PPT2Voice Neo

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

アニメーションとナレーションを細かく同期させたいという場合の対処方法をご説明します。通常、「ナレーション作成」をクリックすると、音声ファイルが1つ作成されます。

▲通常、ノート1つにつき、音声ファイルは1つ。

▲通常、ノート1つにつき、音声ファイルは1つ。

しかし、これではアニメーションと音声がうまく同期できない!という場合もあるかと思います。

例えば、

▼こちらのサンプルをご覧下さい。(画像をクリックするとフラッシュが再生されます)

▲音声が長いので、アニメーションとのズレが大きい。

▲音声が長いので、アニメーションとのズレが大きい。

音声が長いので、アニメーションとのズレが少し感じられますね。では、「この講座では~」と「この講座から」の2つに分けてスライドインするアニメーションを作成し、それぞれと音声を分けてみましょう。

▼次のサンプルをご覧下さい。(画像をクリックするとフラッシュが再生されます)

▲アニメーションを分け、音声を分け、それぞれを同期させました。

▲アニメーションを分け、音声を分け、それぞれを同期させました。

先ほどとは違い、それぞれの音声とアニメーションを同期させました。では、音声を複数に分けるにはどうすればよいのでしょうか。以下の画像のように、ノートのテキストの間隔を、Enterキーで1行あけた状態にしてナレーション作成をします。

▲1行あけてナレーション作成

▲1行あけてナレーション作成

すると、

▲1行につき1つの音声ファイルが作成されました。

▲1行につき1つの音声ファイルが作成されました。

あとは、パワーポイントメニューの「スライドショー」→「アニメーションの設定」から、それぞれを対応させたアニメーションを設定することができます。

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

本日はパンダスタジオでのFP3級技能士受験の第2回目の収録でした。コンテンツ制作・販売は、主に、銀行、証券、生損保等、金融機関をお客様とする株式会社ビジネス教育出版社.、キバンのPPT2VOICEneoを使用しeラーニング制作を積極的に進めております。講師はFP、証券外務員試験対策講座の人気講師梶谷美果さんです。
キバンインターナショナルは資格試験のeラーニング化をサポートしております。FP3級試験は受験者数が急増しており本年は15万人が受験する見込みです。資格を就職や仕事に生かす、そして上級試験を目指す という方も多いですが、勉強することで人生設計に役立てたい方が増加していると思われます。受験内容が、金融経済の基礎知識、社会保険・年金、生命保険、 損害保険、不動産の知識、税金の基本知識、相続等全て家計設計に関わることであり、当然金融機関に携るビジネスマンには必須の内容ですが、学生、主婦、こ れからリタイアする方などにも『人生計画必修講座』として益々受験者が増加すると思います。合格率50%で取得しやすい資格ですが、初学者にとって、金融 用語等、専門用語の理解だけで大変だと思います。今回は通学講座で人気講師である、梶谷さんの解り易く、且つあきさせないパンチのきいた講義映像コンテンツは 受験生にとって力強いサポーターとなるでしょう。6月全科目完成に向けてビジネス教育出版社で急ピッチで制作中です、受講生の募集は5月

の予定です。その 間、コンテンツの一部を紹介していきます。

講師の梶谷美果

株式会社キバンインターナショナルパンダスタジオでは、事故防止の為の冴えたやり方を導入しましたので、ご紹介致します。(休日更新につきネタ風味) まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

 

ケーブルキーパーは1個900円弱と、単純な留め具のくせにちょっとお高いですが、このように比較するとなぜか、低コストに思えます。(もちろん、配信事故発生の際のコストに比べたら900円は、驚くべき低コストです。そして、このような物理的なトラブルはよくあるのです。お近くにネットワーク屋さんがいたら是非聞いてみてください。「ネットワークトラブルの際は、まずは物理的な線を確認しろ」というと思います。)

まぁ、そのような訳で、パンダスタジオでは、ケーブルキーパーを利用しています。

電源部分をケーブルキーパーで固定しています。

 

横から。このように厚みもないので、積み重ねる機材にも利用できます。

 

尚、写真のルーターの場合は、電源ゲーブルが細かったのでLANケーブル用のケーブルキーパーを利用しています。PCやサーバにささっている太い電源ケーブルが採用されている場合は、AC用のキーパー(ACプラグキーパー)が良いでしょう。このあたり、どれを利用するかは、保護したいケーブルの直径で決めて頂ければと思います。


おまけ

社内におけるネットワーク担当者の地位の高さを示すワンショット


この教材はPPT2Voiceでナレーションと変換を行いました。

PPT2Voice Neoの「全体再生」

CATEGORIES PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka2 Comments2011.02.17

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

「全体再生」すると、作成したナレーションをスライドのノートの全ての文を再生して聞くことができます。

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック


3.「全体再生」をクリック

3.「全体再生」をクリック

上記画面の全文、すなわち、1と2が再生され、音声を確認することができます。

PPT2Voice Neoの「一文削除」

CATEGORIES eラーニング, PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka2 Comments2011.02.17

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

作成したナレーションの、途中の1文だけを削除することができます。

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック


▲3.「一文削除」をクリック

▲3.「一文削除」をクリック


▲4.カーソルのあった文が削除されました

▲4.カーソルのあった文が削除されました


▲5.「保存」をクリック

▲5.「保存」をクリック

これで削除できました。

▲6.「×」をクリック

▲6.「×」をクリック


7.PowerPointの「ノート」にも反映されます

7.PowerPointの「ノート」にも反映されます

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

PPT2Voice Neoの「一文挿入」

CATEGORIES eラーニング, PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka1 Comments2011.02.16

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

作成したナレーションの途中に、文を挿入することができます。

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲1.「ナレーション編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

3.「一文挿入」をクリック

3.「一文挿入」をクリック

すると、カーソルがあった文の上に・・・

▲4.空欄が挿入されました

▲4.空欄が挿入されました

▲6.任意の文を挿入

▲5.任意の文を入力

6.「保存」をクリック

6.「保存」をクリック

▲6.「×」をクリック

▲7.「×」をクリック

▲7.PowerPointの「ノート」にも反映されます。

▲8.PowerPointの「ノート」にも反映されます。

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

PPT2Voice Neoの「韻律調整」

CATEGORIES eラーニング, PPT2Voice Neoby.yasu.tanaka3 Comments2011.02.16

PowerPointから音声合成ナレーション付き教材を簡単作成。ナレーター費用・スタジオ費用のコストを削減できるソフト、PPT2Voice Neo( http://ppt2voice.jp/ )。

「韻律調整」機能を使うと、ナレーションの微調整を、文節ごとに行うことができます。

▲1.ナレーションの編集

▲1.「ナレーションの編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲2.「ボイスソムリエネオで編集」をクリック

▲3.「韻律調整」をクリック

▲3.「韻律調整」をクリック

▲4.「韻律のグラフが表示されました」

▲4.「韻律のグラフが表示されました」

ここでは試しに、「むっつ」という音声を変更します。

▲サンプル音声1。クリックすると音声がでます。(対応ブラウザInternet Explorer)

▲サンプル音声1。クリックすると音声がでます。(対応ブラウザInternet Explorer)

例えば「っ」の音をもう少し伸ばしたいとしましょう。

▲5.「Tsu」の緑のバーを右にドラッグ

▲5.「Tsu」の緑のバーを右にドラッグ

すると・・・

▲サンプル音声2。クリックすると音声がでます。(対応ブラウザInternet Explorer)

▲サンプル音声2。クリックすると音声がでます。(対応ブラウザInternet Explorer)

「っ」部分の音声が伸びました。

その他、韻律調整を行うことで音声の周波数を帰ることなど、様々なことが出来ます。

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/?page_id=7

株式会社キバンインターナショナルの提供する音声合成作成ソフトPPT2Voice Neo。PowerPointから最短2クリックで簡単に合成音声を作成、ナレーションをつけることができます。

PPT2Voice Neoで合成音声を作成すると、棒読みにならないよう、「。」や「、」などの句読点にあわせて、自動で音節を調整してくれます。いわゆる自然な「間」とか「呼吸」というものです。

音節には2種類あります。「フレーズ区切り」と「文節」です。

  • フレーズ区切り・・・ちょっと長めの音節。
  • 文節・・・短めの音節

おおむね自然に音声を調整してくれるのですが、ところどころ、音節の長さを調整したい箇所もでてきます。

変更するには、PowerPointメニューから音声編集画面を開きます。

▲PowerPointメニューから「ボイスソムリエネオ」→「ナレーション編集」→「編集」で編集画面を開きます。

▲PowerPointメニューから「ボイスソムリエネオ」→「ナレーション編集」→「編集」で編集画面を開きます。

▲ 矢印の先、「 |  」 はフレーズ区切り状態を表しています

▲ 矢印の先、「 | 」 はフレーズ区切り状態を表しています

「フレーズ区切りだと音声の間が不自然に長いなあ」と感じたら、「文節区切り」をクリックしましょう。選択されると背景色が黄色になります。短い音節に変わり、自然に聞こえるようになります。

▲ 矢印の先、「 /  」 は文節区切り状態を表しています

▲ 矢印の先、「 / 」 は文節区切り状態を表しています

「音節がいらない」という場合は「削除」をクリックすれば、削除することも出来ます。

また、「フレーズ区切り」は長さ右のツマミを上下することで音節の長さを微調整することも可能です。

▲ツマミを上下すると、音節の長さを微調整できます。

▲ツマミを上下すると、音節の長さを微調整できます。

このように音節を調整することで、ナレーションを聞く側にとって、快適な環境を整えることができます。

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/

PPT2VoiceNeoをご利用中の皆様、辞書登録機能を利用しようとしたときに、このようなエラーダイアログが表示され、正常に登録ができない場合の対処方法が判明しましたのでお知らせいたします。

PPT2VoiceNeo辞書機能のエラー

PPT2VoiceNeo辞書機能のエラー

PPT2VoiceNeo辞書登録起動時のエラーメッセージ

PPT2VoiceNeo辞書登録起動時のエラーメッセージ

上記の場合、コントロールパネルより、以下の手順で言語、場所等を全て日本語に設定してください。(以下の説明はWindowsXPの場合となります。それ以外のOSの場合は、OSの手順に従って操作してください。)

スタートメニューよりコントロールパネルを選択

スタートメニューよりコントロールパネルを選択

スタートメニューよりコントロールパネルを選択します。

日付、時刻、地域と言語のオプションをクリック

日付、時刻、地域と言語のオプションをクリックします

日付、時刻、地域と言語のオプションをクリックします。

地域と言語のオプションをクリック

地域と言語のオプションをクリックします

地域と言語のオプションをクリックします。

地域と言語オプションのダイアログ

地域と言語オプションのダイアログ

地域と言語のオプションのダイアログが表示されますので、「表示と形式」のプルダウンを「日本語」に、場所のプルダウンを同じく「日本」に選択してください。

上記のダイアログを正しく設定することで、辞書登録機能が正常に動作するようになります。お困りの方、一度お試しください。

株式会社キバンインターナショナルが提供する合成音声ナレーション作成ソフト『PPT2Voice Neo』。PowerPointから、2クリックだけで簡単に、とても自然な音声でナレーションを作成することができます。(合成音声のデモはこちらをクリック

作成した音声には「フレーズ区切り」といわれる、いわゆる「間(ま)」が自動的に挿入されます。例えば、「、」や「。」などの句読点のあるところは棒読みしたらおかしいですよね。なので、フレーズ区切りが挿入される仕組みなのです。

「、」や「。」が少ない文章の場合でも、ソフトが気を利かせてくれて、自動でフレーズ区切りが挿入されるので便利なのですが、場合によっては、必要のない箇所にフレーズ区切りが挿入されていることもあります。これではナレーションを聞いているときにおかしなリズムになってしまいます。そんな場合は編集画面で削除しましょう。

編集画面は、PowerPointメニューの「ボイスソムリエ ネオ」→「ナレーション編集」から開くことができます。

▲PowerPointのメニューから編集画面を開きます。

▲PowerPointのメニューから編集画面を開きます。

しかし、編集画面を開いたとき、フレーズ区切りに「削除」が表示されるときとされないときがあります。表示されないときは削除できないので困ってしまいます。

▲通常は「削除」が表示されます。

▲通常は「削除」が表示されます。

▲「削除」が表示されない場合があります。

▲「削除」が表示されない場合もあります。

「削除」が表示されない場合の解決法は「全画面表示」にすることです。

▲全画面表示にするにはココをクリック。

▲全画面表示にするにはココをクリック。

すると・・・

▲「削除」が表示されるようになります

▲「削除」が表示されるようになります

これで解決です。

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。

『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/