SmartBrain

クイズ教材作成
(画像1)

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

LMS(学習管理システム)である、smartbrainの機能についてご紹介。

smartbrainのクイズ教材は、上の画像1の様に、色々な形式の出題ができます。(上画像1)↑↑↑
→正誤選択問題・単一選択問題・複数選択問題・記入問題・マッチング問題・並べ替え問題・穴埋め問題・小論文・クリックマップ問題 があります。

今回は、その中で「複数選択問題」をチョイスしてみましょう。

設問作成複数選択
(画像2)
↑↑この写真の様な画面に切り替わります。(画像2)

< 画像説明>
1、選択枠に選択肢を入力します。
2、それぞれの選択肢に画像が付けられます。
3、それぞれの選択肢に音声が付けられます。
4、選択肢の数を自由に増減できます。

クイズ作成 設問
そしてこの画面の上の方(画像3)に設問をいれたり(赤枠A)、画像をいれる(赤枠B)と、、↑↑

完成↓↓
クイズ完成ポインセチア

ちなみに、正解は「ポインセチア」でした!!

【キバンインターナショナルのLMS SmartBrainについて】

PC(Windows・Mac)、iPhone、Android対応のeラーニング学習管理システムです。20ユーザまで無料でご利用頂けます。LMS相談会では、主にSmartBrainを題材にご説明致します。通常、SmartBrainの運用研修は4時間で15万円(税別)の料金を頂いておりますが、LMS相談会でご質問頂きますと無料ですので大変お得です。
SmartBrainの無料お試しはこちらからどうぞ。
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

集合研修導入事例1

スマホログイン画面

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

 LMS(学習管理システム)であるsmartbrainについて、導入方法や操作方法を相談できる会である、第5回LMS相談会(8/24)に参加しました。

学習管理システムのsmartbrainは、様々なシチュエーションで使えます。
その1つは、
 「集合型の研修代替・補足として活用」
できます。

お手元の スマホやパソコンで、
 受講者
・集合研修を見れる。(いつでも・何回でも)
・感想やアンケートに答える。
 研修主催側
・研修動画やスライドを作成。
・アンケートや復習クイズなど作成。
・受講者の閲覧状況や感想やクイズ回答などを把握。
することができるとわかりました。

それから
画像2枚目に、スマートブレインのログイン画面(スマホバージョン)がありますが、
Facebook・Twitter・Google+の、ソーシャルネットワークからもログインできるのがわかりますね。

これなら
細切れな時間で閲覧するときも、
再度スマートブレインにログインID・PWを入力せずとも
素早く閲覧できます。

是非、集合研修として、導入してみてはいかがでしょうか。

第5回LMS相談会
(↑シアタールームにて第5回LMS相談会の様子)

【キバンインターナショナルのLMS SmartBrainについて】
PC(Windows・Mac)、iPhone、Android対応のeラーニング学習管理システムです。20ユーザまで無料でご利用頂けます。LMS相談会では、主にSmartBrainを題材にご説明致します。通常、SmartBrainの運用研修は4時間で15万円(税別)の料金を頂いておりますが、LMS相談会でご質問頂きますと無料ですので大変お得です。
SmartBrainの無料お試しはこちらからどうぞ。
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

smartbraim(学習管理システム)は、閲覧・利用するときは、ソーシャルネットワークからログインすると、素早く学習が開始できますよ!!

操作方法は、下の画像をご参照ください。

smartbraimには、様々な機能があります。

これからもsmartbraimについてブログでどんどん、紹介していきますね。

FBからログイン
↑「ソーシャルネットワークからログインするための設定方法」~http://kiban.smartbrain.info/index.php?action=logoff&0&よりログイン

FBからログイン1
↑「ソーシャルネットワークからログインするための設定方法」~個人設定のソーシャルログイン設定をクリック

FBからログイン2
↑「ソーシャルネットワークからログインするための設定方法」~facebook・twitter・google+ から選択する。

【キバンインターナショナルのLMS SmartBrainについて】

PC(Windows・Mac)、iPhone、Android対応のeラーニング学習管理システムです。20ユーザまで無料でご利用頂けます。LMS相談会では、主にSmartBrainを題材にご説明致します。通常、SmartBrainの運用研修は4時間で15万円(税別)の料金を頂いておりますが、LMS相談会でご質問頂きますと無料ですので大変お得です。
SmartBrainの無料お試しはこちらからどうぞ。
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

平均寿命と平均余命、健康寿命

CATEGORIES SmartBrainby.o.nakamura0 Comments2015.08.04

日本医療学会のHPにある、ミニ知識に新たなキーワード、「平均寿命と平均余命、健康寿命」が追加されました。

【平均寿命と平均余命、健康寿命】
現在、日本人の平均寿命は男性79.29才、女性86.05才でともに世界のトップクラスであることがニュースになります。しかしこの数値を持って単純に、日本人は長生き、とは言えない数値なのです。成人国民一人一人の日常生活上にはあまり意味を持たない数値なのです。例えばすでに平均寿命を越え方の中にはどのような意味があるのか戸惑いもあることと思います。個人個人にとっては平均寿命より平均余命という数値の方が意義があるのです。

【平均余命】
現在○歳の方々はその後平均して何才まで生きて居られるかという数値が平均余命として表されるのです。すなわち0歳児の平均余命が国民の平均寿命とされているのです。最近の厚労省の統計では現在80才の方の平均余命は男性8.49才、女性11.43才であり、平均して男性は88.49歳、女性は91.43歳まで生きておられるということです。年齢が進んでも常に平均余命は先にあり追い越すことはできないのです。各個人が自分の年齢の平均余命を知り、健康維持に気を配る生活設計の目安とし、健康寿命を如何に伸ばすかが個人にとっては重要な課題になるのでしょう。

その他のミニ知識は、以下のリンクにてご覧ください。
http://www.jhcs.or.jp/page-1307

熱中症は熱中毒

CATEGORIES SmartBrainby.o.nakamura0 Comments2015.07.31

日本医療学会のHP ミニ知識 に新たなキーワード、「熱中症は熱中毒」が追加されました。

熱中症とは暑さに中り身体の温度が異常に上昇し、めまい、吐き気、倦怠感、こむら返りなどの症状さらに意識障害にいたる状態を言います。原因は熱による全身的臓器機能障害なのです。従って介抱で第一に行うべきは直接冷水をかけたり、皮膚を濡らし風を当てて気化させることなどで体温を下げることのです。

また予防としては時々身体を冷やすこと、適宜水を飲むことです。人の身体には皮膚からの発汗による気化熱で体温を下げる機能が備わっていますが、水分不足で汗が出なくなるとこの反応が働きません。しかし汗は出ていてもそれが気化しないと体温は下がりません。陽の当たらない所、また夜間でも風が通らない蒸し暑い部屋の中、などで熱中症が起こる理由です。
最近ニュースでは盛んに熱中症対策が取り上げられ、こまめの水を飲むようにと言われます。勿論水分補給は大切で、脱水状態となって汗が出なくなってしまうと体温上昇につながります。しかし現実にそこまで脱水状態でなくとも熱中症の症状を訴える方は居られます。

また水を飲んでいれば熱中症にならないということでもないのです。熱中症の3割の方は夜間に発症しているとのことです。身体の温度を下げること、汗が乾くように空気が流れる所で寝むことなど、熱中症は熱に中ったための熱中毒と考えておくことの方が大切でしょう。

その他のミニ知識は、以下のリンクにてご覧ください。
http://www.jhcs.or.jp/page-1307

MS相談会 集合研修 社内研修

MS相談会 集合研修 社内研修


(写真:第3回LMS相談会の様子)

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

6/24(月)、毎月第4月曜日開催の第3回LMS相談会(無料)が開催されました。

企業の教育担当者さまなど、教育を実施する立場の方が対象です。

LMS(誰が何をどれだけ学習したかを管理することができるシステム)の運用方法を学ぶことができます。

今回のテーマは「2015年版・集合研修とeラーニングの融合」↓↓↓

参加者の感想ををお伝えいたします。


1、LMSで学習した感想は? 
社内のシステムが、ぼんやりではあるが、少し理解できたこと
もう少し自分の業務や会社について理解できてから、もう一度聞かせていただくともっとよくわかると思います。

2、本日学んだ内容で、最も良かったものは何ですか?
スマートブレインのシステムを使うとどんなものが作れるのか少しわかったこと

3、本日学んだ内容を何かに活かせそうであれば、どんな場面ですか?
ブログを書くときや、女子勉強会の準備の時


3番の回答で、「スマートブレインのシステムを使うとどんなものが作れるのか少しわかったこと」
とございましたが、smartbrainで使える機能をいくつかご紹介します。

クイズ機能 ・・・誰でも簡単にクイズが作れ、選択肢も自由に作れる。
pdf ・・・既存のものをそのまま載せて、共有できる。
レクチャーメーカー ・・・動画を分類するメニューボタンを作ったり、凝った講義教材が作れる。
html ・・・テキストやyoutubeをそのまま載せられる。
動画 ・・・講義や研修の学習動画を載せられる。
オーサリングツール ・・・動画のキャプチャができる。システムの操作方法など、一目でわかりやすく共有できる。

次回の第4回LMS相談会(無料)は、7/27開催「はじめてのeラーニング導入 その1」です。
ぜひ、ご参加ください。

キバンインターナショナルのLMS SmartBrainについて

main_image

PC(Windows・Mac)、iPhone、Android対応のeラーニング学習管理システムです。20ユーザまで無料でご利用頂けます。LMS相談会では、主にSmartBrainを題材にご説明致します。通常、SmartBrainの運用研修は4時間で15万円(税別)の料金を頂いておりますが、LMS相談会でご質問頂きますと無料ですので大変お得です。

SmartBrainの無料お試しはこちらからどうぞ。

LMS相談会(無料)の開催スケジュール、お申込、お問い合わせ

次回のLMS相談会(無料)の開催スケジュール、お申込、お問い合わせは、こちらをご覧下さい。

MS相談会 集合研修 社内研修

MS相談会 集合研修 社内研修

弊社ではeラーニングのシステムを開発し、販売しております。
PC・スマートフォン・iPad・携帯電話で対応eラーニングシステム↓↓↓
SmartBrain

このシステムは大きく分けて社内のイントラASPでご提供が可能です。
官公庁様、宇宙関係企業様、大企業様などは比較的イントラで導入して頂いています。

専門知識が低くてもeラーニングを使えるように心がけて設計しましたので、
ご担当者様には使いやすいと言って頂けることが多いです。

システムに負荷をかけないように、PDFで教材作成、
またオーサリングツールにて音声も同時に作成することが出来ます。
要は、パワーポイントさえ作れば、音声付きの動画教材を手軽に作成することが出来ます
PPT2VoiceNeo

SCORMに準拠したシステムですので、安価互換性が高くに導入して頂くことが可能です。
また、SCORMの中でも最高レベルのLMS-RTE3を取得しています。
日本eラーニングコンソーシアムでは数少ないLMS-RTE3を取得しています。

ご興味ある方は、
20名まで無料でお使い頂けますのでお試しください。
無料で使ってみる

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、4/24(月)、企業のeラーニングを活用するご担当者を対象に『LMS(ラーニングマネジメントシステム)相談会』を無料開催します。

学習管理方法や情報セキュリティなど、担当者が直面するありがちなお悩みの解決をお手伝いすることができます。お申込みは http://elearning.co.jp/?page_id=17204 から。

LMS相談会とは

LMS(誰が何をどれだけ学習したかを管理することができるシステム)の運用方法を学ぶ会です。

教育ご担当者様のありがちなお悩み(学習の管理方法、教材作成方法、コスト面、情報セキュリティなど)の解決方法や事例を学ぶ事ができます。

はじめてLMSを使いたいという方も、すでに運用中という方もお気軽にご参加ください。

開催スケジュール

毎月第4月曜日13:00〜14:00開催となっております。開場は12:50です。

前半:LMS運用で起こりがちな課題の解決方法のご紹介
後半:個別相談

の2部構成となっています。

各回のテーマは下記の通りとなります。

2015年4月27日(月) 紙とeラーニングの連携

2015年5月24日(月) 支店、海外など、複数拠点でのeラーニングの実施

2015年6月22日(月) 2015年版・集合研修とeラーニングの融合

2015年7月27日(月) はじめてのeラーニング導入 その1

2015年8月24日(月) はじめてのeラーニング導入 その2

2015年9月28日(月) 動画コンテンツ販売

2015年10月26日(月) 会員制ライブ配信

開催場所

〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目7番3号 セイコービル2F 株式会社キバンインターナショナル
地図 : http://elearning.co.jp/?page_id=17204

参加費

無料

対象者

企業の教育ご担当者さま
経営者の方
学校・塾の先生
セミナーや勉強会の運営者の方

など、教育を実施する立場の方

LMS相談会 詳細Webページ

下記をご覧下さい。
http://elearning.co.jp/?page_id=17204

お申し込み方法

下記のお申し込みフォームよりお願い致します。
http://elearning.co.jp/?page_id=16754

お問い合わせ

Webサイト http://elearning.co.jp/
TEL: 03-5846-5800 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

キバンインターナショナルについて

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。 本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

キバンインターナショナル女子部の唯です。
※女子部とは、社内女性スタッフでによって結成された部署です。

まだ先月働き始めたばかりの新人で、やっと少し慣れてきたかな?といった感じです。
そんな私が、会社が提供しているシステムを理解するために、「SmartBrain」というeラーニング作成システムを体験しています。
前回までに、パスワード強化モードGoogleAnalyticsなどをご紹介させていただきました。
今回は、「動画登録ウィザード」を体験しましたので、機能・使用方法とあわせてご紹介します。

 

「動画登録ウィザード」とは?
eラーニングには、学習用の動画が必須となってくるということは、皆さんご存知かと思います。
そのためには、SmartBrain内に学習者に見せるための動画を登録する過程が必要となってきます。
今回ご紹介する「動画登録ウィザード」は、この動画登録を初めての方でもできるだけ簡単に行えるようにしたシステムが、
この「動画登録ウィザード」になります!
本来、動画をネット上に登録することというのは、さまざまなページにとんでさまざまな作業をして、といったような、複雑な作業を必要とするものでしたが、
「動画登録ウィザード」を使えば、どなた様も比較的簡単に登録を行うことができます!

今回は、SmartBrainの動画登録ウィザードの利用方法とともにご説明させていただきたいと思います。

 

動画登録ウィザードをはじめよう

まず、自分が登録したい動画に該当する科目・項目をクリックします。

2015-02-03_1512

 

次に、選択した教科内にある「コンテンツリスト」のなかの「+」ボタンをクリックします。

2015-02-03_1514

 

「動画登録ウィザード」を選択します。

2015-02-03_1514_001

コンテンツ名(今回は「テスト色講座」という名前を入力しました)を入力し、登録したい動画を「ファイルを選択」ボタンよりアップロードしてください(対応フォーマットに注意してください)

入力を終えたら、「登録して次へ進む」をクリック。

2015-02-03_1516

次に、「終了条件」(動画を見た人が「合格」とPCに判断される条件)を選択し、その後「player_size」を選択しましょう。

2015-02-03_1517

入力し終えたら、「確認」をクリックしてください。

2015-02-03_1525

 

次に、iPadの動画を登録します。先ほど同様、登録したい動画をアップロードし、「登録して次へ進む」をクリック。

(※PC用と拡張子が違うので注意してください。)

2015-02-05_1118

 

次にiPhone用の動画を登録します。

2015-02-05_1119


Android用動画の登録では、iPhoneと拡張子が同じですので、そのまま「登録して終了する」ことができます。

しかしiPhoneとAndroidの動画を異なったものにすることもできる便利な機能もございますので、ご利用になりたい方は最下部の「Android用動画を追加」をクリックします、すると

2015-02-05_1119_001

 

このように別の項目が出現するので、動画をアップロードし、「登録して終了する」を押してください。

2015-02-05_1121

 

ちなみに、登録ウィザードで登録した動画を削除したい場合は、削除したい動画が入っているフォルダ名から、動画の名前を選択し、

その次に表示されるページの真ん中あたりにある「削除」ボタンを押すと、削除することができます。

delete

 

 

ご覧になっていかがでしょうか。私はあまりコンピュータの操作に慣れていないので、動画登録ウィザードでさえ少し設定が難しいと感じました。
ですが、前述の通り、この登録方法は従来のものと比べてとてもわかりやすく簡単なものとなっています!わからないことも社員の方にお尋ねすることもできるので、あんしんですね♪

eラーニングを「受講」したことはあっても、eラーニングを「つくりだす」ことを経験できる機会は、とても少ないと思います。
ですが、私たちキバンインターナショナルでは、独自のeラーニング作成システム「SmartBrain」を提供しており、
この「SmartBrain」を通して、たくさんの方にeラーニングを「つくりだす」ということを体験してもらい、少しでも学習システム作りの参考になればと考えております。

インターネット環境を利用したこのシステムで、新しい学習環境をお客様の手で作ってみてはいかがでしょうか。
20ユーザーまでなら無料ですべての機能をご利用いただけます!この機会にぜひご利用ください!

 

SmartBrainについてもっと知りたい方はこちら!!
↓↓↓
【SmartBrain】 PC、スマートフォン、ケータイ対応のeラーニングシステム(LMS):スマートブレイン

すぐに利用を開始したい方はこちらから!
↓↓↓
start

キバンインターナショナル女子部の唯です。
※女子部とは、社内の女性スタッフによって構成された部署です。

この間、私の会社で取り扱っている「SmartBrain」をはじめて操作し、いろいろ試してみました。
そして、先日はブログで「パスワード強化機能」についてお話させていただきました。
それ以外に、新たに見つけた「あれ、何これ!」といった素敵な機能がまだありましたので皆様にもお伝えしたいな、と思います。
それが、「GoogleAnalyticsのアクセス解析」機能です!

GoogleAnalyticsのアクセス解析機能とは?●

Googleのサービスの一つである「GoogleAnalytics」を、SmartBrainの管理者のサイト内に組み込み、解析することができる、というものです。

GoogleAnalyticsを組み込むことにより、その画面を閲覧したユーザーの数、日時、そしてそれぞれどのようなページを何回閲覧したか、などの細かなところまで解析してくれますので、
グループ内のユーザーの学習状況や意欲を詳しく知ることができますね!

2015-02-03_1312
※画像のは私が作業用に作ったGoogleAnalyticsのアカウントでのグラフです。

今はまだグラフの変動が少ないですが、時間がたつにつれて正確な毎日の訪問者数を視覚的に見ることができます。

 

また、こちらのGoogleAnalyticsでは、日別の訪問者数以外にも、今現在何人がウェブサイトを閲覧しているかを確認できる「リアルタイム」という機能もございます!

2015-02-03_1317
※画像は一例です。

GoogleAnalyticsへの登録は無料で、Googleのアカウントがあればすぐに登録できますよ!

↓↓↓↓↓

GoogleAnalytics

 

●SmartBrain内での応用●

ちなみに、以前にSmartBrainの機能についての記事を書かせていただきましたが、実はSmartBrainの「閲覧履歴」という項目内にも同様の機能が備わっています!

2015-01-30_1609

※黒い四角の中には私のメールアドレスと名前が記載されていましたので伏せてあります。

ご覧になっておわかりになられたと思いますが、両方お使いいただくことによって
グラフと表の2種類を用途別に見ることができます。

たとえば、SmartBrainの表の履歴は、学習のために特化したシステムですので、各個人の学習者の状況を把握することや、どの日程や時間帯がみんなが勉強しやすいのか、さらには、どの教材が人気であるかを把握するのに使うことなどなど、eラーニングを実施する際に必要な機能が充実しています。
一方GoogleAnalyticsのグラフでは、一般のウェブサイトの訪問者数調査を目的としたものですので、アンケートを取らずに統計を取ったり、その他のデータを計測したり、といったことにも使えるので、SmartBrainとGoogle Analytics、それぞれの特徴を活かしてご利用頂くとよいでしょう!

みなさんも、ユーザーさんの学習状況を把握しながら学習内容を共有できる「SmartBrain」を、ぜひお試しください★

↓↓↓↓

SmartBrainについてもっと知りたい方はこちら!!
↓↓↓
【SmartBrain】 PC、スマートフォン、ケータイ対応のeラーニングシステム(LMS):スマートブレイン

すぐに利用を開始したい方はこちらから!
↓↓↓
start