした(クリックで拡大)

1月22日に、宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)を搭載したH-IIBロケット2号機が種子島宇宙センターから無事打ち上げられ、24日現在も、正常に運行しているようです。このHTV(正確にはHTV2)の打ち上げ成功が嬉しくなったので、非公式に(勝手に)HTVについて紹介する資料を作成してみましたので、ご紹介します。

クリックすると再生します。

TOEIC730で足切りについて一言

CATEGORIES eラーニング, 英語学習by.yasu.tanaka31 Comments2011.01.24

武田薬品が新卒の採用条件にTOEIC730の取得を義務付けたそうです。

ネット上では賛否両論上がっているようですが、採用基準に語学能力を含めることは全く問題ないと思います。論文読むにしても、薬剤系のマニュアル読むにしても、TOEIC730点は最低限必要だと思います。今後の海外展開を考えると、社員全体の語学水準を上げておくことも必要でしょう。中堅以上の大学であれば、大学入学時にTOEICで500点程度の実力はあるはずです。大学4年間、就職活動までなら3年ほど。その間に、1000時間程度、つまり、1日1時間程度英語を勉強していれば730点ぐらいはとれるはずです。化学専攻で実験が忙しいとしても、これぐらいはなんとかなるはずです。

あ、前置きが長くなりましたが、言いたいのは1つだけです。
「既存社員も730点とってね」

現行法では、社員を解雇ためには様々な制約があり、TOEICの点数だけで簡単には首にできません。とはいうものの、せっかく新入社員に730点を課したとしても、既に入社済みの圧倒的大多数が英語を使いこなせないのでは意味がありません。入社時に1回だけ点数をとれば良い、なんていう形式的なルールではなく、中の人が継続的に学ぶという会社作りが大切なのではないでしょうか。

私は、大学卒業後に、大学院に進学し、その後キバンインターナショナルに就職したのですが、学部卒時点では710点でした。さすがにそれではまずいと思い院の2年間で英語の勉強にも取り組み、修了時には860を取得できました。就職してからはシステム開発に従事しており英語はあまり勉強できていませんが、2010年1月に935を取得しました。勉強法については、またいつか、記事にまとめるかもしれません。

軽く、自社サービスだけ紹介しておきます。
文法.com
大学入試レベルの動画講義です。大学入試以来しばらく英語から離れてしまっていた人や、そもそも大学入試をしていない人向けにちょうどよいレベルだと思います。坂木先生の授業は分かりやすいです。

WebTOEFL
TOEFLのeラーニングです。TOEICではないですが、上級(TOEIC換算で800↑ぐらい)目指すには良いサービスだと思います。TOEFL受験指導のプロ、葛山先生が、TOEFL向け教材を徹底的に解説しています。

QuizCreatorでTOEIC問題を作成してみました

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka0 Comments2011.01.24

最近、これまでにも増して、グローバル化の勢いを感じさせるニュースが増えてきたように思います。

例えば・・・

  • SONYは2013年に採用する新卒者のうち30%を外国人に。
  • 武田薬品工業が2013年春入社の新卒採用から、応募条件に英語能力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の基準を設けた
  • NTTコミュニケーションズは2012年春から従来の2倍強にあたる約20人の新卒外国人の採用(新卒採用数全体の1割に相当)。

などなど。

グローバル化といえば、英語。英語といえば、TOEIC。

ということで、プログラミング知識不要の問題作成ソフトQuizCreatorでTOEICの問題を作成してみました。以下の画像をクリックすると、問題がスタートします。

▲クリックすると問題がスタートします。(対応ブラウザ:Internet Explorer)

▲クリックすると問題がスタートします。(対応ブラウザ:Internet Explorer)

リーディングの文法問題形式ですが、実際より少し難易度が高いかもしれません。問題数は5問だけですので、腕に覚えのある方はぜひお気軽にチャレンジしてみてください!

問題終了後は、「提出」をクリックしてください。その後、画面右下の「設問リスト表示/非表示」をクリックし、問題番号を選択し「提出」をクリックすれば解説も見ることができます。

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト

『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)

30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。

http://quizcreator.jp/