タグ別アーカイブ: 資格

証明書の携帯等(抜粋)

宅建業者は、その従業者であることを証する証明書を携帯させなければ、その者をその業務に従事させてはならない。

従業者は、取引の関係者の請求があったときは、従業者証明書を提示しなければならない。

 

従業者名簿の備え付け

(1)宅建業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備え付けなければならず、取引の関係者から請求があったときはその者に閲覧させなければならない。

【従業者名簿の記載事項】

  • 氏名、住所
  • 従業者証明書番号
  • 生年月日
  • 主たる職務内容
  • 取引主任者であるか否かの別
  • この事務所の従業者となった年月日
  • この事務所の従業者でなくなった年月日

(2)従業者名簿は最終の記載をした日から10年間保存しなければならない。

 

帳簿の備え付け

(1)宅建業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引のあったつど、国土交通省令で定める事項を記載しなければならない。
※閲覧義務はない

【帳簿の記載事項】

  1. 取引の年月日
  2. 取引に係る宅地建物の所在・面積
  3. その他国土交通省令で定める事項の主なもの
    イ.取引様態の別
    ロ.取引の相手方等の氏名・住所
    ハ.取引に関与した宅建業者の称号・名称
    (個人の場合はその氏名)

(2)帳簿の閉鎖後5年間自ら売主となる新築住宅に係るものは10年間)保存しなければならない。

詳しい説明と問題演習はeラーニング宅建講座「まるで家庭教師」

宅建試験は、とにかく本試験問題をこなしていくことが大切です。

宅建講座「まるで家庭教師」では、○×クイズ、過去問の解説があり、問題の解き方を動画で抑えることができます。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

サンプル講座

サンプル1(宅建業法/用語の定義/基礎)

サンプル2(宅建業法/用語の定義/○×クイズ)

サンプル3(宅建業法/用語の定義/過去問)

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」詳細はこちら
【今すぐ購入する】

「建築物環境衛生管理技術者試験合格講座」ガイダンス

「建築物環境衛生管理技術者試験合格講座」ガイダンス

試験期日

実施日 平成29年10月1日(日)

試験地

札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市 及び 福岡市

受験願書等の配布期間と書類の提出期間

期日 平成29年5月8日(月)から同年6月15日(木)

受験票の交付

発送日 平成29年9月6日(水)

合格発表

試験の合格者の発表は、平成29年10月30日(月)午前10時に厚生労働省(東京)及び公益財団法人日本建築衛生管理教育センタ ー国家試験課において、その受験番号を掲示して行うとともに、このホームページにおいてもその番号を掲載いたします

http://www.jahmec.or.jp/kokka/ より一部抜粋(必ず直接主催者HPをご確認ください。)

建築物環境衛生管理技術を学べるeラーニングはこちら


建築物環境衛生管理技術者試験合格講座

講師:石原鉄郎(いしはらてつろう)

実務経験・知識ともに豊富な石原鉄朗氏が、合格に必要な知識を
一から丁寧に解説いたします。合格に直結する分かりやすい石原氏の
講義は大変好評です!!理系・文系の別を問うことなく、合格に必要
な知識を短期間で付けることができます。

講座詳細ページ→http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/669/289/

 

 

学習期間は、個人差がありますが、
eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」は、「でるところ」だけに絞って最低限の学習で合格できるよう考えられたもので、

これをつかって、2ヶ月で合格された方の声が、いくつか届いておりますので参考の一つにしてみてください。

学習期間2ヶ月の合格体験談

合格体験談【全くの無知で試験2か月前から勉強、そして合格】(平成28年度登録販売者試験・北海道受験)

合格体験談【2カ月で合格!! 自分の不得手なところを、何度でも勉強出来ることが良かった。】

合格体験談【私の娘は薬剤師を目指す薬大生ですので、将来一緒に仕事するのが夢です】

合格体験記【社長をしながら登録販売者に合格したコツ~試験2か月前編】

合格体験記【社長をしながら登録販売者に合格したコツ~試験2か月後編】

合格体験記【社長をしながら登録販売者に合格したコツ~試験直前 編】

eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

「eラーニング アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の詳細はこちらをクリック

「eラーニング アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の詳細はこちらをクリック


・<詳細ページ>
http://bit.ly/2dHT0Dj

・講座の動画サンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1763&sco_id=31751&package_id=812

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

「アフロ先生と学ぶ登録販売者」講座 第4章-2__許可の種類と許可行為の範囲1

「アフロ先生と学ぶ登録販売者」講座 第4章-2__許可の種類と許可行為の範囲1

———————————————————————————-
 問題
医薬品の販売業等に関する次の記述の正誤について正しい組み合わせはどれか。
———————————————————————————-
a 医薬品を業として販売、授与又は販売若しくは授与の目的での貯蔵若しくは陳列を行うには、薬局の開設又は医薬品の販売業の許可を受ける必要がある。

b 医薬品の販売業の許可については、薬局の開設許可、店舗販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。

c 薬剤師を店舗管理者とする店舗販売業では、店舗に「薬局」の名称を付すことができる。

d 一般の生活者に対して医薬品を販売することができるのは、薬局の開設許可、店舗販売業の許可、配置販売業の許可を受けた者と卸売販売業の許可を受けたもののみである。
<選択肢>
a b c d
1正正正正
2正正誤正
3誤正正誤
4正誤誤誤
5誤誤誤誤
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

———————————————————————————-
 解答
 4番
———————————————————————————-

<講座からアフロ先生の解説をピックアップ>
a 正しい。正しい文章は何度も読んで、それをまず頭に入れてから間違い探しですよ。間違ってる文章に違和感を感じるようになるまではまずは正しい文章を読んでください。

b 誤り。医薬品の販売業の許可については、薬局の開設許可、もうこの時点で嘘だって思ってくださいよ。「あっ」て、「あーでたきた間違いだ」って言う風に思ってくださいよ。はい、薬局の開設許可じゃありません。じゃあ3つなんでしたっけ。はい、店舗販売業の許可、又は卸売販売業の許可、もう一個何でしたっけ?そうですね、置き薬、配置販売の許可です。その3つです。薬局の開設許可はそこに含まれません。

c 誤り。これちょっとこの分野ではなくて次の分野の問題なんですけどね。例えばこういう風に間違った問題が一個入ってきたときも頑張って解いていきましょう。

薬剤師が店舗管理者であったとしても店舗に薬局ってつけることができません。店舗販売業では薬局の名称を付けることが実はできないんです。薬局の開設許可が無ければ薬局って名前はお店に付けることができません。ですから薬局て書いてるものはからなず薬局の開設許可を受けています。

d 誤り。卸売販売業って言うのは一般の生活者には売れないっていうそういう資格でした。

なのでマルバツバツバツ。で仮にですね、3番が分からなかったらどうなるかというとマルバツとくるのはどうなるのかっていうと、マルバツと来た時点ですでに4番が答えだって分かっちゃいますよね。

はい、ですね。なのでこういう風な感じで一問分かんなくても頑張って問題が解けるようになってくれるといいかなって言う風に思います。

 

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://bit.ly/2dHT0Dj )の
第4章「許可の種類と許可行為の範囲1」で、解説されています。

・講座の動画サンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1763&sco_id=31751&package_id=812

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

アフロ先生と学ぶ登録販売者講座 第4章 医薬部外品、化粧品、保健機能食品より

アフロ先生と学ぶ登録販売者講座 第4章 医薬部外品、化粧品、保健機能食品より

 

————————————————————
問題
医薬品等の分類や使用法に関する次の記述の正誤について、正しいものの組み合わせはどれか。
————————————————————

a 医薬部外品には、衛生害虫類(ネズミ、ハエ、蚊、のみその他これらに類する生)の防除の為に使用される製品群がある。

b 医薬品について化粧品的な効能・効果を表示・標榜することは一切できない。

c 健医薬は医薬部外品です。

d 薬用化粧品は化粧品である。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

————————————————————
正解
2番
————————————————————

<<アフロ先生の講座から解説をピックアップ!!>>

a ○。防除、医薬部外品ですね。防除用医薬部外品、特別に注意が必要なので防除用医薬部外品という記載があります。これ正しいです。

b ×。こう書かれると嘘になります。望ましくなくて基本的に表示はしないことが望ましんですけど、承認された効能・効果の場合はもちろん表示・標榜することはできます。医薬品として承認された効能・効果の場合は表示・標榜することはできますのでね、これ注意しといてください。

c ○。これはテキストの方にね表はあるんですけど、ここではまたややこしくなるんで説明はしませんけど、これ4問中わからないものが一個あっても解くって言う中の一つになるかもしれません。
建医薬、先ほどの健やかにする、何とかにする何とかにするって言う範囲には含まれなくて医薬品からシフトしてきたものなんですけど。健医薬は医薬部外品です。これ知っといてください。ここで覚えてください。健医薬。胃を健やかにする薬。健医薬は医薬部外品です。これ正しいんです。

d ×。薬用化粧品は医薬部外品です。

答えはA、Cで2番です。はい、よろしいでしょうか。化粧品、医薬部外品それぞれ区別してぜひ対比しながら覚えといてください。

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

・アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80 )の
第4章で、解説されています。

・講座の動画サンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1763&sco_id=31751&package_id=812

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/
[article_footer]

割賦販売とは:業者が月賦で販売する

解除等の制限

宅建業者は、30日以上の相当の期間を定めてその支払を書面催告し、その期間内に賦払金支払の義務が履行されないときでなければ、賦払金の支払遅延を理由として契約を解除することができない。

所有権留保の禁止

宅建業者が受領した金銭の総額が代金の10分の3以下であるとき、/買主が抵当権先取り特権の登記、保証人の設定等の措置を講ずる見込みがないとき以外は、売主である宅建業者は所有権留保をしてはならない。
売主の二重譲渡等を防ぐため。

詳しい説明と問題演習はeラーニング宅建講座「まるで家庭教師」

宅建試験は、とにかく本試験問題をこなしていくことが大切です。

宅建講座「まるで家庭教師」では、○×クイズ、過去問の解説があり、問題の解き方を動画で抑えることができます。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

サンプル講座

サンプル1(宅建業法/用語の定義/基礎)

サンプル2(宅建業法/用語の定義/○×クイズ)

サンプル3(宅建業法/用語の定義/過去問)

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」詳細はこちら
【今すぐ購入する】

宅建業者でない買主が
手付金等を宅建業者の売主に支払い、

宅建業者が倒産した場合、

物件の引渡しなく
手付金等も戻らない

→せめて手付金等は戻ってくるようにしよう
という制度。

完成物件の場合

  1. 宅地の造成又は建物に関する工事の完了前の売買で宅建業者が自ら売主となるものに関して
    →一定の保全措置を講じる必要がある
  2. 完成物件の保全措置
    1. 銀行等による連帯保証
    2. 保険事業者による保証保険
    3. 指定保管期間による保管←完成物件のみ
  3. 保全措置を講じなければならない範囲
    代金額の10%又は1000万円を超える手付金等を受領する場合
    →それを超える部分だけでなく、その全額について保全措置を講じなければならない
  4. 保全措置の不要な場合
    所有権移転の登記がなされたとき

未完成物件の場合と完成物件の場合を比較して覚えましょう
未完成物件の場合→『手付等の保全(1)

詳しい説明と問題演習はeラーニング宅建講座「まるで家庭教師」

宅建試験は、とにかく本試験問題をこなしていくことが大切です。

宅建講座「まるで家庭教師」では、○×クイズ、過去問の解説があり、問題の解き方を動画で抑えることができます。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

サンプル講座

サンプル1(宅建業法/用語の定義/基礎)

サンプル2(宅建業法/用語の定義/○×クイズ)

サンプル3(宅建業法/用語の定義/過去問)

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」詳細はこちら
【今すぐ購入する】

 

宅建業者でない買主が
手付金等を宅建業者の売主に支払い、

宅建業者が倒産した場合、

物件の引渡しなく
手付金等も戻らない

→せめて手付金等は戻ってくるようにしよう
という制度。

未完成物件の場合(要約)

  1. 宅地の造成又は建物に関する工事の完了前の売買で宅建業者が自ら売主となるものに関して
    →一定の保全措置を講じる必要がある
  2. 保全措置を講じなければならない範囲
    代金額の5%又は1000万円を超える手付金等を受領する場合
    →それを超える部分だけでなく、その全額について保全措置を講じなければならない
  3. 未完成物件の保全措置
    1. 銀行等による連帯保証
    2. 保険事業者による保証保険
  4. 保全措置の不要な場合
    所有権移転の登記がなされたとき

*保全措置を講じなければならないのは、
契約の日から物件の引渡しの日までに授受される金銭である。

詳しい説明と問題演習はeラーニング宅建講座「まるで家庭教師」

宅建試験は、とにかく本試験問題をこなしていくことが大切です。

宅建講座「まるで家庭教師」では、○×クイズ、過去問の解説があり、問題の解き方を動画で抑えることができます。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

サンプル講座

サンプル1(宅建業法/用語の定義/基礎)

サンプル2(宅建業法/用語の定義/○×クイズ)

サンプル3(宅建業法/用語の定義/過去問)

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」詳細はこちら
【今すぐ購入する】

瑕疵担保責任に関する特約の制限

瑕疵→欠点。欠陥。

宅建業者は、
自ら売主となる宅地又は建物の売買契約において、その目的物の瑕疵を担保すべき責任に関し、
担保責任を負う期間について
その目的物の引渡しの日から2年以上となる特約をする場合を除き
民法が規定するものより買主に不利となる特約をしてはならない。

民法の規定

買主は、売主に対し、
損害賠償の請求契約の解除
瑕疵を知ったときから1年以内にできる

したがって、引渡しを受けた日から、たとえば5年後でも担保責任を問うことができる。

民法の原則より不利な特約無効

物件引渡しの日から2年以上とする特約これだけは有効

詳しい説明と問題演習はeラーニング宅建講座「まるで家庭教師」

宅建試験は、とにかく本試験問題をこなしていくことが大切です。

宅建講座「まるで家庭教師」では、○×クイズ、過去問の解説があり、問題の解き方を動画で抑えることができます。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

サンプル講座

サンプル1(宅建業法/用語の定義/基礎)

サンプル2(宅建業法/用語の定義/○×クイズ)

サンプル3(宅建業法/用語の定義/過去問)

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」詳細はこちら
【今すぐ購入する】


こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

昨年より続けていることですが、キバン事務局では、受講された皆様と情報共有や励まし合い出来ればと思い、毎月応援メールを送らせていただいております

例えば、
・様々な勉強方法記憶法を中心に、
試験直前対策
試験当日の役立つアイテム心得
アフロ先生との交流会企画
等、配信させていただきました。

今後は、
「勉強している方」にとってはもちろん、

「現場で活躍するようになった方」へも

役立つ情報をお伝えできれば良いと考えております。

今回3月号は、

・勉強している方に
「第1章のおさえておきたいポイントは?」

・現場で活躍するようになった方への知識再チェックとしては、
「受診勧奨の判断に必要な事は?」

・両方の方へ
「受診勧奨について」の過去問
をお伝えしております。

勉強体験談や合格体験談・疑問・質問等、お寄せください

勉強法や現場の接客法など、
受講生・卒業して現場で活躍されている方、皆さまのリアルな声が一番の励みになります。

そこで、キバン事務局が「アフロ先生登録販売者講座」シリーズ受講した方同士で、情報共有できるような場となればよいと思っております。

勉強体験談や合格体験談、疑問、質問等、以下お問い合わせフォーム、またはFacebookのメッセージにてお声をおよせください。
是非お待ちしております。

お問い合わせフォーム
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=113

Facebook メッセージ            
https://www.facebook.com/afro.elearning/messages/
(※Facebookメッセージの送り方は以下です。ご参考ください。)
https://www.facebook.com/afro.elearning/ にアクセスし、赤枠の「メッセージを送る」をクリックする。