Ustream

Ustream配信をするソフトとして3Dスタジオをはじめとして様々な機能があるWirecast。

Wirecast

ところが、WirecastでUstreamに配信すると、まれにアーカイブ動画のブロックノイズが非常に激しいことがあります。Ustreamの生中継の動画は問題ないので、アーカイブのブロックノイズには気がつきにくいのです。

ブロックノイズの除去には、

1.Ustreamに配信する画面サイズを調整する

2.Wirecastの配信設定を調整する

3.照明

の2種類があります。

1.画面サイズの調整

Ustreamの「埋込み」をみると、608x368という大きさが提供されています。

Ustreamの埋め込みコード 608x368というちょっと不思議な大きさ

一般的にUstreamは、小さな動画を引き伸ばして表示させると荒くなってしまうことが多く、
ちょうどぴったりの大きさに出力をすることで画質の劣化を防ぐことができます。

16:9であれば、608に対応するのは342ですので、26ピクセルは再生や更新などのプレイヤー部分だと思われます。
そこで、608×342に大きさを設定します。
詳細に比較したことはありませんが、720×405, 1280×720でもきれいに配信することができます。

2. Wirecastの配信設定
Ustream配信中のブロックノイズの原因は、実に様々であるものの、典型的にはビットレートが低くなるためで、1秒間あたりの画質が低いために起こる。。

およそ500kbpsで配信ができれば、ブロックノイズなどはほとんど意識せずに配信ができます。その一方で、配信中は問題がなかったのに、配信後のアーカイブには
大幅なブロックノイズや、巻戻り、遅延が起きたということもあります。

これは配信後の動画をUstream側がRECした際のエンコードの相性ではないかと思うのですが、プロファイルを初期設定の「メイン」から「ベースライン」にするkとおで回避することができます。

一般的にメインプロファイルは、H.264圧縮する際に、ベースラインに加えて「Bフレーム、CABAC、重み付け予測などを追加」をしたものとされています。
この圧縮エンコードがなんらかの不具合を起こしているようです。エンコードは、メインが初期設定になっているので、ベースラインに変えるようにする必要があります。

3.照明

ブロックノイズは、カメラなどへの光が不足するライブハウスや、地下などでよく起こります。
極論をいえばこうした場所でのブロックノイズは演出上仕方のない部分もあり、そうでない会場での場合はなるべくライトをつけましょうということになります。

プロジェクタでPPTなどを映している場合は、思い切ってバックライトがつく大きめの液晶を購入するのも一つの手です。

パンダスタジオでは、以前から「Ustreamも、ニコニコ生放送もやりたい」というお問い合わせがあり、
Ustreamとニコニコ生放送両方に対応できるようになりました。

Ustreamは配信の際には無料で作成できる配信アカウントがあれば利用可能ですが、ニコニコ生放送の場合は、お客様が月額525円のプレミアム会員である必要があります。
また、配信の放送枠についてはあらかじめ予約を基本として、延長などについてはお客様側で設定をお願いします。

また、Ustreamとニコ生の同時配信を行う場合、Ustreamを高画質(600k)、ニコ生を標準画質(384k)で分けて配信することができます。(Ustreamでマルチストリームを同時に行う場合はご相談ください)

ニコニコ生放送の例

ご予約のお問い合わせはこちらから

Words of Loveは、東京都によるAIDS/HIVの理解促進キャンペーン。

全四回にわたって行われたUstream配信の総まとめのイベントを、渋谷のライブハウスBOXXから配信しました。

Words of Love の配信をSHIBUYA BOXXから行いました。

今回は、いつもの「パンダスタジオ」ではなく、ライブハウスからの中継を行いました。
スタジオの都合上、1カメでの配信とのことで、HDカメラでの配信を行いました。

ソーシャルストリーム上では、音質・画質が非常にいいとつぶやいていただき、光栄でした!

ダイノジさんをはじめ、多くのアーティストが参加しました。

1カメでのセットアップ。カメラはテーブルにおき、その隣にPC。シンプルな構成です。

1カメでの配信というと、どうしても「だだもれ」的な静止画になってしまうので、足元に台座を置いて配信確立後はワンカメショーの形式で行いました。

アーカイブの公開はないそうで残念ですが、素晴らしいイベントでした。

パンダスタジオでは、Ustreamの配信を行うスタジオや、外部での配信を行なっています。
お問い合わせはこちらから

アマチアス女子会のみなさん。

埼玉女子会「アマチアス」のUstream配信をお手伝いしてきました。
昨日はパンダスタジオ大宮の完成即柿落とし配信で、慌ただしい中、協力をしに伺いました。

埼玉女子会x地域情報番組「アマチアス」の準備中。

初回と、第二回はパンダスタジオブラックで配信を行なっており、今回が大宮スタジオの初回配信でした。
配信は、今回からVR-5を使った配信になりました。

昨日のInterBEEの模様が、PRONEWS TV Live! のUstreamで紹介されておりました。キバンインターナショナルのSmartCaster Trikeも紹介されております。

 

取材を受ける長谷川さん。

 

SmartCaster Trike は 世界一小さな中継車 です。

 

Cerevo社のLiveShellも紹介されておりました。

 

カメラを繋ぐだけで、簡単にUstream配信が可能です。LiveShell

 

PRONEWS TV Live! 2011 2011/11/16 06:49

http://ustre.am/:1fPsp


SmartCaster Trike についての詳細は、以下のURLを参照頂くか、直接Inter BEE 2011のローランド様ブースまでお越しください。

キバンインターナショナル開発の世界一小さな中継車 SmartCaster TrikeをInter BEEで展示
http://blog.elearning.co.jp/archives/27345.php

 


「あまちあーすっ」と次々に叫びながら進んでいく女子5人の番組アマチアスは、埼玉の地域情報番組。
非常にテンポ良く進んでいくので、あっという間に感じられます。

内容も地域紹介やロケなど興味深い、面白い番組になりました。

収録はパンダスタジオで行いましたが、カメラマン・スイッチャー/ポンダシ・シナリオ進行・出演者への合図などはエクシム(株)の皆様が担当していただきました。今回がスタッフ初体験という方もいらっしゃったため、パンダスタジオで全面バックアップをして配信に臨みました。
また来週17日(木)にもありますので、ぜひご覧ください。Ustreamで「アマチアス」で検索してください。

パンダスタジオのご利用、お問い合わせはこちらから

パンダスタジオから、就活応援ソング2013を配信しました。
このイベントは、シンガーソングライターの尾飛良幸さん、MCに初原千絵さん、就職活動を経験した学生さんを加えての「はめソン」という企画で、その場でどんどん歌の歌詞を作っていくというものです。

配信チームは、コーディネーターにヒマナイヌの川井拓也さん、スイッチャーに小寺信良さん、カメラマンに岡英史さん、中村耕平さん、配信はパンダスタジオと豪華メンバーでした。

パンダスタジオでは、生中継の配信や、eラーニングの収録が可能です。

パンダスタジオのご利用、お問い合わせはこちらから

TEDとは、Technology, Entertainment, Design の様々な分野からの講演者が18分ずつ講演をするというイベントで、アメリカで始まったものが現在は日本でも各地で行われています。
キバンインターナショナルでは、2011年10月24日に行われたTEDxSeedsのイベントを生中継・収録に協力を行いました。

その中の一つ、東京消防庁ハイパーレスキューの佐藤康雄さんの講演をご覧ください。

このなかにでてくる、会見の様子も記載します。

 

10月22日に、TEDxSeedsの撮影・収録・配信をお手伝いしましたが、横浜赤レンガ倉庫を借り、非常に大規模なイベントであり収録でした。その際の機材の選定や構成が何かの役に立てばと思い、ここに改めて情報を公開します。

TEDxSeedsの配信機材のラックの構成

TEDxSeedsの配信では、2名で前日設定で、フルハイビジョンカメラ5台、センターディスプレイ用にフルハイビジョン出力可能なPCの出力3系統を収録・配信するだけではなく、センターディスプレイに3系統の出力も、私たちの機材で担当をすることになったために、19インチラック12Uの中に、すべて配置、配線、結線をして、横浜赤レンが倉庫に運搬し、キャスター付きのこのラックを設置し、カメラやPCを接続すれば良い状態で持ち込んだ。そのため、約1時間程度の設置時間で準備が完了し、後は、カメラをつなぐだけというスピードで準備ができた。この規模のUSTREAM配信をされる際の参考になればと思い、機材構成、ラックの中の構成を全部紹介します。

TEDxSeeds様配信・収録機材のラックケース内の機材について

1U:パワーサプライ(1500VA)ClasicPRO PDM/LII

3U:プレビューモニター:BlackmagicDesign SmatViewDuo

1U: ヘッドフォンアンプ(モニター用ヘッドフォン分岐用) BEHRINGER HA8000 Powerplay Pro-8

2U:デジタルサウンドミキサー MOTU 896mk3 Hybrid

1U:デジタルビデオハブ BlackmagicDesign SmatViewHUB

2U:ビデオスイッチャー BlackmagicDesign ATEM 1M/E

1U:ビデオコンバータ BlackmagicDesign Broadcast Converter

1U:ギガビットインテリジェントハブNETGEAR JGS516v2

合計12U

荷物の運び込みの様子

荷物の多くが配線用のBNCケーブルやキャノンケーブル、インカムセット(8台)などであるが、台車2台(うち前方は、上に紹介した19インチラック)と、非常にコンパクトにまとめることができた。

TEDxSeedsの配線図

当日、予期しない変更が発生した場合でも、Blackmagic Design社のSmart Video Hubで接続先、出力先などを変更すればよい様に、Smart Video Hubでは、いろいろな自体を想定して、設定変更、接続変更も吸収できるように設計をした。また、ATOMOS社のSAMURAIの出荷開始が遅れることが想定されたため、Smart Video Hubからの出力のHD-SDIを、HDMIに変換し、バックアップをNINJA2台で採れるよう、SDI to HDMIのコンバータを1つ予備を事前に購入した。実際に、SAMURAIは発売が延期につぐ延期のため、NINJA2台体制で収録、バックアップに臨んだ。

TEDxSeedsの映像収録、USTREAM配信の機材配線図・機材構成図

TEDxSeedsの映像収録、USTREAM配信の機材配線図・機材構成図

TEDxSeedsのセンターディスプレイのコントロールのシステム

プロジェクターと画面投影用のコントローラのスパイダーは、KOWAさんからレンタルし、スパイダー側もKOWAさんの技術者が担当された。

TEDxSeedsのセンターディスプレイのコントロールのシステム

TEDxSeedsのセンターディスプレイのコントロールのシステム

いくつか新規事業の強化を考えています。これまでの起業経験、事業を始めた経験から、どれも非常に高い可能性があると信じています。

震災地を「助けあいジャパン」のボランティアでお手伝いしたことが、この製品を開発する大きな契機となっています。

世界一小さな中継車 SmartCasterを商品化します

TOYOTAのテレビCM(http://chargethefuture.jp/ranger/)にも登場させていただきましたが、ハイブリッド車の電源だけで、ハイビジョンカメラの撮影、中継ができるようになっています。
TOYOTAのCMに登場するのは、KiBANで開発した6Uサイズの中継セットで、8台のハイビジョンカメラ、12本のマイクを1箇所に接続し、収録したり中継をすることができます。
実際にこのセットで、消費電力は、350W(3.5A)程度。TOYOTAのエスティマハイブリッドは、15Aまで供給できますので、余裕で撮影中継ができます。

車載で動作する省電力、コンパクトな中継セットは、学校での利用や、会社会議室での利用でも十分威力を発揮すると考えています。
「助けあいジャパン」(TOYOTAエスティマハイブリッド)に搭載したものを改良し、更に小さくしパッケージ化して商品化を考えています。

SmartCasterという商品名で、デモ用の中継車も用意して貸出をする予定です。