タグ別アーカイブ: PPT2Flash

すこしでも便利にしたい、そんな思いで日々更新。いま、ひっそり、こっそり、代引き(代金引換)で、オーサリングツールを購入できるようにしました。代引開始キャンペーンで、送料も代引き手数料も無料です。(システム的に追加する時間が無かったというのが、正直なところ。)

これで、支払い方法は、

  1. クレジットカード払い(PayPal)
  2. 請求書支払 (銀行振込)
  3. 代引き(代金引換)

の3種類になりました。PayPal(クレジットカード番号を入れればOK)なのですが、根強い抵抗感があるようで、違うカード課金の方法も追加予定です。支払いが面倒で、つい後回し、、、、、とせず、ポッチと簡単に購入して頂けるように改良をしていきたいと思います。

▲支払い方法に、代引(代金引換)を追加

◆PPT2Flash Professional
⇒ http://ppt2flash.jp/
◆QuizCreator
⇒ http://quizcreator.jp/
◆DemoCreator
⇒ http://democreator.jp/
◆WebVideo Author
⇒ http://webvideoauthor.jp/
◆PPT2Mobile
⇒ http://ppt2mobile.jp/
◆LectureMAKERR
⇒ http://lecturemaker.jp/
◆PPT2Voice
http://ppt2voice.jp/

PPT2VOICEの商用ライセンスの詳細が決定

CATEGORIES 未分類by.m.nishimura0 Comments2010.08.11

PPT2VOICEというパッケージを販売しています。

音声合成ソフト(ボイスソムリエ)と、PPT2Flash Professional、PPT2Mobileがセットになった製品です。

音声合成ソフトの提供元の日立ビジネスソリューション株式会社様から、非商用、自社内での利用に特化して、圧倒的な低価格によるライセンス提供をうけて参りました。非商用に限定することで、安価なパッケージを実現したのですが、多くのお客様から商用利用のライセンス価格のお問い合わせをいただきました。

都度、利用条件を聞き、ライセンス料を日立ビジネスソリューション株式会社様から提示いただいたのですが、高価すぎて、とてもお客様に提供できる価格ではありませんでした。また、ライセンス料金の計算方式が複雑で、非常に分かりづらいものとなっていました。

上記3点について、相談して参りましたが、このたび3点について、商用ライセンスの価格、ライセンスについての基準ができましたのでご紹介します。

商用ライセンスの価格

PPT2Voice 本体の代金       168,000円(税込)
年間商用利用ライセンス料金*1   315,000円(税込)
合計                  483,000円 となります。

・年間商用利用ライセンス料金*1ですが、年間ライセンスですので、次年度以降も更新が必要になります。
・価格を抑えるために、1年間有効の年間ライセンスですが、利用月を4ヶ月申請する方式になっています。

商用ライセンスとは

商用・非商用の区別は、端的にいうと、購入者が自分たちだけで使うのか、第三者にも提供するのか、ということになります。
(第三者とは、自社以外とほぼ同義なので、グループ会社に提供も第三者扱いとなります。)

・コンテンツを販売する事業者の方は、この商用ライセンスが必要になります。
・子会社が親会社の依頼を受け、コンテンツを作成する場合も、金銭の授受にかかわらず、第3者への提供となり、商用ライセンスが必要となります。
・官公庁、公共機関、学会などが、国民、市民、会員に提供する場合も、第3者提供の提供となり、商用ライセンスが必要となります。

商用ライセンスの違い

非商用・商用についての機能的な違いですが、商用版のみの特典として、商用版は、内蔵されている音声が5種類(女声3種類、男声2種類)に増えています。(非商用版は男声1種、女声1種)。その他は、非商用版で利用出来る機能はすべて、商用版でご利用可能です。

これまで非商用のライセンスを購入されたお客様が、商用ライセンスを購入された場合、音声が5種類に増えた新しいパッケージを再発送いたします。

年間ライセンス(4ヶ月間の使用制限について)

・また、商用版は、ライセンス上、4ヶ月の使用許諾となっております。
・1年のうち、利用期間が4ヶ月を超過する場合、追加ライセンスのご購入をお願い致します。
・4ヶ月の使用制限は、ライセンス上の規約となっておりますので、機能上に制限がかかることはありません。ご購入後、御社内で適切に管理いただければ幸いです。

e-Learning WORLD 2.0に向けて、約50ページ(おそらく50ページ前後になります。)のパンフレットを作っています。

パンフレットの表紙が決定しましたので、紹介します。

eラーニング総合パンフレットの表紙には、歴史上の名言と、イラストを採用しました。

明日死ぬつもりで生きなさい。永遠に生きるつもりで学びなさい。 Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever. マハトマ・ガンジー

明日死ぬつもりで生きなさい。永遠に生きるつもりで学びなさい。
Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever. マハトマ・ガンジー

という有名な言葉を表紙にしました。私たちの気持ちも同じですが、日常の忙しさに、ついこの気持ちを忘れがちです。この名言のような気持ちで、真摯に仕事に取り組み、コツコツと学びを続けていきたいと思います。Youtubeにガンジーの名言をまとめたビデオがありましたので、下記に紹介します。

PowerPoint2007の場合は、Powerpointを起動して、左上の「Microsoft Office」アイコンをクリックし、
ドロップダウンリスト下部の「PowerPointオプション」を選択してください。

「PowerPointオプション」ウィンドウが開かれたら、「Add-Ins」の欄をクリックし、
右側のウィンドウの「add-ins」リストを確認します。

「Manage」バーの横の矢印をクリックし、 「利用できないアイテム」を指し、Go…」を押すと
Disabled Items ダイアログボックスが表示され、利用できないアイテムの一覧が出てきます。
もしPPT2Flash Addinが含まれているなら、それを反転させてから「利用可能にする」をクリックして下さい。

*設定:「Officeボタン」-「PowerPointオプション」に入っていただいて、
     「アドイン」-「管理」-「使用できないアイテム」-「設定」で、
     「PPT2Flash Professional」を選んで、「有効にする」にチェックし、PowerPointを再起動してください。


PowerPointオプションを選択

アドインを選択します。

利用できないアイテムを選択し、設定をクリック

PPT2Flash Addin を選択し、有効にする をクリック

※このとき、「利用できないアイテム」でなく、「COMアドイン」などべつのメニューを選択すると、有効にする、のボタンがあるダイアログが表示されませんのでご注意ください。

作成した教材をeメールで配布する方法

CATEGORIES 未分類by.m.nishimura0 Comments2010.03.12

Q.作成したeラーニング教材をメールで受講者に配布したい

キバンインターナショナルのオーサリングツールでは、E-mail向けにパブリッシュを選択し、作成したeラーニングの教材をeメールで配布することができます。メールソフトが起動しない場合や、希望のメールソフトが立ち上がらないとい質問を受けましたので、メールソフトの指定方法を、FAQに掲載しましたので、本Blogでも紹介いたします。

A.可能です。下記のような方法で設定してください。

本機能に対応しているのは、PPT2Flash ProfessionalQuizCreatorDemoCreatorWebVideo Authorの4種類の教材作成ソフトです。

上記のように、E-mail向けにパブリッシュする際に、起動するメールソフトの設定について説明します。

例えば”Becky!””Thunderbird”などのメールソフトをご利用されている場合で、Webページからメール関連のリンクをクリックした際にそのソフトを起動するには、以下の手順にしたがって設定をお願いいたします。
1.[Internet Explorerの設定]から[インターネットオプション]を開き、[プログラム]のタブを選択します。

2.[電子メール]の項目でお使いのメールソフトを選択して[OK]ボタンで終了します。
設定終了後、次回リンククリック時に設定したメールソフトが起動するかご確認をお願いいたします。

▲利用したいメールソフトを選択します

本機能は、OSの機能になります。また、メールソフトの設定方法、メールについてのサポートは、本ソフトの対象外となっています。

Webサイトをリニューアルしました

CATEGORIES LectureMAKER, SmartBrainby.m.nishimura0 Comments2010.03.09

Webサイトを創業以来、ひたすら作り続けてきましたが、今回は、デザインをリニューアルしました。今回のリニューアルは、『うぇぶ屋』(http://webyasan.com/)さんに依頼してデザインをしていただきました。これまで、社内スタッフだけでデザインも行ってきましたが、専門家は、やはり専門家。大変短時間ですばらしいデザインと、全ドメインのサイトのデザイン統一、BLOGデータの再活用などを行っていただきました。ありがとうございました。

株式会社キバンインターナショナル
http://elearning.co.jp/

PPT2Flash Professional
http://ppt2flash.jp

QuizCreator
http://quizcreator.jp

DemoCreator
http://democreator.jp

WebVideo Author
http://webvideoauthor.jp

PPT2Mobile
http://ppt2mobile.jp/

LectureMAKER
http://lecturemaker.jp/

eラーニングシステム SmartBrain
http://smartbrain.info/

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏)は、eラーニングをすべての人に!というコンセプトのもと、eラーニング教材作成ソフト(以下:オーサリングツール)、eラーニングシステムを提供していますが、この度、オーサリングツールのサンプルを入れ替えましたので、お知らせいたします。
各種のサンプルコンテンツは、ダウンロードして利用することができます。各種サンプルをご利用頂くことで、オーサリングツールでどのような教材を作ることができるのかを体験、理解いただければ幸いです。

PPT2Flash Professionalのおすすめポイント

  • これまで社内で作成してきたパワーポイントを有効利用して、教材を作成できます。
  • Flashに変換されますので、データや画像をコピーされる心配がありません。
  • 学習者は、ブラウザ(要FlashPlayer)さえあれば、学習を開始することができます。
  • QuizCreator作成の試験や、DemoCreator作成のムービーファイルを組み込めます。
  • Web用、CD-ROM用、eラーニングシステム(SCORM)用などに変換できます。
  • http://ppt2flash.jp からダウンロードして30日間すべての機能を利用可能です。
  • 29,400円利用可能。
  • 20名まで無料で利用できるeラーニングシステム SmartBrainで動作検証済み。

QuizCreatorのおすすめポイント

  • プログラミングの知識は一切不要で、自動採点される試験問題を作成できます。
  • 9種類のタイプの試験問題を作成することができます。
  • 問題は、エクセルにエクスポート(書き出し)と、インポート(読み込み)ができます。
  • 印刷用のテスト用に、Wordに試験問題を書き出すことができます。
  • eラーニングシステム用SCORM1.2、SCORM2004、AICC形式に変換できます。
  • 変換後はFlashファイルとなるため、ブラウザとFlashPlayerがあれば利用できます。
  • http://quizcreator.jp からダウンロードして30日間すべての機能を利用可能。
  • 16,800円で利用可能。
  • 20名まで無料で利用できるeラーニングシステム SmartBrainで動作検証済み。

LectureMAKERのおすすめポイント

  • 動画ファイルとPowerPointを組み合わせ、動画にあわせてスライドを進められます。
  • USBカメラなどを使って、作成済みスライドに動画を追加することができます
  • 背景デザインやボタンを自由に設定、作成できます。
  • 単一選択問題と記述問題を作成可能(成績は残りません)。
  • eラーニングシステム用SCORM1.2、SCORM2004形式に変換できます。
  • 変換後はFlashファイルとなるため、ブラウザとFlashPlayerがあれば利用できます。
  • http://lecturemaker.jp/ からダウンロードして30日間すべての機能を利用可能です。
  • 年間52,500円のプロフェッショナルによるサポートサービスあり。
  • 20名まで無料で利用できるeラーニングシステム SmartBrainで動作検証済み。

DemoCreatorのおすすめポイント

  • 画面操作を録画、動画マニュアルや機能説明を作成することができます。
  • クリック先、入力先などに、自動的に説明を追記することができます。
  • eラーニングシステム用SCORM1.2、SCORM2004、AICC形式に変換できます。
  • Flashファイル以外にも、AVIファイルで書き出すため、PowerPointに貼り付けや、
  • ビデオ編集ソフトでの利用が可能です。
  • http://democreator.jp からダウンロードして30日間すべての機能を利用可能です。
  • 16,800円で利用可能。
  • 20名まで無料で利用できるeラーニングシステム SmartBrainで動作検証済み。

WebVideo Authorのおすすめポイント

  • プログラミングの知識は一切不要で、動画をeラーニング教材に変換できます。
  • Webカメラや、ビデオカメラで撮った動画を教材に変換できます。
  • AVI、WMV、MPEGなど、主要7種類の動画形式をインポートできます。
  • eラーニングシステム用SCORM1.2、SCORM2004、AICCの形式に変換できます。
  • すでに大量の動画を持っている方に特におすすめです。
  • http://webvideoauthor.jp からダウンロードして30日間すべての機能を利用可能です。
  • 16,800円で利用可能。
  • 20名まで無料で利用できるeラーニングシステム SmartBrainで動作検証済み。

PPT2Mobileのおすすめポイント

  • PowerPointファイルを簡単に動画に変換できます。
  • iPhone、WindowsMobile、BlasBerry用のコンテンツ作成が可能です。
  • 多数の動画形式に対応しているため、携帯、スマートフォンはもちろん、PSP、AVI, WMVといった形式にも対応しています。
  • FLV(FlashVideo)の形式で書き出しが可能。
  • デジタルサイネージを考えているお客様におすすめです。
  • http://ppt2mobile.jp からダウンロードして30日間すべての機能を利用可能です。
  • 16,800円で利用可能。
  • 20名まで無料で利用できるeラーニングシステム SmartBrainで動作検証済み。

eラーニングシステム SmartBrain発売してから、いくつかの質問を受けます。iPhoneでもPCでも学習できることを、セールスポイントにしているのですが、iPhoneは、Flashが動作しないので、教材ができないと、、、、、。いや、iPhoneで利用できる教材も簡単に作成できるんですよ!

教材作成

パワーポイントで作っていただいた教材を、PPT2Flash Professionalhttp://ppt2flash.jp)で、Flashに変換することを提案しています。PCは、Flashで良いのですが、このイメージが強いのか、iPhoneは無理!というイメージがあるようです。

私たちは、PPT2Mobilehttp://ppt2mobile.jp)という製品も提供しており、このツールを使えば、パワーポイントデータを、iPhoneで利用できる、H.264、MPEG4のムービーターに変換することができるのです。

私たちは、パワーポイントで、元資料さえ作っておけば、PC用(Flashファイル)も、iPhone用(MPEG4、h.264)、Windowsモバイル用(WMV)なども利用できるようなツールが、PPT2Mobilehttp://ppt2mobile.jp)なのです。

1つの元ファイルを、複数の利用ができる、シングルソース、マルチユースです。

PPT2Mobile iPhone用パブリッシュ設定画面

試験問題作成

QuizCreatorhttp://quizcreator.jp)という9種類の試験問題を提供できるツールを提供しています。そのうち、小論文と、クリッカブルマップをのぞく7種類は、iPhoneでも利用できます

QuizCreatorで作成する試験問題は、Flashファイルで書き出されますので、そのままではiPhoneで利用することができません。ただしQuizCreatorのファイル(qwcファイル)を、サーバーにアップすれば、iPhone用に、HTML版にコンバートして表示される仕組みが、eラーニングシステム SmartBrainには実装されています。

PCでアクセスした場合

ランダム出題設定や、フィードバック(正解、不正解時のメッセージ)、問題文に埋め込んだ画像なども、HTML版にも正しく反映されます。PCでアクセスした場合は、Flash版が表示され、iPhone版でアクセスした場合は、HTML版が表示されるようにすることができます。

iPhoneでアクセスした場合

教材同様、1つのソースで、PCでもiPhoneでも利用できるような設計になっています。シングルソース、マルチユースです。

eラーニングシステム SmartBrainのHTML版の試験問題生成機能については、機能を強化しており、3月末のアップデートではさらに便利になったものを公開、配布する予定です。

まず、PowerPointでeラーニング教材を作るにはキバンインターナショナルPPT2Flash Professionalが便利です。
実際の操作している画面はこちらから 。簡単でしょ。

さて、そんなPPT2Flashでうまく変換できなかった失敗例と、その解決策をお伝えします。
どちらかというと七転八倒してきた過去のまとめですが・・・

1.PowerPointのスライドに音声とアニメーション効果をつけたが、変換すると音が出ない。むきー!

なぜか、たいして凝った作りではないスライドはうまくいくのに、がんばったページの音が出ないなんてことがあります。
実は、PPT2Flashで変換するときは、作成する「グループ化」の階層は2階層までなのです。
PowerPointのスライドの中の文字やオブジェクトをまとめる操作は「グループ化」といいますが、

以前のスライドでグループ化したものをコピーしてきて、新しいスライドでは別の文字やオブジェクトと一緒にグループ化した

なんてことを繰り返すとあっという間に3回以上グループを重ねてしまったりするのです。

そんなときは、一度グループ化を外して、その後に全部一度にまとめてグループ化をすればOK.

2. PowerPointのスライドに音をいれると最後の数秒が切れてしまう。むきゃー!!

こちらもこまりものです。「やってみましょう」が「やってみまし」とかで切れてしまうわけです。大変聞き苦しい。
原因は不明ですが、SoundEngineというFreeソフトがあるので、こちらをインストールした後、

編集>無音>両端部無音の挿入

を選択して、後半に0.5秒程度の値を入力すると、簡単に無音部分をつけられますので、この音声ファイルを改めて保存して、PowerPointスライドに貼り付けるといいでしょう。ちなみに、高音質に変えたりといった操作も楽チンで、とても重宝しています。

解決方法としては「音が切れるなら、無音部分を追加してしまえ」という発想ですがとても有効です。音そのものが、スライドに貼り付けたときに切れてしまうので、アニメーション効果を長く設定したりしても途切れは解消しません。

3.PowerPointを変換した後、なぜか文字の最後の一文字が切れてしまう。むきやぁー!!

変換すると、たとえば「PowerPoint」が「PowerPoin」になってしまうわけです。

これは、PPT2Flashのアニメーション設定を0.5秒単位にすると解決します。ちなみに原因はどうやらPPT2Flashが0.5秒単位でアニメーションを判別しているからのようです。

具体的には、アニメーション設定から、アニメーションを設定したオブジェクトを右クリックして

開始>直前の動作と同時 を選択しておき、 同じくオブジェクトを右クリックして今度は 時間配分の表示 を選択します。

すると、アニメーション効果を(直前のアニメーション効果以降であれば)好きなタイミングで行うことができます。

このとき、時間配分する際のアニメーションの長さを2.3秒とか、12.7秒後に開始に設定するとか、0.5秒単位よりも細かく設定すると、文字切れが起きてしまうようです。

そんな感じで、PowerPointとPPT2Flashを使って色々なコンテンツを作ってみてください。

JANコード取得しました!

CATEGORIES LectureMAKERby.t0 Comments2009.12.16

JANコードの申請が受理されました!!以前、「JANコード取得準備」の記事でJANコードを申請している件をお伝えしましたが、やっと受理されたようです。

JANコード受理通知

JANコード受理通知

今のところ6種類のオーサリングツール(PPT2FlashQuizCreatorDemoCreatorWebVideoAuthorPPT2MobileLectureMAKER)をダウンロードでの販売をしていますが、これで各製品に唯一無二のコードが付与されることになります。これから多くの流通商社にも取り扱いしてもらうための一歩になると願っております。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ