PPT2Voice Neo

スライド4.JPG

●人間VS合成音声!(コスト比較編)

では、人間のナレーションと合成音声のナレーションを、コスト面で比較してみましょう。

まず人間の場合、必要となるのが、

  • ナレーター費用
  • スタジオ費用
  • スケジュール調整

など。ナレーターさん、スタジオ利用料は様々ですが、1回につき30万円ぐらいはかかることでしょう。教材を2つ、3つと作成する場合は、その分だけ掛け算が必要になります。

それに対し、合成音声の場合、必要となるのは

  • ソフト購入費用

これだけです。
PPT2Voice Neoは189,000円(税込)ですので、1回でモトがとれ、お釣りまできます。

しかも、教材をいくつ作成しようと、使い放題。
費用の面だけ見れば、合成音声の圧勝ということができるでしょう。

●人間VS合成音声!(クオリティ比較編)

スライド8.JPG

では、クオリティの面ではどうでしょうか。

人間のナレーションの場合、感情を込めて読んだり、自然な抑揚で読んだりと、いわゆる人間らしさがあります。

それに対し合成音声の方は、声の高さのキーやイントネーションの調整も可能ですが、自然さでは人間のナレーションにはどうしても敵いません。

しかし、クオリティ面でも、合成音声が勝っている部分もあります。「安定性」です。人間のナレーションはその日の体調によって変わったりしますので、あとで録り直しが発生した場合に、声が変わったりします。また、長時間の収録も限界があります。

それに対し、合成音声は安定した音声。長時間でも疲れ知らず。また、いつでもその場ですぐに録り直しができるというメリットもあります。

●PPT2VoiceNeoの使い方は簡単3ステップ!

スライド6.JPG

PPT2VoiceNeoを使って合成音声を作成するのはとても簡単、3ステップです。

ステップ1.
PowerPointでスライドを作成する。

ステップ2.
PowerPointのノートにテキストを入力する。

ステップ3.
PowerPointメニューの「ボイスソムリエ」から「変換」を選択。

たったこれだけです。

いますぐあなたの入力したテキストを、Web上の無料デモでお試し頂けます。あっという間に変換されるので、きっと驚くことでしょう。ぜひお試しください。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

●今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「簡単PPT2Voice Neoマニュアル」をクリックでご覧頂けます。

※PPT2Voiceで作成した合成音声を商用利用する場合には、別途料金が必要となります。詳細は http://ppt2voice.jp/?page_id=321 をご覧ください。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PPT2VoiceNeoの合成音声を初めて聞いたときは、本当にびっくりしました。使われ方としては、eラーニングはもとより、Web動画用やiPadで営業動画にしたり、デジタルサイネージで利用したりと、いろいろですので、用途に合わせてご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

PowerPointを合成音声ナレーション教材に変換するソフト、PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

PPT2Voiceを検討している企業様向けに、御社のサンプル動画を、お1つ無料で作成致します。

最近、スマートフォン販売員向けの研修資料を、株式会社テソロ様のご依頼で作成しました。このようになりますので、まずはご覧ください。

こんな風に自社の資料に音声をつけてみたい!動画にしてみたい!という企業様は、以下をお目通しの上、問い合わせフォーム http://ppt2voice.jp/?page_id=15よりご連絡ください。

  • PowerPointスライド(5枚まで)をご提出ください。
  • PowerPointの「ノート」に合成音声に変換したい文字を入力してください。
  • 男性の声、女性の声、どちらが希望をお教えください。
  • アニメーションをつけないでください。(PPT2Voice NeoはPowerPointのアニメーションに対応しておりますが、今回の無料サンプルでは対応しておりません)
  • 作成したサンプル動画は弊社Webサイト等で公開させて頂くことがあります。
  • 画質は指定できません。(PPT2Voice NeoはHD画質にも対応しておりますが、今回の無料サンプルでは対応しておりません)

PPT2Voice Neoで、どんな動画ができるのか、自社の資料を作成することで実感頂けると思います。お気軽にお申し込みくださいませ。

PPT2Voiceは、パソコンを利用してなーレーション等の音声を作成してくれるeラーニング教材を作成する際に、便利に使えるソフトウェアです。今日は、そのPPT2Voiceに同梱されているボイスソムリエ デュオのちょっとしたテクニックをご初回します。

ボイスソムリエは、ナレーション原稿を初回でもかなり正確に読んでくれることに定評があり、その為に、内部にはかなりの容量の辞書を備えているようです。その為、一部の地名と被るような文言の場合は、逆に意に沿わない形に変換されてしまう場合があります。ここでは、その場合の対処方法をご紹介します。

例えば、今回は、「九十九(きゅうじゅうきゅう)」を読ませてみたいと思います。

九十九(つくも) と読みました。

このように、九十九(つくも)と読んでしまいます。おそらく、地名や会社名など(の一部(もしくは普通名詞)として登録されているおではないかと思われます。この場合、もちろん「きゅうじゅうきゅう」と原稿を書くことによっても対処が可能ですが、ここはユーザ辞書機能を利用してみましょう。メニューから、ユーザ辞書を開くことで、辞書登録機能を利用することが可能です。

一般的な名詞 として登録します。

この時のポイントは、一般的な名詞として登録する ことです。試してみたところ、固有名詞としての登録では、既存の登録より優先順位が下がるようで、更新を反映させることができませんでした。

登録後、再度解析を行うと、このように、意図通りに読んでくれました。

このようにユーザ辞書を鍛えていくことで、社内文書など簡単にナレーションしてくれるようになりますので、是非、コツコツを辞書を鍛えて頂ければ幸いです。

PowerPointを合成音声ナレーション教材に変換するソフト、PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/。Web上でできるデモをご案内致します。今すぐその場でテキストが音声に変換できるデモをお試し頂くことができますので、ぜひご体験ください。

▲PPT2Voice Neo

▲PPT2Voice Neo

▼ボイスソムリエ ネオ

今すぐ、「ボイスソムリエ ネオ」を体験できます

下記のボタンをクリックすると、オンラインデモ画面が開きます。テキストを入力し再生ボタンを押すと、オンライン上で音声合成が体験できます。


汎用知的音声合成システム「ボイスソムリエ ネオ」のWeb体験版
(新しいウインドウが開きます)

* 回線混雑により接続できないことがあります。そのような場合は、しばらくしてから再度アクセスしてください。

サンプル音源をお聞きください

サンプル音声の例

「ここ数年で、音声合成技術が身近に活用されるようになり、生活環境における様々なシーンや用途での利用が進んだことで、最近では、自然で聞きやすい音声が求められるようになってきました。今回開発した『ボイスソムリエ ネオ』は、株式会社日立製作所 中央研究所で開発した、セレクティブ重畳型音声合成方式の技術を採用しました。」

下記のリンクをクリックして、高品位な音声合成のサンプルをお聞きください。

無圧縮のサンプル音声ファイルは、こちらから (WAV形式、1,302Kバイト)(新しいウインドウが開きます)

以下、画像をクリック頂くと、同梱のPPT2MobileでPowerPointから作成した合成音声ナレーション付き動画のサンプルをご覧頂けます。
▼eラーニング国際標準規格SCORM(女性の声Ver)

▼eラーニング国際標準規格SCORM(男性の声Ver)

▼eラーニングビジネス支援パック(女性の声Ver)

▼スマートフォン販売員向け研修資料(男性の声Ver)

▼PPT2Flash、PPT2Mobile

同梱のPPT2Flash、PPT2Mobileは試用版をご用意しておりますので、ダウンロードしてお試しください。(その後、PPT2Voice Neoをご購入いただくと、送付するライセンスを入力しそのまま製品版として継続利用できます)

 

PPT2Voice Neoの商用ライセンスについて

たくさんのお問い合わせを頂いております、PowerPointを合成音声ナレーション教材に変換するソフト、PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/の商用ライセンスについてご案内致します。

▲PPT2Voice Neo

▲PPT2Voice Neo

通常、商用ライセンスについては
http://ppt2voice.jp/?page_id=321
に記載してある通りですが、学校、学校、官公庁、公共機関におきましては、
非商用扱いとなりますので、改めてここにお知らせ致します。

商用利用について

  • 本製品は、「eLearning用途のみ」での使用を前提とします。
  • 本製品の年間音声使用許諾ライセンスは、4ヶ月分を付与するものです。4ヶ月以上継続利用する場合は、再度音声使用許諾ライセンスをご購入ください。
  • 商用とは、コンテンツの有償無償を問わず、自組織以外で利用される事を指します。
  • 音声使用許諾ライセンスに関しては、エンドユーザー様にて適切にご管理ください。
  • 音声使用許諾ライセンス(4ヶ月分)のみご購入の場合は、¥295,000円 となります。
  • 例外:上記につきまして、学校、官公庁、公共機関は非商用扱いとなります。

商用でのご利用の場合の料金

PPT2Voice本体           189,000円(税込)
音声使用許諾ライセンス(4ヶ月)  315,000円(税込)

合計 504,000円(税込) となります。

PowerPointを合成音声ナレーション教材に変換するソフト、PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

PPT2Voice Neoでは、合成音声の高低や、文字間の長さを一文字ごとに、あるいは複数同時に、詳細に変更することができます。

▲PPT2Voice Neoの編集画面

▲PPT2Voice Neoの編集画面

声の高低を変更するには、Hz(ヘルツ)数のグラフのポイントを上下にドラッグアンドドロップします。たとえば・・・

▲先頭のオレンジの部分を上下にドラッグすると、音声の高低が音節ごと全て変更になります。

▲先頭のオレンジの部分を上下にドラッグすると、音声の高低が音節ごと全て変更になります。このケースでは「ひょうじゅんかされていないばーいわ」まで一括変更になります

赤い部分だけを上下にドラッグすれば、その部分だけの音声の高低が変化します。
緑のバーをを左右にドラッグすると・・・

▲文字間の読みの間隔が長く、または短くなります。

▲文字間の読みの間隔が長く、または短くなります。

詳細に編集するのはとても時間がかかります。どれだけ時間を使えるかは、作成する教材の内容や人に依存することでしょう。ただ、「他のやり方だけではどうもうまく編集できない」という場合には、この方法を使用すると解決することがありますので、覚えておくと役に立ちます。

PPT2Voice Neohttp://ppt2voice.jp/のWebサイトはこちらです。

Facebook基礎講座。第19回『Facebookソーシャルプラグイン』

解説:『facebook完全活用本』(青志社)著者 田中康英

PowerPointを合成音声ナレーション教材に PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

Facebook基礎講座。第17回『Facebook検索』

CATEGORIES PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka1 Comments2011.05.14

Facebook基礎講座。第17回『Facebook検索』

解説:『facebook完全活用本』(青志社)著者 田中康英

PowerPointを合成音声ナレーション教材に PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

Facebook基礎講座。第16回『Facebookチャット』

解説:『facebook完全活用本』(青志社)著者 田中康英

PowerPointを合成音声ナレーション教材に PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

初期費用0円、ランニングコスト0円で始める『eラーニングビジネス支援パック』。先日、告知を始めてさきほど、パンフレットに合成音声(女性の声)をつけてアップしましたところ、大変好評を頂きましたので、男性の声バージョンもアップしました。

Webサイトのほうも現在作成中です。少々お待ちくださいませ。

なお、合成音声は、

PowerPointを合成音声ナレーション教材に PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/

で作成しました。