eラーニング
iPod nano

iPod nano

はじめての皆さんはじめまして、そうでない方はこんにちは。
北は北品川から南は青物横丁まで、世界をまたにかけるキバンインターナショナルの中村おりおです。

若干話題に乗り遅れておりますが、10日に発売されたiPod nano ではビデオ機能も搭載されました。 これでiPod nano でビデオの撮影や再生ができるの、eラーニングとして利用できるプラットホームが またひとつ増えた形になります。

え? iPod nano なんでどうやってeラーニングに活かして良いか分からない?? そんな貴方のために、携帯端末を使ったeラーニングについてちょっと紹介しましょう。

まず、携帯端末を使ったeラーニングは、いろいろな事例が報告されておりまして、 日本教育工学会などでも事例が発表されております。 (http://www.jset.gr.jp/study-group/files/20090307.html

上記は、研究発表を聞くか、会員になるか、報告書を取り寄せないと見れないので、 誰でも見れるところにある事例ですと、神戸製鋼の事例(3ページ目)が参考になるかもしれません。

この事例の場合、ベテラン技術者が持っている技術の継承にeラーニングや携帯端末を利用しています。 尚、神戸製鋼の場合携帯端末は、iPodではなくPSPですが、例えば熟練技術者による操作手順を動画で取っておき、若手技術者に見せるとか iPod nano でも同様な試みに利用できるのではないかと思います。

キバンインターナショナルでも、動画をeラーニング教材にしてくれる WebVideoAuthor や、パワーポイントの内容を、携帯端末用の動画に変換してくれる、PPT2Mobile を販売しておりますので、是非、役立てていただきたいと思います。

ただし、神戸製鋼の例で取り上げられているような、ベテラン技術者が持っている技術の継承は、どのような形で教材化したら良いのでしょうか。このような場合、多くは意図的・偶発的に発生した経験の蓄積によるノウハウ的な知識であると考えられます。 なかなか、一筋縄ではいかないと思いますが、どうしたら良いでしょうか。
(次回に続きます。)

SCORMアセッサ資格試験の結果報告

CATEGORIES eLC, eラーニング, 資格by.t.hasegawa1 Comments2009.09.11

前回書いた、SCORMアセッサの資格試験の結果を報告します。

今日お昼にeLCから通知書が来ており、よくよくみてみると・・・・

やりました!合格です!これもみなさんが就業後に丁寧に教えてくれたおかげです!

ところで、あれ、なんだかすごくみんな普通の顔をしているんですけど・・・

普通、なんかこう、もう少し祝賀ムードになりませんか?せっかくがんばったのに。えっ、だってもうみんなSCORMアセッサ?

・・・ところで、今回特に難しいなと感じたのは、SCORM化するための「imsmanifest.xml」の書き方や、APIアダプタの上で行われるSCO(学習単位)とLMS(学習管理システム)のやりとりでした。

毎日、「LMSGetValue」とか「LMSSetValue」とか、必殺技のように叫んでいたのがよかったようです。

「LMSGetVelue(アンダーバーチルドレン)」と叫んで、これからもがんばっていきたます。

eラーニングと動画

CATEGORIES eラーニングby.t.kuramitsu0 Comments2009.09.11

eラーニングをするとき、動画を使いたい!という要望がたまに出ます。
ただ、どんなに質の高いコンテンツでも、画質が荒かったり
汚かったりしてしまうと、そちらが気になってしまい
学習効率が落ちてしまうんじゃないかと私は考えています。

出来る限り高画質かつ低容量での配信を考えると、H264が選択肢に毎回上がるのですが、
今までのRed5では対応出来ていませんでした。

最近調べてみたところ、どうやらH264も対応できるバージョンが近々出るようです。
そのRC1が出ていたので、既存の動画の再生に問題ないようであれば、
ソフトのバージョンアップを上げて、H264にも対応出来るよう計画中です。

どんなに大変で面倒なことでも、まずは1歩目を踏み出すこと。
技術を着実に身に着けていくことを目標に、日々邁進して行きたく思います。

倉光でした。

新iPodTouch

CATEGORIES eラーニングby.y.nishimura0 Comments2009.09.10

キバンインターナショナルでは、全社員がiPhoneを使っているが、その兄弟製品であるiPodTouchの新モデルが発表された。メモリ容量が最大64GBと、2倍に拡大しただけでなく、上位2機種は処理能力が大幅に向上し、iPhone 3GS並の性能になったそうだ。

iPhone3GSを購入するのは金銭的につらいが、最高の環境でiPhoneOSを使いたい人には良い選択肢だと思う。eラーニングをSmartPhoneで

オーサリングツール販売サイトのメンテナンス担当者よりお知らせです。

eラーニングのオーサリングツールの振込先ですが、24時間振込み内容を確認できたり、オンラインでのサービスが充実していることから、振込先をジャパンネットバンクに変更することにいたしました。新規に購入手続きされる方への案内は、ジャパンネットバンクになっています。なお、これまでの振込先もご利用いただけます。

●振込先
ジャパンネット銀行(0033)  本店営業部(001)
普通 3442246 カ)キバンインターナショナル

●対象となるeラーニングツール
変更をしたオーサリングツールの販売サイトは、下記の通りです。

  • PPT2Flash Professional PowerPointプラグイン。Flashに一発変換。
  • QuizCreator 9種類の試験問題を作成可能。
  • DemoCreator 画面を録画して動画マニュアルを作成したり、eラーニング教材を作成できます。
  • WebVideo Author ビデオのeラーニング教材を作るならこのツール!!
  • PPT2Mobile パワーポイントのファイルを、各種動画ファイルに変換。モバイル端末用にも一括変換(近日日本語版公開予定だよ)

振込記録をよりすばやく確認できますので、お客様にライセンスをお届けするまでにかかる時間をさらに短縮いたします。これからも、eラーニングのキバンインターナショナルをよろしくお願いいたします。

SCORMアセッサ講習会と資格試験

CATEGORIES eLC, eラーニングby.t.hasegawa1 Comments2009.09.08

2009年9月のSCORMアセッサの試験を受けた感想を書きます。

eラーニングを行う際に学習管理システム(LMS)とコンテンツの通信の標準化が進み、SCORMという国際標準規格ができました。

SCORMのおかげで、「このコンテンツを学ぶにはこのLMSでないとダメ!」ということは減り、LMSとコンテンツは様々な組み合わせが使えるようになったのです。

Presentation

▲キバンインターナショナルでは社内でもSCORMの勉強会を開催

そのSCORMに適合しているかどうかを審査するのがSCORMアセッサです。eLearningをやっていく上で、SCORM適合コンテンツやLMSを扱う上では必須の専門化資格といえるでしょう。

よくみると・・・・「コンテンツ制作経験2年」「Javascriptなどの経験がある」なんていう学習前提条件が書いてあります。

プログラム経験が少ない人にはつらい試験ではないかと心配をして望みました。試験の中では、プログラマーでないと解けないような問題は少なく、eラーニングの専門家として必要な知識が問われる問題が出題されていました。キバンインターナショナルは、今回受験した4名が全員合格であれば、全員SCORMアセッサになるというプレッシャーの中での受験でした。

受験をしてみて、さてその結果、試験では問11がすごくいい問題だった半面、解きづらくて、うならされました。

果たして結果はどうだったのか・・・今週から来週にかけて結果がくるのですが・・・

「中小企業緊急雇用安定助成金」とeラーニングの関係をご存じでしょうか?

joseikin

▲eラーニングと助成金の関係

先日、eラーニングで何か役に立つことはないかとWebを調べていた時に偶然見つけた言葉です。

私も、いままで、なじみの薄かった、「中小企業緊急雇用安定助成金」という言葉。eラーニングに使えないかなと調べてみました。

さて、googleで調べていくうちに厚生労働省管轄の中小企業向けの助成制度だとわかりました。

平成20年12月1日から中小企業を対象に緊急経済対策に係る雇用調整助成金制度が見直されました。
急激な資源価格の高騰や景気の変動などの経済上の理由による企業収益の悪化から、 生産量が減少し、事業活動の縮小を余儀なくされた中小企業事業主が、 その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向させた場合に、 休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成します。
(厚生労働省Webより引用)
http://www.netsushori.jp/osirase/08/081212_chushoJoseikin.htm

簡単に説明すると、中小企業緊急雇用安定助成金では、教育訓練を実施すると、通常の助成金に1日6,000円を上乗せするという制度です。

さて、不景気で企業の教育費が削られていく現状、この制度を有効活用することはできないでしょうか?

ざっと調べた感じではeラーニング単体では難しいものの、eラーニングを組み込んだ教育カリキュラムがあっても良さそうだなと思いました。

もちろんそのためには、安く、気軽に使えるシステムとニーズにあったコンテンツ(教材)が必要そうです。

私たちはeラーニングベンダーとして、このニーズを読み取ったシステムを提供していく義務があると思います。

現在日本国内のLMS(ラーニングマネージネントシステム)は大規模向けが主流であります。

そんな中、中小企業をターゲットとしたシステムも今後必要な気がします。

eラーニングを全ての人に!

この目標を成し遂げるためにも是非開発をしていきたい(商品ラインナップに加えたい)ものですね。

Core i5発売?

CATEGORIES eラーニングby.y.nishimura0 Comments2009.09.07

今夜は秋葉原でIntelが何かを発売するらしい。

公式には発表されていないが、Corei5と、Corei5に対応したマザーボードが発売されるのはほぼ間違いないだろう。

キバンインターナショナルでは、eLearningManager4UというLMSを取り扱っているが、LMSは同時に多くのユーザが利用するため、CPUの性能がものをいう。

Corei5はCorei7の廉価版という位置づけなので、絶対的な性能は期待できないが、それでも、安くLMSを提供するためには役立ちそうだ。

キバンインターナショナルが取り扱っているeLearningManager4Uは、日本語、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語に対応したeラーニングシステムですが、基本的に教材は各国語に合わせて用意せざるを得ません。

とはいうものの、すべての教材を各国語に合わせて作っていては、手間がかかって仕方がありません。中国人向けの日本語学習教材、韓国人向けの日本語学習教材。こういったものは手間がかかっても作るべきですが、製品情報や、社内ルールなど、情報の共有を目的とした教材は、機械翻訳でもよいはずです。

このブログの右側に、言語切り替え機能が埋め込んであります。これは、Googleが提供しているツールですが、これをログインが必要なLMSに埋め込むことはできません。そこで、ログインが必要な画面でも使える翻訳ツールを作ってみました。



日本語の文章が英語に翻訳されます。

eラーニングの “e” は、electronic(電子的な)の意味であり、日本語においてもアルファベットのままの表記が多い。

eラーニングに使用する機器としては、パーソナルコンピュータ(PC)、CD-ROM、DVD-ROM、デジタルテレビ、携帯端末(携帯電話、PDA (携帯情報端末)等)などがあげられる。また、情報通信に関しては、インターネットなどのコンピュータネットワークを通じて、ハイパーテキスト、電子メール、電子掲示板、電子会議、ビデオ配信などの技術が活用されている。

出典: wikipedia

こんにちわ。文才がないと無いと落ち込んでいる浜田です。
キバンインターナショナルができてから、新しくベリタスアカデミーの担当になりました。

ベリタスアカデミーは高校生向けの今までにない優れた映像授業を提供するeラーニング予備校と言うべきサービスです。

ベリタスアカデミーのすごさは、なんと言ってもコンテンツの質!!

eラーニングをする上で、一番大切なのは、質の高いコンテンツを作ること。

業界ではリッチコンテンツなんて言葉がありますが、これは単に制作費をかければよいなんてことではありません。

いかに安く、学習効果の高いコンテンツを作ることができるのか。

学習効果が高いコンテンツは、もちろん“リッチコンテンツ”なのです。

私たちキバンインターナショナルは、eラーニングシステムのスペシャリスト集団。

そしてベリタスアカデミーは、教育のスペシャリスト集団。

この2者が協力したからこそ、今のサービスが実現できていると思います。

今は高校生(塾単位での申し込みが必要)のみとなっていますが、この教材は是非ともより多くの方に体験してもらいたい。

社会人がTOEIC・TOEFLの教育に。大学生がリメディアル教材として。使い方は様々あるのではないでしょうか。

一日も早く個人サービスが提供できるように日々がんばっていきます!