タグ別アーカイブ: SmartBrain

SmartBrainのクイズ機能が次回のバージョンアップ(1.13 -> 1.14)でPC, iPhone, iPadに加えてAndroid端末からも使用できるようになります。iPhoneやiPadでの操作と同じく、ドラッグやフリックで画面を操作することができます。より多くのデバイスに対応することで、誰もが学習できるように開発に取り組んでいます。

対応予定の機種は以下の通りです。その他の機種にも順次対応していく予定です

  • SO-01B(Xperia X10)
  • X06HT(HTC Desire)
  • X06HTII(HTC-Desire)
  • SC-02B(GALAXYS)
  • 001HT(HTC Desire HD)
  • SC-01C(GALAXY Tab)
  • IS03
  • SH-03C(LYNX 3D)
  • T-01C(REGZA Phone)
  • 003SH(GALAPAGOS)
  • 001DL(DELL Streak)
  • IS06(SIRIUSα)
  • 003Z(Libero)
  • IS04(REGZA Phone)
  • L-04C
  • IS05
  • 005SH(GALAPAGOS)
  • SMT-i9100
  • 004HW

 

デザインは調整中です

デザインは現在調整中です

SmartBrainの次回のバージョンアップ(1.13→1.14)でクイズ機能のデザインがリニューアルされます。もちろんスマートフォンやタブレットPCでも新しいデザインが使えるように調整中です。全体的に立体感のあるデザインになり、ほぼ全てのアイコンやボタンが分かりやすいものに作り替えられています。次回のバージョンアップから皆様にご利用いただけるように開発を進めておりますので、今しばらくお待ち下さい。

クイズ機能の新デザイン

クイズ機能の新デザイン

※画面は開発中のものです。

株式会社キバンインターナショナルでは、「最高の学びをすべての人に!」をゴールに活動する中、eラーニングシステム SmartBrainを、20名までサーバ利用料金も含め、無料で提供をしています。

日本語以外に、英語版、中国語版、韓国語版と4つの言語で開発されており、現在、約1,100社程度の利用者がいます。海外での利用者増加を目指し、Webサイトの翻訳作業も進めていますが、ユーザのサポート、コミュニケーションの場として、Facebook Page(フェイスブックページ)を活用していきたいと思っています。

始まったばかりですが、皆様の意見に真摯に耳を傾け、多くの方に利用していただけるサービスにしたいと思います。

http://www.facebook.com/smartbrain.info

http://www.facebook.com/smartbrain.info

http://www.facebook.com/smartbrain.info

SmartBrainの次回バージョンアップ(1.13→1.14)で、クイズの問題に出題優先順位を付けることができるようになります。この機能によって「間違った問題を何度も出題する」、「解いたことのない問題をたくさん出す」といったようなクイズ教材を作ることができるようになります。

説明のため、ここに10問の中から5問をランダムに選んで出題するクイズがあるとします。
※ランダム出題の設定方法はこちら(http://smartbrain.info/?page_id=2578)。

10問から5問を出題するクイズ

10問から5問を出題するクイズ

 

1度解き終わったクイズの問題は3つに分けることができます。正解、不正解、未出題です。

正解だった・不正解だった・まだ出題されていない

正解だった・不正解だった・まだ出題されていない

 

この3種類の間に優先順位がつけられます。
例えば学習者の苦手分野を克服するために、以下のような優先順位をつけたとします。
(3種類の状態の優先順位は全ての組み合わせを指定できます)

優先度

優先度

 

ある学習者が初めてこのクイズを解き終わったとき、各設問は次のような状態になりました。

1回目のチャレンジ

1回目のチャレンジ

 

しばらく時間をおいて、同じ学習者がもう1度クイズに挑戦することにしました。
このとき出題される5問は、先ほど設定した優先順位にしたがって以下のようになります。

2回目のチャレンジ

2回目のチャレンジ

 

間違った問題が最優先。その次に未出題の問題が選ばれています。3回目、4回目と繰り返していくうちに、苦手な問題を集中して繰り返せるでしょう。

この優先出題機能はSmartBrainの次回のバージョンアップで使用できるようになります。できるだけ早く使っていただけるように開発に取り組んでおりますので、今しばらくお待ち下さい。

本日、SmartBrain 1.13.13をリリース致しました。

SmartBrain1.13.13での更新内容は以下の2点です。

韓国語・中国語タームの充実

管理画面の大半の機能を、日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語で御利用いただけるようになりました。一部、日本語の表記しかサポートしていない部分もありますが、順次、多言語対応を進めていきます。

削除ユーザのE-mailアドレスを再利用できない現象を修正

削除済みのユーザと同じE-mailアドレスを使ってユーザ登録しようとすると、「重複したE-mailアドレスが存在します」と表示され、ユーザ登録できないという問題を修正いたしました。

SmartBrainのターム管理

CATEGORIES eラーニング, SmartBrainby.t0 Comments2011.02.17

多言語対応

SmartBrainは、日・英・中・韓の4ヶ国語に対応した学習し管理システムです。このような多言語対応のソフトウェアはシステム内の文言(以後、”ターム”と表記します)を外部ファイルなどに定義するのが一般的なのですが、SmartBrainにもそのような”しくみ”が組み込まれています。

5つのしくみ

SmartBrainのタームには以下の5つの機能で動作しています。

  1. 全ての言語で共通して使う表現
  2. 言語ごとに定義された表現
  3. ターム内変数
  4. タームの変換
  5. 環境ごとに定義された表現

1. 全ての言語で共通して使う表現

”SmartBrain”や”SCORM1.2″などといった表現は、どの言語でも同じ表記を使います。このような表現は、全言語共通タームとして管理しています。

2. 言語ごとに定義された表現

“コース”という用語は、英語であれば”Course”、韓国語であれば”코스”になります。

3. ターム内変数

「次の20件」は、”次の%d件”と定義されています。英語版なら”Next %d”になります。

4. タームの変換

エラーメッセージって、似たようなものが多いですよね。「~~が入力されていません。」といった感じです。こういう表現をいちいち登録していてはきりがありません。登録が面倒なだけでなく、管理の手間もふえるし、表現のゆらぎも発生してしまいます。DRY原則を守るために、タームを変換する仕組みがあります。
例えば、inputという変換ルールは

  • 日本語では “%sを入力してください”
  • 英語では “Input: %s”
  • と定義されています。

    5. 環境ごとに定義された表現

    「ログイン」ではなく「ログオン」と表記してほしい。日本語版でも「ログイン」だけは、「Login」と表記してほしいなどといった要望。結構あるんです。このような要望に答えるために、環境ごとに独立した定義ファイルがあります。このファイルは、システムのバージョンアップ時に無視されるように設定していますので、バージョンアップの障害にはなりません。

    今後の改善予定

    今のところ、「5.環境ごとに定義された表現」を設定するためには、弊社に連絡しなければなりません。近い将来、管理画面で自由に設定変更できるようにしたいと思っています。

    SmartBrain1.13.11のリリースに伴い、下記のマニュアルページを更新いたしました。

    更新前

    正解を表示」「見直しを許可」という二つのチェックボックスで設定するようになっていましたが、組み合わせによっては意図と違った動作をしていました。

    変更前

    更新後

    「正誤・正答例ともに非表示」「正誤のみ表示」「正誤・正答例ともに表示」という3つの選択肢になりました。

    クイズの正誤表示設定を改良

    変更に伴う注意点

    システムを更新しますと、デフォルトで「正誤・正答例ともに表示」になります。正答や、正誤を表示しない場合は、クイズ設定を変更するとともに、コース管理>SCO詳細画面で、クイズプレイヤーを再生成するようお願いいたします。

    SmartBrain 改善予告

    CATEGORIES SmartBrain, 北海道ラボby.t1 Comments2011.02.03

    学習管理システムSmartBrainには、コース内の進捗が分かるようにグラフが表示されているのですが、次回のアップデート時に、グラフが伸縮するようになります。iPhoneなど、表示領域が限られたモバイル端末が増えています。こういった端末でも快適に利用していただけるように、これからも様々な工夫を取り入れています。

    幅が広い場合

    幅が広い場合

    幅が狭い場合

    幅が狭い場合

    FAQ 「ユーザを自動ログインさせたい」を追加いたしました。ユーザごとの個別のURLを作成することで、ユーザを自動ログインさせることができます。この方法で作成したURLを他人に知られてしまうと、不正利用の原因になるのでご注意ください。

    自動ログイン

    自動ログイン

    学習管理システムSmartBrainの、グループに対する教材割当に、期間設定機能が実装されました。この機能を使うと、部署やクラス単位での受講期間制御が簡単にできます。この機能は、2011年2月にリリース予定の、バージョン1.14で利用できるようになる見込みです。

    無期限割当 期間制限割当
    個人単位で割当 2009年1月リリース 2010年7月リリース
    グループに対して割当 2009年8月リリース 2011年1月リリース予定

    スクリーンショット

    グループに割り当て

    グループに割り当て

    期間設定

    期間設定

    期間設定の概念

    期間設定は、「設定しない」「開始日時だけ設定」「終了日時だけ設定」「両方設定」の4パターンがあります。

    期間設定パターン

    期間設定パターン

    • 製品・サービス
      PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
      PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
      http://smartbrain.info/
      PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


      eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
      http://elearning.co.jp/
      eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


      コンテンツビジネス支援パック
      http://contentsbank.jp/

      Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
      Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
      http://pandastudio.tv/

      eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
      ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
      http://blog.elearning.co.jp/

    • アーカイブ
    • カテゴリー
    • Amazon
    • タグ