【佐々木先生が気象予報士新人時代を振り返る。】ラジオっぽいTVより

気象予報士はこちらから。

気象予報士はこちらから。

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。気象予報士講座の佐々木恭子先生が
気象予報士1年生時代を振り返っています。
気づいたことはなんだったのでしょうか。後悔していることとは?

ラジオっぽいTV!932(てんコロ.気象予報士1年生時代)より。)

一年後の独り立ちして初めての雪氷予報が一番大変でした。

地点やその読み方を覚え、地域特性の情報があるところは、先輩から教えを受ける。

完璧なまでに詰め込んで、冬に臨んで、予測し、失敗し、「幸い」怒られる。

間違えた原因、どこを見逃したのか、どこの解釈を間違えたのか、後のため蓄積していきました。

(てんコロポイント!)

見切り発車的に、なかば、始めて突入してもいい。(準備して突入するのはもちろんいいが)
勉強した通りにはいかないパターンが出てきますし、現実はね。
そこで、プラスアルファしていったらいい。やっていくうちに、否応なく覚えていく。
覚えたきゃいけないものに関しては、身についていく。
さらに、自分が失敗したこともそれにプラスアルファしていくとスタートした時よりも、よい資料が最終的には出来上がっていく。

(反省点!)

分からないことは、恥ずかしがらずに全部聞く。
中途だし、変に年取ってたし、気象予報士試験に合格したってことは、ある程度知ってるでしょと思われていると思ってた。違うのに。予報業務と予報士試験とはやることは違うのに。いろんなことを聞き逃して何年も過ごしてしまった。

今思っても、損をしたなと思って、今、こんな素直になっちゃって。

だって、新人だものといって聞くのがいいと思います。

~~ラジオっぽいTVは、毎日更新されていて、「気象予報士の勉強をする上で、勉強するべきところがわかってきたり、佐々木先生のお話が励みになったり」という効果があるようですよ。

『気象予報士講座総合フルパッケージ』
 カレンダープレゼントキャンペーン実施中!

カレンダープレゼントキャンペーン

カレンダープレゼントキャンペーン


http://tenki.elearning.co.jp/?p=5446

佐々木恭子先生の気象予報士講座

そしてeラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
講座詳細ページ http://bit.ly/2du2NMJ
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.01.27
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。