Android
▲SmartBrainのプラン

▲SmartBrainのプラン

第3位!

●Q.コースリストの並べ替えはできますか?

A.はい。できます。

コースリストの並べ替えは、ドラッグアンドドロップだけで可能です。教材でも同様です。

教材が増えてくると、学習者に学習して欲しい順番に、コースや教材を並べ替える必要があります。

そんなときでも、ドラッグアンドドロップだけでできますので、とても簡単にコースや教材の順番を並び替え、管理することができます。

第2位!

●料金プランについて教えてください。

「料金プランについて教えてください」

とても多いご質問です。
SmartBrainはASPサービス。料金体系はとてもシンプルです。ASPプランは、たった2種類だけです。

・ユーザIDプラン・・・ユーザ数の上限に応じて料金が決まります。1ユーザにつき210円(税込)/月です。

・同時接続プラン・・・同時ログイン数の上限に応じて料金が決まります。1同時接続につき2,100円(税込)/月です。

「これ以外にかかる費用はありますか?」

このご質問もたくさん頂きますが、ASPプランの範囲内では一切必要ありません。初期費用も必要ありません。

ASPプランの範囲を超え、カスタマイズをする場合や、ハードディスクの使用容量が10ユーザ(または1同時接続)につき500MBを超える場合などは別途料金が必要となります。

第1位!

●Q.スマートフォン向けの動画をアップする方法は?

A.それぞれのスマートフォンに対応した動画フォーマットに変換してからご登録ください。

▲モバイル動画をつくるならPPT2Mobile

▲モバイル動画をつくるならPPT2Mobile

SmartBrainは、iPhone、Android、両方とも対応しております。

しかし、端末により少々事情が異なりますので、iPhone、Androidが対応している動画についてもご理解頂いた上でご利用頂くとよいと思いますのでご案内致します。

2011年6月現在、残念ながら国内で販売されているスマートフォンのすべてで一様に再生できる動画フォーマットというものは存在しません。

iPhone・・・3gp,mp4,m4v等が対応しており、特にmp4形式は特別に動画変換を行わなくてもほとんどの場合動作するため推奨しております。また、PowerPointファイルからiPhone向け動画を作成したい場合は、PPT2Mobile http://ppt2mobile.jp/ が便利です。

Android端末・・・Flash Player10.1にてFlashで作成された動画(.flv)を閲覧することができますが、AndroidのバージョンによってはこのFlash10.1が動作しません。

そのため、弊社では動画変換ソフトを用いてmp4ファイルをAndroid端末等でも読み込める形式に変換することを推奨しております。
具体的な変換方法に関しては以下の参考記事をご参照ください。

iPhone、iPad、Andloidに対応した動画を作ろう!
http://blog.elearning.co.jp/?p=6180

SmartBrainへの教材の登録方法
http://blog.elearning.co.jp/?p=8905

以上、お問い合わせの多い5つのご質問をご紹介しました。
上位5つには入りませんでしたが、その他にもよく頂くお問い合わせをご紹介します。

●無料プランの同時接続数はいくつですか?

2同時接続です。
http://smartbrain.info/?page_id=478

●無料プランは商用利用できますか?

できません。
http://smartbrain.info/?page_id=478

●SmartBrainにイントラ版はありますか?

はい。ございます。
http://smartbrain.info/?page_id=3982

●iPhoneでクイズはできますか?

はい。できます。
SmartBrainで作成したクイズは、PCでもiPhoneでも動作します。
http://smartbrain.info/?page_id=5763

●今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。

今回は、質問の第4位、動画教材の修了条件を厳しくするためのSmartBrainの機能「確認コードの設定方法」をご紹介します。
(PC画面動画キャプチャソフト DemoCreator http://democreator.jp/ で作成)

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

( パスワードをお忘れの場合、ログイン画面で「パスワードへルパー」をクリックしてください。このメールマガジンが届いているメールアドレスを入力すれば、新しいパスワードが発行され、ログインすることができます。)

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第41回】動画教材修了『確認コード』設定方法」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例年では、eラーニングのお問い合わせは3月がピークですが、震災の影響で、今年は5月~6月までずれ込んでいるようです。今からeラーニングシステムの変更しよう、これから新しくはじめよう!という企業様もお気軽にお問い合わせください。
http://smartbrain.info/?page_id=1290

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

前回の中小企業診断士講座 http://4dan4.jp/ の人気講師、金高誠司先生に続き、FP3級.comの人気講師、梶谷美果先生にもインタビューでお話を伺いました。講座の実績や自身のご経験を語ってくださいました。受験を考えている方にとっては、ちょっと読んだだけでも「この先生にお願いしたい!」と思えるのではないでしょうか。どうぞご覧ください。IMG_7610.JPG

FP3級.comとは?

ファイナンシャルプランニング技能検定3級のeラーニング講座です。私は大手資格学校でFP3級講座の立ち上げから携わり、3級試験対策の指導を始めて7年以上が経過しました。このeラーニング講座は、その集大成となる内容で、実技試験の選択科目3科目のすべてに対応しています。

指導実績は?

大手資格学校の教室講座、金融機関を中心とした企業研修で、FP3級、2級、1級までの全分野を指導してきました。年間800時間以上の講義に加え、テキスト・問題集を30冊以上執筆しました。直接指導したFP3級受講生だけでも数千名を超えています。ある会社の社内講師を200名以上育成する機会にも恵まれました。また、私が作成した3級テキストは、教室講座や社内教材として使用され、これまでに6万部以上発行されています。この数字は、1人で執筆した社内教材としては日本一ではないかと思います。このノウハウも、今回のeラーニング講座のテキストにふんだんに盛り込みました。

FP3級.comのeラーニング講座の特徴は?

1コマの講義が大体5分~10分ほどと、学習したい部分だけを短時間で受講できることが一番のポイントです。これまでもWeb講座を作成したことがありますが、1コマ数十分以上あることが一般的で、これを一度に続けて見るのはなかなか大変です。それに対して、分からないところを5分~10分だけ学習したり問題だけ解いてみるなど、生活の中でほんの少しの時間を活用できるのはとても効率的です。講義では電子黒板を使用していますので、受講生の板書の時間を節約できます。また、このeラーニング゙講座は、スマートフォンで見る受講生にも配慮して作成しています。

講義の特徴は?

3つあります。一つ目は、なんといっても受講生からみて「分かりやすい」ことです。FP3級では、年金、保険、金融、税金、不動産、相続など、人の誕生から亡くなった後の相続まで、お金のことを学習します。どこを切っても初めて耳にする受講生には難しく感じます。このように幅広い範囲を扱うため、あれもこれもとツライ思いで学習する人も目に付くんですね。そこで、これまでに受講生から受けたたくさんの質問からヒントを得て、できるだけ難しく感じない説明を心がけています。二つ目は、試験ですから受かるのは大前提。その上で分かりやすくするため、具体例をあげたり、問いかけたり、説明の流れがとぎれないように工夫しています。ただ、試験に受かるだけでは物足りないので、仕事や生活に実際に役立つ内容もできるだけ講義に盛り込むようにしています。三つめは、「元気に楽しく!」ということ。そのせいか、中には受講後に抱きついてくる方や、列を作って握手を求める方、サインを求めてくださる方などいらっしゃいます 笑。

未来の教科書

CATEGORIES Android, eラーニング, パンダスタジオby.yasu.tanaka2 Comments2011.06.02

NECさんがパンダスタジオ http://pandastudio.tv/ にお越しくださり、Android端末の新製品をご紹介を頂きました。
本日お持ち頂いたのは、豊かなクラウド時代の生活を実現するスマートデバイス『LifeTouch』、『LifeTouchW』、『LifeTouchNOTE』。
LifeTouchWは2画面あり、それぞれ別の表示ができます。以下の動画では、左画面には講義動画、右画面にはテキストが表示されています。テキストは動画に合わせて自動的に切り替わります。まさに未来の教科書といった感じですね。

DSC06568.JPG
▲付箋機能もついております。

こうした新しいデバイスで、 eラーニングもどんどん広がっていきます。私たちキバンインターナショナルのLMS SmartBrain http://smartbrain.info/ も次々にでてくる新しいデバイスに対応できるよう、アップデートを続けています。

iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

スライド1.JPG

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年5月20日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0038

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

「もっと世の中に知ってほしい!、いや、広まるべきだ!」
そんな学習コンテンツをご存じでしたら、ぜひキバンインターナショナルまでご一報ください。

「最高の学びをすべての人に!」を実現するため、キバンインターナショナルでは、良質な学習コンテンツを提供することとなりました。

そこで、現在、良質な学習コンテンツをお持ちの企業・講師の方を募集しています。

講師の方は、eラーニングコンテンツの撮影環境が完備されたパンダスタジオ http://pandastudio.tv/?arigatou20110520 で収録を行い、私たちと協業で販売。

私たちはこれを「eラーニングビジネス支援パック」と名付けました。今回は、最高の学びを追求するこのプロジェクトについてお話致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今回のポイント

1. 「eラーニングビジネス支援パック」とは
2. 初期費用0円!ランニング費用0円!の理由
3. これまでの実績
4. 最高の学びのために
5. コンテンツの質にこだわる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】eラーニングビジネス支援パックの仕組み!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「eラーニングビジネス支援パック」とは

スライド2.JPG

eラーニングのコンテンツ作成には、費用とコストばかりかかって、中々利益を上げることが難しいと思っておられる方がいます。

そこで私たちは、スタジオ費用0円、eラーニングシステム利用料金0円。売上げの中から、1/3を手数料でいただく完全レベニューシェア型でのコンテンツビジネスを展開しています。

●初期費用0円!ランニング費用0円!の理由

コンテンツ作成者は、コンテンツを作成の投資コストが多大であれば、回収までのリスクを負います。

また、販売をしながら、売上げが軌道にのるまでの間、毎月のランニング費用を払い続けることで、利益がでる損益分岐点が更に高まります。

私たちは、最初にかかるスタジオの利用料金、ビデオ作成費用、システム費用などのすべてのリスクを負担します。

コンテンツ、ノウハウを持っている皆様にご負担を頂くのは、資料をご用意していただき、スタジオでの収録、Web作成のための原稿作成の協力や、告知のためのBlogの執筆などで、販売に関わる業務だけで、金銭的な負担やリスクは全くありません。

●これまでの実績

スライド3.JPG

これまでにeラーニングビジネス支援パックで制作してきた実績をご紹介します。

1.インターネット予備校・・・元大手予備校講師のカリスマ講師陣が全国展開。 http://veritas.bz/

2.TOEFL講座・・・アメリカの大学院受験の為のスコア確保。 http://www.etestprep.co.jp/

3.中小企業診断士講座・・・人気ナンバーワン講師が登場。

4.FP3級講座・・・金融機関で10年間支持され続ける講座。

5.作曲講座・・・AKB48メンバーなどに楽曲を提供する作曲家が講師。

6.ビジネススキルアップ講座・・・テレビで活躍中のアナウンサーが教える言葉づかい・マナー講座。

1.インターネット予備校と2.TOEFL講座は、すでに大人気。これまでの受講者はすでに数千人となっています。

3~6に関しては近日中に販売を開始する予定。さらに現在、実績と情熱を持った講師の方が、続々と集結しつつありますので、乞うご期待。

Andoroidフォン普及の上手な工夫

AUが、AndroidOSのスマートフォン普及のために、おもしろい工夫をしていましたので紹介します。「らくらくホン」(ドコモ)や「簡単ケータイ」(AU)のような簡単な操作画面に変えてしまうAndroid用のアプリ「かんたんメニュー」が発表されています。

DoCoMoやAUが夏モデルとして、AndroidOSのスマートフォンを大量に投入しています。各社、メニューに手を入れたり、中のソフトウェアに細かく手を入れているのですが、eラーニングシステム SmartBrainで対応、動作検証をとるだけではなく、ユーザのサポートも大変になってきます。

フューチャーフォンといわれる従来の携帯電話と、Android端末はあまりも操作感が違うので、戸惑うユーザーがたくさんいます。iPhoneを使い込んだユーザでも、困惑することが多いでしょう。

AndroidOSがオープンになっているからといって、各社各様にカスタマイズしてしまうと、今後のアップデータが提供されなかったり、操作方法を周りの人に教えてもらうことができず、けっきょっく使えない電話機になってしまわないか心配です。

そんな中、年配の方でも使えるように開発された、「らくらくフォン」(ドコモ)や「簡単フォン」(AU)と同様の使い勝手で、AndroidOSのスマートフォンを使えるようにしてしまうアプリは、非常に良いアイディアではないかと思いますので、下記に紹介します。

「かんたんメニュー」の特長

「かんたんメニュー」はスマートフォンのホーム画面のデザインやボタン操作を分かりやすく変更できるホームアプリ。

  • ホーム画面に「ワンタッチキー」(「1・2・3」キー) を表示。
  • あらかじめ電話帳に登録しておいた相手 (3件) を宛先に登録することで、「ワンタッチキー」をタップするだけで電話をかけたり、メールを送信することが可能。
  • アイコンやフォントのサイズを大きく、また、色のコントラストをはっきりさせた、見やすいメニュー。
  • 長押しやフリック操作をあえて排除した大型ボタンを採用。
  • 表示する項目を減らし、利用頻度の高い機能のみを浅い階層に配置したシンプルなメニュー構成。

導入方法

(1) ダウンロード方法
「au one Market」 → 「ツール」 → 「その他ツール」 → 「無料アプリ」 → 「かんたんメニュー」をダウンロード
または
「au one Market」 → 「アプリ検索」 → 「かんたんメニュー」を検索してダウンロード

(2) 設定方法
ホームボタンをタップ → 「常にこの操作で使用する」にチェック → 「かんたんメニュー」をタップ

提供料金

無料

※ アプリのダウンロードには別途パケット通信料が発生します。

対応機種

IS03、IS05
対応機種がまだ少ないのが残念ですが、有料でもいいので、全機種向けに配布されると、利用者もいるのではないでしょうか?

AUのアンドロイドフォン用のカンタンメニュー画面

AUのアンドロイドフォン用のカンタンメニュー画面

参照元:
auのAndroid™搭載スマートフォン向け「かんたんメニュー」の提供開始について

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0512a/besshi.html

AUのHTC EVO Wimax用のロングバッテリーがあまりにも格安だったので、1記事書きます。

iPhoneを社員全員に支給するほど大好きであったのに、いろいろ考えるところがあって、AUのHTC EVO Wimaxに切り替えてから、約1ヶ月。

AUのhtc EVO WiMAX ISW11HT

AUのhtc EVO WiMAX ISW11HT

買って直ぐに、1日にバッテリー交換をしなければ、半日しか持たないことに気がついて、約4,000円でau HTC EVO WiMAX ISW11HT 3500mAh大容量バッテリー5点セットを購入した。バッテリーの持ちは、倍になったので、ほぼ1日、問題なく利用できるようになったが、夜自宅に帰って充電し忘れたら、朝にはバッテリーがゼロになっていて、充電するのに半日かかったりするので、ケータイ電話というより、固定電話のようだ、、、という悩みがありました。

ふと、Amazonで検索していみると、2倍の容量のロングバッテリーが、たった860円。(au htc EVO WiMAX ISW11HT 専用 超大容量バッテリー+カバーセット 3500mAh)。倍の容量の電池と充電器セットで1070円~(au htc EVO WiMAX ISW11HT 専用 超大容量バッテリー+カバー+チャージャーセット 3500mAh)となんだか格安。

そこで、充電器を自宅と会社に設置しておき、ロングバッテリーは3個。家や会社を出るときに、フル充電されたバッテリーと交換して出かけることで、フル充電の状態で常に使い始められるように、バッテリーを購入しました。送料込みでも、ロングバッテリーと充電器で1500円。やり過ぎとはいわれそうだけど、会社と自宅に2セットづつ設置したいぐらいの気持ちです。

au htc EVO WiMAX ISW11HT 専用 超大容量バッテリー+カバー+チャージャーセット 3500mAhが格安ですので、AUのHTC EVO Wimaxユーザの皆さんは、迷わずバッテリーと充電器を補充されてはいかがでしょう?

約2000名が、4月から通信制高校の授業システムとしてSmartBrainhttp://smartbrain.info)を使っている。近日中に、Android端末600台を配布してAndorid端末でのeラーニングを開始予定。おそらくAndroid端末でのeラーニングとしては日本最大規模になると思う。

PowerPointを合成音声ナレーション教材にするソフト PPT2Voice Neo http://ppt2voice.jp/
株式会社テソロ様向けに、スマートフォン販売員向けの研修資料として合成音声教材サンプルを作成しました。

株式会社テソロ様はiPhoneやAndroidなどのスマートフォンやクラウド、ソーシャルメディアに関する研修などを行っていらっしゃいます。
ですので、上記の動画内容も、スマートフォンの動向が分かりやすくまとめられており、大変参考になります。
株式会社テソロ様のWebサイトはこちらです。 http://www.tesoro.co.jp/business/seminar.html

Android 3.0+10.1インチ液晶搭載で話題のKDDIから販売されているAndroid端末 「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」でSmartBrainを利用してみました。

パッケージそこはかとなく、舶来品っぽい

 

では早速、英文法.COMにアクセスしてみましょう。ハードウェア的にスペックが上がっているのか、OSが変わった影響なのか、かなりサクサク動くので素敵です。このブログでもAndoroid端末を紹介したりしていますが、これまでの端末と比べて体感的なストレスが少ないのは、大変嬉しいところです。これからAndroid触る人はともかく、過去のAndoroidを利用して「Andoroid使えねー」といった感想を持っている方は、是非、新しい端末も触ってみていただきたいと思います。

英文法.COMで英語講義を再生してみました。


というわけで、教材の表示までおこないましたので、一応、スクリンショットを。坂木先生がAndoroid内で喋っております。

 

Android端末用に教材をアップロードする場合、まだまだ手順が一筋縄ではいかないので、ご検討の場合は、過去のブログ記事を参照下さい。


eラーニング導入こぼれ話【Androidでeラーニング!】
http://blog.elearning.co.jp/archives/20344.php

 

【iPhone、iPad、Android向け】SmartBrainの起動ファイルの設定方法
http://blog.elearning.co.jp/archives/20144.php

私たち株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/

SmartBrainには、メールアドレス登録不要で操作できるデモサイトがあります。
本日は、そのデモサイトに、簡単動画キャプチャソフトDemoCreator http://democreator.jp/ で作成した「解像度の変更方法」動画サンプルを追加しましたので、お知らせ致します。ログイン後「Demo(PC、iPhone、iPad、Android視聴可能)」→「解像度の変更方法」でご覧下さい。
PC、iPhone、iPad、Android、いずれの端末からも視聴可能です。

▲追加したのは『解像度の変更方法』

▲追加したのは『解像度の変更方法』

以下のログインフォームより、
ID: demo
Pass: Demo
でログインできます。(Pass:の最初の文字は大文字のDです。ご注意ください)

ログイン後、『Demo(PC、iPhone、iPad、Android視聴可能)』からご覧頂けます。もちろん、その他のオーサリングツールのデモ教材も登録してあります。コースの中の教材はいずれも、PC、iPhone、iPad、Android対応教材です。どうぞ、お手持ちの端末でご確認下さい。

※参考:SmartBrainでのiPhone、Android対応動画の作成方法はこちらから。
http://blog.elearning.co.jp/archives/6180.php