PHPの標準関数でPOSTする方法

CATEGORIES eラーニングby.t11 Comments2009.11.02

PHPでPOSTを送信するとなると、Pearのライブラリを使った方法が一般的だと思いますが、Pearなんて大嫌いだという人もいるかと思います。そこで、PHPの標準関数だけでPostを実行する関数を作ってみました。間違ってるよとか、つかいづれーとか、もっと言い書き方があるよ、なんて意見があればはてぶでがんがん叩いていただけると幸いです。

関数の使い方
第1引数 投げ先のURL
第2引数 投げるデータの連想配列
戻り値 レスポンスHTML

function post($url, $data = array()){
—-foreach($data as $key => $value){
——–$data[$key] = mb_convert_encoding($value, ‘utf-8’);
—-}
—-$query = http_build_query($data, ”, ‘&’);
—-$pattern = “/^(http):\/\/([^\/]+)\/.*$/i”;
—-if(!preg_match($pattern, $url, $match ))return false;
—-$domain = $match[2];
—-$fp = fsockopen ( $domain, 80 );
—-if ( !$fp ) {
——–echo(‘Connection failed’);
—-} else {
——–$str =
——–“POST ” . $url . ” HTTP/1.0\r\n”.
——–“Host: ” . $domain . “\r\n”.
——–“Content-Type: application/x-www-form-urlencoded\r\n”.
——–“Content-Length: ” . strlen($query) . “\r\n”.
——–“\r\n”.
——–$query.
——–“\r\n”;
——–fwrite($fp, $str);
——–$ret = ”;
——–while($buff = fread($fp, 1024))$ret.=$buff;
——–return $ret;
—-}
}

※Wordpressでうまくインデントを表現できなかったので、ハイフンを大量に挿入しています。ソースコードをコピペする際は、”—-“をタブか半角スペース4つに置換してください。

すごい改良されたコードがアップされてました。httpsなどにも対応した、より実用的な関数に改良されています。

[php][http][雑談]Re:PHPの標準関数でPOSTする方法

実は stream_context_create なんて便利な関数があることを知りませんでした。勉強不足ですね。精進します。

こうやって意見をもらえることで、一気に知識の幅が広がります。まだまだ未熟ですが、積極的に情報発信していこうと思います。

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役社長 西村正宏)は、これまでオフラインの集合研修として実施してきたWebVideo Authorの教材作成講習のオンラインセミナーの提供を開始致しました。

このWebVideo Authorオンラインセミナーは、これまで同製品を購入いただいた方に集合研修として提供されていましたが、オンライン化を求める声が多数寄せられていることから、この度オンラインセミナーとして公開致しました。

閲覧方法

1. 下記のURLにアクセスしてください。

http://e-seminar.info/

2. 閲覧したいセミナータイトルをクリックしてください。

3. 講座が再生されます。

※閲覧には、Flash Playerが必要です。

WebVideo Authorとは
WebVideo Authorとは、動画をFlash形式などに変換する教材作成ツールです。
作成したフラッシュビデオはeラーニング教材、Web上での掲載、ストリーミング配信形式として利用することが可能です。

価格:1ライセンス 16,800 円~
(詳しくは、ホームページをご覧下さい。)

URLはこちら
http://webvideoauthor.jp/

株式会社キバンインターナショナルとは
株式会社キバンインターナショナル(http://elearning.co.jp/)では、「eラーニングをすべての人に!」という目標に向けて活動をしており、その目標を達成するために、自社で製品・サービスを開発するだけではなく、日本・海外から優れた製品を探して皆様にお届け致します。

連絡先
株式会社キバンインターナショナル
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F
電話:03-5846-5800
FAX:03-5846-5801
URL:http://webvideoauthor.jp/
担当:中村(なかむら)、長谷川(はせがわ)
お問合せ先:下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

http://e-seminar.info/?page_id=12

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏)は、2009年11月4日より、販売している全種類のソフトウェアにつて公式twitterのアカウントを取得し、お客様向けのサポート、お客様からのフィードバック収集に活用することを決定し、運用を開始しましたので、お知らせいたします。

株式会社キバンインターナショナルの公式twitterのアカウントは、1.PPT2Flash、2.QuizCreator、3.DemoCreator、4.WebVideoAuthor、5.LectureMAKER、6.PPT2Mobile)の6種類のソフトウェアと、社会人のためのやり直し英語講座、7.英文法.com 8.会社関連(blog)の合計8種類で開始します。twitterを利用することで、これまでは、新着情報として公開することのできなかったような小さなニュースや、ソフトウェアの便利な活用方法、キャンペーン情報などを、随時発信していきます。

また、一方的な発信だけにとどまらず、twitterユーザーからのフィードバックを元に、eラーニング関連のソフトウェア、サービスの充実をはかりたいと考えています。

twitterに関しては、twitterのページにアクセスしていただかなくても、内容をご確認いただけるように、順次、製品ページの右側(右サイドバー)に常時表示してご覧いただけるよう準備をしています。(PPT2Flash ProfessionalLectureMAKERBlogなどが完了)

twitterは、急成長しているマイクロブログといわれるサービスで、オバマ大統領がこのサービスを利用して情報発信したことでも話題になりましたし、芸能人やセレブ、企業のトップなどが直接情報発信をするツールとして急速に利用が進んでいます。

このツイッターを利用して、株式会社キバンインターナショナルからの情報発信だけではなく、ご利用の皆様からのメッセージを受け、今後のサービスの向上や改善につなげていきたいと考えています。

———————————————————————————————————

PPT2Flash Professional
パワーポイントファイルをFlashに変換。簡単SCORM対応の教材作成ツール
HP http://ppt2flash.jp
公式ツイッター https://twitter.com/PPT2FlashPRO

QuizCreator
簡単操作でSCORM対応のeラーニングテスト問題作成ツール。 プログラミング不要で9種類のテスト作成可能
HP http://quizcreator.jp
公式ツイッター https://twitter.com/QuizCreator

DemoCreator
SCORM対応動画キャプチャツール。PCの操作手順を簡単記録し、eラーニング教材に!
HP http://democreator.jp
公式ツイッター https://twitter.com/DemoCreator

WebVideoAuthor
SCORM対応Flashビデオ(FLV)作成ツール。ビデオ教材簡単作成ソフト
HP http://webvideoauhtor.jp
公式ツイッター https://twitter.com/webvideoauthor

LectureMAKER
プロフェッショナルユースの高機能・SCORM対応eラーニング教材作成ソフト
HP http://lecturemaker.jp
公式ツイッター https://twitter.com/lecturemaker

PPT2Mobile
モバイル・ゲーム機・デジタルサイネージ用動画作成ツール。パワーポイントファイルをビデオファイルに変換
HP http://ppt2mobile.jp
公式ツイッター https://twitter.com/PPT2Mobile

英文法.COM
社会人のためのやり直し英語講座です。英文法を完璧にして英語力アップ。
HP http://bunpou.com/
公式ツイッター http://twitter.com/bunpou

Blog.elearning.co.jp
eラーニングに関するニュース、eラーニング製品開発のこと、eラーニングに便利なツールなどを紹介しています。
HP http://blog.elearning.co.jp/
公式ツイッター http://twitter.com/kiban

Google AdWords 1 ヶ月集中最適化特別セミナー(http://adwords-ja.blogspot.com/2009/10/google-adwords-11.html)に参加しました。スタッフ6名で受講しました。会議室のスクリーンに表示させ、全員で受講しました。実際のセミナーと違い、セミナーを聞きながら、自由に話しをしたり、議論をしながら参加できるのが、オンラインセミナーの良いところ。実際の教室で、スタッフで、ワイワイやりながら参加したら、怒られてしまいますから。クイズの参加者を見ていると、このオンラインセミナー(Webセミナー)には、同時に300名程度が参加しているようです。メモをとったので、公開しておきます。

▲Google AdWords 1 ヶ月集中最適化特別セミナー

▲KiBAN intで、Google AdWords 1 ヶ月集中最適化特別セミナーを受講している様子

Webセミナーの良かった点

  1. テキストでも講義の内容が表示される。
    音声が表示されない環境を考え、概要が画面右側に表示される。クイズの解説など、音声では不足する情報については、テキストで補う工夫がされている。クイズについては参加者がどの選択肢を選んだかが表示される。
  2. テキストチャットが用意されている。
    講 義中にも、質問をテキストで質問ができるようになっていて、講義が止まらないようになっています。主に動作しない人達が質問をしていましたが、リアルの講 義とは違い、質問で講義が止まらず、先に進みます。(同じことを自社で行う場合は、講師とは別にテキストチャットで回答する担当者と最低でも2名体制にする必要があることを学ぶ。)
  3. 適度なクイズが用意されている
    講義にあわせ、適度な分量で三択問題が用意されており、画面から選択して参加するようになっています。300名が、どの回答を選択したかも、リアルタイムに集計され、どのような間違いが多いかも確認できます。
  4. 往復交通費・往復時間の節約
    eラーニングでも同じですが、会場までの往復交通時間、往復交通費の節約は大きな違いです。コストの問題だけではなく、集合研修型の1カ所に集まるタイプのセミナーであったら、今回のは参加できなかったと思います。
  5. イブニングセミナーのメリット
    18時からと遅い時間からの開始でしたが、電話も少なく(電話はゼロではないですが)、参加しやすい時間で、良い試みだと感謝しています。

Webセミナーで学んだ点

  1. Googleが検索や広告について、どのように考えているか、概要が分かる。
  2. あらかじめ検索してほしいキーワードを決めてから、Webの文章をを作る方が良い。
    自分たちが作っているWebは、どのようなキーワードで検索してほしいかスタッフ内でも意見が案外バラバラに驚く。
  3. キーワードのポイントが分かった。
  4. 広告先のURLは、Webのトップページとせず、細かく最適なURLを設定すること。
  5. 復習コーナーが設けられ、理解度を深める工夫がされれいる。
  6. Adwords Editor(アドワーズエディター)というアプリケーションが配布されていることを知った。

Adwordsのキーワード設定のポイント

  1. 1.キーワードを「見出し」に入れる
  2. ユーザーにとっての「メリット」を具体的に入れる。=効果を入れる。
    (例)良く飛ぶドライバー→30ヤード飛距離アップ
    (例)飲み放題あり→3,800円から飲み放題あり
  3. ユーザーに期待する動作を含める
    (例)ダウンロード無料
    (例)体験レッスン無料
    (例)無料サンプル配布中
    (例)まずは資料請求—————-すぐに資料請求ができるように、Webを作っておくこと。

Webセミナーの改善点

  1. 事前に環境設定、動作検証をすることができない。
  2. 途中で、音声が途切れ聞こえなくなった。(サイドにテキストがあって、何とか理解できした。)
  3. 音声が悪いので、テキストチャットに頼って参加したが、サイドバーの表示が、変わってしまうので、毎回手動で戻す必要があった。
  4. 他のセミナー、関連セミナーは、すでに満席で参加できない。
  5. 音声が切れているのか、講師が黙っているのかが分からない。
  6. 資料は配付されない。

要約版(関連ビデオ)を、Youtubeで見ることができます。

インターネット予備校のベリタス・アカデミーhttp://veritas.bz/students/index.html)のeラーニングシステム、コンテンツの作成をお手伝いしています。カリスマ講師と呼ばれた先生方の授業を、日本全国で受講できるようにしたい。自宅にいても、海外にいても、最高の授業を、学びたいときに学習してもらいたい、そんな情熱をもって、取り組んでいます。そのベリタス・アカデミーのWebサイトこの度、Webサイトをリニューアルしましたので、この場を借りて、紹介させていただきます。

今回のリニューアルは、プレゼンテーション Zenという書籍にインスピレーションを得て、シンプルで美しく、そして伝えたいことが、きちんと皆様に伝わるようにというコンセプトで作成されています。株式会社キバンインターナショナルでは、プログラム部分を担当させていただきました。

▲ベリタス・アカデミーのWebサイトがリニューアルしました

▲ベリタス・アカデミーのWebサイトがリニューアルしました

001

▲ベリタスアカデミーの特徴

▲ベリタス・アカデミーユーザーの声

▲ベリタス・アカデミー利用者の声

WordPressで会社のWebサイト、Bllgなど、すべてのサイトを作っています。Blogには、コメントを書いていただけるようになっています。eラーニング製品を中心に紹介している自社Webサイトには、一部コメントを付けられるようになっています。(思い切って全部ページでコメントの受付も検討中ですが。)

コメントを書いた方の顔写真が入る箇所があるのですが、どのようにして追加して良いか不明でした。どのようにして、WordPressに顔写真、アバターを設定して良いのか分かりませんでした。

no_avata

▲このような感じで、アバターは表示されませんでした。

インターネットで調べてみたら、Gravatarhttp://ja.gravatar.com/)というサイトがあって、Gravatarで登録しておけば、TypePadや、WordPressなどで作成されたサイトで、コメントを書いたりすると、登録したメールアドレスから自動的に、アバターが表示される仕組みがあることが分かりました。1カ所に登録しておけば、グローバルに、世界中のサイトで、アバターが表示できる仕組みであることが分かりました。グローバルなアバターで、Gravatar というネーミングのようです。大変、便利で合理的で便利なサービスだと思いましたので、早速登録してみました。(最初は、ちょっと面倒そう、、と思っていました。)

gravatar

gravatarの日本語ページ。登録は、2-3分でした。

登録自体は、ユーザー名、メールアドレス、写真の登録程度。2-3分もあれば、すぐに登録が完了します。登録が完了すると、Blogやeラーニング製品サイトのコメント欄に、登録した写真が表示されるようになります。

avata

▲Gravatarに登録したら、自動的にアバターが表示されるようになりました。

いまさら、アバターが入ったから、、、というご指摘もあるかもしれません。

1つでも多く、皆様からのご要望を承り、1人でも多くの方にeラーニングを届けたいと思っています。多くのコメントを寄せていただきたいという気持ちから、まずは、自分たち、スタッフでもコメントを書いてみよう、どんな人が、どんなコメントを書いているのか、顔写真をだしてみようという、小さな小さな改善と試みのご紹介でした。

WordPresshttp://ja.wordpress.org/
Webサイトや、Blogなど、HTMLを覚えなくても簡単に作成、更新をすることができます。無料で配布されて、多くのプラグイン、テーマ(デザインのファイル)が配布されています。

●Gravatarhttp://ja.gravatar.com/
TypePad、WordPressなどのサイトにコメントを書いた際に、共通のアバターとして表示させるサービスサイト。無料。

8月25日に新会社を設立して、WebサイトもBlogも構築したばかり、ごくごく一部の方に、コメントを書いていただける程度ですが、多くの方に自由にコメントを書いていただき、そのコメントをもとに、より優れたeラーニング製品、eラーニング関連のサービスを作っていくためのヒントやエネルギーにしていきたいと思います。

社会人のためのやり直し英語講座を公開して、10時間で2000名を超えるアクセスをいただきました。もっと多くの方に使っていただこうと、33講 座542本のビデオを全部を見放題、10日間1,000円(税別)の特別プランを、10月一杯購入できるようにしました。申込み受付は、本日が最終日です ので、この機会にご利用ください。

———————————–

英文法ドットコムの特長

・定評のある教材を利用しているので、とっても安心
・基礎力アップにうってつけの基礎力講座
・テキストと演習がついているので、自分の力を確認しながら学習を進める事が可能
・eラーニング形式なので、忙しい社会人の方にもうってつけ
・iPhoneでの受講に対応しているので、いつでもどこでも学習可能です。
・電子黒板を利用した授業なので、濃度3倍(当社比)
・細かく章立てしてあるので、細切れの学習時間でも大丈夫
・無料講座がついているので、まずは内容を確認して判断できます。

詳しくは下記をご覧ください。
http://bunpou.com/?page_id=38

●対象
・主に社会人のお客様で、英語の基礎力をアップさせたい方
・TOEIC、TOEFLなどの受験を考えている方
・新社会人、就職活動など、高校英語の復習をしたい方

●料金
1ヶ月15,750円からご利用いただけます。6ヶ月契約で月あたり7,875円。
また、無料体験コースがありますので、まずはお試し受講をおすすめ致します。
無料体験はこちら => http://bunpou.com/?page_id=6

●お問い合わせ
お問い合わせはホームページから受け付けております。

▼英文法ドットコム
http://bunpou.com/

●運営企業について
「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル
http://elearning.co.jp
代表取締役 西村正宏
担当:浜田・中村
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F
電話:03-5846-5800
FAX:03-5846-5801

無料登録・ログインはこちらから

eラーニング関連で最初に読む1冊

CATEGORIES 書籍・本by.m.nishimura2 Comments2009.10.30

学生さんにeラーニングについて学ぶなら、何から読んだら良いですか?と質問を受けた。eラーニングの事が1冊で分かるはずもなく、本を1冊読んだところで卒論ができるわけでもなく、今頃、入門書を教えてもらっているようでは、、、と心配になりますが、『eラーニング導入ガイド』を、きちんと、熟読すれば、eラーニングとは何か、企業の中でどのように導入されて、どのように運用されているのか、概略をもっとも効率よく理解することができるだろう。

株式会社キバンインターナショナルでは、入社後、1人1冊支給され、勉強会の最初のテキストになるのも、この書籍。参考までに最首も掲載しておくので、迷わず、書店に走るか、Amazonで購入し、熟読してほしい。

eラーニング導入ガイド

eラーニング導入ガイド』目次

日本イーラーニングコンソシアム (編集)
1 導入決定
2 計画立案
3 システム構築
4 コンテンツ選択と制作
5 運用管理
6 効果測定

1 導入決定
1.1eラーニング導入から活用へ
1.2eラーニングの目的と成果
1.3目標・対象・テーマの決定
1.4導入形態-イントラネットかASPか
1.5社内のインフラとツールの点検
1.6プロジェクトに必要な人材
1.7社内の協力体制
1.8学習するしくみの設計
1.9トップを味方につける
1.10学習する企業文化の形成
1.11学習へのインセンティブ
1.12導入後に予想される障害
1.13小企業での導入
1.14最初の導入は成功しなければならない
1.15失敗事例から学ぶ
2 計画立案
2.1計画立案を担当する組織
2.2インフラの検討
2.3段階的な目的の設定
2.4eラーニング導入のための5W1H
2.5対象や目標の絞り込み
2.6コストの試算
2.7ブレンディッドラーニングの設計
2.8ベンダーの選び方と活用
2.9運用体制
2.10スケジュールと管理
3 システム構築
3.1システム構築の手順
3.2eラーニングシステムの要素
3.3ネットワークとシステムの検討
3.4社内システム部門との連携,役割分担
3.5イントラ型eラーニング設計の留意点
3.6ASP型eラーニングの特徴と活用法
3.7LMSの選択
3.8LMS導入の手順
3.9学習管理機能
3.10同期型学習システムの設計の留意点
3.11映像情報の活用
4 コンテンツ選択と制作
4.1eラーニングと集合研修の判断基準
4.2汎用コンテンツの購入と自社制作
4.3汎用コンテンツの選択とカスタマイズ
4.4自社制作に必要な人とツール
4.5サイズが重いコンテンツと軽いコンテンツ
4.6コンテンツ開発の費用
4.7音声と動画の導入
4.8コンテンツ制作手順
4.9コンテンツ制作のアウトソーシング
4.10インストラクショナルデザイン
4.11テスト問題の作成
4.12FAQの作成
4.13コースの更新
4.14学習者に喜ばれるコンテンツと敬遠されるコンテンツ
5 運用管理
5.1運用体制と人員
5.2責任者を決める(eラーニング管理者)
5.3トップの力の活用
5.4現場のマネージャーのサポート
5.5学習する職場の環境づくり
5.6メンターとチューターの設置
5.7学習ポータルの設置
5.8学習者の登録とログイン
5.9学習管理
5.10コース紹介と学習申し込み受付
5.11学習履歴を活用する
5.12ネットワーク環境や機器の障害対応(ヘルプデスクサポート)
5.13運用業務の外注化
5.14成功例,学習者の声の収集と広報
6 効果測定
6.1教育の評価
6.2教育のROI
6.3eラーニングの有効性の証明
6.4学習効果の測定
6.5業績を向上させるeラーニングの展開
eラーニング用語集
索引

Webサイトリニューアル中

CATEGORIES その他by.m.nishimura0 Comments2009.10.30

株式会社キバンインターナショナルのWebサイト(http://elearning.co.jp/)は、活動開始の約2ヶ月前に、取り急ぎWordPressで作成して、放置状態。

原稿もちゃんと入っていないページもある。伝えたいこともハッキリしない。時間をかけて、整備をしよう!ということで、まずは、もっとも社内で評判の悪かったトップページを入れ替えました。

伝えたいことを分かりやすく、表現することの難しさを痛切に感じています。Web制作選任のスタッフが欲しくなってきました。WordPressで簡単に更新できるといっても、デザインやSCC(スタイルシート)を変更したりは、やはり技術と時間が必要ですね。

topage

▲最低限、何を専門にしている会社か、何を取り扱っている会社かは分かるようになった気がする、、、

かなりのページを非表示にして、会社の紹介、スタッフの紹介などに内容を絞りました。

絵もかけないし、デザインセンスもない。でもCSSなら修正できるという、プログラマ向けのデザインテクニック、を紹介します。

・余分な要素を取り除く
・余白をあける

たったこれだけです。

この2点をブログのリンクユニットに適用してみました。

Before After
before after

どうでしょう?

すっきりしましたよね。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ