eラーニング共和国建国と通貨発行のお知らせ

eラーニング専門企業の株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp/)は、eラーニングをすべての人に!という熱い思いを持ち日々活動してきましたが、スタッフが情熱のあまり、思いあまって2010年4月1日に、日本国から独立して、eラーニング共和国を建国することとなりましたので、ここに独立宣言をします。

 

eラーニング共和国 独立宣言

人の営みにおいて、他の人民と結びつけてきた政治的な絆を解消し、自然の法や自然の神の法によってその資格を与えられている独立した、対等の地位を地上の各国のうちに得ることが必要となるとき、人類の意見をしかるべく尊重するならば、その人民をして分離へと駆り立てた原因を宣言することが必要とされるだろう。我らは以下の諸事実を自明なものと見なす。

  • ・eラーニングは良いものだ、皆もっと活用すべき
  • ・もっと活用してもらうためには、便利な製品・サービスが行き渡ることが欠かせない

ゆえに我らeラーニング共和国の代表は連合会議に集い、正しいeラーニング道の流布に努め、身を粉にして、その伝道をおこなう。この宣言を支えるため,神の摂理への堅い信頼とともに,我らは相互にその生命,財産,そして神聖なる名誉を捧げあうことを約するものである。

eラーニング共和国 初代大統領 浜田康

 

eラーニング共和国通貨発行のお知らせ

独立の証として、本日より、eラーニング共和国通貨として、eラーニング共和国銀行券(1000YASUSI券)を発行しました。eラーニング共和国銀行券は、eラーニング共和国の版図であれば、普遍的な流通を担保するものでありますが、現在、eラーニング共和国の版図は、100平米ほどですので、主たる友邦である、日本国民の皆様へのメリットが薄いことが想定されました。

そこで、我々は、粘り強い交渉を行い、株式会社キバンインターナショナルおよびその他の日本国内、もしくは世界の協力企業の力を借りて、eラーニング共和国銀行券とそれら企業の製品・サービスとの兌換を可能と致しました。尚、この通貨は、当面、Webサイトで、eラーニング対する熱い思いを語ることで、ほぼもれなく、このeラーニング共和国銀行券が、皆様のもとに郵送される予定です。

 

eラーニング共和国銀行券 1000YASUSHI券 オモテ

 

eラーニング共和国銀行券 1000YASUSHI券 ウラ

 

※ つまり、割引クーポン券です。
※ 要するに、クーポン券を作りましたので、皆様是非ご活用下さい、ということです
※ 末尾の、本リリースに関しての注意もお読み下さい。

 

eラーニング共和国について

eラーング共和国は、北海道函館市のとある菅原組ビルの一室にひっそりと存在する。
県道347号線に面しており、交通の便が良い。近隣に、公立はこだて未来大学が存在する関係から、国内の労働力の半分程度を同大学からの出稼ぎ労働者で賄う。国内における産業構造は、第3次産業、特にIT分野に特化しており、食料はもとより、電力やエネルギーの供給全て国外の資源に依存している。

所在地: 北海道函館市
面積: 20坪くらい
国民: 若干名
国家元首: 浜田康 (初代大統領)
ホームページ:
http://republic.elearning.co.jp/ (eラーニング共和国ホームページ)
http://hamada-yasushi.com/ \ (eラーニング共和国銀行券について)
備考:
現在、株式会社キバンインターナショナルの保護国
本国について、外務省からの渡航情報(危険情報)はありません。

 

日本国内のお問い合わせ窓口

eラーニング共和国 キバンインターナショナル大使館(自称)
担当:西村大使、中村事務次官
お問い合わせフォーム:http://elearning.co.jp/?page_id=7
電話:03-5846-5800
メール:international@kiban.jp
住所:〒121-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F
共和国への入国の際には、パスポートの有効期限をお確かめください。

 

eラーニング共和国 建国までのあゆみ

2010年3月31日 
23:00頃 浜田康、宇宙の大いなる意思を受信
23:10頃 浜田康、eラーニング世界での資本家の搾取、富の不平等、南北問題、
          地球温暖化問題に立ち向かうべく、日本国からの独立を決意
23:15頃 管轄不明の為、総務省窓口の電話番号を探すも、糸口すらつかめず挫折
23:30頃 日本国より独立し、神聖ハマダ帝國を樹立。初代皇帝となる。
23:40頃 皇帝の度重なる悪政と圧政、寒い冗談に国民の不満が爆発。革命発生
23:43頃 神聖ハマダ帝國滅亡、ハマダ皇帝、更衣室のロッカーに投獄さる。
       有力者による合議により、日本国への復帰の方針が確認される。
23:50頃 主だった有力者は、終電の為、帰宅。
23:55頃 元皇帝浜田康、収監先より脱獄、権力の空白の隙を突いてクーデーター成功
23:58頃 国民総選挙により、大統領に選出

 

2010年4月1日
0:00  浜田康 eラーニング共和国 国家元首 として、独立を宣言
0:05頃 独立国として国連の承認を画策するも、国連の電話番号知らない。
0:07頃 eラーニング共和国 治安上の問題と家賃・光熱費・食費確保のため、
株式会社キバンインターナショナルに保護を要請
0:10頃 株式会社キバンインターナショナル eラーニング共和国を保護国化

 

キバンインターナショナルについて

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。1900社にeラーニング関係の製品を提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。
キバンインターナショナルの情報についてはこちらをご参照ください。 http://elearning.co.jp/

 

本プレスリリースについて

本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたが、ご一報いただけると幸いです。
本プレスリリースは、4月1日に作成されました。
つまり、エイプリールフールネタです。過剰なエイプリールフール分が含まれておりますので、貴方の情報取捨選択技能をフル稼働させてお読み下さい。但し、全てが嘘というわけでは有りません。クーポン券(eラーニング共和国銀行券)は、発行致しますので、便利なクーポン券として、ご利用下さい。

 

 

最後に
※ このリリースは、2010年4月1日に作成されています。
※ つまり、エイプリルフールネタです!

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, その他, 新着情報by.o.nakamura5 Comments2010.04.01
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。