SmartBrainで端末ごとにflashとhtmlを切り替える方法

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/

キーボードにテキストを入力するだけでクイズ問題を作成できるQuizCreator http://quizcreator.jp/

PCでアクセスした場合はFlash版、iPhoneやiPadでアクセスした場合はhtml版という風に、アクセスする端末ごとに、端末に適した表示に自動判定させることが可能ですので、その設定方法を御紹介します。

手順1.
wqcファイルをインポートします。
http://smartbrain.info/?page_id=8521

手順2.
コースに登録します(これがiPhone・iPad用になります)
http://smartbrain.info/?page_id=3378

手順3.
SmartBrainの教材内メニューの「コンテンツ追加」より、QuizCreatorでLMS向けにパブリッシュした
zipファイルをアップします。(これはFlash版=パソコン向けです)


▲起動ファイルの編集

▲ZipファイルをSCO内にアップロード

手順4.
起動ファイル編集で「パソコン向け」を「Quiz.html」にします。

▲Quiz.htmlを選択し、保存。

これでPCでアクセスした場合はFlash版、iPhoneやiPadでアクセスした場合はhtml版で学習することができます。
学習履歴はPCで学習してもiPhone・iPadで学習しても統一することができます。

SmartBrainは20ユーザまで無料でお試し頂けます。
QuizCreatorは30日間無料で全ての機能をお試し頂けます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, iPad, iPad2, iPhone, SmartBrainby.yasu.tanaka0 Comments2012.01.27
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。