eラーニング

WordPress / 前後ページへのリンク

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka6 Comments2009.11.05

WordPressを使っていて、前後のページへのナビゲーションに困ったことはありませんか?PPT2Flashのページに埋め込みたかったのですが、なかなかよいプラグインが見つからなかったので、自作しちゃいました。POSTは線形に記事が並んでいるだけなので簡単に前後の記事を探せますが、ページは木構造になっているため、簡単に前後の記事を特定することができません。そこで、すべての記事を、表示される順序どおりに配列にいれ、その中で前後の記事を探しています。

使用例

ppt2flash

ppt2flash

プラグインのダウンロード: prev_next

プログラム概要

  • get_prev_next
    現在のページの前後のインデックスを確認し、あればそのページを、なければfalseを返します。
  • short_code_next
    [ prev-page ]を置換するためのHTMLを生成。
  • short_code_prev
    [ next-page ]を置換するためのHTMLを生成。
  • prev_next_prepender
    [ prev-page ][ next-page ]を、記事の先頭に付加します。

ソースコード

<?php
/*
Plugin Name: prev_next
Plugin URI: http://blog.elearning.co.jp
Description: Link to the previous page and the next page
Version: 1
Author: y.nishimura
Author URI: http://blog.elearning.co.jp
*/

/**
* this function returns previous page and next page
* if not exist, return false.
*/
function get_prev_next(){
static $pageArray; // for performance enhancement
if(!isset($pageArray))$pageArray = get_pages(‘sort_column=menu_order,post_title’);
foreach($pageArray as $page)$idArray[] = $page->ID;
$pos = array_search(get_the_ID(), $idArray);
$ret[‘prev’] = isset($pageArray[$pos – 1]) ? $pageArray[$pos – 1] : false;
$ret[‘next’] = isset($pageArray[$pos + 1]) ? $pageArray[$pos + 1] : false;
return $ret;
}

/* define shortcode [prev-page] and [next-page] */
function short_code_next(){
$prev_next = get_prev_next();
$next = $prev_next[‘next’];
if($next)return ‘<a href=”‘.get_page_link($next->ID).'”>’.htmlentities($next->post_title, ENT_QUOTES, ‘utf-8′).’ »</a>’;
}
function short_code_prev(){
$prev_next = get_prev_next();
$prev = $prev_next[‘prev’];
if($prev)return ‘<a href=”‘.get_page_link($prev->ID).'”>« ‘.htmlentities($prev->post_title, ENT_QUOTES, ‘utf-8′).'</a>’;
}
add_shortcode(‘prev-page’, ‘short_code_prev’);
add_shortcode(‘next-page’, ‘short_code_next’);

/* prepend link-unit to the “pages” (not to posts) */
function prev_next_prepender($content) {
if(is_page())$content = ‘<div><div style=”float:left”>[ prev-page ]</div> <div style=”float:right”>[ next-page ]</div></div><br/>’.$content;
return $content;
}
add_filter ( “the_content”, ‘prev_next_prepender’);
?>

QuizCreatorで過去問題集を作る

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2009.11.04

皆さんこんばんは、株式会社キバンインターナショナル 中村おりおです。今回は、誰でも簡単に、プログラム不要でeラーニング用のテストが作成できるソフトウェアQuizCreatorを利用して、過去問題集を作成してみたいと思います。

0.用意するもの

・過去問の原稿
今回は、財団法人全日本情報学習振興協会 様よりご協力を頂きまして、個人情報保護法検定の過去問を頂きましたので、こちらを利用致します。

・ScanSnap S1500
富士通製のスキャナです。紙媒体の原稿でも電子化(PDF化)してくれて、しかもOCR(画像データを文字に変換)してくれる優れものです。原稿が紙媒体しかない場合、この機材が重宝します。

・QuizCrator
プログラム不要で、誰でも簡単にテストを作成できるソフトウェアです。
ソフトウェアの詳細はこちら

1.紙データを電子化

ではさっそくやってみましょう。まずは、紙データを電子データに取り込みます。S1500では、A4サイズまでしか取り込めませんので、原稿の過去問題集は背をカッターで切り取って、A4サイズにばらしておきます。

2.画像をテキスト化

S1500 に付属のソフトウェアを利用して、画像データをテキスト化します。この作業の精度が低いと、次の問題作成の際に悲しいことになるのですが、Scan Snap付属のソフトウェア、精度はかなり良いようです。

3.QuizCreatorでテストに
択一式の問題の形式なので、Quizcreatorの単一選択方式の設問として取り込んでいきます。ここは、機械(というかプログラム)で自動化したいところですが、頑張って手作業でコピペしていきます。
(80問だと丸1日利用すると、だいたい出来上がります。そこから、入力ミスのチェックなどを行って完成です。)

これで、このような感じでのテストが作成できます。
作成サンプル(3問分)

このように、紙媒体しか原稿が存在しない場合でも、ちょっとした工夫と機材があれば簡単にテストを作成することができます。

先月30日と31日に開催されたオープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Fallへ参加するために東京へ行ったのですが、その際東北新幹線を使いました。これで北海道函館市から東京まで行きますと、約6時間程かかります。今回は、乗車時間中に色々とeラーニングを活用してみました。

まずは、iPhoneで。

早速、英文法.comをやろうとしたのですが、新幹線の中ではどうしてもトンネルに入ったりしてしまったり、地方に出てしまったりで電波が途切れてしまい、動画を見ることが出来ませんでした・・・

そこで、あらかじめ用意しておいたPodcast教材を出してみました。

今回は、smart.fmが配信しているPodcast教材 “まずは!TOEIC基礎シリーズ1-50″を入れておいたので、これで学習をしました。

Smart.fmが配信しているPodcast

(ちなみに、画像は自宅で撮影しました。車内でiPhone以外カメラを持っていなかったので・・・)

このPodcast教材、音声とイメージ画像が交互に出る仕組みになっており、イメージで頭の中に英単語が入ってきます。これを2時間ぐらい、ずーっとやっていました。

次に、ニンテンドーDS。

さすがにずっとiPhoneを使っていると飽きてきますし、それにバッテリーも切れてきます。そこで、ニンテンドーDSの”えいご漬け“に切り替えてみました。

えいご漬け

こちらは、音声が出て、次につづりをタッチペンで実際に書くという仕組みです。識字制度も高く、これも私なりに楽しく勉強を楽しむことが出来ました。

約2時間ぐらいやっていました。

iPhoneで3G回線を経由したeラーニングは東北新幹線では難しかったのですが、オフラインで使えるPodcast教材やニンテンドーDSの”えいご漬け”みたいな学習ソフトでは十分eラーニングを楽しめる結果となりました。東北新幹線でも無線LANが使えるようになれば、英文法.comで学習を進めることが出来るのですが・・・

ちなみに、帰りの新幹線では疲れ果てて終始眠ってしまっていました・・・

スマートフォンとeラーニング

CATEGORIES Android, BlackBerry, eラーニング, iPhoneby.m.nishimura4 Comments2009.11.03

eラーニング専門企業として、私たちは、携帯電話向けeラーニングシステムに製品開発を集中させます。

ここ10年でもっとも社会に普及した機器のひとつは、ケータイ、すなわち携帯電話であることは誰の目にも疑いの余地がないと思います。その中でもスマートフォンといわれるiPhoneやGooglePhone、Windowsモバイルの進化は、人々の生活を大きく変化させつつあります

この携帯電話も機能追加は限界に達し、今後どのような進化を遂げていくのかは、私自身、全く見当がつきません。ただiPhoneや BlackBerry、WindowsMobileなどのスマートフォンといわれる次世代の携帯電話に触れるたびに、携帯電話の進化の方向のひとつとし て、スマートフォンは大きな潮流になることは間違いないと考えています。

社会のインフラになるようなソフトウェアを提供したいという想いからキバン(http://www.kiban.co.jp)という社名をつけて創業したのが1998年。キバンインターナショナル(http://elearning.co.jp/)を設立し て世界に向けてサービス提供の準備を開始したのが、2009年。目標であるすべての人にeラーニングを提供するには、すべての環境、デバイスでの学習がで きるような環境の提供が重要です。

近い将来、スマートフォンでeラーニングが当たり前な時代が到来します。私たちは、スマートフォン対応のeラーニング、携帯電話対応のeラーニングにどんどん注力していきます。

私たちは、すでに、パワーポイントで作成した資料を、モバイル器機向けに変換する事ができるPPT2Mobile(http://ppt2mobile.jp)(16,800円)や、iPhoneで学習することができる英文法.COM(http://bunpou.com/)を提供しています。今後、モバイル向けに注力して、ラインナップを強化して参ります。

大学の講義、企業研修で作成したパワーポイントファイルをを改ざんや、コピーを禁止して配布する必要があります。パワーポイントファイルを、Flashファイルに変換して配布するのがベストです。PDFでは、スライドに付けたアニメーションが再現されませんし、HTMLに変換した時には、画像やテキストを自由にコピーできてしまいます。

PPT2Flash は、パワーポイントファイルをFlashファイルに変換する事が可能なツールです。パワーポイントのアニメーション、音声、ビデオも、Flashに変換します。Flashに変換すれば、Webに掲載しても、テキスト、画像をコピーされる心配は無くなります

eラーニング用教材作成ソフトとして、PPT2Flashを発売しました。このPPT2Flash で変換をパワーポイントをFLASHに変換してして、大学講義の配布、企業研修資料のの配布、営業資料の配付をしていただければ、資料のコピーや改ざんの心配がありません。PPT2Flash Professionalをお試しいただければと思います。

30日間、すべての機能を試して納得の上、購入していただけるようになっています。インストールいただくと、パワーポイントにPPT2Flash というメニューができますので、そこから「パブリッシュ」を選択するだけでFlash変換ができます。知的財産保護するためにも、配布するPPTファイルをFlash変換して配布することをご検討ください。価格は29,400円です。配布するFlashファイルのライセンスはフリーで無料です。変換するPC1台につき、1ライセンスのみ必要です。

▲PPT2Flash Professional 30日間無償トライアル

▲PPT2Flash Professional 30日間無償トライアル

PPT2Flash Professionalの30日間無償トライアル版ダウンロード
http://ppt2flash.jp/?page_id=23

7)株式売却について
株式売却は、もし井手さん以外の方が候補にあるのであれば、

近日中にお知らせください。
16日に、完了させるには、井手さんで手続きを終え、その後、井手さんから売却の形が良いと考えています。
購入後売却される予定もあるとききます。25万円/月×10年間(3,000万円)と金額も大きく、
株券の不発行会社ですので、1.公証役場で公正証書にすること、2.購入される方が連帯保証人を付けること。(連帯保証人について連絡をくださいますよう、おねがいします。)
公証人については、日本橋公証役場に、10月19日に行く予定で、書面の作成を依頼済み。
詳細を連絡し、公証人役場については、日程を再度調整します。
第3者と立会人に建てる案もあるようですが、金額の大きさ、株式が不発行であることから、当初の予定通り公証役場での手続きをとるべきだと考えいます。

PHPの標準関数でPOSTする方法

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka11 Comments2009.11.02

PHPでPOSTを送信するとなると、Pearのライブラリを使った方法が一般的だと思いますが、Pearなんて大嫌いだという人もいるかと思います。そこで、PHPの標準関数だけでPostを実行する関数を作ってみました。間違ってるよとか、つかいづれーとか、もっと言い書き方があるよ、なんて意見があればはてぶでがんがん叩いていただけると幸いです。

関数の使い方
第1引数 投げ先のURL
第2引数 投げるデータの連想配列
戻り値 レスポンスHTML

function post($url, $data = array()){
—-foreach($data as $key => $value){
——–$data[$key] = mb_convert_encoding($value, ‘utf-8’);
—-}
—-$query = http_build_query($data, ”, ‘&’);
—-$pattern = “/^(http):\/\/([^\/]+)\/.*$/i”;
—-if(!preg_match($pattern, $url, $match ))return false;
—-$domain = $match[2];
—-$fp = fsockopen ( $domain, 80 );
—-if ( !$fp ) {
——–echo(‘Connection failed’);
—-} else {
——–$str =
——–“POST ” . $url . ” HTTP/1.0\r\n”.
——–“Host: ” . $domain . “\r\n”.
——–“Content-Type: application/x-www-form-urlencoded\r\n”.
——–“Content-Length: ” . strlen($query) . “\r\n”.
——–“\r\n”.
——–$query.
——–“\r\n”;
——–fwrite($fp, $str);
——–$ret = ”;
——–while($buff = fread($fp, 1024))$ret.=$buff;
——–return $ret;
—-}
}

※Wordpressでうまくインデントを表現できなかったので、ハイフンを大量に挿入しています。ソースコードをコピペする際は、”—-“をタブか半角スペース4つに置換してください。

すごい改良されたコードがアップされてました。httpsなどにも対応した、より実用的な関数に改良されています。

[php][http][雑談]Re:PHPの標準関数でPOSTする方法

実は stream_context_create なんて便利な関数があることを知りませんでした。勉強不足ですね。精進します。

こうやって意見をもらえることで、一気に知識の幅が広がります。まだまだ未熟ですが、積極的に情報発信していこうと思います。

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役社長 西村正宏)は、これまでオフラインの集合研修として実施してきたWebVideo Authorの教材作成講習のオンラインセミナーの提供を開始致しました。

このWebVideo Authorオンラインセミナーは、これまで同製品を購入いただいた方に集合研修として提供されていましたが、オンライン化を求める声が多数寄せられていることから、この度オンラインセミナーとして公開致しました。

閲覧方法

1. 下記のURLにアクセスしてください。

http://e-seminar.info/

2. 閲覧したいセミナータイトルをクリックしてください。

3. 講座が再生されます。

※閲覧には、Flash Playerが必要です。

WebVideo Authorとは
WebVideo Authorとは、動画をFlash形式などに変換する教材作成ツールです。
作成したフラッシュビデオはeラーニング教材、Web上での掲載、ストリーミング配信形式として利用することが可能です。

価格:1ライセンス 16,800 円~
(詳しくは、ホームページをご覧下さい。)

URLはこちら
http://webvideoauthor.jp/

株式会社キバンインターナショナルとは
株式会社キバンインターナショナル(http://elearning.co.jp/)では、「eラーニングをすべての人に!」という目標に向けて活動をしており、その目標を達成するために、自社で製品・サービスを開発するだけではなく、日本・海外から優れた製品を探して皆様にお届け致します。

連絡先
株式会社キバンインターナショナル
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F
電話:03-5846-5800
FAX:03-5846-5801
URL:http://webvideoauthor.jp/
担当:中村(なかむら)、長谷川(はせがわ)
お問合せ先:下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

http://e-seminar.info/?page_id=12

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏)は、2009年11月4日より、販売している全種類のソフトウェアにつて公式twitterのアカウントを取得し、お客様向けのサポート、お客様からのフィードバック収集に活用することを決定し、運用を開始しましたので、お知らせいたします。

株式会社キバンインターナショナルの公式twitterのアカウントは、1.PPT2Flash、2.QuizCreator、3.DemoCreator、4.WebVideoAuthor、5.LectureMAKER、6.PPT2Mobile)の6種類のソフトウェアと、社会人のためのやり直し英語講座、7.英文法.com 8.会社関連(blog)の合計8種類で開始します。twitterを利用することで、これまでは、新着情報として公開することのできなかったような小さなニュースや、ソフトウェアの便利な活用方法、キャンペーン情報などを、随時発信していきます。

また、一方的な発信だけにとどまらず、twitterユーザーからのフィードバックを元に、eラーニング関連のソフトウェア、サービスの充実をはかりたいと考えています。

twitterに関しては、twitterのページにアクセスしていただかなくても、内容をご確認いただけるように、順次、製品ページの右側(右サイドバー)に常時表示してご覧いただけるよう準備をしています。(PPT2Flash ProfessionalLectureMAKERBlogなどが完了)

twitterは、急成長しているマイクロブログといわれるサービスで、オバマ大統領がこのサービスを利用して情報発信したことでも話題になりましたし、芸能人やセレブ、企業のトップなどが直接情報発信をするツールとして急速に利用が進んでいます。

このツイッターを利用して、株式会社キバンインターナショナルからの情報発信だけではなく、ご利用の皆様からのメッセージを受け、今後のサービスの向上や改善につなげていきたいと考えています。

———————————————————————————————————

PPT2Flash Professional
パワーポイントファイルをFlashに変換。簡単SCORM対応の教材作成ツール
HP http://ppt2flash.jp
公式ツイッター https://twitter.com/PPT2FlashPRO

QuizCreator
簡単操作でSCORM対応のeラーニングテスト問題作成ツール。 プログラミング不要で9種類のテスト作成可能
HP http://quizcreator.jp
公式ツイッター https://twitter.com/QuizCreator

DemoCreator
SCORM対応動画キャプチャツール。PCの操作手順を簡単記録し、eラーニング教材に!
HP http://democreator.jp
公式ツイッター https://twitter.com/DemoCreator

WebVideoAuthor
SCORM対応Flashビデオ(FLV)作成ツール。ビデオ教材簡単作成ソフト
HP http://webvideoauhtor.jp
公式ツイッター https://twitter.com/webvideoauthor

LectureMAKER
プロフェッショナルユースの高機能・SCORM対応eラーニング教材作成ソフト
HP http://lecturemaker.jp
公式ツイッター https://twitter.com/lecturemaker

PPT2Mobile
モバイル・ゲーム機・デジタルサイネージ用動画作成ツール。パワーポイントファイルをビデオファイルに変換
HP http://ppt2mobile.jp
公式ツイッター https://twitter.com/PPT2Mobile

英文法.COM
社会人のためのやり直し英語講座です。英文法を完璧にして英語力アップ。
HP http://bunpou.com/
公式ツイッター http://twitter.com/bunpou

Blog.elearning.co.jp
eラーニングに関するニュース、eラーニング製品開発のこと、eラーニングに便利なツールなどを紹介しています。
HP http://blog.elearning.co.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/kiban

インターネット予備校のベリタス・アカデミーhttp://veritas.bz/students/index.html)のeラーニングシステム、コンテンツの作成をお手伝いしています。カリスマ講師と呼ばれた先生方の授業を、日本全国で受講できるようにしたい。自宅にいても、海外にいても、最高の授業を、学びたいときに学習してもらいたい、そんな情熱をもって、取り組んでいます。そのベリタス・アカデミーのWebサイトこの度、Webサイトをリニューアルしましたので、この場を借りて、紹介させていただきます。

今回のリニューアルは、プレゼンテーション Zenという書籍にインスピレーションを得て、シンプルで美しく、そして伝えたいことが、きちんと皆様に伝わるようにというコンセプトで作成されています。株式会社キバンインターナショナルでは、プログラム部分を担当させていただきました。

▲ベリタス・アカデミーのWebサイトがリニューアルしました

▲ベリタス・アカデミーのWebサイトがリニューアルしました

001

▲ベリタスアカデミーの特徴

▲ベリタス・アカデミーユーザーの声

▲ベリタス・アカデミー利用者の声

WordPressで会社のWebサイト、Bllgなど、すべてのサイトを作っています。Blogには、コメントを書いていただけるようになっています。eラーニング製品を中心に紹介している自社Webサイトには、一部コメントを付けられるようになっています。(思い切って全部ページでコメントの受付も検討中ですが。)

コメントを書いた方の顔写真が入る箇所があるのですが、どのようにして追加して良いか不明でした。どのようにして、WordPressに顔写真、アバターを設定して良いのか分かりませんでした。

no_avata

▲このような感じで、アバターは表示されませんでした。

インターネットで調べてみたら、Gravatarhttp://ja.gravatar.com/)というサイトがあって、Gravatarで登録しておけば、TypePadや、WordPressなどで作成されたサイトで、コメントを書いたりすると、登録したメールアドレスから自動的に、アバターが表示される仕組みがあることが分かりました。1カ所に登録しておけば、グローバルに、世界中のサイトで、アバターが表示できる仕組みであることが分かりました。グローバルなアバターで、Gravatar というネーミングのようです。大変、便利で合理的で便利なサービスだと思いましたので、早速登録してみました。(最初は、ちょっと面倒そう、、と思っていました。)

gravatar

gravatarの日本語ページ。登録は、2-3分でした。

登録自体は、ユーザー名、メールアドレス、写真の登録程度。2-3分もあれば、すぐに登録が完了します。登録が完了すると、Blogやeラーニング製品サイトのコメント欄に、登録した写真が表示されるようになります。

avata

▲Gravatarに登録したら、自動的にアバターが表示されるようになりました。

いまさら、アバターが入ったから、、、というご指摘もあるかもしれません。

1つでも多く、皆様からのご要望を承り、1人でも多くの方にeラーニングを届けたいと思っています。多くのコメントを寄せていただきたいという気持ちから、まずは、自分たち、スタッフでもコメントを書いてみよう、どんな人が、どんなコメントを書いているのか、顔写真をだしてみようという、小さな小さな改善と試みのご紹介でした。

WordPresshttp://ja.wordpress.org/
Webサイトや、Blogなど、HTMLを覚えなくても簡単に作成、更新をすることができます。無料で配布されて、多くのプラグイン、テーマ(デザインのファイル)が配布されています。

●Gravatarhttp://ja.gravatar.com/
TypePad、WordPressなどのサイトにコメントを書いた際に、共通のアバターとして表示させるサービスサイト。無料。

8月25日に新会社を設立して、WebサイトもBlogも構築したばかり、ごくごく一部の方に、コメントを書いていただける程度ですが、多くの方に自由にコメントを書いていただき、そのコメントをもとに、より優れたeラーニング製品、eラーニング関連のサービスを作っていくためのヒントやエネルギーにしていきたいと思います。