タグ別アーカイブ: 佐々木恭子
てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

<佐々木恭子先生が気象予報士になろうと思ったキッカケ>

よく聞かれます。気象予報士になる前は、天気とは全く関係のない仕事をしていましたし、
フツー人っていうのは何かしらの刺激を受けて新しいことを始めるものだと思うのですが、
どうもワタクシには明確な「キッカケ」というものが見当たりません。
だから、この質問はすごく困ります。特にお天気好きだったというわけでもなし。
強いて言うなら、大雨や台風など少し激しい現象が起こると、知らず知らずテンションが上がってしまう…そんな程度です。

ある日、なんとなく新しいことがしたいな~、そんな心の隙間にふと「気象予報士」という言葉が入り込んできたわけです。

気象予報士ってなんかカッコイイなあ。それです、キッカケは。

こんな不純?な動機でも、いざ勉強を始めてみると… これがハマっちゃったのです。

お天気の勉強がいかに私の生活に入り込んでいたかが 分かりました。

空が青いこと、夕焼けが赤いこと、雲が白いことに理由があるのか!
花に水をやってる時、偶然じゃなくて、作ろうと思って虹を作れるのか!
洗濯物がよく乾くためには、多少の風が必要なのか!
台風や低気圧は、地球に必要なものなのか!
私にとって、目からウロコが満載。キッカケはしょぼいけど、 お天気の勉強に引き込まれていく感じです。

<佐々木先生が語る気象の勉強の魅力>については、こちらのページへ。

多くの人がもっている天気・空・雲・雷などへの興味、それさえあれば佐々木恭子先生が、一から気象について易しく教えてくれます。
是非一度、無料講座を体験してください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日の用語チェックは、太平洋側に降雪をもたらす「南岸低気圧」です。てんコロ。気象予報士講座 第16章総合気象、メソスケール気象からです。

南岸低気圧とは、台湾や東シナ海方面、または九州、四国沖などで発生した低気圧が、日本の南岸を進む気圧配置型のことです。
1月~3月頃、特に季節が冬から春に変わって行く頃に現れやすい形で、太平洋側の平地に大雪をもたらすことで有名です。

冬季の南岸低気圧による降水の雨雪判別は、とても難しいです。関東以西の平野部で、寒候期の南岸低気圧による降水が雨か雪か判断するのは難しい、その理由はいくつかあります。

一つは、真冬であっても関東以西の平野部の地上気温は0℃に達していないことが多いということです。

二つ目は、雲底下の寒気の入り方によって、雨になる時と雪になる時があるということです。
低気圧のコース、発達度合いによっては、雲の高さ・厚さが違いますから雲底高度によって、融けてしまうか融けきらずに雪で降ってくるか違いますね。

さらに、湿度によっても違います。例えば、同じ気温の2地点で、一方では湿度が高く、一方では湿度が低い場合、湿度が高い方は雨なのに湿度が低い方は雪になることがあります。

とにかく、雨雪判別は一つの条件だけ見てても判断することはできず、複数の条件を考慮しなければならないのです。

雨雪判別に一番よく利用する天気図が 850hPa の天気図です。850hPa は下層の代表です。

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

今年は、最強寒波とういう言葉をよく気がします。天気予報でも聞かれるようになったJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が本日の用語チェックです。簡単に確認しておきましょう。

てんコロ。気象予報士講座第16章 総観気象、メソスケール気象 -> 降雪(大雪)より。

平野部に大雪をもたらす里雪型の時は、特に「JPCZ」に伴う活発な対流雲列が発生することが多く、
その先端部が到達した地域にはしばしば大雪がもたらされます。

JPCZ とは、
日本海寒帯気団収束帯のことです。
季節風が大陸の白頭山によって分流し、日本海で再び合流することで形成されます。ひときわ強く、
活発な対流雲が帯状をなします。
また、JPCZ上には小低気圧(メソスケールの渦状擾乱)が発生することがあり、これが陸地に上陸すると、
局地的な大雪、突風、雷など激しい現象が発生する可能性があります

天気図だけでなく雲画像をチェックすると理解が深まるそうです。
いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

気象予報士試験を受験された皆さまお疲れ様でした!
先週の大雪に関し、佐々木先生が降水分布とエマグラムを見ています。

(ラジオっぽいTV!より)
舘野の状態曲線.赤線は22日21時.0度線を超える層がビタイチもありません
そもそも温度場も低く,降水量もしっかり出て南岸低気圧で雪が降る時の理想郷みたいになっていました。

降水量が直前の予想よりも多かった感じですね。
その辺り,もう少し色々見てみようと思ってるとこです。

とのことです。より詳しい見解はこちらから。
ラジオっぽいTV!1604(南岸低気圧の降水量分布とエマグラム,そして氷祭り)
https://youtu.be/ZyuFy0_2pDk

佐々木恭子先生のラジオっぽいTV!は、なんと毎日更新されて、勉強の励みにも、息抜きにもなるようです。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座


【気象予報士試験の勉強を始めたいと考えている方へ(文系の方)】

今月末、29年度気象予報士試験第2回が行われます。受験される方の中には、単位すら初めて見るというところから、スタートされた方も大勢いらっしゃると思います。
てんコロ。の気象予報士講座は文系の人でもわかるような講座になっています。

ただ文系の頭のままでは気象予報士試験の問題をとけるような知識を習得することはできません。

そこで、事前学習についてガイダンスがあります。興味のある方は無料でご視聴いただけますので、是非ご覧ください。

http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=128

事前学習1三角比
三角比の意味から勉強していこう。
方程式・指数については実際の計算問題をといてみるといいですね。

事前学習 2 いろいろな単位
全てを丸ごと覚えなくてもいいですが、だいたいわかるようにしておいた方がいいですね。意味ごと覚えてください!

事前学習 3 円や球の円周・面積・体積
公式を覚えよう!

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

2018年世界気象カレンダーの佐々木先生のページが全文公開されました!購入しようか悩んでいる方は是非ご確認ください。
キャンディーズの動画のリンクがされてる!でもなぜ??
気になった方はこちらから。
ラジオっぽいTV!1574(世界気象カレンダー全文公開してもらいました!)

世界気象カレンダーのサイトはこちらから。

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

てんコロ。のラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、天気図解説も満載。佐々木先生の明るさが気象予報士試験勉強のエネルギー源になるとか。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日の用語チェックは「エルニーニョ・ラニーニャ現象」です。今年の冬はラニーニャ現象により寒い冬になるとのことですが、エルニーニョ現象は、48回気象予報士試験 学科専門で出題されていましたね。確認しておきましょう。

「エルニーニョ現象」
赤道太平洋域の中部~東部(南米ペルー沿岸)の広い範囲の海水温が通常よりも高くなり、それが半年以上続く現象です。
「ラニーニャ現象」
通常よりも海面水温が低くなり、それが半年以上続く現象です。

ペルー沿岸では、地球をめぐる風系の一環としていつも赤道に向かう風があります。この風に従って、海水面は海岸から離れる方向へ輸送されます。すると、それを補償するため深層から冷たい海水が湧きあがってきます。これが、ペルー沿岸の沿岸湧昇現象です。

ちなみに、この海域ではそもそもフンボルト海流という寒流が流れており、海面水温が低い状態を保っています。もう一つが、赤道湧昇です。赤道を挟んで、北半球では北東貿易風が吹いており、南半球には南東貿易風が吹いています。
そのため、海水面は赤道付近で発散する場となっています。それを補償するために、赤道付近では深層から冷たい海水が湧き上がっています。これが赤道湧昇です。そのため、これらの海域では海面水温が低くなっているのです。

ところが偏東風が弱まると、海水深層からの湧昇が弱まり同時に太平洋の西側に吹き寄せられていた高温の海水面が東に広がってきます。この結果、赤道太平洋域の中部から東部にかけて、通常よりも海面水温が高い状態になるのです。これがエルニーニョです。逆に、偏東風が強まり通常よりも湧昇現象が強くなり海面水温が通常よりも低くなるのが、ラニーニャ現象です。この変化に伴って、対流活動の位置や強さが変わっていることに注目してください。

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜
いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

気象予報士講座

気象予報士講座

本日は、佐々木恭子先生の気象予報士講座第13章気象観測より理解度チェックです。
気象衛星に関する問題はたくさんのパターンがあるので、なるべくたくさんの過去問を解いておいた方がよいです。とのことです。

「問題」
ひまわりによって観測された衛星画像に関して述べた次の文(a)~(d)の正誤について、1~5の中から正しいものを一つ選べ。

(a)水蒸気画像の暗域は、対流圏中層・上層に水蒸気が少ない時にこれより下の層に存在する暖かい水蒸気からの放射が、対流圏中層・上層の大気を透過して衛生で観測されたものである。

(b)発達した対流雲は、赤外画像でも可視画像でも明るく見えるが、可視画像では表面に凸凹がある場合が多い。

(c)上空の強風軸に沿った方向にほぼ直交する規模の小さな雲列が多く並んだものはトランスバースラインと呼ばれ、乱気流を伴うことが多い。

(d)水蒸気画像は、雲のない場所でも画像の明暗パターンや移動、時間変化を追跡することで、中層・上層の大気の流れや渦の存在を確認できる。

「選択肢」
1、(a)のみ誤り
2、(b)のみ誤り
3、(c)のみ誤り
4、(d)のみ誤り
5、すべて正しい

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

「解答」

「解説」
(a) 正
水蒸気画像の内容はきちんと整理して覚えましょう。
(b) 正
赤外画像と可視画像と見比べてみる。
(c) 正
テキストには、様々な典型的な、雲のパターンが載っています。シーラスストリークなど、それぞれ特徴を覚えておきましょう。
(d) 正
水蒸気画像が一番得意としているところ。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

気象予報士講座

気象予報士講座

本日は、 ラジオっぽいTV.より 「ブロッケン現象」です。
ヨーロッパ上空、飛行機から撮影成功!光輪が動画で見れます。

ラジオっぽいTV! の全容はこちらから。
https://youtu.be/iVvFgqV74qk

佐々木先生が参照した天空博物館のページはこちら。
http://www.asahi-net.or.jp/~cg1y-aytk/ao/glory.html

佐々木恭子先生によるラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、勉強の励みになります。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

気象予報士講座

気象予報士講座

本日の用語チェックは気象予報士講座第13章気象観測から統計の種類です。確認してみてください。

気象観測 統計の種類

「平均値」
個々の観測値の合計を観測の個数で割った値

「合計値」
個々の観測値を合計した値

「極値」
ある期間内に記録された値の最高(大)値と最低(小)値

「順位値」
一定期間の統計値を大きい(高い)方、あるいは小さい(低い)方から順位付けしたもの。同値が複数ある場合は、期日の新しい方を上位とする
{最高気温の極値が同値で1994年8月4日と2007年8月16日の2度記録している場合、前者が2位で後者が1位となる}

「度数」
一定期間内に、雨や雪などの大気現象が発生した回数。また、統計値を階級別に分け、その階級別に出現した回数
{月間雷日数、年間日最高気温30℃以上の日数(気温、風、降水量などの出現日数のことを階級別日数という)}

「継続期間」
ある気象状況が継続した期間 日最低気温0℃未満の継続日数

「初日・終日」
主に季節毎に出現する観測値が、統計期間内に初めて観測された日を初日、最後に観測された日を終日とする。なお、初日と終日の間のことを初終間日数という。
{季節現象(雪、霜、氷など)初雪、終雪など}
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ