Android

株式会社キバンインターナショナルが提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム) SmartBrain http://smartbrain.info/ は、PCはもとより、iPhone、iPad、Androidなど、あらゆるモバイル端末に対応することを目指しています。

端末により仕様が異なるため、様々なモバイル端末の実機を購入しては、ひとつひとつ動作確認を繰り返しています。確認が済んだものはこのブログで公開して参ります。今回検証したのは、

●モバイル端末:MOTOROLA XOOM (au)

●オーサリングツール(教材作成ツール)
QuizCreator 簡単クイズ作成ソフト http://quizcreator.jp/
DemoCreator 簡単デモ動画作成ソフト http://democreator.jp/
PPT2Mobile PowerPointからモバイル対応動画を作成 http://ppt2mobile.jp/
PPT2Voice Neo PowerPointから合成音声を作成 http://ppt2voice.jp/

です。

▲QuizCreatorで作成したクイズ

▲QuizCreatorで作成したクイズ

▲DemoCreatorで作成した教材も、大画面なので見やすいです。

▲DemoCreatorで作成した教材も、大画面なので見やすいです。(AVIパブリッシュ→エンコード)

▲PPT2Voice Neoで作成したコンテンツも再生

▲PPT2Voice Neoで作成したコンテンツも再生(PPT2Mobileでflv書き出ししたものをエンコード)

モバイル対応のeラーニングなら、SmartBrain http://smartbrain.info/ 。20ユーザまで無料。以降、1ユーザ210円(税込)/月でご利用頂けます。

画質が高すぎる動画は、スマートフォンでは再生されません。
iPhone・iPad・Android向け動画を作成するには、それに適したエンコードが必要となります。
私たちキバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が使用しているエンコードソフトのひとつに、TMPGEnc Video Mastering Works 5 http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tvmw5.htmlがあります。

▲TMPGEnc Video Mastering Works 5

▲TMPGEnc Video Mastering Works 5

▲ダウンロード版とパッケージ版で価格が異なります。

▲ダウンロード版とパッケージ版で価格が異なります。

今回はTMPEG用のプリセットファイルを公開します。プリセットファイルとは、どのようなエンコードをするか設定したものです。これをお使い頂くと、iPhone・iPad・Android向け動画を作成することができます。

手順1.

TMPEGをダウンロード、インストールします。(試用版もあります)
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tvmw5.html

※.flvにエンコードしたい場合は、別途、プラグインの購入が必要になります。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/download/f4p5.html

手順2.

以下のリンクをクリックすると、
http://smartbrain.info/data/tmpegpreset.zip
tmpegpreset.zipというファイルがダウンロードされます。解凍し、以下の、それぞれのデバイスに対応したプリセットファイルをご利用ください。

iPhone・Android向け・・・iphone_android.tvmw5e
iPad向け・・・ipad.tvmw5e
PC向け・・・flv_pc.tvmw5e

手順3.

TMPEGでのプリセットファイル使用方法は、以下をご覧ください。
http://scrapbook.mintgreen.biz/archives/256

注:Android向けの動画は、さらに設定が必要となります。以下に詳細に記してありますのでご覧ください。
http://blog.elearning.co.jp/archives/6180.php

画質が高すぎる動画は、スマートフォンでは再生されません。
iPhone・iPad・Android向け動画を作成するには、それに適したエンコードが必要となります。
私たちキバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ が使用しているエンコードソフトのひとつに、GOM ENCODER(ゴム・エンコーダー) http://www.gomplayer.jp/encoder/(通常版:4,980円、拡張版5,980円)があります。

今回はGOM ENCODER用のプリセットファイルを公開します。プリセットファイルとは、どのようなエンコードをするか設定したものです。これをお使い頂くと、iPhone・iPad・Android向け動画を作成することができます。

手順1.

GOM ENCODER(ゴム・エンコーダー)をダウンロード、インストールします。(試用版もあります)
http://www.gomplayer.jp/encoder/

手順2.

以下のリンクをクリックすると、
http://smartbrain.info/data/gomencoderpreset.zip
gomencoderpreset.zipというファイルがダウンロードされます。解凍し、以下の、それぞれのデバイスに対応したプリセットファイルをご利用ください。

iPhone・Android向け・・・iphoneandroid.gep
iPad向け・・・ipad.gep
PC向け・・・pcflv.gep

手順3.

GOM ENCODERでのプリセットファイル使用方法は、以下をご覧ください。
http://www.gomplayer.jp/encoder/option/preset_manage.html

注:Android向けの動画は、さらに設定が必要となります。以下に詳細に記してありますのでご覧ください。
http://blog.elearning.co.jp/archives/6180.php

プログラマーを3名募集しようと思っています。

現在、キバンインターナショナルでは、すべての開発を基本的に函館にある北海道研究所で行っていますが、既存のeラーニング、電子書籍、生中継の課金決済と北海道研究所の負荷があがっていることもあり、東京でも開発チームを作っていきたいと思います。

東京の開発チームでは、主に、Androidアプリ、iPhoneアプリ関連の開発を行いたいと思います。キバンインターナショナルで作っているeラーニングシステム SmartBrainのアプリ化や、ドリル形式の問題を解くタイプのアプリの開発が増えているからです。

募集に際しては、実際に体験入社で2週間のトライアルで各種課題に取り組んで頂き、2週間後に結論をだすような形で採用を進めたいと思います。

勤務地は、原則、東京で募集をかける予定ですが、希望があれば、北海道研究所(函館)でも就業可能な形で募集をします。2週間のトライアルに東京、北海道への参加ができない場合は、面接後は、Skypeを利用しながら、課題の進捗確認をさせていただき、在宅でも、このトライアルに参加できるようにしたいと思っています。

DSC04950.JPG

募集の詳細ができ次第、このブログでも、随時募集をかけていきたいと思います。

7月1日にacerから発売されたICONIA TAB A500-10S16(アイコニア タブ A500-10S16)が函館事務所にやって来ました。

「acer iconia tab a500」

折角なので、iPadと比べてみました。大きさはiPadとほぼ同じで、薄さも旧型iPadよりも少し厚いくらいです。厚い分重さはややICONIA TABの方が重いです。

左から、iPad、ICONIA TAB、Garaxy Tab

なにより特徴的なのは、Android3.0での新しいインタフェースです。ホーム画面も広くなり、かっこ良くなりました。

ICONIA TABのホーム画面

早速SmartBrainでクイズを動かしてみました。Android3.0のクイズはSmartBrain1.14.3以降対応しております。

クイズ機能を動かしてみた

画面の幅は調節が必要ですが問題なく動かすことが出来ます。Android端末での学習はフリック移動がおすすめです。

 

また、文字入力も日本語IMEのSIMEJIが入っているので打ち込みやすいです。

日本語キーボードSIMEJI

SmartBrain1.14ではAndroid端末でクイズ教材を使うことができます。

今回はSmartBrain1.14で作成したクイズを、ZTE Light Tab(http://www.zte.co.jp/products/handsets/handsets_gallery/jcl/201103/t20110307_223500.html)で動かしてみました。

クイズ

こちらがLight Tabです。片手で持てる手ごろな大きさです。

Light Tab

 

SmartBrain1.14からAndroid端末でクイズ教材を使えるようになりました。

Light Tab 横から

 

試験対策や確認テストなどにご活用いただけます。

拡大

 

携帯端末を持ち歩けば、時間や場所にとらわれない学びを実現できます。Android端末でも動作可能なSmartBrainをお試しください。

株式会社キバンインターナショナルでは、7月5日、SmartBrainのバージョンアップ版 1.14をリリースし、lms環境に適用しましたのでお知らせ致します。
今後、無料お試し版の申込みを頂きますと、SmartBrain1.14でご利用頂けます。
1.13.16系からの変更点は以下の通りです。

 

レスポンス改善

レスポンス改善

  1. JavaScriptやCSSファイルの最適化(ロードの高速化)
  2. SCO一覧表示画面の高速化

 

クイズプレイヤー機能改善

1.Android端末への対応状態を改善(対応端末については現在まとめております)
2.提出時に次の問題へ移動せず、現在の問題の答えをアニメーション表示するようにした。
3.中断画面のデザインを改善
4.クイズプレイヤー タイマーの残時間表示のズレを解消
5.プレイヤーの多言語対応
6.デザインの変更
7.タッチ端末でのレスポンスの改善
8.優先順位付き出題

 

ケータイ版

1.履修制限を実装
2.SCOの折り畳みを実装
3.ケータイ版 簡単ログインの実装
4.掲示板にニックネーム機能を実装
5.SCO一覧画面に成績を表示を実装
6.パスワードヘルパーを実装

 

管理機能

1.SCO登録画面からのwqcファイルのアップロードを禁止しました
2.ユーザ削除処理を論理削除に変更
3.グループに対して割り当てた教材の期間制限を実装
4.SCORM教材アップロード時の例外処理を整備
5.管理画面の背景色を黒に変更
6.コースのサムネイル画像のアップロードを実装

スマートフォン対応のLMS(Learning Management System)として、いままでも多くの機能改善を行ってきました.
今回もすごーく機能が増えて,改善もされてるのに 20ユーザまで無料で使えてしまいます!!
LMSをどこにしようか迷っている方は,SmartBrainをぜひお試しください.

尚、現在、SmartBrainをご利用の場合、このバージョンには自動では更新されません。
バージョンアップをご希望の場合、以下のお問い合わせフォームから、会社名、お名前
をご記入のうえ、内容欄に
「SmartBrainバージョンアップ希望 環境名:○○○○(10000.bz/○○○○ ○の部分)」
を記載の上、お申し込みください。
また現在ご利用中のSmartBrainのバージョンを調べるには、管理機能からシステム情報を表示させてください。

▼お問い合わせフォーム
http://smartbrain.info/?page_id=1290

▼システム情報確認方法
http://smartbrain.info/?page_id=3281

今日は、仕事でコーディング、趣味でもAndroid向けになにやらコーディングする、キバンインターナショナル 開発部 の折田さんに、SmartBrainやAndroidの話を聞いてみました。現在注目株の、iPad2やNECさんの Lifetouch w などもさらりと紹介。



おまけ: いろいろな端末
SmartBrainの動作を確認するために、大小様々な端末がおいてあります。しかも、割と頻繁に買い足されるので大変です。勿論、エミュレータも大活躍ですが、実機ならではの感覚もあるので、実機、完全には無くならないのですね。


動作確認用にいろいろな携帯端末が置いてあります。


▲論語

▲論語


キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年6月17日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0042

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回のeラーニングこぼれ話は、日本資本主義の父、渋沢 栄一の著書『論語と算盤』から着想を得てお届けします。

論語や算盤を、現代風に、スマートデバイスに持ち替えたら・・・。これからの学びは一体どうなるのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. 論語を読んでみよう
2. 現代の算盤とは?
3. 右手にSmartBrain
4. 右手にiPhone、左手にAndroid?
5. SmartBrain管理機能 iPhoneでの教材割り当て
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。
『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】右手に論語、左手にはiPhone

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●論語を読んでみよう

まずは、論語を読んでみましょう。

「子曰く、これを知る者は、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。」
(先生がいった「知っていることは好むことにはかなわない 好むことは楽しむことにはかなわない」)

子曰く、道すがら聴きて、塗すがら説くは、徳をこれ棄つるなり。
(先生がいった「いま道ばたで聞いてきたことをすぐ道ばたで受け売りするのは学ぶ心をぽい捨てしてるんだ」)

子曰く、其の身正しければ、令せずして行わる。其の身正しからざれば、令すと雖も従われず。
(先生がいった「自分自身が正しければ指示しなくても動いてくれる 自分自身が正しくなければ指示したってだれもついてこない」)

子曰く、人、遠き慮りなければ、必ず近き憂えあり。
(先生がいった「人は 遠い先までの気くばりがないと きっと近いうちに悩むことになる」)

※『論語絵本』礪波護・監修、森華(訳・絵)京都新聞出版センターより引用

さすが論語。大昔から変わらず支持されているだけあって、現代に生きる人にも感銘を与えてくれる内容ですね。

●現代の算盤とは?

▲iPhoneそろばんアプリ

▲iPhoneそろばんアプリ

さて、「左手には算盤」ですが、現代の算盤とはいったい何でしょうか。単純に考えれば「計算機」かもしれませんが、単純な計算機どころか、もっと高機能なデバイスがあります。

スマートデバイスです。
iPhone、iPadや、Galaxy TabなどのAndroid搭載デバイスはインターネット接続可能。好きなだけ情報収集ができます。

アプリケーションソフトを使用すれば、表計算、テキストドキュメント作成、プレゼンテーションなど、およそあらゆる機能を活用できます。

「論語と算盤」とは、いろいろな解釈が可能です。であるならば、学習し、それを機能的に活用するもの、両方が必要だという考え方もできます。

▲SmartBrain

▲SmartBrain

●右手にSmartBrain

論語も素晴らしいですが、現代のビジネスパーソンは、それ以外にも学ぶべきことがたくさんあります。

自分の業務にかかわるコンプライアンスや商品知識、業務の大前提となる汎用的な基礎知識などなど、日々のお仕事に欠かせない知識。

これらの学習にeラーニングは活用されています。

私たち、キバンインターナショナルが提供するLMS(ラーニングマネジメントシステム)SmartBrain http://smartbrain.info/ 。テキストコンテンツだけでなく、ビデオコンテンツの学習ができ、さらには、知識習得の確認テストも実施できます。

ぜひ、論語のように素晴らしいコンテンツをのせ、ご活用ください。

●右手にiPhone、左手にAndroid?

SmartBrainは、PCはもとより、iPhone、iPadや、Galaxy TabなどのAndroid搭載デバイスでご利用頂けます。

ならば「右手に論語、左手に算盤」を、「右手にiPhone、左手にAndroid」と言い換えることもできるでしょう。(その他、「右手にKindle、左手にiPad」などいろいろ考えられます)

ところが、スマートデバイスでは、それ1台で、電子書籍を読むためのブックリーダーにもなります。そして前述のように、アプリケーションで様々な機能を活用することもできます。

となれば、わざわざ2台持たなくとも、1台で「論語と算盤」以上のことができてしまうことになります。

その1台を活用していない企業・団体は、現在のところまだまだたくさんあります。

こう考えると、企業・団体様がコンテンツやデバイスの両面でeラーニングを上手に活用すれば、教育をもっと効果的に実施できる余地はまだまだありそうですね。

●スマートフォンでも管理機能

SmartBrainは、LMS(ラーニングマネジメントシステム) http://smartbrain.info/ 。その名の通り、学習をマネジメントするシステムです。

学習者にとって学習しやすい設計はもちろんのこと、その本領はマネジメント、すなわち、管理機能にあります。

SmartBrainはeラーニングの国際標準規格であるSCORM(スコーム)の定めるすべてのデータオプションモデルを満たしており、LMS-RTE3という最高レベルの認証を受けています。

SmartBrainでは、PCのみならず、スマートフォンから管理機能を使用することも可能です。

とても便利ですので、まずはお試しになってみてください。20ユーザまでは無料でご利用頂けます。 http://smartbrain.info/

●今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「SmartBrain管理機能 iPhoneでの教材割り当て」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、PPT2Voice Neoのお問い合わせを、以前にも増して、たくさん頂いております。 実際にお好きなテキストをオンライン上でご合成音声を作成・確認頂けますので、ぜひお試しになってみてください。 http://ppt2voice.jp/?page_id=7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。