smartbrain導入事例【eラーニング研修での内容が、社員が理解できているか確認したい】~5分で簡単!smartbrainでクイズ作成しました!!

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

eラーニングシステム「smartbrain」の導入事例をご紹介いたします。

【ご相談内容】

企業の人事部からのご相談。
eラーニングシステム「smartbrain」で、コンプライアンスの研修をしたが、社員が理解できているのか確認したい。

【ご提案】

「smartbrain」では、5分で簡単に作成できる「クイズ機能」があります。
9種類の問題形式(※)を選べます。
こちらで、管理者は受講者の研修の理解度チェックすることができます。
受講者自身も、クイズを解くことで、記憶の定着につながります。

(※)9種類の問題形式・・・・
正誤問題・単一選択問題・複数選択問題・記入問題・マッチング問題・並べ替え問題・穴埋め問題・小論文・クリックマップ問題

【smartbrainとは?】

誰が
どんな教材を
どれだけ学習したか
を管理できるeラーニングシステムです。

様々なタイプの学習教材を作ることができます。
その中でも動画では「クイズ機能」をご紹介しています。

【クイズ機能を使うとどんなことができるの?】

講座の受講者が、どれだけ内容を理解できたかを、受講者も管理者も把握することができます。

例えば、
・eラーニングを使った研修で、研修を受けた人がどこまで内容を理解できているかを、上司が把握したいとき。

・登録販売者の講座を受けた人が、テスト前の演習問題としてチェック。

【「smartbrain」に詳細はこちらから】

smartbrainについてはこちらをクリック

smartbrainについてはこちらをクリック


http://www.smartbrain.info/

・「smartbrain」お問い合わせはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=1290

・「smartbrain」無料お試しはこちらから
http://www.smartbrain.info/?page_id=478

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, SmartBrainby.kobayashiseira0 Comments2016.10.05
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。