PPT2VOICEの商用ライセンスの詳細が決定

PPT2VOICEというパッケージを販売しています。

音声合成ソフト(ボイスソムリエ)と、PPT2Flash Professional、PPT2Mobileがセットになった製品です。

音声合成ソフトの提供元の日立ビジネスソリューション株式会社様から、非商用、自社内での利用に特化して、圧倒的な低価格によるライセンス提供をうけて参りました。非商用に限定することで、安価なパッケージを実現したのですが、多くのお客様から商用利用のライセンス価格のお問い合わせをいただきました。

都度、利用条件を聞き、ライセンス料を日立ビジネスソリューション株式会社様から提示いただいたのですが、高価すぎて、とてもお客様に提供できる価格ではありませんでした。また、ライセンス料金の計算方式が複雑で、非常に分かりづらいものとなっていました。

上記3点について、相談して参りましたが、このたび3点について、商用ライセンスの価格、ライセンスについての基準ができましたのでご紹介します。

商用ライセンスの価格

PPT2Voice 本体の代金       168,000円(税込)
年間商用利用ライセンス料金*1   315,000円(税込)
合計                  483,000円 となります。

・年間商用利用ライセンス料金*1ですが、年間ライセンスですので、次年度以降も更新が必要になります。
・価格を抑えるために、1年間有効の年間ライセンスですが、利用月を4ヶ月申請する方式になっています。

商用ライセンスとは

商用・非商用の区別は、端的にいうと、購入者が自分たちだけで使うのか、第三者にも提供するのか、ということになります。
(第三者とは、自社以外とほぼ同義なので、グループ会社に提供も第三者扱いとなります。)

・コンテンツを販売する事業者の方は、この商用ライセンスが必要になります。
・子会社が親会社の依頼を受け、コンテンツを作成する場合も、金銭の授受にかかわらず、第3者への提供となり、商用ライセンスが必要となります。
・官公庁、公共機関、学会などが、国民、市民、会員に提供する場合も、第3者提供の提供となり、商用ライセンスが必要となります。

商用ライセンスの違い

非商用・商用についての機能的な違いですが、商用版のみの特典として、商用版は、内蔵されている音声が5種類(女声3種類、男声2種類)に増えています。(非商用版は男声1種、女声1種)。その他は、非商用版で利用出来る機能はすべて、商用版でご利用可能です。

これまで非商用のライセンスを購入されたお客様が、商用ライセンスを購入された場合、音声が5種類に増えた新しいパッケージを再発送いたします。

年間ライセンス(4ヶ月間の使用制限について)

・また、商用版は、ライセンス上、4ヶ月の使用許諾となっております。
・1年のうち、利用期間が4ヶ月を超過する場合、追加ライセンスのご購入をお願い致します。
・4ヶ月の使用制限は、ライセンス上の規約となっておりますので、機能上に制限がかかることはありません。ご購入後、御社内で適切に管理いただければ幸いです。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES 未分類by.m.nishimura0 Comments2010.08.11
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。