タグ別アーカイブ: 佐々木恭子

%e8%b1%aa%e9%9b%a81%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%ab100%e3%83%9f%e3%83%aa

こんにちは、キバンインターナショナルeラーニングコンシェルジュの小林です。

豪雨の凄さは、体験した人にしかわからない。
「1時間に100ミリ」って、言葉でいうけれども、どの程度のものなのか。
気象予報士を目指す方の理解のために、有資格者も解説する際の参考にイメージの湧く解説を一部ご紹介。

イメージしてみると、以下の通り。
(eラーニング「雲の中では何が起こっているのか」より)

1時間に100ミリの「豪雨」イメージ図

1時間に100ミリの「豪雨」イメージ図

「1時間に100ミリの豪雨」とは、100kgの力士が、1時間に1回、1メートル四方に一人落ちてくる。
それと同じ重さの雨が降るということだ。

しかも、たいてい雨が降る広がりは、数キロ~数十キロ。つまり、空一面に100キロ力士が埋め尽くされている状態だということでした。

凄い雨の量と言う事がわかります。

次回は、「積雪深が4メートル」のイメージ図をご紹介します。

気象予報士を目指す方に。気象現象を具体的にイメージできるようになる講座

eラーニング「雲の中では何が起こっているのか」(書籍付きパック)/講師:荒木 健太郎
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/860/381/

気象予報士を目指す方に。本格的にマナビ、資格取得へ。

eラーニング「気象予報士講座」/講師:佐々木恭子
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

気象予報士講座 「第3章大気の熱力学2 〜大気の鉛直安定度」より

気象予報士講座 「第3章大気の熱力学2 〜大気の鉛直安定度」より

こんにちは、キバンインターナショナルeラーニングコンシェルジュの小林です。
よく、天気予報で「大気の状態が不安定」というニュースを聞きますが、具体的にどういうことか知っていますか?

その状態について、

気象予報士講座佐々木恭子先生の講義内容より抜粋してご紹介します。


以下、気象予報士講座「第3章 大気の鉛直安定度」より講義内容を抜粋。
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

その大気の状態が不安定っていうのが、鉛直安定度のことを指しています。で、乾燥大気のですね、安定とか不安定といったことは、どういう風なことで表してるのかというと、空気塊の温度、空気の塊の温度がですね、例えば上昇させたりなんかした時に、その同じ高さの周囲の空気の温度よりも、高いのかそれとも低いのか、それによって大気の安定度、安定なのか不安定なのかっていうことが決まります

例えばここに20℃の空気塊を上昇させたとします。で、これ未飽和の空気塊だとすると、100m上昇させると、1kmで10℃下がる訳ですから、1℃下がりますよね。ですので空気塊の温度は19℃ということになります。この時100m上空での周りの気温です。周りの気温と比べるんですね。例えば周りの気温が19℃よりも低いんであれば、この空気塊は、空気塊の方が温かいので、上昇を続けます。 逆に周りの気温が19℃よりも高い状況であった場合、空気塊の方が温度が低いということになれば、上昇できません

ですので、この空気塊が上昇できる大気っていうのは、雲が発達しやすいということで、「不安定な大気」ということになる訳ですね。


いかがでしてでしょうか?
空気塊が上昇できる大気=雲が発達しやすい=「大気が不安定」ということなんですね。
この解説の続きは、「佐々木恭子先生の気象予報士講座 読むeラーニングhttp://tenki.elearning.co.jp/?p=4709 )」で無料で公開してますので是非チェックしてみてくださいね。

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の視聴もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

【気象予報士講座専用サイト】試験対策情報満載!!

http://tenki.elearning.co.jp/

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。
気象予報士の勉強をする際のポイントとして、
以前、気象予報士講座の佐々木恭子先生が「本物の資料に目を向ける」とおっしゃっていました。
雲画像や天気図を見るときに、顏に見えるといった視点でみても面白いですね。その時期の特徴的な顏が見えてきます。
そして何より、印象に残ります、「冬によくある顔はこんな顔」などと考えてどんどん頭に入れていきましょう

▲気象予報士の「勉強法を心得よ!!(心得その8)」はコチラから

「○○に見える」の雲画像&天気図の解説を抜粋

寒冷渦があるときは、顔に見える場合が多いそうです。

秋によくみられるのが、鼻がおにぎりのようになっている顔の形の天気図。

・目に見える部分が、低気圧でなく高気圧の場合がある。高気圧でも目の形を作れる場合はで、夏だと低気圧だけになる。

(「ラジオっぽいTV!1115」 https://youtu.be/dCzzQ6FVIrw より)

▲「寒冷渦」についてはコチラから

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック


http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

試験対策情報満載!!【気象予報士講座専用サイト】

http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

今日のニュースで、「台風12号は熱帯低気圧に変わった。」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00010002-wmap-soci より)と、ありました。

どういう意味を表すのでしょうか?

そもそも「熱帯低気圧」とは、
熱帯で発生する低気圧。発達すれば激しい風雨を伴い、日本など東アジアでは台風と言う。(google検索「熱帯低気圧」より引用)

佐々木先生の「気象予報士講座」によると、熱帯低気圧のうち最大風速が17.2m/s以上のものを台風というそうです。

つまり「台風が熱帯低気圧に変わった」とは、熱帯低気圧の最大風速が17.2m/s以下になったということでしょう。

でも、まだまだ局地的に激しい雷や雨が降るようで、気が抜けません。

気象情報のこまめなチェックが必要ですね。

生活に欠かせない、「気象予報」について勉強したい方は、
文系でもわかる!スマホで学習!のeラーニング「気象予報士講座」がお勧めです。

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/

試験対策情報満載!!【気象予報士講座専用サイト】

header_logo_02
http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、9/5(月)eラーニング佐々木恭子先生のeラーニング『気象予報士講座総合フルパッケージ』に30日間返金保証、2年間延長保証をつけました。

試験合格に必要な、科目と実技の学習範囲をカバーしており、ほんわかした語り口と最先端の映像技術の融合で、分かりやすく合格レベルの学習できます。

お申込みは http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/ から。

【講座名】

気象予報士講座 総合フルパッケージ

【サンプル講座】

【講座概要】

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んで楽しい分野です。キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。
講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

・文系の方でも分かるよう、なるべく専門用語を使っていません。
・微分積分などをなるべく使わなくてもよい試験対策です。
・ほんわかとしています。
・書籍のテキストより、写真や図解がふんだんに盛り込まれています。
・無料講義を視聴で講義のクオリティを確認後、ご購入できます。
・章の中の小見出しごとに、コマギレに学習できます。
・PC(Windows・Mac両対応)だけでなく、iPhone・Android端末にも対応しています。

【講師 佐々木恭子 プロフィール】

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士。合同会社てんコロ代表。【てんコロ.】は、お天気て毎日コロコロって変わりやがってもぉ~やぁ~ね~(* ̄Oノ ̄*)という意味。自身、文系からの気象予報士試験の合格を果たしており、難解な物理学や微分積分なども、平易な言葉とほんわかとした雰囲気で理解できる講義が特徴。お天気座談会『お天気カフェ』など、ユニークな活動も多数。
ブログ: http://ameblo.jp/ten-coro/

【価格】

    
気象予報士講座総合フルパッケージ(学科・実技のセット 98,000円(税込))
 30日間返金保証、2年間延長保証付き

【講座収録時間】

学科パッケージ:約20時間
実技パッケージ:約10時間(予定)
総合フルパッケージ:約30時間(予定)
各単元:約30~90分

【目次】

<学科>
太陽系 
大気の熱力学1 
大気の熱力学2 
降水過程 
大気の放射 
大気力学1 
大気力学2 
大規模な大気の運動 
中小規模の大気の運動1 
中小規模の大気の運動2 
中層大気の運動 
気候の変動と異常気象 
気象観測 
数値予報 
確率予報・ガイダンス 
総観気象 
予報精度・気象関連情報・防災 

<実技>
実技1 予報支援資料の見方
実技2 日本海低気圧
実技3 二つ玉低気圧
実技4 南岸低気圧
実技5 梅雨前線型
実技6 西高東低型
実技7 南高北低型
実技8 台風型
実技9 北東気流型

【受講可能期間】

365日

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験・お問い合わせ】

Webサイト
お申し込みは http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/ から

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。  http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【株式会社キバンホールディングスについて】

株式会社キバンホールディングス http://www.kiban.co.jp/ では、「最高の学びをすべての人に」をゴールに、みなさまが日常生活に不可欠な社会基盤(インフラストラクチャ)として利用できる商品とサービスを提供します。以下、キバンホールディングスのグループ企業をご紹介します。

●株式会社キバンインターナショナル

eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610 Email: international@kiban.jp
Web: http://www.kiban.jp/

●株式会社パンダスタジオ

最新の設備が揃ったビデオスタジオ。e-ラーニングコンテンツ制作、インターネット生中継(ライブストリーミング)、リアルタイムにクロマキー合成による撮影、4K撮影などが可能です。出張対応も可能です。プロバレーボール、プロバスケットボール、プロゴルフのスポーツ生中継や、医療制コンテンツの撮影、製品発表などの生中継を多く手がける。
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-4405-8487 FAX:03-6684-4610 Email: pandastudio@kiban.jp
Web: http://pandastudio.tv/

●株式会社ジェイ・ジェイ・エス

動画・映像教育教材の制作、事務局業務のオンライン化、テストや試験のオンラインテストシステムの構築など教育から技術スキルの認定までオールインワンのサービスを展開している。教育ビジネスで培った経験とノウハウを駆使して共に考え行動する事を企業理念として掲げている。
電話:03-3260-0955 FAX:03-3260-0965 Email: jjstc@jjs.net
Web: http://www.jjs.co.jp/ http://cbt-j.com/

天気図によると,上空(250hPaとか300hPaとか)の寒気を伴うトラフも明瞭で,下層の水蒸気も申し分なくたっぷり,不安定材料はビシッと整っている状況の中…朝のMSMを確認してからタイムラプスしてみるか,ということで,やってみたんですね.収束線をジロジロ見たり,雲画像見てみたりして,なんやかんやてんコロ.オフィスで仕事しつつ雷雲を待ってたんですけどね…うちには来ねーんだわ.でも,いいの撮れましたよ
(佐々木先生ブログより https://www.facebook.com/sasakikyoko124/posts/1065533100189939?pnref=story

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/
試験対策情報満載!!
【気象予報士講座専用サイト】
http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

さて,台風7号は北海道に上陸して
先ほど温帯低気圧に変わりましたが.
それにしても,台風6号,7号と立て続けに
北海道方面に向かってきやがったもんですね.
これら2つの台風を,予測から少々振り返って見てみます
(佐々木先生ブログより http://ameblo.jp/ten-coro/theme-10074918779.html

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/

試験対策情報満載!!
【気象予報士講座専用サイト】
http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp


(合格体験談)

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

気象予報士試験まであと20日ですね。

試験前に、今回の応募者数が発表されています。

平成28年度8月28日(日)に、実施予定の気象予報士試験の応募者数は「3,533名」でした。

昨年に比べると、若干応募人数は増えましたね。

合格率5%
残り20日ですが、すでに過去問は繰り返し解いていますか?
今一度、確認してみましょう。

過去問は、こちらで無料公開されています。(気象業務支援センターHPより)
http://www.jmbsc.or.jp/hp/cwfe/p0120.php
最後まで気を抜かず、合格目指して頑張っていきましょう!!

【eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」】

この講座では、本格的に自宅で「気象予報士」の資格勉強ができます。動画の試し見もできますよ。文系でもわかりやすく解説しております。
講座のeラーニング講座詳細・動画サンプルはこちらから
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/

「気象予報士講座」はこちらをクリック

「気象予報士講座」はこちらをクリック

試験対策情報満載!!【気象予報士講座専用サイト】

http://tenki.elearning.co.jp/

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

気象予報士の仕事は、どういったものなのでしょうか。
気象予報士講座でおなじみの佐々木恭子先生の解説をご紹介いたします。

今回は、予報した気象情報の提供先について。
実際、気象予報士は「どんなお客様に気象情報を提供しているのか」は、以下のようなところです。

  • 自治体向け防災情報
  • 鉄道やバスなど交通機関向けの気象情報
  • 国道や高速道路への降雪量予測
  • 船舶や海の工事のための波浪・風予報
  • スキー場、ゴルフ場などレジャー施設への気象情報

お天気キャスターのように、一般の人向けに発信するだけではないのですね。

「気象予報士」の資格は、スマホでも学べるeラーニングで

●気象予報士講座(佐々木恭子先生)

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック

web http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/
普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

気象予報士の仕事は、どういったものなのでしょうか。
気象予報士講座でおなじみの佐々木恭子先生の解説をご紹介いたします。

1) 天気図のチェックと解析

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック

具体的にどんな気象資料を見るかというと

  • 気象レーダの画像
  • 気象衛星の画像
  • 予想天気図

などをみる。それを解析する。色を塗ることによって、短い時間ですぐに解析できるように作業。

2) 予報の作成と提供

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック


予報を作って、お客様(※)に情報を提供する。
予報を作成したうえで、さらに天気の状況が変わる場合、お客様にお電話でコンサルティングすることもある。

 

次回は、実際「どんなお客様に気象情報を提供しているのか」について、ご紹介していきます。

「気象予報士」の資格は、スマホでも学べるeラーニングで

●気象予報士講座(佐々木恭子先生)

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック

web http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/259/52/
普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp