ボタンを使ったアクション

DemoCreatorを利用したスライドは、多くの場合そのまま閲覧するだけで、ユーザが何かしらのアクションを起こせるようなものは作られていないようです。なので、本日は、ボタンを使ったアクションについて紹介致します。ボタンアクションを利用すると、ユーザのボタンクリックによって、次のスライドに飛んだり。指定のURLに移動したりすることが可能です。

例:画面上の「次へ」「戻る」をクリックしてスライドの移動を行うことが可能です。

上記のデモは、DemoCreatorProで作成しております。この機能は、DemoCreatorProの新機能!と言いたいところですが、従来のバージョンでもご利用可能です。詳細に関しては、以下のマニュアルを参照下さい。

ボタン (DemoCreator通常版 Ver2)
ボタン (DemoCreatorPro版 Ver3)

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES 未分類by.o.nakamura0 Comments2012.01.02
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。