花粉予想に関係のある!日射量について【気象予報士の用語チェック】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

こんにちは。キバンインターナショナル武内です。
1月30日、関東・九州で花粉シーズン開始のニュースが発表になりましたが、
花粉予想は気になる方も多いところです。花粉数と日射量が大いに関係があると最近言われていますが、日射量について、
「佐々木恭子先生の気象予報士講座」を参考に用語チェックしてみました。

「日射量」

日射量や日照時間は、太陽放射を測る観測です。

日射量は、直達日射と全天日射があります。

直達日射太陽光線に対して垂直な面に入る直射光
それに対して
全天日射量は、水平面に入る直達日射と全天からの散乱光、反射光の合計で、散乱光や反射光なので日没後や日の出前にも若干観測されます。

日照時間は、直達日射が0.12kW/㎡以上ある時
間を「日照あり」として、その時間を合計したの
が日照時間です。

地上気象観測の中でも、測器で観測されているものです。

『気象予報士講座総合フルパッケージ』
 カレンダープレゼントキャンペーン実施中!

カレンダープレゼントキャンペーン

カレンダープレゼントキャンペーン


http://tenki.elearning.co.jp/?p=5446

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2017.02.02
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。