月別アーカイブ: 2010年 10月

Facebookで、「ファンページ」を作っています、、、と説明すると、半分ぐらいの人が、キョトンとして、半分ぐらいの人がどうやって作るのですか?と質問されます。

「ファンページ」って、ブログと何が違うのかな?と思っていたのですが、書き込みが自由にできて、ユーザー、お客様の声を集めたり、スタッフの本音を公開したりと、Blogにはない柔軟性と、Twitterにはない連続性があって、今後は、企業・製品・サービスの「ファンページ」は必須になりそうです。

「ファンページ」の作り方で、わかりやすいものがないか探していたら、ちゃんとわかりやすく動画で説明したものが見つかりました。「ファンサイト」を作っておいた方がいい、、、と思われた方、是非、下記の動画を参考に、Facebookのファンサイトを構築されてはいかがでしょうか。

私たちキバンインターナショナルのファンページhttp://www.facebook.com/kiban.jp)、そして、2010年一杯無料で公開しているUSTREAM用のパンダスタジオhttp://www.facebook.com/pandastudio.tv)の「いいね」ボタンの応援をよろしくお願いします。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

株式会社フェローズのクリエーターズステーションクリステ http://www.creators-station.jp/ )の取材でした。「風雲会社伝」というコーナーで取材に見えた株式会社フェローズ代表取締役社長の野儀健太郎さまに、キバンインターナショナルならびに、パンダスタジオの感想をインタビューしました。

クリエーターズステーション「風雲会社伝」のバックナンバー

▲クリエーターズステーション「風雲会社伝」のバックナンバー

同じく、「風雲会社伝」というコーナーで取材に見えた清水洋一さまに、キバンインターナショナルならびに、パンダスタジオの感想をインタビューしました。その様子をYoutubeで公開しましたので、ご覧ください。


お問い合わせ

株式会社パンダスタジオ
担当:西村・工藤

お問い合わせ:http://kiban.jp/?page_id=7
取材の依頼:http://kiban.jp/?page_id=869

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-4405-8487 FAX:03-6684-4610
地図:http://kiban.jp/?page_id=1486

パンダスタジオについて

2013年9月に株式会社キバンインターナショナルから分離独立。
各種映像コンテンツ撮影用クロマキースタジオ事業を核に、オリジナル撮影/収録機材の開発、機材レンタル事業を行う。
会社概要:http://pandastudio.tv

キバンインターナショナルについて

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。
eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフト、会員制・課金可能なUSTREAM生中継システムを開発/販売。
2700社にeラーニング関係の製品を提供(2010年6月現在)

2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。
会社概要:http://kiban.jp/?page_id=1117
メディア掲載実績:http://kiban.jp/?cat=107

ハーバードの「世界を動かす授業」

CATEGORIES 書籍・本by.yasu.tanaka0 Comments2010.10.25

ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方
を読みました。

その中に、

「日本人は年間1828時間働くのに対して、フランス人は1346時間1828時間から1346時間を引くと482時間、1週間の労働を40時間とすると、フランス人の労働時間は日本人に比べて年に12週間、つまり3ヶ月分も少ないことになる。」

とありました。

「欧米人のバカンスって、どうしてそんなに長いんだろう」

これは多くの日本人が1度は思った事がある疑問だと思います。

フランス人の労働時間が3ヶ月も短いということは、日本人の75%しか働いていないということです。

日本でもトヨタのカイゼンなどが有名ですが、どのようにしてフランス人は先進国として成り立つだけの生産性を保っているのでしょうか。

その肝心のところが書かれていないのが残念でしたが、この本は世界経済の概要が解説されており非常に勉強になりました。

日本は単一民族国家であり、多少の地域差はあるものの、多民族国家ほどには文化がバラバラではありません。

その点については、国家的に事を成す際に、多民族国家と比べて意思統一に非常にアドバンテージがあるはずなのですが、ずっと住んでいると特にそういったことも意識できません。

こういった本を読むなどして世界を意識していくことは大切だと感じました。

おすすめですのでぜひ読んでみてください。

新型 Mac Book Air を購入

CATEGORIES その他by.t.kuramitsu1 Comments2010.10.25

2010年10月20日に発表された、Mac Book Air の新モデルを購入しました。今回株式会社キバンインターナショナルで購入したのは、13inchの方です。

早速開封の儀を実施しました。

取り出してみたところ

取り出してみたところ

今まで使っていた13.3inchのMac Book Pro と、Mac Book Air を重ねてみました。Airの薄さがわかるかと思います。これだけ薄いと、カバン内で場所を取りません。

Mac Book Pro と Mac Book Air を重ねてみた

Mac Book Pro と Mac Book Air を重ねてみました

Mac Book Pro と Mac Book Air を上から撮ってみました。左がMac Book Pro、右がMac Book Air になります。Airのほうがシャープな感じがします。

Mac Book Pro と Mac Book Air を上から撮ってみました

Mac Book Pro と Mac Book Air を上から撮ってみました

13inchのAirですが、重量が1301gと非常に軽く、もち歩くにはいいかと思います(本体のみの重量です)。

Mac Book Airの重さをはかってみた
Mac Book Airの重さをはかってみました

今回、ヨドバシカメラの秋葉原店で購入しましたが、店員の方におすすめの外部機器を聞いてみたところ、外付けのMacBook Air SuperDriveと、Apple USB Ethernetアダプタがおすすめとのことでした。(ヨドバシカメラ秋葉原店では、既に店頭在庫なし、次回入荷未定とのことでした。)

悩んだ時が買い時と偉い人は言っています。ちょっとでも欲しいなと思った方は買えなくなる前に是非購入を!

ともだち募集

CATEGORIES きばらじby.o.nakamura3 Comments2010.10.25

キバンインターナショナルでは、というか、中村おりお、では、友達を募集しています。事の発端は、以下のきばらじ135回を参照ください。

そんなこんなで、作ってみました。中村おりお、さんと友達になるマニュアル。

中村おりおさんと友達になる方法(クリックすると再生します。)

んで、これが某50万部ヒットの文献を参考にしたポスターの実物。普段から友達を希求しているひとには、このポスターの真意がわかるのです。

募集ポスター

先日、東京本社の社員全員で合宿を行いました。合宿としっても、どこか温泉に行くわけではなく、社内の研修室(白スタジオ)にこもって、全社の方針確認会議と、技術アップのための講習会を行いました。

今回は、技術的な講習会といって、Facebookの活用方法に関する講習会でした。スタッフの多くが講習会似合わせて、Facebookのアカウントを取得するところからのスタートでしたが、先日、10月10日10時10分10秒にオープンしたパンダスタジオのファンページhttp://www.facebook.com/pandastudio.tvを作成して、様々なコンテンツをアップしていくことで、お客様の声を集める場や、情報交換の場にしたいと考えています。

金曜日に、とりあえず作ったパンダスタジオのファンページを、2010年12月末日までに「いいね」1000件を集めることをゴールに、いろいろなイベントやプレゼント企画、情報発信をして参ります。

本blog以上に頻繁に情報を発信してまいりますので、Ustream、ソーシャルサービスに興味ある方は、ぜひ「いいね」ボタンとともに、ブックマークいただけると幸いです。

今回デザインをリニューアルしたパンダスタジオのFacebookのファンページ

▲今回デザインをリニューアルしたパンダスタジオのFacebookのファンページ

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

PowerPointでフォトアルバムを作成する。

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura2 Comments2010.10.25

旅行に行ってきた、イベントの写真がたまった、ちょっとこれを見てくれ、といった時にPowerPointを利用したフォトアルバムを作成すると、お手軽な割になかなかいい感じのものが出来上がります。作り方は非常に簡単です。

【作り方】
0.準備するもの
・フォトアルバムに掲載したい写真。(フォルダにまとめて突っ込んでおくと楽)
・写真のBGM用の音楽

1.PowerPointを起動させ、新規作成で、フォトアルバムを選択します。

新規作成で、フォトアルバムを選択します。

2.ファイル/ディスクをクリックします。

ファイル/ディスクをクリックします。

3.写真を選択します。このときctrlキーやshiftキーを利用したりすることで複数のファイルを選択できます。

写真を選択します。

4.作成をクリック。この時写真の縦横を変更したり、明るさを調整することが可能です。

写真を確認して作成をクリック

5.このように取り込めます。写真にはキャプションを付けていきます。

取り込みできます。また、写真にはキャプションを付けていきます。

6.スライドの切り替えを自動に設定

自動で切り替えに設定し、全てのスライドに適用します。

7.挿入-ファイルからサウンド を利用して音楽を挿入。この時プロパティで、停止タイミングを変更

音楽を挿入し、停止のタイミングを最後のスライドの後に

8.最後に、PPT2Mobileを利用して、動画にします。そうすると、以下のようなムービー形式のフォトアルバムが出来上がります。


サウンドの挿入方法で、この方法を用いると、PPT2Flashで変換した際には、スライド間での音声の切り替わりが気になります。なので、PPT2Flashを利用して変換する場合は、以下のように、PPT2Flashの機能を利用して音声を挿入します。

PPT2Flashの機能から、音声を挿入を選択します。


BGMに音声ファイルを設定します。


PPT2Flashで変換(クリックすると再生します。)

AmazonEC2/S3とVPSサービスの違い

CATEGORIES eラーニング, その他by.yasu.tanaka3 Comments2010.10.25

ここ1年で、AmazonEC2/S3やGoogle Apps Engineサービス開始に伴い、「クラウド」サービスが注目され始めました。

Amazonによるクラウドサービスの前から、既にいくつかVPS(Virtual Private Server)サービスが存在していましたが、2つの違いは何でしょうか?

今回は、AmazonEC2/S3タイプのクラウドサービスとVPSサービスの違いをまとめてみました。

VPSとは?

VPSとは、OSを1つ、root権限ごと借りるサービスで、固定IPも付いてくるサービスが多いです。これを使用してサーバを構築します。最近では、Serversman@VPSがメモリー512M、HDD容量10Gで490円から、さくらインターネットがメモリー512M、HDD容量20Gで980円からサービスを開始しています。

Serversman@VPSの場合はOSがCentOSのみ(現時点では)ですが、さくらインターネットのVPSはUbuntu,CentOS,debian,Fedoraを選択することが出来ます。

AmazonEC2/S3は?

これに対して、AmazonEC2/S3では、計算資源をスケーラブル(すぐに拡張できる状態にして)に借りてアプリケーションを実行可能にすることが出来ます。

つまり、必要なときにサーバを増設したり、使用していないときはシャットダウンしておいたりすることが出来ます。

こちらも、イメージ的にはOSをroot権限で借りる感じです。

2つのサービスの違いは?

2つのサービスの違いは、2つあり、まず「スケーラビリティ」にあります。つまり、拡張性にあります。

VPSサービスの場合は、殆どの場合は一度構築した後では増設は出来ないことが多いですが、AmazonEC2/S3では柔軟に調節することができます

2つ目は、「料金」です。VPSサービスは定額制であるのに対し、AmazonEC2/S3では転送量による従量課金制を取っています。

つまり、サーバにアクセスがあればあるほど料金がとられてしまうのがAmazonEC2/S3です。

どう選べばいいのか?

予めある程度規模が決まっていたりしている場合などであればVPSを選び、途中でアクセス負荷が上がり、サーバの増強が必要になることが想定されていれば、AmazonS3/EC2を選択するのが良いと思います。

大雨の影響で、スタジオ(PandaStudio) が水没しました。

自慢の65インチ液晶がご覧のありさま

高価な機材が水浸しです。。。

秋葉原の街もこんな感じに

まるでベネチアのように


はい、もちろんネタ画像です。これは、iPhoneアプリの水没カメラで撮影&加工しました。映画の宣伝用ですが、自分の大切な物が水没してしまう様を擬似的に体験できるアプリです。同サイトによれば、「水没体験アプリ」は、ドキュメンタリー映画『ビューティフルアイランズ』http://www.beautiful-i.tv のテーマである、「気候変動で“失われゆくもの”を“感じる”」ことを目的としたアプリです。」とのこと。
ま、そういった、ことを抜きしても、ちょっと毛色の変わった写真が撮れるので面白いアプリです。

パンダスタジオでは、ファンページhttp://www.facebook.com/pandastudio.tv)をつくって、2010年中に1000「いいね」を集めるプロジェクトをしています。Facebookにアカウントをお持ちの方は、是非、ご協力ください。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

ePub3の概要が発表されました

CATEGORIES eBooK, ePub, SmartBrainby.h.yukawa10 Comments2010.10.22

こちらのサイトの記事によりますと、電子書籍の次期規格であるePub3の概要が発表されたようです。2011年第二四半期の導入を目指しているとのことでまだまだ変わる可能性があるようですが、気になる内容だったので取り上げてみたいと思います。

・多言語対応
縦書き、ルビ、外字サポートなどが行われるようです。特に縦書きは、標準化されれば日本人にはとても嬉しい機能ですね。

・マルチメディア対応
ePubでも標準で音声や動画などが扱えるようナルトのことです。ただし、HTML5の実装がブラウザごとにかなり異なってるため、調整が難航しているようです。

・対話性
ePubは電子書籍の規格であるため、このような話が出ているとは思いませんでしたが、言われてみれば納得ですね。対話性とは、簡単にいうとインタラクティブ性ということで、eラーニングへの利用が期待されます。

・互換性
ePubを解釈できる端末にも様々なものがありますが、どのような端末でも問題なく表示ができるような仕様を取り入れるとのことです。

・レイアウト
画面サイズに応じた複数のCSSを切り替える機能が搭載されるとのことです。これはいいですね。上記の互換性にも関わることですが、機種が変わっても正しく表示されるような仕組みが簡単に作れそうです。

現在も盛り上がりつつある電子書籍ですが、さらなる仕様の追加によってeラーニングでの利用も考えることができるようになりそうです。となれば、当然弊社のSmartBrainでも利用可能でしょうし、夢が広がりますね。ePub3の実現を楽しみにしたいところです。