PPT2Voice Neo

生活経済ジャーナリストであり、ファイナンシャルプランナーの和泉昭子さんテレビのコメンテーター、活字メディアでもご存知の方も多いかと思います。彼女が立ち上げた株式会社プラチナコンシャエルジュは女性の専門家によるコンシェルジュサービス会社です。  これまでキャリアやライフプラニングの分野で講師、講演で多忙な毎日をおくってきましたが講師、講演業はタレント性が強く、そのノウハウコンテンツはパフォーマンスとしてでていたわけです。それでも長年蓄積した研修資料、データは膨大な量であり、これを形、すなわち教材にしたいとの要望があり、ご一緒することになりました。 今後、キバンインターナショナルのSmartBrainQuizCreator,LectureMaker,PPT2Mobileを使用して少しずつ教材制作をしていく計画です。 立ち上がりはパートナーである橋谷能理子さん、TBSの『サンデーモーニング』のレギュラーでお馴染みですが、日本語教育でも第一人者です。彼女を講師として『社会人のためのビジネストーキングコミュニケーション術』をパンダスタジオで収録し教材化する予定です。プロのアナウンサーの生収録は楽しみです。

アナウンサー橋谷能理子

PPT2Voiceで合成音声を作成すると、ナレーション付きの教材を簡単に作成することが出来ます。(例:国際宇宙ステーションへの補給の要「コウノトリ」
この時、PPT2Voice(正確には、同梱されるボイスソムリエ)は、パワーポイントファイルと同じ階層に音声格納用のフォルダを作成し、その中に音声ファイルを格納していきます。

PPTファイルと同階層に音声の格納先が作られます。

 

音声角の先フォルダの中の様子

その為、多くの場合、手元のPCでパワーポイントファイルの作成とナレーションの作成・編集をこなしますので、以下の画像のように、音声の保存先が手元のPCの中になります。(画像の場合は、作成者のPCのCドライブに保存されています。)

Cドライブに保存されている

このような場合、作成者一人で教材を管理している場合には都合が良いですが、複数で教材を作成するような場合には、PC環境が変わってしまい、不都合が出ることがあります。

例えば、デスクトップという階層で作業をすると、「C:\Documents and Settings\o.nakamura\デスクトップ\PresentationCD\きばらじ_197_コウノトリ_03_ネオ_ナレーション」 のような階層で保存されてしまい、このファイルを他の人に渡しても、上手く動作しません。(他の人の場合、同じデスクトップのような環境に見えても、実際は、C:\Documents and Settings\(渡された人のアカウント)\デスクトップ のような階層の為)。
これは、パワーポイントが外部音声をリンクする場合の仕様なので如何ともし難いのですが、予め工夫をしておく事で回避することが可能です。

方法その1:ファイルサーバなどを利用し、ネットワーク上のドライブに保管する。

ネットワーク上に保管している


上記のように、予めパワーポイントをネットワーク上のドライブに置いておき、そこでナレーションを作成します。そうすると、以下のように、音声ファイルもネットワーク上にリンクされます。

音声ファイルもネットワーク上にリンクされます。

こうすると、PC環境が変わってもネットワーク上のファイルに同じようにアクセス出来れば良いので、大変便利です。

方法その2:必ず同じ場所で作業する
ネットワーク上のドライブの方が便利ですが、機材等の都合ですぐには手配できない場合、常に同じ場所で作業するようにする、という方法もあります。
例えばファイルは必ず、 「C:\PPT”V の下で作成すると決めておく」などです。
うっかり忘れてしまったり、操作ミスなどの危険がありますが、漫然と作業するよりは良いでしょう。

難関資格といえば、司法試験、公認会計士、弁理士などがあげられますが、50歳半ばにしては、人生をゼロからやり直さないと取得できる資格ではない。

いろいろ調べてみたら、中小企業診断士、これも難関な資格なのですが、面白そうです。

受験科目は、企業経営論、財務会計、運営管理(オペレーションマネジメント)、経営法務,経営情報システム、経済学、中小企業経営、政策、の7科目、どの科目もビジネスマンとして広く浅く持っていたい知識です。

30年余ビジネス人生を歩んできて、その振り返りとして勉強するのも良いかもと思う。

この資格、合格したからといって、専権的業務があるわけではないし、誰もがコンサルタントで食べていけるわけでもない、企業内でビジネスに生かしている方が6割である、勉強するプロセスが大事なのでしょう。

ビジネスの傍ら勉強するのって力仕事です、怠け者には、やっぱり学校に通って仲間を作って先生に動機づけされてやるのが一番ですが、時間もないしお金もかかる。

通信教育を調べてみたが、録画取りされたDVD通信教育が圧倒的に多い、そしてこれも通学コース同様の高い受講料を払わねばならない。eラーニングはどうかと探してみたが、価格は安いが、怠け者が続けられそうなものはなかった。

キバンインターナショナルは、既にベリタスアカデミーとの協働により、eラーニング

システム、SmartBrainをベースにした大学受験講座や、英文法.comを開発し好評を得ているが、システムは勿論であるが、コンテンツの優位性にある。コンテンツは人そのものにある。

教えたい、伝えたい情熱が感じられる、そんなeラーニングであるから評価されているのだろう。

今、教材開発を支援するオーサリングツールも充実し、Ustreamの課金配信も可となり、複合された新しいeラーニング教材が生まれてくると予感がする。

教育開発の端くれとして、通学コース以上のパフォーマンスで、低価格のeラーニングを開発したいと思う、中小企業診断士、自ら開発し勉強してみようかな。

既に、キバンインターナショナルは、良いコンテンツを保持し起業したい方のためにECパックのサービスを開始している。

教材開発の拠点であるパンダスタジオも整備され、良いコンテンツと情熱があれば、僅かな資金で教育会社を起業できる時代になった。

キバンインターナショナルコンテンツ事業のお知らせ


概  要
eラーニングの専門企業の株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏)は、iPhone、iPad、AnroidOS、WindowsMobile、PCなど多くの環境で動作するeラーニングシステムSmartBrainに、コンテンツ販売機能を搭載し、初期費用0円、月額0円、売り上げに対する完全成果報酬型で、教育コンテンツを所有している企業、団体向けに提供する「eラーニング事業化パック」を提供します。

本コンテンツ事業の対象としては、資格取得コンテンツの体系としてセミナーや資格取得講座をお持ちの方で、キバンインターナショナルと提携しながら二人三脚で事業を進めていける方となります。
このようなコンテンツを所有する個人・企業・学校法人は、初期投資の負担・リスクなしにeラーニングコンテンツの販売事業を開始することができるようになります。
詳 細
・初期費用はありません。
・国際標準規格のSCORMを採用対応コンテンツを作成いたします。コンテンツを他社eラーニングシステムに搭載することも可能です。
・コンテンツの販売システムは、日本語、英語、中国語、韓国語に対応し、17ヵ国の通貨に対応し世界に販売可能。
・PCだけではなく、iPhone、iPad,Google携帯電話、スマートフォンに対応したeラーニングシステムを用意します。
・コンテンツ作成に必要なスタジオ、カメラ、録音機器、編集機器を無償提供します。
・『最高の学びをすべての人』にというコンセプトにもとづき、従来のeラーニングだけにとどまらず、Ustreamを使った生中継サービス、電子書籍など の、学びに関するサービスを提供いします。。
・ すべてのサービスは、クラウド上のサービスであり、サーバーの購入の必要はなく、データのバックアップ等、高度な専門家が不在であっても、コンテンツをお持ちであれば、eラーニングの専門スタッフがコンサルティング、サポート、成功事例などの情報提供を行います。

コンテンツ事業パートナーへのキバンインターナショナルの対応
キバンインターナショナルが持つ、パンダスタジオは、Ustream配信、eラーニンコンテンツ制作の拠点であり、パートナーのコンテンツ制作、プロモーションをバックアップします
1.有力なコンテンツホルダーで、ビジネスとして考えるパートナーに、KiBANのスペースを原則無償で提供し支援を行います。
2.逐次、定期的に開催するセミナー、イベント等で、コンテンツのプロモーションを行うことができます
3.コンテンツは学習コンテンツのみならず、当面ジャンルに拘らない対応をします。
4.コンテンツホルダーの情報交流の場としのネットワークを形成していきます。
5.KIBAN コンテンツコンシェルジュを開設します。
6.採用され、販売されたコンテンツについての収益は、予め決められた配分比率に基づき分配され、KIBANとコンテンツホルダーはWin- Winの関係を継続していきます。

お問い合わせ
株式会社キバンインターナショナル
担当:木済(きさい)
電話:03-5846-5800 メール:international@kiban.jp
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F

PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )で作成したナレーションのアクセントを変更する方法をご紹介します。

1.
PowerPointポイント上部のメニュー「ボイスソムリエネオ」→「ナレーション編集」をクリック。

▲メニュー「ボイスソムリエ」をクリック

▲メニュー「ボイスソムリエネオ」→「ナレーション編集」をクリック

2.

▲「編集」をクリック。

▲「編集」をクリック。

3.

▲単語の上の赤い横棒がある箇所にアクセントが設定されています。

▲単語の上の赤い横棒がある箇所にアクセントが設定されています。

4.

▲アクセントをつけたい文字をクリックします

▲アクセントをつけたい文字をクリックします

5.

▲緑になっている「アクセント」をクリックすると・・・

▲緑になっている「アクセント」をクリックすると・・・

6.

▲アクセントが設定され、黄色になります。

▲アクセントが設定され、黄色になります。

7.

▲つまみを上下することで、アクセントに強弱をつけることができます。

▲つまみを上下することで、アクセントに強弱をつけることができます。

8.

▲「部分再生」をクリックすると、音声を再生できます。

▲「部分再生」をクリックすると、音声を再生できます。

9.

▲「OK」をクリックし・・・

▲「OK」をクリックし・・・

10.

▲「閉じる」をクリックすれば完了です。

▲「閉じる」をクリックすれば完了です。

PPT2Voice NEOを使用したサンプルは、下の画像をクリックするとご覧頂けます。(対応ブラウザ:Internet Explorer)

▲クリックすると、パンダスタジオファンページのご案内が合成音声付のFlashをご覧いただけます。

▲クリックすると、パンダスタジオファンページのご案内が合成音声付のFlashでご覧いただけます。

●PowerPointのノートから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
eラーニング教材作成にご利用いただくと、ナレーターさんの費用やスタジオ代がかかりませんので、コスト削減になります。
http://ppt2voice.jp/

Livestream procasterのマニュアル(音声付)をPPT2Voice Neo ( http://ppt2voice.jp/ )を使用して作成致しましたので、ここに無料公開致します。以下の画像をクリックするとスタートします。( 対応ブラウザ:Internet Explorer )

▲クリックすると音声付マニュアルが再生されます。

▲クリックすると音声付マニュアルが再生されます。

Livestream procasterは無料で使用できるアプリケーションです。ライブ配信サイトLivestreamを使うと、2画面での配信など、ちょっと高度な配信をすることができます。

マニュアルでは以下の事項について簡単にご説明しています。

  • ダウンロード
  • 配信スタート
  • STOP
  • MIXER
  • CAMERA
  • SCREEN
  • 2D MIX
  • 3D MIX
  • ZOOM IN
  • MINIMIZE

使用方法は簡単です。ぜひご覧くださいませ。

●PowerPointのノートから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
eラーニング教材作成にご利用いただくと、ナレーターさんの費用やスタジオ代がかかりませんので、コスト削減になります。
http://ppt2voice.jp/

PPT2Voice Neo を利用する際に、キチンと呼んでくれない単語を辞書登録すると便利です。この辞書データは、ボイスソムリエネオの辞書機能のページからエクスポートしたり、インポートすることが出来ますので、利用しているPCが変わったり、複数の担当者で音声合成作業を行なっている場合に重宝します。

「辞書」をクリック

エクスポート・インポートが可能です。

PPT2Voice Neo  http://ppt2voice.jp/ を使って、パンダスタジオのFacebookファンページ http://www.facebook.com/pandastudio.tv をご案内するFlashを合成音声付で作成しました。

▲クリックすると、パンダスタジオファンページのご案内が合成音声付のFlashをご覧いただけます。

▲クリックすると、パンダスタジオファンページのご案内が合成音声付のFlashをご覧いただけます。

PPT2Voice Neo  http://ppt2voice.jp/ を使えば、パワーポイントのスライドから、このような合成音声付のご案内資料や営業資料などが簡単に作成できます。また、パワーポイントのスライドをFlashに変換する際は、eラーニングの標準規格SCORMに対応することもできます。無料のデモは http://ppt2voice.jp/?page_id=7 こちらからお試し頂けます。好きなテキストを打ち込んで頂ければその場で音声化できます。デモをお聞き頂いた方の多くが、音声が自然で、驚いていらっしゃいます。ぜひ一度お試しくださいませ。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

世の中の長谷川さん限定ですが、凹んだ時に褒めてくれる動画をPPT2Voice Neo で作成しました。実際に褒めてくれる人がいなくても、PPT2Voice Neo の合成音声なら思いのままw。凹んだ時に無条件で慰めてくれるいい人がいない場合に活用してもらえると良いです。

 

 

PPT2Voice Neo 販売開始のお知らせ

CATEGORIES PPT2Voice Neoby.o.nakamura0 Comments2010.10.01

PPT2Voice Neo 販売開始のお知らせ


eラーニング専門企業の株式会社キバンインターナショナルは、パワーポイントにプラグインとして組み込み可能で、ナレーションを音声合成で作成し、かつ、Flash化されたeラーニングコンテンツを作成するツール PPT2Voice Neo(ネオ) を2010年10月1日から、189,000円(税込)で発売いたしました。

eラーニング専門企業の株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp/)は、パワーポイントにプラグインとして組み込み可能で、ナレーションを音声合成で作成し、Flash化されたeラーニングコンテンツを作成するツール PPT2Voice Neo(ネオ)(http://ppt2voice.jp/)を2010年10月1日から、189,000円(税込)で発売することをお知らせいたします。

PPT2Voice Neo(ネオ)はこれまで、PPT2Voiceとして親しまれてきた製品のバージョンアップ版に当たります。PPT2Voiceには、日立ビジネスソリューション株式会社のボイスソムリエが同梱されておりましたが、ボイスソムリエ ネオの発売に伴い、同梱製品をボイスソムリエネオに変更した、PPT2Voice Neo を発売致します。

「ボイスソムリエ ネオ」とは

自然で滑らかな聞きやすい音声を再現
新開発のセレクティブ重畳型音声合成エンジン採用し、より肉声に近く洗練された高品位な音声が作成でき、これまで以上の滑らかさと抑揚・リズム感で音声付きコンテンツ制作の生産性向上を強力に支援します。

「ボイスソムリエ ネオ」を利用すれば、簡単な操作で音声ファイルを作成できます。
アクセント調整、音の高低や長さの調整など、高度な音声編集が可能ですので、ナレーションやアナウンスを必要とするさまざまな分野で、簡単・気軽に利用することができます。ボイスソムリエ ネオには以下のような特徴があります。

・画面に漢字かな混じりテキストを入力することで簡単に音声化できます。
・作成した音声は、Windows標準のWAV形式の音声ファイルで保存できます。
・アクセントやイントネーションなどを、編集画面で調整できます。
・ガイダンス音声の作成やコンテンツの音付けなど、音声ナレーションの制作に最適です。

PPT2Voice Neoについて

  • パッケージには、PPT2Flash ProfessionalとPPT2Mobile、および、日立ビジネスソリューション株式会社のボイスソムリエ ネオが含まれます。これらのソフトウェアを利用して、PowerPoint原稿から、簡単にナレーション付きのeラーニング教材を作成可能です。
  • 価格:189,000円(税込)
  • 対応OS:Windows7、Windows Vista、Windows XP(マイクロソフト PowerPoiint2003、2007が別途必要です。)
  • 作成したコンテンツの閲覧には、ライセンスは不要です。
  • 作成したコンテンツを販売するには、別途商用ライセンスが必要です。
  • 作成されたコンテンツは自社内でご利用ください。

PPt2Voice Neo について詳しくは、以下のWebサイトを御覧ください。
http://ppt2voice.jp/

以下のURLから、PPT2Voice Neo で作成した音声をご確認いただけます。

▼音声デモ
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

キバンインターナショナルについて

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。1900社にeラーニング関係の製品を提供しています。
2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
キバンインターナショナルの情報についてはこちらをご参照ください。 http://kiban.jp/

お問い合わせ
株式会社キバンインターナショナル
担当:中村、田中
お問い合わせフォーム:http://ppt2voice.jp/?page_id=15
電話:03-5846-5800 メール:international@kiban.jp
住所:〒121-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F