タグ別アーカイブ: iPhone

UserAgent切り替えとiPhone用デザイン

CATEGORIES iPhoneby.t2 Comments2010.03.16

先日からユーザエージェントの話題を連投中ですが、実は、このブログもユーザエージェントを使ってデザインを切り替えています。このブログは、95%以上、パソコン上のブラウザから閲覧されていますが、実は、iPhone専用のデザイン( WPtouch iPhone Theme )が用意されています。

ユーザエージェントを変えて動作確認の方法で、iPhoneのユーザエージェントを指定すると、PC上のブラウザでもiPhone向けのデザインを確認できます。

PC向け

PC向けデザイン

PC向けのデザイン

iPhone向け

iPhone向けデザイン

iPhone向けデザイン

ベリタス・アカデミーを運営する株式会社ユナイテッド・インテリジェンス(大阪市住之江区 代表取締役 坂木俊信 http://veritas.bz/)は、高校生向けの映像教材のiPhone、iPod touchへの配信を決定しましたのでお知らせいたします。

これまで、ベリタス・アカデミーでは映像教材をPCに向けて配信しておりましたが、株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp)が開発した、iPhoneとPCの両方でシームレスに学習することができる、eラーニングシステムSmartBrain(http://smartbrain.info)を利用し、教材をiPhone、iPad touchでも学習することを可能にいたします。
iPhoneを利用することで、学習塾や自宅だけでなく、通学時間にも学習を行うことができるようになります(iPod touchでは無線環境下のみでの提供となります)。

iPhone、iPod touchでの提供は、2010年3月を予定しています。
最新の携帯電話に、最高のコンテンツをのせることで、これまで以上に学習効率を上げることができます。

ベリタス・アカデミーの特徴

●電子黒板を使った授業で、授業効率は3倍
電子黒板を採用することで、黒板への板書の書き込みや消去の手間を減らし、授業内容そのものに集中できる授業を実現しました。

●大手予備校の実力派講師陣による授業
ベリタスの講師陣は、大手予備校での長年の経験を積んだ「教えるプロ」が担当。さらに教えるだけではなく、電子黒板を使った「わかりやすい教材」の作成を自ら行うことで、「教える力」と「わかりやすい教材」を揃えています。

●楽しく飽きない授業
電子黒板を使うことで、必要な内容をテンポよく進めていくことができます。さらに、つい眠くなってしまうといったことを克服する工夫をこらした授業を行い、生徒さんから圧倒的支持を受けております。

●塾でも家でも見放題
ネット環境さえあれば学習が可能なので、塾だけでなく、家でも好きなだけ学習を進めることができます。iPhoneに対応することで、24時間最強の講師を呼び出して学習することができます。

●月額定額制なので見れば見るほど親孝行
ベリタスでは、映像配信を月額定額制としています。どの授業も見放題かつ、月額定額によって、見れば見るほど1コマあたりの授業料が安くなり、学習が進むという仕組みになっています。

eラーニングシステムSmartBrainの特徴

●iPhoneでもPCでも利用可能、履歴は一元的に管理。通勤・営業などの隙間時間を有効活用できます。iPad、その他スマートフォンにも順次対応予定。

●これまで社内で利用していたeラーニングコンテンツ(SCORM1.2)を登録可能。社内資料を無駄にしません。

●Word、PowerPoint、Excel、PDF、HTML文書を登録すると、閲覧履歴を残せます。社内の情報共有をスピーディに。

●ユーザはグループごとに管理することができ、ユーザグループの階層化を行えるため、システム内での社内組織の再現が可能です。

●ログイン画面を既存Webページ内に設置可能、既存のページから簡単にログインができます。

●ASP方式で、利用した期間によって課金。利用する期間だけ使うことで、コストを抑えることができます。

●キバンインターナショナルの提供する教材作成ツールを使うことで、作成したコンテンツをPC、iPhoneそしてiPad用に登録可能。

本件に関するお問い合わせ

ベリタス・アカデミーに関するお問い合わせ
株式会社 ユナイテッド・インテリジェンス
担当: 西村
Mail: info@veritas.bz
Tel: 075-222-2822

eラーニングシステムSmartBrainに関するお問い合わせ
株式会社キバンインターナショナル
担当: 長谷川
Mail: international@kiban.jp
Tel: 03-5846-5800

Ustreamで生中継するとお知らせしたらモバイル端末でUstreamを見る方法について質問を受けました。iPhone、GooglePhone(android)で見ることが可能です。

iPhone、GooglePhone(android)で、Ustreamを見るには、専用のViewerアプリが必要です。(Ustreamは、FlashVideoのため、PC以外では見ることができず、専用のViewerが必要です。)

モバイル用のUstreamViewerダウンロードページhttp://www.ustream.tv/mobile/viewer)に行き、iPhone用か、GooglePhone(Android)用をクリックしてダウンロードしてください。(iPhoneの場合は、App Storeで、「ustream」で検索して、ダウンロードすることができます。)

▲Ustream Viewerのダウロードページ

▲Ustream Viewerを起動したところ

▲Liveの画面で「kiban」で検索したら、発見できます(生中継中のみ)

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

iPadをもっとも早く手に入れる方法?

CATEGORIES iPadby.m.nishimura1 Comments2010.01.29

iPadを、可能な限り早く入手することができないのかと思い調べてみました。日本語のAppleのサイトもトップページから、iPadに変更され、力の入れようがわかりますが、ページをたどっていくと、注文受付開始になるとメールを送ってくれるページ(http://www.apple.com/jp/ipad/notify-me/)がありました。

発売日に店頭に並ぶ方法もあるのですが、間違いなく入手するのであれば、オンラインでの注文も良いかもしれません。

私たちは、eラーニングシステム SmartBrainスマートブレイン)というiPhoneでもPCでも学習できるeラーニングシステムを発売していますが、iPadは、iPhoneと同じOSを利用しており、小さな変更で、iPadに最適化できると考えています。

iPadは、iPhoneと同様、eラーニングのあり方を変えるだけの力をもつ端末であると考えていますので、社員全員に支給して、まずは自分たちでも徹底的に使い込んでいきたいと思います。

▲http://www.apple.com/jp/ipad/notify-me/ より

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp)は、iPhoneにもPCの両方でシームレスに学習することができるeラーニングシステムSmartBrainhttp://smartbrain.info)を、米アップル社から発表されたタブレット型端末「iPad」(アイパッド)に対応させる計画であることを発表します。

SmartBrainは、企業向けにeラーニング教材やWord、Excel、PowerPoint、PDFなど多くのファイルを配信・閲覧することができるASP型eラーニングシステムです。SmartBrainを利用するとPCでもスマートフォンでも教材の学習やファイルを閲覧でき、学習履歴は一元管理されます。

キバンインターナショナルは、iPadの5~6万円(日本円)という価格、10時間のバッテリー稼働時間、1024×768ピクセルの大型のスクリーンを採用していることが、eラーニングの学習端末として非常にすぐれていると考え、対応を決定しました。iPadの大型スクリーンを使うことで、登録した教材コンテンツやファイルをより読みやすく、またWi-fi, 3G回線を利用したiPadの特長を最大限に活かします。

今後SmartBrainの開発はiPadの開発用環境(iPhone SDK 3.2 beta)を利用して進めていく予定です。

SmartBrainの特長

• iPhoneでもPCでも利用可能、履歴は一元的に管理。通勤・営業などの隙間時間を有効活用。
• これまで社内で利用していたeラーニングコンテンツ(SCORM1.2)を登録可能。社内資料を無駄にしません。
• Word、PowerPoint、Excel、PDF、HTML文書を登録すると、閲覧履歴を残せます。社内の情報共有をスピーディに。
• ユーザはグループごとに管理することができ、ユーザグループの階層化を行えるため、システム内での社内組織の再現が可能です。
• ログイン画面を既存Webページ内に設置可能、既存のページから簡単にログインができます。
• ASP方式で、利用した期間によって課金(1ID 200円/月)。20ユーザまで無料プランでの利用が可能。iPadを利用しても
• キバンインタナショナルの提供する教材作成ツールを使うことで、作成したコンテンツをPC、iPhoneそしてiPad用に登録可能。

▲iPadでの学習画面のイメージ

▲iPadでの学習画面のイメージ

本リリース関するお問い合わせ先

SmartBrainの無料プランへの登録
http://smartbrain.info

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:長谷川

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp)は、iPhoneにもPCの両方でシームレスに学習することができるeラーニングシステムSmartBrainhttp://smartbrain.info)の有料サービスの価格について発表します。

11月22日に無料で利用できるプランを発表してから多くの企業、大学、団体、塾の方に無料で利用していただきました。無料プランは継続しながら、 より大規模で利用したいお客様のために、有料プランを発表いたします。有料プランを、2010年1月11日より開始いたします。

株式会社キバンインターナショナルが掲げる「eラーニングをすべての人に!」という目標を実現するためにも、ASPでユーザー数無制限プランを月額2,100円(月額)~という非常に安価な価格から利用開始できる価格設定としました。

無料プランでお申し込みをいただき、無料プランから、オンラインで有料プランに申し込みをすることで、即、上位サービスである有料プランを利用する ことができるようになります。無料プランで、ユーザー数や同時接続数が制限されていましたが、有料プランを選択することで、これらの制限を緩めることや、 解除をすることができます。

無料プランと有料プランの各サービスは、下記の通り。

1.無料プラン

  • ユーザー数を20名(同時接続2名)までに限定して、すべての機能を無料で利用していただけけます。
  • 無期限に無料で利用することができます。
  • コンテンツは、合計1GBまで利用することができます。
  • サポートは、有料プランと同様に受けることができますが、有料サービスの方のサポートが最優先となります。
  • サポートは、回答を保証するものではありません。
  • 無料トライアルは下記のurlから。
    http://10000.bz/lms/system_registration/

2.有料プラン

  • 無料プランから、オンラインで有料プランに切替えが可能です。
  • 有料の料金プランは、2種類の体系があります。
  • 基本的に一度料金プランを選択した場合、運用中にプランを変更することができません。

【ユーザーIDプラン】(ユーザー数課金)

  • ユーザーのIDごとに、料金を支払うプランです。
  • 1ユーザー210円/月ごとになります。
  • ユーザー数は、月単位で10ユーザ毎に増減することができます。
  • (例)社員数50名の場合。50ID-20ID(無料分) 30名×210円=6,300円/月額

【同時接続プラン】(ユーザー数無制限・同時接続を制限)

  • ユーザー数が多いけれども、同時に利用する人数が少ない場合や、よく利用する月と、あまり利用しない月が分かれている場合におすすめのプランです。
  • ASPでユーザー数無制限プランが、月額2,100円/月~利用できます。
  • 同時接続(ログインして利用できるユーザー)1に対して、2,100円/月となります。
  • ユーザー数は無制限です。同時にログインして利用できるユーザー数により料金が決定されます。
  • 同時接続数を超えた場合は、それ以上にログインして利用することができません。
  • (例)たとえば、5,000名対象にeラーニングを行う場合でも、同時接続数100であれば、21万円/月なります。

カレンダーの同期方法がわからん。と言われましたので、情報共有がてら1ネタ
割と簡単なので、iPhoneをお持ちの方は試してみて下さい。

1.iPhoneのSafariで、http://m.google.com/にアクセスします。

IMG_0001

m.google.comにアクセスした画面

2.開くと下の方に Google Apps をご利用の場合というのがあるので、タップします。

IMG_0002

Google Appsを利用する場合

3.Google Appsのドメイン入力を求められるので、入力し、Goをタップします。

IMG_0003

ドメイン入力画面

入力後の画面は以下の通り。

ドメイン入力後の画面

ドメイン入力後の画面

4.入力後の画面で、下の方に言語を変更とあるので、そこをタップし、言語をEnglish(US)に変更します。

言語設定変更後の画面

言語設定変更後の画面

5.Sync というのが出てくるので、そこをタップします。
そうすると、ログイン画面が出てくるので、Google Appsアカウントを入力して下さい。

ログイン画面

ログイン画面

ログインフォーム

ログインフォーム

6.ログインまで完了したら、一度ホームボタンを押して、iPhoneのホーム画面に戻ります。

iPhoneのホーム画面

iPhoneのホーム画面

7.設定をタップし、メール/連絡先/カレンダーをタップして下さい。

設定画面

設定画面

8.アカウントを追加をタップし、Microsoft Exchange をタップします。

9.メール欄はGoogle Appsのメールアドレス、ドメインにGoogle Appsのドメイン、ユーザ名とパスワードは、自分のGoogle Appsのアカウントを入力し、右上の次へをタップします。

10.サーバという欄が新しくでるので、m.google.com と入力し、次へ進みます。Exchangeアカウントの情報を確認と出るので、確認が完了するまで待ちます。(30秒ほどです。)
8、9、10の手順が完了したときの設定は以下の画像のようになります。

Exchange設定画面

Exchange設定画面

このあと、何をSyncさせるか聞かれるので、カレンダーのみを選択して下さい。

11.確認が完了したら、再度Safariを起動させ、5で出ているページにアクセスすると、iPhone と表示があるので、それをタップします。(出ていない場合はリロードしてみて下さい。)

Exchange設定完了後のGoogle Syncの画面

Exchange設定完了後のGoogle Syncの画面

12.同期したいカレンダーを選び、チェックをつけていきます。※2009/12/16現在、選べるカレンダーは 25個までのようです。

同期するカレンダーの選択画面

同期するカレンダーの選択画面

13.選び終わったら、右上のSaveをタップし、設定を保存します。問題なければ、Calender selection successful!と出るはず。

カレンダー選択の完了画面

カレンダー選択の完了画面

14.iPhoneのホーム画面まで戻りカレンダーをタップし、カレンダーを起動します。同期が始まるので、ちょっと待って下さい。(カレンダーの数が多いと、5分くらいかかります。)

15.同期が終わると、下の画像のように予定がSyncされます。

iPhoneのカレンダー(Sync完了後)の画面

iPhoneのカレンダー(Sync完了後)の画面

Sync設定したカレンダーは以下の通り表示されます。

Syncしているカレンダーの一覧画面

Syncしているカレンダーの一覧画面

これで、どこでも予定が確認出来るようになります。なんて便利なんだiPhone。

出来なかった場合は、倉光フザケるな出来ないじゃないかと心の中で思いつつコメント下さい。

Kindle for iPhone』が、日本のApp Storeで公開が始まりました。もちろん無料です。

せっかくの電子書籍を、iPhoneでも早く味わいたい、日本でも早く公開してくれないかと思っていたら、『Kindle for iPhoneicon』が本日公開されました。

ゆりかもめで移動中にインストールして、使ってみました。ファーストインプレッションでは、確かに画面は小さいけれど、Kindleの快適さを、iPhoneでも十分に味わえるということです。Kindle for PCKindle for iPhoneiconがリリースされたことで、購入した電子書籍は、ますます便利に、どこでも利用できるようになります。指で、次のページに簡単に送りながら、次々と文章を読め、とても快適です。

私のKindleは購入してから、人に見せるたびに貸し出してしまって、ほとんどに手元になく、Kindle for PCKindle for iPhoneiconで、Kindle気分を味わる奇妙な状態を、もう少し楽しんでみようと思います。(私のKindleは、後10日ほどで、旅から帰ってくる予定です。)

インストールから利用画面まで、スクリーンショットを撮りましたので、紹介いたします。

▲「kindle」で検索すると見つかります。無料です。

▲「kindle」で検索すると見つかります。無料です。

起動するとなじみのKindle for iPhoneの画面が表示されます。

起動するとなじみのKindle for iPhoneの画面が表示されます。

▲kindle for iPhone Login画面(Amazon.comのアカウントが必要)

▲kindle for iPhone Login画面(Amazon.comのアカウントが必要)

kindle for iPhoneのArchived itemsの画面(購入した書籍が5冊)

kindle for iPhoneのArchived itemsの画面(購入した書籍が5冊)

▲購入した書籍の一覧(貸し出した人が色んな本を好き買っている。)

▲購入した書籍の一覧(貸し出した人が色んな本を好き買っている。)

▲クリックするとダウロードが始まる。体感では、30秒~40秒程度。

▲クリックするとダウロードが始まる。体感では、30秒~40秒程度。

▲ダウンロードが完了するとHomeの方に表示がされる

▲ダウンロードが完了するとHomeの方に表示がされる

▲文字サイズや背景色、文字色を変更することが出来る

▲文字サイズや背景色、文字色を変更することが出来る

iTunes CardをiPhoneに登録しました

CATEGORIES iPhoneby.t1 Comments2009.12.08

もうすぐ年の瀬ですね。キバンインターナショナルでは冬のボーナス第一弾がでました。

_MG_9330

スタッフ全員に5,000円分が支給されました

iTunes cardです。今回はそこはかとなくアップルの陰謀にはまっている気がするこのiTunes cardを自分のiPhoneに登録してみます。
これを使うと、クレジットカードからの決済ができない、したくない、という人にもAppStoreの魅力が伝わります。

さて、このカードをぺりっと剥がして、裏面をみますと

1. iTunesを起動し、iTune Storeをクリックしてください

2.「コードを使う」をクリックしてください

3.ラベルを削ってコードを入力してください

4.音楽やビデオをダウンロードし、お楽しみください

と書いてあります。今すぐ4.まで実行する時間がないのが残念です。

iPhoneから登録する場合には、まずiTuneではなく、AppStoreを起動します。

すると、次のような画面がでてきます。

このコードを使うから登録が可能です。

このコードを使うから登録が可能です。

このコードを使う部分に、削ったラベルを入れるのですが、ラベルを削った経験のほとんどない場合は

1.透明なシール部分はラベルではない。剥がそうとするとあやうく文字が消滅

2.コインを使うとよく剥げる。爪だとうまく削れない

3.全部削らなくても文字が見える

というところに注意です。
登録が終わると、5000円分のチャージがされますので、あとはiTuneやAppStoreを探して夜も眠れなくなるのを待つばかりです。

Phone 3GS 16GBを実質負担額0円で提供が始まりますね。2009年12月4日(金)から「iPhone for everybodyキャンペーン」対象機種に、Phone 3GS 16GBが入るそうですね。新規契約の場合、iPhone 3GS 16GBは月々の実質負担額が0円に、iPhone 3GS 32GBは現在の実質負担額が960円/月のところ半額の480円/月で購入できるようになります。キャンペーン情報は、ソフトバンクモバイルさんのプレスリリースhttp://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2009/20091201_01/index.html より)

  • 現在の購入実質負担額(月々×24回)
    • 8GB(3G):0円
    • 16GB(3GS):480円
    • 32GB(3GS):960円
  • 12月4日からの購入実質負担額(月々×24回)
    • 16GB(3GS):0円
    • 32GB(3GS):480円

    実質負担額の総合計

  • iPhone 3GS 16GB 480円x24 = 11,520円 → 0円
  • iPhone 3GS 32GB 960円x24 = 23,040円 → 11,520円
▲http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2009/20091201_01/index.html より
  • 現在の購入実質負担額(月々×24回)
    • 8GB(3G):0円
    • 16GB(3GS):480円
    • 32GB(3GS):960円
  • 12月4日からの購入実質負担額(月々×24回)
    • 16GB(3GS):0円
    • 32GB(3GS):480円

    iPhone 3GS 16GB 480円x24 = 11,520円 → 0円

    • iPhone 3GS 32GB 960円x24 = 23,040円 → 11,520円
  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ