40Mbps超のイーモバイルとWiMAX、実測でどちらが速いのか

いつでもどこでもeラーニングが利用できるようになるには、完全にシステムがオフライン対応版になるか、出先でも自宅やオフィスのようにブロードバンドで接続される必要があります。

出先で高速接続ができるように、常に投資を志津つけてきました。最近、私自身は、Wimax(日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R プラチナブラック PA-WM3500R(AT)Bと、DoCoMoもモバイルルータ(BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG
)を持ち歩いています。以前は、eモバイルのルーターを持ち歩いていたので、同時に3つのルーターを持ち歩いていた時期があります。

基本的には都内であれば、Wimaxで利用して、地下鉄やWiMaxが入らない地方であれば、電波のエリアが広いDoCoMoのルータを持ち歩いています。eモバイルは速度の遅さと、すぐに帯域制限がかかって使い物にならないため、最近は放置して持ち歩かず、最低料金だけを支払っていました。

ところが最近、eモバイルが、DC-HSDPA規格(下り最大:42Mbps*2、上り最大:5.8Mbps*2)に対応というD41HWを発売しており、もしかして最強のモバイル環境では、、、と気になっていました。

eモバイルの42MB対応のモバイルルーター D41HW

eモバイルの42MB対応のモバイルルーター D41HW

同じことを気にしているユーザーも居るもので、山手線の全駅で、WiMAXと、eモバイルのどちらが早いかを検証したサイトがありました。

WiMax VS. eモバイルの対決は、WiMaxの圧勝!

WiMax VS. eモバイルの対決は、WiMaxの圧勝!

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, ガジェットby.m.nishimura1 Comments2011.01.20
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。