その他

HDDを廃棄

CATEGORIES その他by.o.nakamura0 Comments2012.04.23

中身を認識しなくなってしまったHDDが出たので、ソフマップのHDD廃棄サービスを利用して、廃棄を行いました。以前は消去ソフトを使ったりしていたのですが、そもそも認識しない状態だとソフトでも上書きができずに面倒だったのですが、この方式は、ガシャコンと穴を開ける方式なので簡単・便利で大変良いです。

穴の開けられたHDD


このように穴があきました。同サービスの紹介文によりますと、「(目に見えないホコリすらもハードディスクがクラッシュする原因になる)ような非常にデリケートなハードディスクドライブを圧力で変形させ、円板を湾曲させ、穴を開けて、その際に発生する粉塵等をバラ巻いた状態から、正常動作時と同じように水平に高速回転させ、 ヘッドを当ててデータを取り出すことは、ほぼ不可能と言えます。」とのことなので、これで安心です。

割と全国各地のソフマップ店舗でこのサービスを行なっておるようなので、HDDの廃棄に困ったらご利用されると良いと思います。

HDD破壊サービス対応店舗一覧(リスト) ※ページ下の方
http://www.sofmap.com/tenpo/topics/exec/_/id=tp00025/-/sid=0

リコージャパンの梅本様よりハワイのお土産、マカダミアナッツ入りチョコレートクッキーを頂きました。

▲黄金色の高級感あふれる箱

▲チョコレートクッキー

歯ごたえサクサク、甘すぎずとてもおいしい。
みんな笑顔です。

ありがとうございました!

大阪からお好み焼きの出前が届きました!

CATEGORIES お土産by.yasu.tanaka0 Comments2012.01.27

大阪からお好み焼きの出前が届きました!

と言っても、本物のお好み焼きではありません。

「大阪からお好み焼きの出前です!」というお菓子です。

▲「大阪からお好み焼きの出前です!」

協業している株式会社サムシングファンさんからお土産で頂きました。

開けてみると・・・

▲ネギ醤油味、マヨネーズ味、キャベツ味の3種類がはいっています

ネギ醤油味、マヨネーズ味、キャベツ味の3種類がはいっています。

さっそくキャベツ味を頂きました。サクサクした歯ごたえで、お好み焼きの風味が口の中に広がる逸品です。

焼いて食べたらもっとおいしそう!?

サムシングファンさん、ありがとうございました!

SmartBrainではバージョン1.15から自動アップデート機能が搭載しました。(参考「SmartBrain version 1.15をリリースしました!」)
自動アップデートを有効にしていただけると、迅速にアップデートが行われます。
また、自動アップデートを設定する方法は二種類あります。

無料体験申込時に設定する

無料プラン申込時に以下のような項目がありますので、有効に設定してください。

無料プラン申込画面

既存のシステムから設定する

管理機能画面からシステム情報を選択します。

管理機能画面

システム情報の項目に自動アップデート項目がありますので、有効化のボタンを押してください。

システム情報画面

なお、この機能は1.15以降からの機能となっておりますので、それ以前をお使いのお客様はSmartBrainのこちらのお問い合わせフォームから別途ご連絡ください。

SmartBrain1.15からの新機能「クイズの一括更新」をご紹介します。
この機能は、一度コースに登録したクイズの内容を変更したい場合にとても役立ちます。
これまではクイズ教材管理画面でクイズの変更をしたあとに、コース管理画面へ移動して変更を適用する作業が必要でした。
しかし「クイズの一括更新」を使えば画面を移動することなく全てのコースに対して変更を適用することができます。
クイズ教材を変更する場合は以下の操作を行ってください。

 

まず、クイズ教材管理画面から変更したいクイズを開いてください。

 

次に、クイズの説明文や設問の内容などの変更を行ってください。

変更が完了したら「このクイズを使用しているSCOを最新に更新」ボタンをクリックします。
ボタンを押すと、このクイズを含む全てのコースの中に自動的に変更が適用されます。


ちなみに、SmartBrain1.14以前は、 1つ1つのコースを開いてクイズの更新をする必要がありました。
クイズの内容を変更する場合には、ぜひ一括更新ボタンをご使用ください。


弊社製品をいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、1.15系の第2弾としまして、バージョン1.15.3をリリースいたしました。

変更点は以下のとおりです。

新機能

  • paypal sandbox mode追加
  • ユーザグループに識別子追加

修正

  • ユーザ情報ダウンロード時に「電話」と「メール送信設定」の2点についてダウンロード可能に変更
  • 管理者の管理コースではないコースの学習履歴がDLできる問題を解決

以上となります。

paypalで本当に購入できるの?などといった場合に、お金をかけずにテストできるPaypal Sandbox機能はあまり知られていない(?)情報だと思いますので
近日使い方を公開いたします!

 

いつも弊社製品をご利用いただきましてありがとうございます。

本日14:00頃にSmartBrain version 1.15をリリースいたしました。

期間制限機能追加、クイズ教材一括更新機能追加やAndroid端末への対応強化も先の1.14系と合わせて行なっております。

詳細は以下のとおりです。

 

新機能

・基本機能

  • 学習開始から〇〇日間有効 タイプの期間制限機能を追加
  • ポータル管理からadmin(管理者) に表示する管理機能を変更(制限)機能を追加(ただし特権管理者のみ可能で、通常のASP環境ではご利用いただけません)
  • 履歴ダウンロード時に学習履歴の無いコース・コンテンツを除外する機能を追加
  • クイズ教材詳細画面から SCOとして割り当てられているクイズを一括更新できる機能を追加
  • 学習結果のpassed(◯)とfailed(☓)を表示・非表示できる機能を追加(非表示にすると●アイコンしか表示されません)
  • 無料体験申込時にアップデートを行うかどうかの選択を可能にした。子環境側からでも変更可能。(これはアップデート処理の目安として利用するための項目です)

・クイズ機能

  • まとめて解答時に 次へボタン、戻るボタンを表示する機能を追加
  • Android端末の画面幅・高さが共に640pxを越えている場合はPC向けのスタイルを適用

機能修正

・基本機能

  • 成績のグループCSVダウンロード機能で、削除済みユーザの情報は出力しないように変更
  • HTTPCache-Controlで60秒のキャッシュをするように設定されていたが、一切キャッシュしないように変更
  • メールの署名変更フォームの1行目に改行を入れても反映されるよう修正
  • 掲示板のニックネームが正しく表示されるよう修正
  • HTTPSのみの環境下でグラフが閲覧できるよう変更
  • jquery-CDN利用部分がhttp参照固定であったので動的に変化するように変更
  • IE6でユーザのTOP画面のレイアウトが崩れないよう変更
  • IE6でパスワードヘルパーの画面のレイアウトが崩れないよう変更
  • IE6でuserがfaqを見た場合にレイアウトが崩れないよう変更
  • 閲覧履歴グラフにおいて何も選択しない状態だと(全ユーザ・全コース)、管理コース関係なくすべてのコースデータを取得してきてしまう問題を修正
  • aタグの表示部分に何か文字列がある場合に、自動的にdownload_asとしてファイル名をhrefに追加してしまう問題があったので修正
  • Androidの場合学習画面の「戻る」が動作しない場合があるという問題を修正

・クイズ機能

  • 「最新のクイズに更新」押下でクイズ再生成時、QuizPlayer同梱ファイルのAsset情報が失われていたので、正しく取得されるように修正
  • 始めるボタンを押したときにLMSInitializeしていたが、ページを表示した時にInitializeするように変更
  • スマートフォンで選択肢ドラッグ直後に設問が移動することがあるので修正
  • スマートフォンの穴埋め問題で、選択肢を穴の上に載せて、提出ボタンを押さずに設問を再表示したとき、穴の上から選択肢を外すことができなくなるので修正

・携帯電話

  • topのリンク先を修正
  • cookie未対応の場合、topへのリンクを非表示にするように修正
今後新機能についてはblogなどで画像を交えて情報公開を行ってまいりますので、ぜひ楽しみにしていてください。

 

 

新しいSmartBrainは以下のリンクから簡単にお試しいただけます!

無料環境作成

20名まで無料で利用可能なPC,iPhone,iPad,Android,携帯電話対応のSmartBrainを是非ご利用ください!
(すべての端末での動作を保証するものではありません。ご了承ください。)

SmartBrain version 1.15が来週月曜日(2011/08/29)の午後14時にリリースされます。

いくつもの新機能を搭載していますが、その中から 学習期間制限機能 をご紹介します。

この機能をつかえば、「学習者が学習できる期間を設定したいんだけど。。」ということや「学習開始から30日間利用させたいんだけど。。。」といったことも可能になります。

それでは使い方です

1.まずは管理者ユーザでログインしましょう。

管理者以上でログインし、管理機能のユーザ管理を選択します

管理者以上でログインし、管理機能のユーザ管理を選択します

今回は「学習者」ユーザを選択しましょう

今回は「学習者」ユーザを選択します

学習者の詳細を開くと「閲覧可能コース」という項目があります。そこの「 期間編集」をクリックします。

学習者の詳細を開くと「閲覧可能コース」という項目があります。そこの「 期間編集」をクリックします。

「学習開始から利用可能日数を設定」を選択し、「30」と日数を指定します。

「学習開始から利用可能日数を設定」を選択し、「30」と日数を指定します。

保存を押すと、このように期間表示が変わります。

保存を押すと、このように期間表示が変わります。

2.ここまで来たら、管理者ユーザをログアウトし、先ほど期間制限をした学習者でログインしましょう。

ログインすると、期間制限を行ったコースに期間が表示されています。まだこの段階ではカウントは始まっていません。

ログインすると、期間制限を行ったコースに期間が表示されています。まだこの段階ではカウントは始まっていません。

コース内のコンテンツ(教材)を学習すると、その日からカウントがスタートします。

コース内のコンテンツ(教材)を学習すると、その日からカウントがスタートします。

 

いかがでしょうか。この機能は1.15から利用可能です。

以下のフォームから簡単にお試しいただけます!

無料環境作成

20名まで無料で利用可能なPC,iPhone,Android対応のSmartBrainを是非ご利用ください!

Redhat 9 をyumでupdateする

CATEGORIES その他by.t.kuramitsu0 Comments2011.07.26

キバンインターナショナルでは、CentOS に付属しているXenで一部の環境を仮想化して利用していますが、
Redhat 9 の完全仮想化環境を作ることがあったのでアップデート手順まとめました。※2011/07/26 時点では実行出来ました。

1.rpmファイル等の置き場所へ移動(ディレクトリ等は適時読み替えて下さい。)

cd /home/install/

2.rpmのパッケージと、keyファイルをダウンロードしてくる。

wget http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora.legacy/redhat/9/updates/i386/gnupg-1.2.1-9.i386.rpm
wget http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora.legacy/redhat/9/legacy-utils/i386/yum-2.0.5-0.9.2.legacy.noarch.rpm
wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.rh9.rf.i386.rpm
wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

3.rpmパッケージのインストールと、keyファイルのインポートをする。

rpm -Uvh gnupg-1.2.1-9.i386.rpm yum-2.0.5-0.9.2.legacy.noarch.rpm rpmforge-release-0.3.6-1.rh9.rf.i386.rpm
rpm –import RPM-GPG-KEY.dag.txt

4.yum.conf の修正をする。

cd /etc/
cp -a yum.conf yum.conf_default
vi yum.conf

以下の記述を一番下に追加
[rpmforge]
name = Red Hat $releasever – RPMforge.net – dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/9/en/$basearch/dag
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/9/en/mirrors-rpmforge
enabled = 1
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

既存の [base]、[updates-released]、[updates-testing]、[legacy-utils] は全て 先頭に # をつけて、コメントアウトしておく。
よくわからない方向けに、設定済みの yum.conf をアップロードしておきます。
yum.conf(zip圧縮)

5.yum update を実行する。

yum update

問題なく終われば、Transaction(s) Complete という風な表示が出ますので、1回OSを再起動して
アップデート作業は完了となります。

サイドタ(さいどた)

CATEGORIES その他by.o.nakamura0 Comments2011.07.09

教育ITソリューションEXPOで、神奈川大学の出展が面白かったので、ご紹介します。スタッフの人の説明によると、

サイコロ(正六面体:全ての面が同じ大きさ)を振った場合、各面が出る確率は1/6と考えられる。では、各面の大きさが異なる立体でサイコロを作ったらどうなるか・・・。これは、もちろん計算で求められるが、本当にそのような挙動になるか実際に検証できる機械で実験したら、学習者(高校生?)の興味を惹くことができ、意欲が増すのではないか、

という意図のようです。
実際に、各面の大きさが異なる立体で作ったサイコロ、サイドタ(さいどた)は、1と6の面が大きく、3と4の面が小さい、不思議なサイコロなのですが、面白かったのは、このサイコロを朝から晩まで一定の挙動でひたすら降り、出た目を測定する機械を作ったことです。いやー、計算式で求められた確率を実際に試したい、それは誰しも思うことかもしれませんが、実際に作ってみた、というところが凄いです。その模様を以下に掲載しましたので、ご覧ください。

会場では、既に1万回以上、サイコロを振り続けており、計算で求められたとおりの分布になっておりました。確率の授業の時も、こうやって実証してくれる機械が隣にあったら、確かに面白いかもしれませんね!