コンテンツの作り方

皆さん、こんにちは。株式会社キバンインターナショナルの蔡(チェ)です。いつも、皆様の暖かいご支援いただきましてお陰様で、無事に第一週間目の授業が終わりました。何日間の徹夜と同級生同士での情報共有により、今は問題なく順調に課題も期間内に提出しております。(泣き、、、OTL)

今回、ご紹介したい内容は、前回に続いて、eラーニング授業内の画面構成についてです。まず、学習画面の構成ですが、各科目に入りますと以下の画面が表示され、「学習目次」・「学習を始める前に」・「学習内容と目標」・「主な用語説明」などが確認できます。

学習画面の構成について


「学習を始める前に」で、前回の内容や今回の学習目標が確認できましたら、本講義へ移動します。

メイン学習画面:動画とスライド01

メイン学習画面:動画とスライド02


「本講義の画面」は、「動画とスライドの組み合わせと構成」されていますが、「動画とスライド01」と「動画とスライド02」にわかるように、動画とスライドの切り替え設定が可能です。動画部分が先生のみで固定している場合にはあまり活用がないですが、実験などの拡大が必要な動画に関しては、役に立つ思います。そして、高機能な教材作成ツール、LectureMAKERでは、「動画とスライドが同期化」されたコンテンツが簡単に作成可能です。(http://lecturemaker.jp/)

目次ボタン


「目次ボタン」では、学習中の教材の一覧が確認できますが、ここで、ひとつびっくりしたのが、各目次に対し、○○:○○秒のように表示されることです。まず、時間の「分と秒」を表示することで学習側の都合に合わせて、学習を進めることが可能です。そして、上記の画像でもわかるようにSCO単位の再生時間は、例外のスライドを除き殆ど10分以内に収まるような設計で作られていることも確認できます。

学習まとめ


「学習のまとめ」では、本コースでの内容をまとめます。講義内で使われた資料もダウンロード可能です。

課題について


課題ですね。実は、思ったよりは結構キツイですが、まだ始まったばかりですので、頑張ります。今週は、韓国語の論文が無く、英文の論文がなんと3つです。分析し、相互比較するのが課題でした。課題ですが、前回(http://blog.elearning.co.jp/archives/17780.php)ご紹介しました「課題提出欄」に投稿し、ファイルを添付する形式となります。

Term projectについて


また、最後に本コースの一番華となる「Term project」です。「Team」ではなく「Term」ですので、もちろん一人で、期間内にひとつの論文を書くこととなります。ここで、もう一度、eラーニング大学院の壁を感じます。でも、最後まで頑張りますので、よろしくお願いいたします。

そして、最後に、「皆様もeラーニングの学習をはじめませんか?」
▼ユーザー数を20名(同時接続2名)までに限定して、すべての機能を無料で利用可能なSmartBrain(http://smartbrain.info/)をご提供しています。
お問い合わせは、こちらへ(http://smartbrain.info/?page_id=1290)。

▼社会人のためのやり直し英語講座は、こちらへ(http://bunpou.com/)。
【無料体験はこちら】 ⇒ http://bunpou.com/?page_id=6

キバンインターナショナルパンダスタジオで、クロマキーだけでなくバーチャル3Dスタジオセットを使うことができるようになりました。
この3Dスタジオをきれいに作るために、、フルハイビジョン機材とクロマキー合成を駆使しています。

パンダスタジオの特徴

機材がフルハイビジョンであること
これまでのスタンダード画質のカメラに比べて、より鮮明な画像で配信・録画することができます。
その差は圧倒的で、仮にそのあとスタンダード画質と同じ品質に落としても差がわかるほどです。

フルハイビジョンをつかったクロマキー合成
背景に青い幕を使い、青の部分と別の画面を合成して、人などが画面の中に入り込んだような画像を作ることができます。
これが非常にきれいにできるのも、ハイビジョンで合成をしているからです。

3Dバーチャルスタジオ
3Dスタジオセットで、まるでテレビのニュースキャスターのように仮想空間で講義などを行うことができます。
これも、フルハイビジョン、クロマキー合成ができるからなのですが、3Dスタジオではカメラを動かすことなくカメラアングルを変えることができます。

実際にこちらの画像でご覧ください。実際の撮影画像と比べたり、注意するべきことも知ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=iWjSZiEf354

Ustreamを使った会社説明会、オンラインセミナーなどでこの3Dスタジオを使ってみたいという方は、パンダスタジオにお問い合わせください。

http://pandastudio.tv

パンダスタジオでは、USTREAMの配信や、Livestreaming for Facebookなど、生中継用のスタジオとして利用される方が多いのですが、公開されていないだけで、実は、大半の利用は、eラーニングコンテンツの撮影に利用されています。

サンプル撮影段階ですが、公開しても良いとのことでしたので、パンダスタジオでクロマキー合成でどのような教材が撮影できるのか紹介いたします。

講師の方は、ブルーバックの前に立って講義をされています。手元には、23インチの小型電子黒板が設置されており、そのスライドに書き込んだ内容が、講師の背景に合成されます。
講師の方は、正面の65インチプレビューモニターに合成された映像を見ながら、撮影を進めることができます。

Youtubeにアップされた画像は、圧縮され画質が劣化していますが、もと画像は、ハイビジョンによる撮影が行われています。

パンダスタジオは、業務提携をした企業と共同でeラーニングコンテンツの開発を行っております。今夏から大量にコンテンツがリリースされる予定です。本日は、教材の試験撮影したものを公開しましたが、お持ちのコンテンツをeラーニング化することに興味のある方は、是非、お問い合わせください。

LectureMAKERの機能や使い方が一目でわかる「LectureMAKERを学ぶ講座」の「Part 3. オブジェクトを挿入する」(http://lecturemaker.jp/?page_id=3449)コンテンツを公開いたします。

現在、Webページに公開されている教材は、LectureMAKERの全機能が楽しめる「ビューア形式」の教材で作成した動画教材とFlashPlayerがインストールされている環境であればそのまま、再生可能な「Flash形式」のコンテンツで両方公開しております。

さらに、LectureMAKER実行ファイルである「.lme」ファイルと「.mp4」動画ファイルも公開しておりますので、是非、ダウンロードして教材を作成する際にもご参照いただければと思います。

「LectureMAKERを学ぶ講座」(http://lecturemaker.jp/?page_id=3449)は、以下の手順でご確認できます。

1.「製品概要」をクリックします。
2.LectureMAKERを学ぶ講座をクリックします。
3.公開されたコンテンツは、左側が「Flash形式教材」、右側が「ビューア形式教材」となります。


Part 3. オブジェクトを挿入する

[ダウンロード:Part 3.zip (35.2MB)] [ダウンロード:MP4動画(32.2MB)]

1. マスタスライドの設定

2. 画像の挿入/アニメーション効果設定

3. 音声の設定/進行ボタンの挿入

4. 完成したコンテンツの実行

Part 3. オブジェクトを挿入する
Part 3. Flash形式教材(クリックで再生)
Part 3. 動画形式教材(クリックで再生)

今後とも、LectureMAKERをどうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●LectureMAKER
URL:http://lecturemaker.jp/
価格:
99,750円(サポート無ライセンス)
152,250円(1年間サポート付ライセンス)
※サポート付ライセンスでは、教材の作成方法などについても親切丁寧にサポートいたします。

●販売方法
現在は、LectureMAKER専用サイト(http://lecturemaker.jp/ )にてご購入方法をご案内いたします。
見積もり依頼、購入、お問い合わせもWebから簡単に行うことができます。

USTREAMで生中継をする際、音声のデータを2分岐させたいことがあります。

私達の場合、効果音のポン出し機として、サンプラー SP-404SXを導入しましたが、この音を複数に分岐する必要が出てきました。PLANEX ステレオミニプラグアダプタ PL-SMP1J2でヘッドフォンからの出力を分岐する方法もあったのですが、ヘッドフォンからの出力は、ヘッドフォンのボリュームにあわせて、出力レベルが高低するため、音声レベルが一定であるライン出力を4分岐することにしました。高価な機械が必要かとおもっていたのですが、定価で1万円程度、売価であrば、5000円ちょっとの機械で、4分岐ができることがわかりましたので、早速スタジオに常備することにしました。マスプロ AVコマンダー AV4分配器 入力1出力4タイプ VSP4を購入しました。

この機械で4分岐した効果音は、最近、パンダスタジオ(http://pandastudio.tv/)で取り組んでいる、Ustreamを利用した多言語放送、同時通訳による生中継用に、効果音を各国の言葉用に分岐するために利用されています。

 

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

今回のeラーニング導入こぼれ話バックナンバーは、「eラーニング教材作成のポイント」。とてもお役に立つ内容ですので、ぜひご覧下さい。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年2月10日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0025

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は、みなさまから本当によく頂くご質問「どんなeラーニング教材がよい教材なの?」についてお話いたします。

▲「eラーニング教材作成のポイント」をお届けします。

▲「eラーニング教材作成のポイント」をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. どんな教材がよい教材?
2. ガニエの9教授事象
3. 教材作成5つのポイント
4. パワポで教材をつくるコツ
5. 動画教材で作るコツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●eラーニング先進国、韓国オンライン大学で採用の高機能教材作成
『Lecture MAKER』・・・99,750円(税込)最新版アップデート!
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://lecturemaker.jp/?arigatou20110210

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】eラーニング教材作成のポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▲講師はeラーニング支援部 中村央理雄です

▲講師はeラーニング支援部 中村央理雄です

●どんな教材がよい教材?

そもそも、よい教材とは何でしょうか?

よい教材とは考えを相手に伝えるものです。伝わらない教材では、学習効果が得られません。

しかし、ただ伝わるというだけでは不十分です。

学習者が、学んだことを実践、行動に移してくれないと意味がありません。

これができてはじめて、よい教材ということができます。これからその方法を説明して参ります。

●ガニエの9教授事象

「ガニエの9教授事象」をご存知でしょうか?

これは、研修プログラムなどをつくりこむ際に押さえるべき、9つの事柄です。その9番目に「保持と転移を高める」というのがあり、今回のお話はこれに当たります。

※参考「ガニエの9教授事象」
1.学習者の注意を獲得する
2.授業の目標を知らせる
3.前提条件を思い出させる
4.新しい事項を提示する
5.学習の指針を与える
6.練習の機会をつくる
7.フィードバックを与える
8.学習の成果を評価する
9.保持と転移を高める

●ポイント1:誰に何を伝えたいのか?

まず、教材を作る立場になった場合。
前提として重要なことがあります。

それは、

・伝えたいことは何か?
・誰に伝えるのか?

を明確にするということです。

ここをハッキリ思い描くことができないと、教材のコンセプトにブレができてしまいます。ブレたものは伝わりません。作成前に、ハッキリと決めておきましょう。

●ポイント2:学習時間10分程度以内

▲eラーニング教材コンテンツの時間は10分以内に。

▲eラーニング教材コンテンツの時間は10分以内に。

eラーニング教材では、学習の一区切りをなるべく10分以内におさめましょう。

なぜならば、eラーニングは

・就業時間のうちに学習を行うことが多い。
・よって、学習に専念できる環境ではない。

からです。

職場で勉強していれば、途中で電話もかかってきたり、話かけられたりします。つまり、いろいろな妨げが入るというわけです。

その為、細切れ時間の有効活用がポイントになります。すなわち、10分以内程度の学習単位で教材を作成することが大切になってきます。

学習者からすると、「10分でも長い!」という声も多くきかれますので、集中が途切れないように配慮することが推奨されます。それが、次のポイント、「一枚のスライドの内容を絞る」です。

●ポイント3:一枚のスライドの内容を絞る

教材で使うPowerPointのスライドの1枚の中身は、コンパクトにまとめましょう。これは鉄則です。

スッキリと見やすいスライドであれば、学習者に余計なストレスをかけることもありません。

ところが、もし、1枚のスライドの説明が長いと、

・スライドがごちゃごちゃする
・見にくい
・飽きる

という事態が発生してしまいます。こうなると、学習意欲自体がそがれてしまいます。スライドにたくさん詰め込んだ割りに、何も覚えてもらえません。

スライドはスッキリ、簡潔に。これを徹底しましょう。

●ポイント4:音声は自信を持ってはっきりと

「何を言っているか聞き取りにくい」。これもまた、学習を妨げる要因です。

もちろん、講師の話し方にもよるのですが、それ以前に、よくやってしまいがちな失敗がありますのでご紹介しましょう。

それは、パソコン内臓のマイクを使用してしまうこと。これではあまりクリアな音声は期待できません。

音声をはっきりと収録するコツは、ヘッドセットを使用することです。

ピンジャック接続タイプのものよりも、USB接続タイプのものの方が格段に音声がクリアです。家電店に行けば2~3千円で購入できますので、入手しましょう。

講師は、テンポよくリズミカルに話すことをこころがけましょう。

●ポイント5:簡単なまとめとテストが有効

良い教材は、インプット、アウトプット、両方ができるものです。

覚えるための教材とテストの為の教材、セットで実施するのです。

なぜならば、テストを解くという行為をすることで、反復学習の効果が得られます。

インプットした際に覚えた知識を、自分で考えてアウトプットをする。反復することで、記憶の定着もいっそう確実なものになります。

●パワポで教材をつくるコツ・動画教材を作るコツ

今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。さらに、メールマガジンではご紹介できなかった、「パワポで教材をつくるコツ」「動画教材を作るコツ」も収録されています。

自ら数多くのプレゼンをし、資料も自ら作成している株式会社キバンインターナショナル中村央理雄が講師です。復習テストもご用意しています。ぜひご覧下さい。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニング教材作成のポイント」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び方は人それぞれかとは思いますが、どんな世界にも基本原則というものはあるものです。せっかく時間もお金もかけるのであれば、基本を押さえた上で応用したいものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

皆さん、こんにちは。株式会社キバンインターナショナルの蔡(チェ)です。
LectureMAKERの機能や使い方が一目でわかる「LectureMAKERを学ぶ講座」の「Part 2. LectureMAKER 基本機能の学び」(http://lecturemaker.jp/?page_id=3449)コンテンツを公開いたします。

現在、Webページに公開されている教材は、LectureMAKERの全機能が楽しめる「ビューア形式」の教材で作成した動画教材とFlashPlayerがインストールされている環境であればそのまま、再生可能な「Flash形式」のコンテンツで両方公開しております。

さらに、LectureMAKER実行ファイルである「.lme」ファイルと「.mp4」動画ファイルも公開しておりますので、是非、ダウンロードして教材を作成する際にもご参照いただければと思います。

「LectureMAKERを学ぶ講座」(http://lecturemaker.jp/?page_id=3449)は、以下の手順でご確認できます。

1.「製品概要」をクリックします。
2.LectureMAKERを学ぶ講座をクリックします。
3.公開されたコンテンツは、左側が「Flash形式教材」、右側が「ビューア形式教材」となります。

Part 2. LectureMAKER 基本機能の学び

[ダウンロード:Part 2.zip (41.7MB)] [ダウンロード:MP4動画(38.7MB)]

1. LectureMAKER始める

2.スライドデザイン設定

3.オブジェクトの挿入例

4.ボタン設定を理解する

Part 2. LectureMAKER 基本機能の学び
Part 2. Flash形式教材(クリックで再生)
Part 2. 動画形式教材(クリックで再生)

今後とも、LectureMAKERをどうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●LectureMAKER
URL:http://lecturemaker.jp/
価格:
99,750円(サポート無ライセンス)
152,250円(1年間サポート付ライセンス)
※サポート付ライセンスでは、教材の作成方法などについても親切丁寧にサポートいたします。

●販売方法
現在は、LectureMAKER専用サイト(http://lecturemaker.jp/ )にてご購入方法をご案内いたします。
見積もり依頼、購入、お問い合わせもWebから簡単に行うことができます。

パンダスタジオのロビーの本棚が半分まで完成!高さは倍になる予定です。スタジオの入っているセイコービルは、築47年の古いビルで、エレベータもありません。階段を上がって2階にくると、エントランスには、小山大蔵さんのお花とシャンデリア。奥にロビーが見えるようになっています。エントランスでインパクトを出したかったので、色々な工夫をしています。

エントランスに一番近いところに、パンダ専用の棚を設置しました。世界のパンダたち。結構顔が違います。日本、韓国、中国、マレーシア、アメリカ、フランス出身のパンダが飾られていて、みんな顔が違って個性があって、面白いです。

週明けには、天井の高さまで、本棚を増強、耐震対策をした後に、本をバックヤードから写す予定です。道路に面した壁面を全部本棚にすることで、防音効果が、凄く上がることも期待しています。完全に作業が終わらなかったのですが、途中経過を写真を交えて、発表しておきます。

パンダスタジオのロビーの本棚が半分まで完成!(高さは倍になる予定)

▲パンダスタジオのロビーの本棚が半分まで完成!(高さは倍になる予定)

変更前の写真を参考に貼り付けておきます。本棚が一部しかないのと、色が黒のため、重く暗い感じでしたので、本棚を白にしてあがるくなりました。

棚の色が違うだけで、重く暗い雰囲気

▲棚の色が違うだけで、重く暗い雰囲気

エントランスには、小山大蔵さんのお花。奥にロビー。

▲エントランスには、小山大蔵さんのお花。奥にロビー。

エントランスに一番近いところに、パンダ専用の棚を設置

▲エントランスに一番近いところに、パンダ専用の棚を設置

世界のパンダたち。結構顔が違います。コレクションの一部。

▲世界のパンダたち。結構顔が違います。コレクションの一部。

お花模様の影絵がとても雰囲気を作ってくれています

▲お花模様の影絵がとても雰囲気を作ってくれています

道路に面した壁面を全部本棚にすることで、防音効果が、凄く上がる予定です。

▲道路に面した壁面を全部本棚にすることで、防音効果が、凄く上がる予定です。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

Ustream対応スタジオ、Livestreaming for Facebookの配信対応のパンダスタジオで本格的な生中継番組を放送するようになり、まず手をつけたのが、フルハイビジョンのカメラ、フルハイビジョン対応のスイッチャーにして、画質を上げることでした。

現在、改善に着手しているのは、音に関することです。出演者に、マイク複数本をミキシングした音、効果音が入ったもの、オープニング、エンディングなどの音を、モニターできるように準備をしています。

ミキサーから、各出演者にテーブルで4分岐させるように、 BEHRINGER AMP800 MiniAMP (AMP800) ステレオヘッドホンアンプ、4chを注文したのですが、現在品切れ中で、入手可能かどうか不明という回答でした。値段も5,200円(税込)と、非常に安価で、音声レベルも目視で確認できますし、何とか入手して、出演者に音を返せるようにしたいと思います。

BEHRINGER ( ベリンガー ) / AMP800 MiniAMP フロントパネル

▲BEHRINGER ( ベリンガー ) / AMP800 MiniAMP フロントパネル

BEHRINGER ( ベリンガー ) / AMP800 MiniAMP リアパネル

▲BEHRINGER ( ベリンガー ) / AMP800 MiniAMP リアパネル

サウンドハウス、インターネットショップで、ほとんどのお店で品切れであっため、いったん、BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA8000 Powerplay Pro-8(16,900円(税込)を、いったん注文しました。

BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA8000 Powerplay Pro-8

▲BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA8000 Powerplay Pro-8

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

パンダスタジオのロビーを新しい照明に変更しました。

80センチもある大きな照明器具が2つ付いています。これまでの蛍光灯、LEDの照明は外し、すこし、薄暗い「大人の雰囲気」のロビーになっています。

パンダスタジオのロビー(赤スタ)の照明器具が新しくなりました

▲パンダスタジオのロビー(赤スタ)の照明器具が新しくなりました

生中継の出演の方の待合室としても利用できるように、80インチスクリーンで放送の様子を確認いただけるようにしました。

奥のソファーからは、収録、生中継中の番組を、スクリーンに映して御覧いただけるようにしました

▲奥のソファーからは、収録、生中継中の番組を、スクリーンに映して御覧いただけるようにしました

画面右側の本棚は、場所の入れ替えになります。今週中に3メートルを超える本棚に、新しく変更します。海外の図書館は、上の方の本は、ハシゴで、取り出すようになっています。パンダスタジオのライブラリーも同じ形で、ハシゴ付きの本棚で、天井まで見上げるような高さの本棚になります。

現在は、変更前の棚ですが、プレゼントに頂いたり、スタッフが海外出張にいくたびに購入してきたパンダのぬいぐるみが飾ってあります。

ロビーの右の本棚には、世界中で購入したパンダの「ぬいぐるみ」が飾ってあります。

▲ロビーの右の本棚には、世界中で購入したパンダの「ぬいぐるみ」が飾ってあります。

スタジオ内が、非常に明るいので、薄暗い雰囲気のところから、明るいスタジオ、ステージに上がるイメージにしたかったのです。まっている間に、いい緊張感を感じられればいいなとおもっています。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv