スマートフォン

SmartBrainは、スマートフォンや、携帯電話に対応しています。

現在の対応端末は、以下の端末です。

モバイル環境(スマートフォン)

対応端末 : iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iPad、iPod Touch、Nexus One

その他のAndroid端末、Windows Mobile phone、BlackBerryについては、現在動作確認中です。

携帯電話

対応キャリア : DoCoMo・au・SoftBank

対応端末 : DoCoMo:FOMA全般、i-modeブラウザ SoftBank:3G2型、3GC型 au:1X WIN、1X WIN(KCP+)

対応ブラウザ : 各キャリアのフルブラウザと標準のブラウザに対応

スマートフォン、携帯電話ともに順次検証を行い、対応情報を更新していく予定です。

PCでの動作を含めたSmartBrainの動作環境については、こちらをご覧ください。

今回の出張では、滞在先のホテルのインターネット接続が、1日13ドルと高価だったため、違う方法で、通話料と、インターネットアクセスの回線を確保することを考えました。

GoogleのNexusOneというSIMフリーのAndroid Phoneを持ってきているので、ホテル近くの携帯電話ショップ(最初に見つけたのがT-mobile)に、この電話で利用できるプリペイドカードのSIMカードを欲しい旨、説明をしました。

SIMカードは、10ドルから有ります。10ドルだと30分の通話、1分に33セントづつの通話料。30ドルだと、160分の通話、1分19セントの通話料金でした。インターネットの接続を聞いたら、1日使い放題で、1.5ドルとのことでした。120円程度で、スマートフォンがいつでもインターネットに繋がるのは、大変便利ですので、注文して速攻、SIMカードを差し込みました。APN設定(ネットワークの設定)をする必要があるのかと確認していましたが、SIMカードが読み込まれると、設定もすべて自動でしたので、すぐに利用することができました。

インターネット接続は、初回だけブラウザを起動すると、プリペイドカードを購入時に登録した4桁の数字のパスワードを聞いてきますので、そのパスワードを設定すれば、即利用することができます。

AndroidのOS2.2にアップしてあったために、このNexus ONE自体が、モバイルルーターの役割をすることがわかり、持って行ったVAIO、iPhone、iPad、GalaxyS、NexusONEと、5台の端末すべてがインターネットに接続できることがわかりました。スピードは、決して速い訳ではありませんが、全部の機器が、いつでもインターネットに接続できる安心感が、1日120円で確保できるのは、非常に安価でおすすめの方法です。

残念ながら、日本の電話機は、SIMフリーでも、テザリング(モバイルルーター化する機能)とも、使用不可になっており、SIMカードを購入しても、通話も通信もモバイルルーターとしても利用できませんが、Yahooオークションなどで、海外のSIMフリーのiPhoneや、GooglePhoneを購入して持っておくと、日本語で利用できますし、通話、通信、モバイルルータとしても利用できて大変便利です。
今回の出張では、滞在先のホテルのインターネット接続が、1日13ドルと高価だったため、違う方法で、通話料と、インターネットアクセスの回線を確保することを考えました。

GoogleのNexusOneというSIMフリーのAndroid Phoneを持ってきているので、ホテル近くの携帯電話ショップ(最初に見つけたのがT-mobile)に、この電話で利用できるプリペイドカードのSIMカードを欲しい旨、説明をしました。SIMカードは、10ドルから有ります。10ドルだと30分の通話、1分に33セントづつの通話料。30ドルだと、160分の通話、1分19セントの通話料金でした。インターネットの接続を聞いたら、1日使い放題で、1.5ドルとのことでした。120円程度で、スマートフォンがいつでもインターネットに繋がるのは、大変便利ですので、注文して速攻、SIMカードを差し込みました。APN設定(ネットワークの設定)をする必要があるのかと確認していましたが、SIMカードが読み込まれると、設定もすべて自動でしたので、すぐに利用することができました。
インターネット接続は、初回だけブラウザを起動すると、プリペイドカードを購入時に登録した4桁の数字のパスワードを聞いてきますので、そのパスワードを設定すれば、即利用することができます。
AndroidのOS2.2にアップしてあったために、このNexus ONE自体が、モバイルルーターの役割をすることがわかり、持って行ったVAIO、iPhone、iPad、GalaxyS、NexusONEと、5台の端末すべてがインターネットに接続できることがわかりました。スピードは、決して速い訳ではありませんが、全部の機器が、いつでもインターネットに接続できる安心感が、1日120円で確保できるのは、非常に安価でおすすめの方法です。

残念ながら、日本の電話機は、SIMフリーでも、テザリング(モバイルルーター化する機能)とも、使用不可になっており、SIMカードを購入しても、通話も通信もモバイルルーターとしても利用できませんが、Yahooオークションなどで、海外のSIMフリーのiPhoneや、GooglePhoneを購入して持っておくと、日本語で利用できますし、通話、通信、モバイルルータとしても利用できて大変便利です。

大雨の影響で、スタジオ(PandaStudio) が水没しました。

自慢の65インチ液晶がご覧のありさま

高価な機材が水浸しです。。。

秋葉原の街もこんな感じに

まるでベネチアのように


はい、もちろんネタ画像です。これは、iPhoneアプリの水没カメラで撮影&加工しました。映画の宣伝用ですが、自分の大切な物が水没してしまう様を擬似的に体験できるアプリです。同サイトによれば、「水没体験アプリ」は、ドキュメンタリー映画『ビューティフルアイランズ』http://www.beautiful-i.tv のテーマである、「気候変動で“失われゆくもの”を“感じる”」ことを目的としたアプリです。」とのこと。
ま、そういった、ことを抜きしても、ちょっと毛色の変わった写真が撮れるので面白いアプリです。

パンダスタジオでは、ファンページhttp://www.facebook.com/pandastudio.tv)をつくって、2010年中に1000「いいね」を集めるプロジェクトをしています。Facebookにアカウントをお持ちの方は、是非、ご協力ください。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

iPadが学習端末、eラーニング端末として最強だという確信はかわりません。ただし平常時に用いているアプリケーションが動作せず、結局WindowsノートとiPadを持ち歩いていて、荷物が増えた状態が続いています。

いつかタブレット型PCだけで、全部まかなえるようになればいいのにと思っていたら、日本のメーカー、それもオンキヨーから、タブレット型PC(スレート型PC)が発売されていました。意欲的な価格で、iPadと同じように、5万円を切った金額より購入することができます。

型番が覚えづらく、違いがわかりづらかったので、3機種のスペックについて、下記にまとめてみました。

ONKYOのスレートPC(タブレットPC)

▲ONKYOのスレートPC(タブレットPC)

ONNKYOの直販サイト『ONKYO DIRECT』にて9月28日より受注を開始し、10月中旬より順次発送されるようです。

『TWシリーズ』は、OSに、Windows 7 Home Premiumを採用。用途に応じてさまざまなアプリケーションをインストールして使用ができる。これまで、Android系のタブレットでも、苦手として対応ではないことが多かった2本の指で操作するマルチタッチ機能にも対応。ズームや回転など、直感的な操作が可能になりました。

本体には、USB2.0ポート、メモリーカードスロットを搭載し、データのやり取りもスムーズに行えます。タブレット型PCには、USBポートをつけることで、うんと汎用性や利用できる周辺機器が増えて、便利だと思っていたので、このUSBポートの実装は非常にうれしく思います。

『TWシリーズ』のラインナップ(3機種発売)ですので、違いを下記にまとめます。。

『TW317A5』

  • 11.6型ワイド液晶
  • 32GBのSSDを搭載
  • サイズW295×D195×H14mm
  • 重さ約1kg
  • 6万9800円

『TW217A5』

  • 10.1型ワイド液晶
  • 32GBのSSDを搭載
  • サイズW274×D173×H18.5mm
  • 重さ約850g
  • 5万9800円

『TW117A4』

  • 10.1型ワイド液晶
  • 160GBのHDDを搭載
  • サイズW263×H160×D18.5mm
  • 重さ約990g
  • 4万9800円

それぞれのモデルに、ビデオチャットなどが可能なウェブカメラ、HDMI出力端子またはアナログディスプレー出力端子を搭載しており、対応するプロジェクターやテレビなどの外部ディスプレーに接続できます。

サムスンのCMがかわいらしく楽しい

CATEGORIES スマートフォンby.m.nishimura6 Comments2010.09.13

アップルのiPhone、iPadに対抗する製品は、サムスン(韓国)や、エイサー(台湾)メーカーではないかと思っています。そんなサムスンの携帯電話のCM映像を紹介します。子供が踊っているだけのCMかと思いきや、凄くよくできたCMで、時間、手間、予算もかけてしっかりかけて作られたCMです。見ていて楽しいし、商品そのものを伝えるのではなく、こうした楽しさを伝えていくCM手法は、アップルにも似ているなと思います。

来週からは、韓国出張です。韓国の最新スマートフォン、タブレットについての情報収集もしてきたいと思います。

イントラ版のLMSについて要望をいただくことが増えてきました。予算申請の時期とも重なっているのでしょう。

eラーニングシステム SmartBrainスマートブレイン)のイントラ版の発売を予定しています。株式会社キバンインターナショナルでは、eラーニングシステム SmartBrainスマートブレイン)というASP、SaaS型のeラーニングシステム(LMS)を提供を、現在販売しています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語に対応したLMSです。

ケータイ電話、iPhone、iPadに対応させるためには、イントラネット内においていたのでは、端末からのアクセスができないので、ASP型での提供しかないと思っていたのですが、最近のスマートフォン、iPhone、iPadなどは、すべて無線LAN(Wi-Fi)での接続ができるので、社内ネットワークに接続するための無線LANで接続することも出来るのですね。

スマートフォン対応のイントラ版LMSというのも、ニッチのニーズのようですが、ニーズがあるのであれば、提供していきたいと思います。

早急に、イントラ版の販売価格、ライセンス体系を決めて、発売を決定したいと思います。お急ぎの方は、お問い合わせページからお知らせいたくか、電話:03-5846-5800 までご連絡いただければ幸いです。

iPhone、iPadで学習できるeラーニングシステム SmartBrain(スマートブレイン)をリリースしていますが、お客様に自由に使って触ってもらうためには、防犯の機能も大切ですが、おしゃれな台において充電ケーブルが目立たないようにしたいと思っていました。

Amadanaというデザイン性にすぐれたシリーズに、ケータイ電話を受電する台がありましたので、購入しました。1台10,500円しますが、綺麗に展示することを優先して、1台注文しました。実物を見て、良ければ、追加注文をしたいとおもいます。

送料込みで、こちらで、10,500円で購入しました。
http://item.rakuten.co.jp/mindo/s10071703/

▲本体、ケーブル、台もブラックで統一されて綺麗です。

商品スペック アマダナマルチ充電器 GA-002

型名 GA-002
ブラック(BK)/ホワイト(WH)
価格 10,500円(税込) 10,000円(本体価格)
外形寸法(約mm) 幅288×奥行き87×高さ141.6
質量(本体) 約565g
定格入力電圧 AC100-240V、50/60Hz
定格出力電流 3A (4ポート合計)
付属品 ACアダプター、変換ケーブル6本※

※対応機器一覧
domoco FOMA ※1
SoftBank 3G ※1
au ※1
DSi / DSi LL
DS Lite
PSP
iPod nano (第1~5世代)
iPod (第5世代)
iPod classic
iPod touch(第1~3世代)
iPhone 3G/3GS

※1 全ての機器の動作を保証する仕様ではありません

ご注意 ※変換ケーブルの色は本体色に関らずブラックのみとなります。

※ 本製品は株式会社リアル・フリートのオリジナル商品であり、
任天堂株式会社、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント、
Apple Inc., 携帯電話各社のライセンス商品ではございません。

※記載されている会社名・製品名は各社の商標および登録商標です。

※製品のデザイン、仕様は改良等により予告なく変更する場合がございます。

※商品の色はモニターの具合で実物と若干異なる場合があります。
予めご了承ください。

こんな方にお使いいただきたい商品です!<モバイル機器を複数お持ちの方>会社用とプライベートの携帯電話を使い分けている方や、iPodやゲーム機器を使う方など、複数のモバイル機器を同時に充電したい方に。
コンセント1つで、4つのUSBから充電できます。

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏)は、PC、Mac、iPhone、iPad、GooglePhoneなど数多くの端末で学習できるeラーニングシステム SmartBrain(スマートブレイン)を、20名まで無料で、20名以上も、1アカウント210円/月額という業界最安値で、提供してきました。この度、皆様のご要望に応える形でe-Learning WORLD 2.0では、SmartBrainのケータイ対応版を披露する予定です。

詳細は、本ブログ(http://blog.elearning.co.jp/)ならびに、SmartBrainのWebサイトhttp://smartbrain.info/)で紹介して参ります。

iPhone関連書籍

CATEGORIES Android, iPhone, スマートフォン, 北海道ラボ, 書籍・本by.yasu.tanaka4 Comments2010.07.06

最近、函館研究所では、iPhone, iPad, Androidなどに向けたアプリケーションも開発しています。

SmartBrainは素晴らしいeラーニングシステムなのですが、オフライン環境では学習できないという問題点があります。この問題を解決するためにはインストール型のアプリケーション、それもスマートフォンにインストールできるアプリケーションが必要だということで、iPhone、iPad、Androidアプリを中心に研究開発を進めております。

開発の参考に、本日購入した書籍を掲載しておきます。

iPhoneSDK開発のレシピ iPadプログラミングの作法

AT&Tが定額サービスを廃止

CATEGORIES iPad, iPhone, スマートフォンby.yasu.tanaka1 Comments2010.06.05
iPad料金プラン

iPad料金プラン

米国で、iPhoneやiPad向けの通信サービスを提供しているAT&Tが、スマートフォン向けの定額通信サービス(パケ放題)を終了しました。そして、それに呼応するかのように、ソフトバンクの孫氏も、パケット定額は「悩ましい問題」とTwitter上で発言しています。孫氏によれば、2%のユーザが全体の50%の通信容量を占拠しているとのことです。この2%のユーザに我慢してもらう(追加料金の支払い もしくは Wifiの利用)ことで、残りの98%のユーザの通信状況が改善するのであれば、パケット定額を廃止するのも妥当な選択なのではないでしょうか。もちろん、パケット定額という、分かりやすい商品を失う危険性はありますが、それで、通信状況が改善するのであれば検討の余地は十分あると思います。

私が使っているiPhone3Gの、この6ヶ月間での通信量は1.4GBとなっており、月間2GBであれば全く問題ありませんし、少し気をつけて使えば月間250MBでも足りそうです。アプリケーションのインストールや、Webの閲覧(動画を除く)程度であれば、月間2GBでも十分たりるのではないでしょうか?