スマートフォン

私たちは、儲からないと、同業他社に冷やかされながら、eラーニングシステムにこだわって開発を続けています。今のeラーニングシステムSmartBrainは、過去に作ったものを全部カウントすると、第5世代になります。

「eラーニングをすべての人に!」というコンセプトを大まじめに考えています。最高の学習体験を提供することが、私たちが、この世に生を受けた天命だと信じて、日々、取り組んでいます。

今日は、午前中から、eラーニングシステム SmartBrainの件で、3件商談がありました。私たちのSmartBrainは、価格もまだ、公開していないにもかかわらず、お問い合せをいただくようになり、大変幸せなことだと思っています。

3社とミーティングをして、やはりeラーニングシステム、LMSを、最後の1社になっても、育てていくべきだと考えています。PCで学習するにしても、Windowsだけに対応したシステムも多く、MacOSや、数あるブラウザに、きちんと対応するシステムが必要ですし、スマートフォン、ケータイ電話、ポータブルゲーム機でもeラーニングができるシステムのニーズは高まるばかりです。

ビジネス面だけを考えたとき、大きな開発費と時間が必要になるラーニングシステムを新規に開発する流れは激減しています。

私たちは、PCだけではなく、iPhone、GoglePhone,Windows Phone(Windows Mobile)、BlackBerryなどの、スマートフォンを利用して、ちょっとした隙間時間を活用して学ぶ環境を提供する必要があると確信しています。

今日もスタッフは、DSのブラウザでの動作と格闘したり、PS3(ファイナルファンタジーが同梱されていたので、違うところに狙いがあるようにも思いますが、、、)で、eラーニングシステム SmartBrainの動作検証をして、悔しがったり、大喜びしたり、一喜一憂していました。頭を抱え、試行錯誤しながら、膨大な作業に取り組んでいます。

すべての端末に対応するeラーニングのプラットフォームを作るというのは、膨大で根気のいる作業です。対応させる端末を、コツコツ増やす作業と別に、IT、コンピュータの良さを取り入れたシステムとして能力、機能アップ、利便性の向上にも時間を割かねばなりません。

機能強化としては、コンテンツ作成機能の実装や、インフォーマルラーニング、ソーシャルラーニングとしったコミュニケーション能力の向上など、多岐にわたります。多岐にわたっても、いつまでも、わかりやすく、使いやすくしておく必要があります。

頭の中には、きれいに澄み渡った海図が広がっており、その海を、手こぎの小さな船、少しの風も無駄にせず、日々刻々、時々刻々、前進している気分です。大海原で、目的地にゴールするには、果てしない努力が必要であることも、体感して理解しています。

eラーニング事業を開始し、会社分割、会社売却など、いろいろな出来事がありましたが、初志を忘れず、強靱な精神と肉体で、この難作業に、ライフワークとして取り込めることを幸せに思います。

オフィスにこもって開発に没頭する毎日でしたが、お客様のところに行き、生き生きとしたお話や、お客様自身の夢に触れると、こちらの心も震え、メラメラとモチベーションが燃え上がります

今日も、後2時間半ある。さあ、眠りにつくまで、本気モードで前進だ!

渋谷区のスターバックスにて。CEO 西村正宏

iPhoneでアプリケーションを毎月、結構な金額を購入します。いくらたくさんAppStoreで購入しても、いくら上得意さまになっても、1円の値引きもありません。

安くiPhone用のアプリケーションや音楽を購入できないかと思っていたのですが、30%OFFで購入することができる方法がありました。

HMVで、CD、DVD、Blue-rayを購入すると、iTune Cardを30%OFFで購入できます。

5000円のカードを社員の人数分購入して、クリスマスプレゼントとして配ったのですが、社員全員が、iPhoneユーザーですので、大喜びでした。仕事で便利に利用できるアプリケーションも何本かこの中から購入してもらい、とてもよいクリスマスプレゼントとなりました。CD1枚購入すれば、何枚でも同時に、iTune Cardを購入できましたので、この機会にまとめ買いをしておくのはいかがでしょうか。

http://www.hmv.co.jp/news/article/912010071

itunes

▲画像は、http://www.hmv.co.jp/news/article/912010071から。キャンペーン情報がこっそり表示されていました。

Q.上司から、もしもネット環境がないお客様がいた場合、何か別方法をとることが可能なのかとの質問を受けました。 実際、ネット環境がないと無理と思うのですが、もし何か方法があるのでしたらご示唆いただけないでしょうか。

オフライン(インターネットで接続)できない場合は、PPT2Flash Professional(http://ppt2flash.jp)や、http://quizcreator.jphttp://quizcreator.jp)であれば、
exe形式にして、CD-ROMで配布してはいかがでしょうか。(ただしインターネット回線がなく、CD-ROMで学習するだけですので、成績を管理することはできません。)

最近、eラーニングシステム SmartBrain http://smartbrain.info を発売しましたので、こちらもお試しいただけると幸いです。
20ユーザーまで無料で利用いただけますし、PCでインターネットに接続できない方でも、iPhoneから接続して利用することもできます。
iPhone以外にも、Google Phone、Windows mobile、Blackberry対応、携帯電話対応のeラーニングシステムとして拡張していく予定ですので、インターネットの接続が必要ではありますが、PCが利用できない場合の代替案の1つとしてeラーニングシステム SmartBrainを検討いただけると幸いです。
SmartBrain

SmartBrain

iPhoneでもPCでも利用できるeラーニングシステムSmartBrainの価格の発表を近日中に行います。(おそらく今週中にはできるでしょう。)ASPサービスでありながら、ユーザー数無制限というプランを計画しています。ASPユーザー数無制限で最低料金は、月額2,000円(税別)~になるでしょう。かなりインパクトのある価格体系になることでしょう。20ユーザーまでは、永久に無料であるプランは、継続していきます。

SmartBrainをご利用いただき、TOEFL講座をPC・iPhoneでも学べるサービスを、株式会社イーテストプレップさまが提供されています。Webサイトは、ウェブ トフル TOEFL iBT 対策 予備校(http://etestprep.co.jp/)です。葛山先生は、私たちが尊敬する「先生」ですが、優れた教師であるだけではなく、理念につよく共感をします。eラーニングで、かつて無料で受講期間を延ばせるサービスはあったのでしょうか。葛山先生のBlogからの抜粋です。ご一読ください。

理念のすばらしさだけでなく、中身も本物です。ウェブトフル無料体験授業を試していただければ、私たちの敬愛の念、感動が分かっていただけると信じています。

ウェブトフルListeningコース、Readingコースともに受講期間の延長・再受講は無料にしました。

Delta 18 Dayコース(120日間)、OG 8 Dayコース(90日間)の期限直前になったら、または期間終了後にメール1本の依頼でまたコースを受け直すことができます。

仕事が忙しくなり、4か月で終えることができなかった

一通り終わったが、もう一度受け直したい

というご要望にお応えします。また、

単語テストだけコース終了後に復習したい

というような理由でも延長・再受講OKです。

このコース受講期間の延長・再受講無料に伴い、実質

質問メール制度も無期限

になり、受講生が希望する限り教材の問題に関してメールで質問できます。

(スコアアップ戦略や学習法の相談などは受講期間が終了してもお答えしています)

ウェブトフルのすべてのプログラムの出発点は、

スコアアップを確実に達成するコース・サービス

の開発・提供です。

「コースを終了できず、スコアが上がらなかった」というのは我々の望みではありません。

ウェブトフルは、TOEFL iBTで目標スコアを獲得し、人生を次のステージへと進めようと真剣に取り組んでいる人を応援するために「解法・学習法」「質」「量」「価格」を追求します。

我々の望みは、世界中にいる、TOEFL iBTのスコアアップに悩む多くの人を救うことです。

だからこそ、既存のプログラム・コースではあり得ないことにチャレンジします。

この「受講期間延長・再受講無料」もそのひとつです。

ウェブトフルは、有料コースが開講してからまだ半年しか経っていないプログラムです。

(実際の準備開始は1年以上も前になりますが)

しかし、多くの方々に支持をいただいて、ここまでやってこられました。

受講生の皆さんに感謝申し上げるとともに、その期待に応えられるよう、今後も努力を続け、皆さんを驚かせるようなプログラム・サービスを始めます!

ウェブトフル講師 葛山のTOEFLブログの「受講期間延長・再受講 無料(http://etestprep.co.jp/wordpress/?p=1830)」より。(太線・赤字は筆者)

—————————–

●ウェブ トフル TOEFL iBT 対策 予備校
http://etestprep.co.jp/

●ウェブトフル講師 葛山のTOEFLブログ
http://etestprep.co.jp/wordpress/

社内で毎朝1時間~1時間半の勉強会をしています。1日8時間の労働時間の中で、これだけ多くの勉強時間は、異常な多さかもしれません。私自身、今のスタッフと密にコミュニケーションをとり、会社として同じ方向に進むため、スタッフのスキルアップには重要な投資だと思っています。

毎朝の勉強会は、Sonyのビデオカメラ VXR520Vhttp://www.sony.jp/handycam/products/HDR-XR500VXR520V/)で撮影をして記録を残すようにしていますが、240GBという大容量で、撮りっぱなしで消す必要もないので、活用もされず、そのまま、ビデオカメラのHDDに死蔵されていくことになります。

  1. もっと手軽に、簡単ビデオ撮影でき、会議室の机の上に置いて撮影できるコンパクトなビデオカメラを探しています。
    社内でのちょっとした勉強会の様子を、コンテンツ化するために必要な機能が網羅されている必要があります。
  2. コンテンツを速成するためは、家庭用のビデオカメラではなく、もっともっと、小さくで小回りがきくビデオカメラが最適だと思っています。
  3. 撮影したコンテンツは、そのままエンコードし直すことなく、SmartBrainに掲載して、iPhoneでみられることを考えれば、H.264での撮影が必要です。

これまでの経験から、たいていのカメラのマイクは貧弱で音声が聞き取りづらいので、マイクのしっかりしたもの、、、そんな条件で探していたところ、Q3というビデオカメラのビデオを見つけました。購入してしまいそうな予感たっぷりですので、そのときには、また、blogで紹介します。ネット上では、22,000円(http://nautilus.shop-pro.jp/?pid=16476876)で販売されているようです

どこでもビデオ撮影マシン、音質はベストセラーH4n譲り。
付属ソフトで編集機能も充実、撮って来てすぐにweb配信も思うのまま。
乾電池駆動も可能で最大16時間の収録ができます。

ライブ撮影で、リハーサルで、お気に入りのスポットで記念にも。
様々なシーンで威力を発揮しそうです。

【仕様】
記録メディア:SDカード(16MB~2GB)、SDHCカード(4GB~32GB)
イメージセンサ:VGA CMOSセンサ
焦点距離 :0.8m ~ ∞
動画圧縮方式:MPEG4-SP
動画分解能:640 × 480ピクセル(VGA)

動画フォーマット: MOV
動画フレームレート:30フレーム/秒
音声フォーマット:PCM (量子化ビット数:16/24bit、サンプリング周波数:44. 1/48/96kHz)
MP3 (ビットレート:48/56/64/80/96/112/128/160/192/ 224/256/320kbps )

電源:単3電池(アルカリ/ニッケル水素) × 2、
またはACアダプタ AD-14(DC5V/1A/センタープラス)
電池寿命:2時間(ムービー撮影モード)、4時間(オーディオ録音モード)

外形寸法:55(W) × 132. 5(D) × 32(H)mm
重量:130g(電池含まず)

iPhoneは、数あるモバイル端末の中で、eラーニング向け端末としては最強ではないでしょうか。iPhoneのデザイン、機能面からだけではなく、10万種類を超えるアプリケーションがその魅力の1つです。学習用のアプリも大変充実しており、その数はDSなどの比ではないと思われます。

そんなiPhone用のeラーニングコンテンツとして、また、有益なソフトウェアが発表されましたので紹介します。ソフトバンククリエイティブのブログ「eラーニングの現場手帖」(http://blog.sbcr.jp/learning/2009/11/iphone.html)というBlogで紹介されていました。「基本情報技術者試験」に対応したアプリケーションで、9ワード、100ステージを、1つづつクリアしていくアプリ。

早速スタッフの中で数名が購入してトライしていましたが、資格取得者も全問正解とはいかず、900問は結構なボリュウム。よい復習になると、仕事そっちのけで熱中しておりました。(できれば、仕事の後にしていただいたほうが、、、)

楽しく資格を取得でき、実力がつくのがベストです。コーヒー1杯分の投資で、一度、自分自身のITスキルの再チェックをいかがでしょうか。アプリのダウンロードはこちらから350円で購入可能です。

▲iPhoneアプリ 基本情報試験 午前対策大作戦

韓国で、通信大手KTからiPhoneが発売されますね。

日本から韓国出張に行くと、iPhone3G、iPhone3GSともローミングでそのまま利用できます。3Gでそのまま接続できるし、WiFiの接続ポイントもたくさんあります。韓国人スタッフは、iPhoneで便利に韓国語を使っています。韓国で利用する上で障害になるのは、韓国の規制と、それ以上に、サムスン、LGという携帯電話メーカーでしょう。

いずれにしても、今まで発売されなかったのが不思議ぐらいです。韓国で、iPhoneがどこまで健闘するか楽しみです。ちょっと宣伝になってしまいますが、韓国語、iPhoneに対応したeラーニングシステムを韓国にも販売していきたいとおもいます。SmartBrainhttp://smartbrain.info)が韓国のiPhoneで利用される日が楽しみです。韓国でiPhoneが発売されるニュースはYahoo!に掲載されてます。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091122-00000890-reu-bus_all )

CSK西日本、iPhoneを利用したeラーニングシステム「BeeDance」 を発表しています。教員用PCから学生用iPhoneに随時出題でき、学生からの回答を教員用PCに即座にグラフ表示できる「ラーニングシステム」と紹介記事。どうして「eラーニング」じゃないのかな、、、と一瞬思いましたが、それはさておき。

大学の授業が一方的な情報発信になりがちで、教員からは学生が積極的に参加でき、学生の理解度を把握できる仕組みが欲しいという要望があったことから 「BeeDance」の開発に取り組んだ。「BeeDance」導入により、「授業中に小テストやアンケートをひんぱんに行うことで、学生の理解度を把握 し素早いフィードバックを与えることができ、学習効果の向上が見込める」としている。

画像:http://k-tai.impress.co.jp/img/ktw/docs/326/918/csk_02_s.jpg

大学の授業で、○×で答えられるような授業は非常に少なかったと記憶しているので、どのようなテストを授業中に先生が作成し、配布されるか興味があります。また、学生が全員iPhoneを持っていない大学、専門学校も多いと思われるため、今後、このシステムがどのように発展していくか楽しみです。

iPhoneアプリベースではなく、ブラウザベースでもアクセスできるようにすれば、iPhone、iPod Touch以外のモバイル端末でもアクセスできるようになり、販売先が一気に拡大すると思うのですが、いかがでしょうか。

授業前に、QRコードを配布しておき、携帯電話からアクセスしてもらうか、あるメールアドレスにメールを送付すると、アクセス用のURLが返信されてくる仕組みがあれば、どの携帯電話でもテスト、アンケートができますし、メールの自動返信時に、ユニークなURLをリターンすることで、学生の本人確認もできるとおもうのですが、いかがでしょうか。

他社のシステムを詳細も確認しないで、あれこれとアイディアを書くのは失礼な話ですね。すみません。iPhoneを(社員全員にiPhoneを支給するぐらい)こよなく愛し、eラーニングをライフワークと思っていますので、ついつい書きたくなってしまいました。詳細は、下記のページに掲載されています。

CSK西日本、iPhoneを利用したeラーニングシステム「BeeDance」 – ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/dotbiz/news/20091109_326918.html

先月30日と31日に開催されたオープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Fallへ参加するために東京へ行ったのですが、その際東北新幹線を使いました。これで北海道函館市から東京まで行きますと、約6時間程かかります。今回は、乗車時間中に色々とeラーニングを活用してみました。

まずは、iPhoneで。

早速、英文法.comをやろうとしたのですが、新幹線の中ではどうしてもトンネルに入ったりしてしまったり、地方に出てしまったりで電波が途切れてしまい、動画を見ることが出来ませんでした・・・

そこで、あらかじめ用意しておいたPodcast教材を出してみました。

今回は、smart.fmが配信しているPodcast教材 “まずは!TOEIC基礎シリーズ1-50″を入れておいたので、これで学習をしました。

Smart.fmが配信しているPodcast

(ちなみに、画像は自宅で撮影しました。車内でiPhone以外カメラを持っていなかったので・・・)

このPodcast教材、音声とイメージ画像が交互に出る仕組みになっており、イメージで頭の中に英単語が入ってきます。これを2時間ぐらい、ずーっとやっていました。

次に、ニンテンドーDS。

さすがにずっとiPhoneを使っていると飽きてきますし、それにバッテリーも切れてきます。そこで、ニンテンドーDSの”えいご漬け“に切り替えてみました。

えいご漬け

こちらは、音声が出て、次につづりをタッチペンで実際に書くという仕組みです。識字制度も高く、これも私なりに楽しく勉強を楽しむことが出来ました。

約2時間ぐらいやっていました。

iPhoneで3G回線を経由したeラーニングは東北新幹線では難しかったのですが、オフラインで使えるPodcast教材やニンテンドーDSの”えいご漬け”みたいな学習ソフトでは十分eラーニングを楽しめる結果となりました。東北新幹線でも無線LANが使えるようになれば、英文法.comで学習を進めることが出来るのですが・・・

ちなみに、帰りの新幹線では疲れ果てて終始眠ってしまっていました・・・