月別アーカイブ: 2011年 6月

中小企業診断士 過去問で学ぶワンポイント 資本調達源泉(資金調達手段)です。
こんにちは。4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアム 総合プロデューサーの金高です。
 
 

 
 
いかがでしたか。正解はイですね。
平成21年度第12問で出題された基本的なテーマです。
資本調達源泉(資金調達手段)は、下の図の体系で整理することが出来ます。
 

 
 
選択肢にある株式発行、減価償却、利益留保(内部留保)は全て長期の調達方法ですが、
企業間信用の買掛金や支払手形は短期の調達方法ですね。
企業は、資本調達の種類によってその運用形態を変えるのが基本です。
短期で調達した資本を長期資産に運用すると、財務的に大きな問題があります。
 
例えば、
設備投資を行う場合の資本調達源泉を考えると、
長期借入金(間接金融)や社債発行(直接金融)、株式発行(直接金融)などの
長期資金で対応するのが基本的であり、それが調達と運用の適合性になります。
 
本試験の問題は、このような基本的な内容も出題されます。
今年の1次試験の合格を目指されている方は、最後の最後まで基本を疎かにせず頑張ってください。
 
 
4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。
 
 

涼しげ。笹のパーテーション。

CATEGORIES パンダ, パンダスタジオby.yasu.tanaka0 Comments2011.06.30

株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jpのUsreamレンタルスタジオパンダスタジオ http://pandastudio.tv/ に、笹のパーテーションが設置されました。

設置してくださったのは、いつもエントランスにお花を活けてくださっているフラワーストーリーズの小山大蔵先生。もともと白かった鉢を黒く塗装し、なんとも味わいのある風情となりました。

▲エントランス近くの赤ロビーに設置

▲エントランス近くの赤ロビーに設置

▲寄り

▲寄り

▲さらに寄り

▲さらに寄り

▲砂利

▲砂利

▲裏から

▲裏から

パンダスタジオ は見学だけでもOK。
パンダさんが食べてしまわないうちに、ぜひお越しください。

はこだて未来大学の鈴木克也先生の主宰するクリエイティブリンクスは、全国で活動している社会起業家、社会活動家、専門家などの人たち(クリエイティブ・パーソン)のネットワーク化を進めております。また、金高先生の主宰する中小企業診断士資格支援フォーラムとも今後タイアップして行く計画です。先生の専門研究分野である〔ソーシャルベンチャーの理論と実践〕の本日の収録は3テーマ、深刻化する社会問題、ソーシャルベンチャーとは、ノーベル賞学者のムハメッドユヌスの実践事例、でした。テーマは深刻化する地域格差や、東日本大震災復興など、今後ソーシャルベンチャーの役割が期待されるであろう課題とからみ興味深いものです。収録の一部を紹介します。

今日は、仕事でコーディング、趣味でもAndroid向けになにやらコーディングする、キバンインターナショナル 開発部 の折田さんに、SmartBrainやAndroidの話を聞いてみました。現在注目株の、iPad2やNECさんの Lifetouch w などもさらりと紹介。



おまけ: いろいろな端末
SmartBrainの動作を確認するために、大小様々な端末がおいてあります。しかも、割と頻繁に買い足されるので大変です。勿論、エミュレータも大活躍ですが、実機ならではの感覚もあるので、実機、完全には無くならないのですね。


動作確認用にいろいろな携帯端末が置いてあります。


急な話ですが、パンダスタジオ名古屋の話が、進んでいます。7月中にオープンできるように準備をしています。詳細が決まりましたら、お知らせします。東京まで足を伸ばさなくても、名古屋で、パンダスタジオで撮影、配信できることが、できるようになる予定です。

パンダスタジオ名古屋を準備中

中小企業診断士 2次試験直前対策の収録状況をお伝えします。
こんにちは。4dan4.jp 中小企業診断士資格支援コンソーシアム 総合プロデューサーの金高です。
 
 
今日は、4dan4.jpが7月中旬にリリースを予定している2次試験直前対策の収録状況をお伝えします。
4dan4.jpの2次試験直前対策は、
無料特典事例が1事例、組織、マーケティング、生産、財務でそれぞれ2事例の合計9事例をご提供致します。
 
現在、本番収録の真っ最中です。
 
 

4dan4.jp 講義収録風景


 

4dan4.jp 講義収録風景(プレビュー画面)


 
 
すべて新作事例であり、金高が総合プロデュースし、講義も担当しています。
受講される方に合格を勝ち取ってほしいとの思いで収録しています。
リリースを期待していて下さい。よろしくお願いします。
 
 
4dan4.jpにも同じ記事を掲載しています。
 
 

6/27に行われたUstream番組UstTodayで、カエルスタジオを利用いただきました。

UstTodayは毎週月曜九時から放送しているUstream番組で、今回はWorldTVで2006からライブ配信を行っている池田さあさんがゲスト。

UstTodayが終わった後に、メインの3人からカエルスタジオの感想をいただきました。

 
三上様からの感想は、セルフで機材設置を行うけれど、とても使い勝手のいいスタジオで、VR-5を購入前に試せるのがいいですとのことでした。

野田様とあやの様からの感想は、すぐにVR-5が使えるし、これ一台でいろいろできるとのことでした。

カエルスタジオは、誰でもカエル、会議室をスタジオにカエルがコンセプトのライブ配信スタジオ。
ここで体験、見学したものは全てキバンインターナショナルと家電量販店でそろえられます!

現在皆様にお使いいただいているSmartBrainの新しいバージョン(1.14系)が来月7月にリリースされる予定です.
SmartBrain 1.14系は
1.画面表示の高速化
2.クイズ画面デザインの変更
3.Android端末への対応状態を改善
などなど他にもいくつかの機能改善をおこないました.

詳しい内容は後日お伝えしますが、Scorm対応(Ver1.2 RTE3)のLMSとして皆様にお使いいただきやすいよう日々改善しております.

 

では、リリースを目前にして少しだけ画面を公開したいとおもいます.
使用するのは htc EVO WiMAX ISW11HT です.

皆様おなじみのトップ画面.実は読み込みを高速化しています.

クイズ画面はデザインの変化だけではなく、レスポンスやAndroidへの対応が強化されています.

記入式問題もこのように出来ます.

今後も各種端末への対応状況を改善していきますので、皆さんぜひ楽しみにしていてください.
なお、SmartBrainは ユーザー数を20名(同時接続2名)まで、すべての機能を無料で利用 できますのでお試しください.

詳しい内容はsmartbrainの公式ページで紹介しています.

簿記は、近代経済社会の発展に寄与する大変な発明だと言われております。確かに企業活動、資本市場においての計量的評価の基礎を成すものであり、家計設計でも役に立つ知識ですが、書店で多くの教材をみても、面白いから学習してみようと動機付けしてくれるものは見つかりませんでした。今回紹介するパズル式簿記3級合格講座をプロデュースするのは、学生時代に公認会計士試験合格していながら、広告代理店に就職しコピーライターになったユニークな経歴の持ち主、公認会計士、税理士の鈴木啓公(ひろとも)先生です。簿記が取っ付きにくいのは名前もさることながら、借方、貸方、仕訳ですね。第一章ではこれらを後回しにして、家計や、企業活動を例として、簿記の全体像、構造を理解していただくことから始めます。簿記会計の基礎知識は、経営者、経理マンのみならず、誰もが持ってほしい知識です、また資格取得においても、これからスタートする中小企業診断士FP3級の学習においても大事な知識です。大原簿記学校で教壇に立っていました鈴木先生、勝手の異なるスタジオ収録に緊張したそうです。今後の面白コンテンツ制作にご期待ください。

パズル式簿記ダイジェスト版(簿記のボを理解する)を公開します。

キバンインターナショナルのコンテンツバンクでは、資格取得講座をはじめ、伝えたいコンテンツをお持ちの講師、或いは、教育団体を募集中です、お問い合わせはこちらからです。

日本経営合理化協会で、代表の西村が講演しています。

「社長が知っておくべき 「ソーシャル・メディア」最新活用法」
http://jmcasemi.jp/seminar/seminar.php?CONTENT_ID=407

今回は、3月後半に行ったセミナー内容と基本的に同じで、西村はUstreamについて発表しますが、このセミナーを通じてどんな行動をしてほしいか、何を目的にしてこのセミナーを聞いてほしいかということが1つのメッセージになっています。

まもなく、Ustreamビジネス活用講座が開始....

最初のセミナーは、ビーンスター株式会社代表取締役の鶴野様から。

キャリア研代表の小笠原様によるセミナー。Facebookを使ったビジネスについて

西村のセミナー開始です。三つのゴールを示しています。