タグ別アーカイブ: 佐々木恭子
気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

梅雨が本格化してきましたが、たまに降ると、大雨になることが多い今日この頃です。
どういう雨を注意すべきか考えてみましょう。
本日は、豪雨に関して荒木健太郎さんの動画のご紹介です。

豪雨の定義(荒木流)
水害をもたらすもの。

「局地豪雨」気象庁でいう「局地的大雨」 

急に強く降り数十分の短時間に数十ミリ程度の雨量をもたらす雨

→都市型水害
短時間で発生する鉄砲水・低地浸水

「集中豪雨」
狭い範囲に数時間以上にわたる強い雨

→大規模水害
土砂災害・河川氾濫

「ゲリラ豪雨」
突然の発生・局地的
予測の難し豪雨

ゲリラ豪雨の功罪
<いいところ>なじみ深い用語で防災教育に有効
<悪いところ>豪雨の軽視につながる。
 通り雨も豪雨と呼ぶようになり、危険な状況が伝わらない可能性があるのではと、荒木さんは問題提起しています

動画の全容はこちらから。
https://youtu.be/tsRGRB1XqmU

たまに荒木さんも出現する!ラジオっぽいTV!は毎日更新しています。
佐々木恭子先生の気象予報士講座は、無料講座もたくさんあります。
是非一度、ご覧ください。
http://bit.ly/2t0v19O

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。
佐々木恭子先生の<気象の勉強の魅力>についてご紹介します。
気象の勉強は難しく自分にはちょっと・・と思ってしまうイメージがありますが、お天気の勉強は人間の生活に寄り添っているものだし、文系でも目指せるのかと思うと興味深く思いました。

佐々木先生のお話<気象予報士になろうと思ったキッカケ>

———————————————
(以下より佐々木先生のお話)

私が考える気象学は、他のどんな勉強よりも、 無意識に、 何気なく、 そして自然に 人間の生活に寄り添っているものだと思います。
だからこそ、キッカケが曖昧な私でもどんどん気象が オモシロクなってきたのだろうと考えています。
決して、ハードルの高い専門分野ではないのです。 何か、資格でも取ろうかな…。
そんな入口の方でも、 ぜひ一度、気象予報士の勉強をのぞいてみてください。
あ、でもいきなり気象予報士試験用の参考書を見ちゃ いけません。
ハッキリ言って、ゲンナリします 雲の写真の本とか、簡単なお天気の本を見てください。
モチベーションの上げ方には、順序が大事です!
この気象予報士講座は、 お天気を全く勉強したことがない人でも、 思いっきり文系の人でも、安心して受講できる とにかく、基礎の基礎からのカリキュラムです!
気象予報士試験って難しい… というイメージがあるかも知れませんがそれは誤解! どんな資格試験も同じように難しいもので、 予報士試験は決して特別じゃありません。
つまり… 一生懸命勉強すれば 必ず合格できる! お天気は日々の生活に寄り添う、切っても切れないものです。 新しい年、何か資格を取ろうかな~なんて考えている人は 是非、お天気の勉強してみませんか??
———————————————
関連記事
【佐々木恭子先生の<気象予報士になろうと思ったキッカケ>とは?】についてはこちらから
https://www.facebook.com/tenki.elearning/posts/385175351877878

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。
佐々木恭子先生の<気象予報士になろうと思ったキッカケ>についてご紹介します。
気象予報士の勉強は、身近な現象が解明していく面白さがあるのですね、とても興味深く思いました。

佐々木先生のお話<気象予報士になろうと思ったキッカケ>

———————————————
(以下より佐々木先生のお話)

お天気のことをぶりぶり考えてます、合同会社てんコロ.佐々木と申します。気象予報士です。

<気象予報士になろうと思ったキッカケ>…を、よく聞かれます。気象予報士になる前は、天気とは全く関係のない仕事をしていましたし、フツー人っていうのは何かしらの刺激を受けて新しいことを始めるものだと思うのですが、どうもワタクシには明確な「キッカケ」というものが見当たりません。だから、この質問はすごく困ります。特にお天気好きだったというわけでもなし。強いて言うなら、大雨や台風など少し激しい現象が起こると、知らず知らずテンションが上がってしまう…そんな程度です。

ある日、なんとなく新しいことがしたいな~、そんな心の隙間にふと「気象予報士」という言葉が入り込んできたわけです。気象予報士ってなんかカッコイイなあ。それです、キッカケは。
こんな不純?な動機でも、いざ勉強を始めてみると… これがハマっちゃったのです。 お天気の勉強がいかに私の生活に入り込んでいたかが 分かりました。

空が青いこと、夕焼けが赤いこと、雲が白いことに理由があるのか! 花に水をやってる時、偶然じゃなくて、作ろうと思って虹を作れるのか! 洗濯物がよく乾くためには、多少の風が必要なのか! 台風や低気圧は、地球に必要なものなのか! 私にとって、目からウロコが満載。キッカケはしょぼいけど、 お天気の勉強に引き込まれていく感じです。
———————————————

続きは<気象の勉強の魅力>について、佐々木先生のお話をご紹介します。

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

佐々木恭子先生の気象予報士講座は、随時ミニ講座を追加更新しています。
今回は、「第47回気象予報士試験 実技1-1 天気図解説」のご紹介です。

天気図をご用意してご覧下さい。
実技2の解説は、以下のURLから無料のユーザー登録を行い、会員ログインを行って閲覧ください。
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

天気図の見方、最初は戸惑う方が多いようです。学科の勉強を一通り終えても、天気図を目の前にして何時間も見るだけだったというお話を聞きます。
そういう時も、佐々木恭子先生に質問することができます。毎回丁寧に、時には色々な方と論議されてから回答していただいたりしています。

今回は題名にある質問への回答のご紹介です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…
台風は陸上に比べると観測点の少ない海上に居ることが多い擾乱です。
途切れることなく連続的に観測できるツールは衛星画像です
衛星画像において積乱雲の組織化が見られたら,その雲システムの循環の中心を台風の中心位置として解析します
台風の眼がパッチリするほど発達してくれば,高い精度で中心位置を解析することができます。
発生したばかりの時点など,まだ眼が不明瞭な時には雲の連続画像から,特に下層雲の循環に注目して中心位置を解析しますが,
やはりかなり精度は悪くなる場合があります.また,夜間は赤外画像しかなく,下層雲をハッキリと捉えることができないため,
やはり精度が悪くなります。中心位置を割り出すのも,なかなか大変な作業です。
このようなある程度のズレを考慮して,
台風の中心位置は「FAIR」「GOOD」「POOR」の3段階で中心位置の精度に関する情報も付記されています
その他,台風の中心気圧や中心付近の最大風速も,やはり衛星画像を使って(ドボラック法という手法を使って)解析されます。
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

いかがでしたでしょうか。
Q&Aも活用できる気象予報士講座是非、一度ご覧ください。

佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!

<<佐々木恭子先生の気象予報士講座 発売中!!>>
佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は、佐々木恭子先生の気象予報士講座 第9章 中小規模の大気の運動1 の理解度チェックです。
復習してみてください。

■ ■ 問題 ■ ■
竜巻について述べた次の文章(a)~(c)の正誤について、正しいものを1~5の中から一つ選べ。

(a)竜巻の発生には、対流雲の中にある強い上昇流と雲底付近の鉛直軸の周りの回転が必要とされている。
(b)北半球では、竜巻の渦はコリオリ力の影響で常に反時計回りである。
(c)竜巻の漏斗雲は、竜巻の渦に吹き込んだ空気塊が断熱膨張することにより、形成される。

■ ■ 選択肢 ■ ■
(a) (b) (c)
1正 正 正
2正 誤 誤
3誤 正 誤
4誤 正 正
5正 誤 正

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
最近よく出ます。

■ ■ 正解 ■ ■
5
■ ■ 解説 ■ ■
a 正しい
b 間違え
・コリオリ力というのが間違え。
竜巻の水平スケールは10~100m程度
なので、コリオリ力は無視できる。
・コリオリ力ではないので、時計回りのときもある。
c 正解

いろいろな現象をスケールごとに整理しておいてください。

いかがでしたでしょうか。
「佐々木先生の気象予報士講座」では、各章に理解度チェックが最後に用意してありますので、自身で確認することができて便利です。移動時間などを利用して、理解しているかチェックできますね。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

平成29年 8月27日(日)に行われます、平成29年度第1回(通算第48回)気象予報士試験の受験資料の配布が5月19日から始まっています。
受験資料は必ず各試験毎に最新のものを入手する必要があるので、確認してください。

受験資料の入手方法

「インターネット」

入手期間:7月7日(金)17時00分まで
ダウンロードページは
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-41.html

「郵送」

入手期間:6月30日(金)試験部必着まで
請求方法の詳細はこちらから。
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-42.html

「来所による入手」

入手期間:7月7日(金)17時30分まで
気象業務支援センター7階の試験部窓口(平日のみ)にて入手可能
アクセス・窓口時間についてはこちら
http://www.jmbsc.or.jp/jp/about-us/contact-us2.html

試験日程などの詳細は気象業務支援センターのサイトで必ず確認してください。
http://www.jmbsc.or.jp/jp/examination/examination-3.html

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。

しかも、フルパッケージは、返金&延長保証付きです。
一度ご覧ください。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

【合格体験談:JK気象予報士現る!】

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.06.02
気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

【合格体験談:JK気象予報士現る!】
本日は、ラジオっぽいTV!より、気象予報士試験合格体験談です。
第46回気象予報士試験に合格。合格時は中学三年生!!!参考になるかどうかは、わかりませんが、とても興味深いお話です。

「きっかけ」
幼稚園の時にお母さんに読んでもらった「くもくん」(作・絵 いとうひろし ポプラ社)

(自分の決まった形がないのを悩んでいる小さな雲のお話でで、いろいろな形になれるのを子供たちに褒められて、形がないのが自分のスタイルというのに気が付くというお話のようです。深い!)

「一度挫折」
小学校5年生の時に1度勉強を始めるもテキストがぶ厚すぎて飽きちゃった。。。

「他の勉強との優先順位」
学校との勉強との兼ね合いは、、、
一番が、気象予報士試験の勉強!!

「混乱の日々」
理科の授業で、気象予報士試験勉強の知識でテストを受けるとなんと、、、
バツになってしまうらしい。

そのことを先生に議論しに行くと、「教科書通りにしてください。」と言われておしまいに、、、、

その貴重な経験を 荒木健太郎さんと本にしているとか。。。。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

この動画の全容は、以下のアドレスから視聴できます。
合格体験談①
https://youtu.be/54mgHLhrWkI
合格体験談②
https://youtu.be/YdIPuMeGnG0

ラジオっぽいTVは、毎日更新されていて、「気象予報士の勉強をする上で、勉強するべきところがわかってきたり、佐々木先生のお話が励みになったり」という効果があるようです。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日の用語チェックは、佐々木恭子先生の気象予報士講座 第9章 中小規模の大気の運動 メソ対流系 積乱雲からの続きになります。

「スーパーセル型雷雨」

スーパーセル型ストームは、鉛直シアの大きい場でなんと単一の上昇流域と下降流域を 持った巨大な雲です。
日本ではあまり発生しません。

対流圏の下層から、ストームの先端に向かって非常に暖かく湿った空気が流入し、10~ 20m/sぐらいの非常に強い上昇気流を形成します。あまりにも強い上昇気流で、雨粒 まで十分に成長できず対流圏上層に運ばれます。
この上昇気流の軸が傾いているのがポイントです。

また、対流不安定な成層が非常に顕著で、
対流圏 中層の空気は乾燥しています。

スーパーセル型ストームを上から見てみます。
まず、強い上昇気流によって雨粒に成長 できないエリアをヴォルトと言います
雨粒が発達できないので、レーダー画像ではエコー強度が弱いエリアになってしまいます。
単独の降水セルと違い、上昇気流が鉛直方向に傾いているため、一つの雲の中で水蒸気が潜熱を放出して雲に浮力を与える場所と、
降水粒子が落下して雲を冷やす場所が分離する構造をなしています。
そのため、スーパーセル 型ストームの寿命は数時間にも及びます。
最大の特徴は、ストーム全体が反時計回りに回転しているということです。
この回転によって、雲内に進入した中層の風は上昇流域の東 側を迂回することができ、
しかも、この特徴的なカギ状のエコー(フックエコー)を作り出すのです。
フックエコーの近くでは、竜巻が発生しやすいと言われています。

→→佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。

単元ごとの購入も可能です!!
一度ご覧ください。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日の用語チェックは、第9章 中小規模の大気の運動1 から「ベナール型対流」です。

3つの熱の伝達方法は
放射
伝導
対流」でした。
対流は、暖まった空気自体が浮力を得て上昇していくことで、熱を伝える方法です。
つまり、熱源自体が移動して熱を伝える、これが対流圏の気温減率を決めている重要な伝達方法です。
対流の中でも、最も簡単な形の対流を「 ベナール型対流」と言います。

どうなったら対流が起こるのでしょうか。
ポイントは⊿Tです。下面と上面の温度差が限界まで大きくなって、
臨界値に達するとその不安定を解消するように運動が起こります。
しかも、オモシロイことに上昇流と下降流がセル状に配列するのです。
下面を一様に暖めてるのだから、一様に温度が上昇しているはずですが、
暖まって軽くなった下層が一気に上昇することはできませんね。
すると、このように上昇する所と下降する所と、譲り合って対流する形態を取るのです。

→→佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。

単元ごとの購入も可能です!!
一度ご覧ください。

てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座
「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15