月別アーカイブ: 2010年 11月

SmartBrainの便利機能。「履修制限」

CATEGORIES eラーニング, SmartBrainby.yasu.tanaka1 Comments2010.11.19

講義を順番に、ステップバイステップで学習者に受講して欲しい。途中の過程を飛ばして受講してほしくない講義がある。そんな場合、eラーニング管理システムSmartBrainの履修制限機能が便利です。その方法をご紹介します。

▲管理画面にログインします。

▲まずは管理画面にログインします。

▲管理機能をクリック

▲画面下部の「管理機能」をクリック

▲eラーニングシステムSmartBrainの「コース管理」をクリック

▲「コース管理」をクリック

▲履修制限したい任意のコースを選択します

▲履修制限したい任意のコースを選択します

▲「履修制限」をクリック

▲「履修制限」をクリック

▲チェックを入れるだけで履修制限を設定できます

▲チェックを入れるだけで履修制限を設定できます

例えば、上の図の一番上のチェックボックスにチェックを入れた場合は、「第1回を履修していないと、第2回は履修できない」という設定になります。また、チェックはいくつでもつけることができます。
なお、この履修制限ができるのは複数のSCO(教材)があるコースのみです。

●i-phone、i-pad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

Facebook/ブログ内のいい記事集めました

CATEGORIES facebook, 北海道ラボby.yasu.tanaka2 Comments2010.11.19

ブログのトップページにいいねボタンを設置して以来、いいねも頂けるペースが大幅に上がってきました。せっかくなので、どんな記事にいいねを頂いているのかまとめてみようと思い、Facebookの”Recommendations”パーツ人気エントリーページに設置してみました。

facebookいいね+はてブ

facebookいいね+はてブ

Facebookにログインしているユーザであれば、個人の好みも加味したリスト表示されるそうです。

事例の紹介です。昨日、パンダスタジオて『どろひよチャンネル』というUstream番組が配信されました。そこで、視聴者が急増した事例がありましたのでご紹介致します。

番組開始時は同時視聴者20名弱だったのが、番組途中のあるシーンから急増。あれよあれよという間に、一気に約190名同時視聴まで伸びました。およそ10倍の伸びです。

それは一体どんなシーンだったのかというと・・・

▲DJが菅野よう子さんの音楽をミックスするシーン

▲DJが菅野よう子さんの音楽をミックスするシーン

でした。

どろひよチャンネルとは

菅野よう子の魅力を慈しみ、啓蒙していくという名目の元、ただただ、大好きな菅野ワールドに塗れて本気で遊びたいだけという大人子供の集まりです。組員絶賛募集中です。

この『どろひよチャンネル』、一気に視聴者が伸びた理由は何だったのでしょうか。ポイントを挙げてみましょう。

Ustream視聴者数アップ3つのポイント

  1. 菅野よう子ファンが大勢いた
  2. ニコナマ同時視聴を行っていた
  3. ツイートの嵐

まず第一に、菅野よう子さんのファンが、もともと世の中にたくさんいるということ。すでに認知されていて人気のあるテーマがだったことが重要なポイントであると考えられます。その音楽がファンの心を打つコンテンツで、ライブで配信されていたことがより盛り上げる要素になったと思われます。

第二に、同時にニコニコ動画の生放送をやっていたこと。ニコナマは放送に1時間制限があります。ですから、その放送を見ていた視聴者がUstreamに合流してきたことも大きな要因のひとつと考えられます。

第三に、有名な漫画家さんがリツイートしてくれたこともあり、視聴者数が増えていきました。その急激な数字の増え方に、司会者も視聴者も大盛り上がり。タイムラインはツイートの嵐となりました。これは偶然の要素もも大きいですが、司会者の方の番組でのエキサイトっぷりが視聴者に伝わったように個人的には感じられました。

(もちろん、DJさんの腕がよかったことなども大前提としてあると思います。)

これらは、全て狙ってできるというものではありませんが、意識してポイントを押さえるのとそうでないのとでは、まったく結果が違ってくるでしょう。ご参考にして頂ければ幸いです。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

キバンインターナショナルは、Facebook上にパンダスタジオファンページを開設していたりと、このところFacebookの活用に真剣に取り組んでいます。このブログにも昨夜から、トップページにいいねボタンが付きました。Facebookにログインした状態なら、ボタンをクリックするだけでどんどん「いいね」できるので、ぜひお試しください。

いいねボタン付きました

いいねボタン付きました

「2010年代のオープンソース/ソーシャルメディアの行方」出演 : まつもとゆきひろ氏、藤本真樹氏(グリー株式会社 CTO) 番組進行:手嶋守氏(株式会社手嶋屋 代表)

上記はFlashですので、iPadなどでご覧頂いている方の為に画像でもご紹介致します。

▲対談の様子

▲対談の様子

▲記念撮影

▲記念撮影

まつもとゆきひろ氏プロフィール

1965年生まれ。英語圏では「Matz」の愛称で呼ばれている。日本発のオープンソースとして広く普及する「Ruby」の開発者。コンピュータの設計・構造の分野において世界的に名の知れた数少ない日本人のひとりとして名を馳せている。1993年から開発を始めたRubyは、その後、手軽なオブジェクト指向スクリプト言語として日本国外にも普及。1997年から株式会社ネットワーク応用通信研究所に特別研究員として勤務している。

藤本真樹氏プロフィール

1979年生まれ。国内初のSNS「GREE」を運営するグリー株式会社の取締役執行役員 最高技術責任者 プラットフォーム開発本部長。PHPのフレームワーク「Ethna」のメイン開発者として知られ、最近ではKey
Value Store「Flare」の開発を行っている。2001年上智大学文学部卒業後、株式会社アストラザスタジオを経て、2003年有限会社テューンビズに入社。オープンソースプロジェクトに参画し、オープンソースソフトウェアシステムのコンサルティング等を担当。2005年グリー株式会社 取締役に就任。

手嶋守氏プロフィール

1979年、東京都生まれ。東京理科大学卒業後、2002年3月に携帯関連ソフトウエアの開発会社として「手嶋屋」を起業。2005年に自社開発のSNSエンジン「OpenPNE」をオープンソース化し、現在までプロジェクトを率いている。著書に「OpenPNEオフィシャルガイドブック」(毎日コミュニケーションズ)、「図解でわかるiアプリプログラミング」(日本実業出版)、監修書に「OpenPNEによるSNSサイトの構築」(秀和システム)など。

キバンインターナショナルパンダスタジオでは、11月18日に行われました、「どろひよチャンネル vol.​4 ~続・僕らの大好きな菅野​よう子を文化しようっ☆~」のお手伝いを行ないました。今回も前回と同様、ニコニコ生放送で本放送、Ustreamで舞台裏を配信するという試みでした。 

▼Ustreamで配信されたバックヤード側の映像です。本放送の裏側では、こんな様子が・・・

マクロス話(マクロスF、マクロスプラス、等々)で盛り上がっております。
そして、話はdarker than black にも言及されていき、11分からロックスターさんのプレイをお楽しみ頂けます!

どろひよチャンネルについて

菅野よう子の魅力を慈しみ、啓蒙していくという名目の元、ただただ、大好きな菅野ワールドに塗れて本気で遊びたいだけという大人子供の集まりです。組員絶賛募集中です。 ~Ustremの番組紹介より引用~

公式サイト: http://drohiyo.com/
公式Twitterアカウント: @drohiyo
公式ハッシュタグ: #drohiyo


ねんりん家のバームクーヘンをご存知でしょうか。株式会社三光マーケティングフーズ様に頂いたのですが、これはまさに、食べてびっくり。とんでもなくおいしいです。

▲ねんりん家のバームクーヘンの箱

▲ねんりん家のバームクーヘンの箱


▲ねんりん家のバームクーヘン

▲ねんりん家のバームクーヘン


▲ねんりん家のバームクーヘンとMacBookPro

▲ねんりん家のバームクーヘンとMacBookPro

30分並んで買って頂いたそうです。三光マーケティングフーズ様、ありがとうございます!

本日、私たちキバンインターナショナルのお昼のほっとひとときUstream番組『きばらじ』特別編として、パンダスタジオFacebookファンページの「いいね!1,000件プロジェクト」の公開コンサルティングの様子をライブ配信しましたので、そのアーカイブを公開致します。

Watch live streaming video from kiban2 at livestream.com

ライブ配信時には、150名様もの大変多くの方にご覧頂きました。ありがとうございます!

この公開コンサルティングをご覧頂くことで、Ustream、Livestreamのライブ配信とFacebookを融合して、お客様とのリレーションショップをとる方法が分かります。ビジネスユースでソーシャルメディアを活用しようという方はぜひご覧くださいませ。私たちはお金を払って受けているものですので大変お得です。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

昨今、国内においても爆発的にスマートフォンの普及が進んでいますが、複数のスマートフォンで等しく動画コンテンツを見られるようにすることは容易ではありません。
単に動画ファイルを再生するだけであれば、専用の動画再生アプリをダウンロードすることで対応可能です。が、これではサービスを作成していくにあたって、

「Webブラウザ上で他のコンテンツと組み合わせて動画を再生させたい!!」
「エンドユーザに特別にソフトをインストールさせるなどの手間・制約を強要させたくない!!」

といった要求には対応することができません。

PCではあまり深く考えなくても、ほとんどの動画ファイルをWebブラウザ上で再生することができますが、スマートフォンでは事情が異なってきます。
2010年11月現在、残念ながら国内で販売されているスマートフォンのすべてで一様に再生できる動画フォーマットというものは存在しません。
そのため、動画コンテンツを複数のスマートフォンに対応させるためには各々に合わせた動画フォーマットに変換する必要があります。

ひとつの動画ファイルを複数のスマートフォンで等しく再生することはできない

それでは、それぞれのスマートフォンで再生できる動画フォーマットとは一体どのようなものなのでしょうか。

iPhone・iPadにおいては3gp,mp4,m4v等の動画ファイルが再生可能です。
特にmp4形式は特別に動画変換を行わなくてもそのまま再生することができます。(一部例外のフォーマットもあります)

Android端末においてはFlash10.1にてFlash動画を閲覧することができますが、AndroidのバージョンによってはこのFlash10.1自体が動作しません。
Androidのバージョン依存の影響を抑えるためには、少々手間がかかりますが、動画変換ソフトを用いてmp4ファイルをAndroid端末等でも読み込める形式に変換することがベターです。

なお、Android端末用等、各種スマートフォンに対応した動画に変換する具体的な方法に関しては弊社ブログの以下の記事をご参照ください!!

参考記事:iPhone、iPad、Andloidに対応した動画を作ろう!

株式会社キバンインターナショナルからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2010.10.18.発行(http://elearning.co.jp/

株式会社キバンインターナショナル代表取締役は、
高機能なeラーニング教材作成ソフトLectureMAKER(http://lecturemaker.jp/)のアップデート版
LectureMAKER2.0(4.9.2010.11015)を公開しましたので、お知らせいたします。

株式会社キバンインターナショナルでは、「最高の学びをすべての人に!」という目標に向けて活動をしており、
その目標を達成するために、 簡単に「動画とテキストの同期化」させる機能、
教材作成者による「ボタンの分岐・クリック後の動作設定」や「画面のデザイン・テンプレート」などが、
自由に設定できる高機能なeラーニング教材作成ソフトを提供しております。

また、すべての機能がお試し利用可能な、30日間のお試し期間を設けております。
この機会にダウンロードしてご利用くださいますよう、お願いいたします。
≪LectureMAKER2.0(4.9.2010.11015)版のアップデート内容≫

1.機能追加について

■ 各スライド名と目次ボタン名の部分に「PowerPointのスライドタイトル名」が表示されるように追加しました。
■ 前回終了時のスライドから学習を再開始できるように機能を追加しました。
■ スライド内にクイズを挿入した場合、「設問の点数」が処理されるように機能を追加しました。
■ クイズの属性に 「採点」、「採点の表記」、「受験回数を一回に制限」 の設定ができる項目を追加しました。
■ 設問結果が表示できるようにオブジェクトを追加しました。
■ 数式の計算文箱の内蔵の関数に、各種レポートの項目を追加しました。
■ 動画ファイルをFlash変換する際に、品質の設定ができるようにオプション機能を追加しました。

2.トラブルの修正について
■ PPT, PDFファイルをスライド背景に挿入できなかった問題を修正しました。
■ Flash形式で変換する際に上手く保存されなかった問題を修正しました。
■ Flash9バージョンで音声が二重に聞こえた問題を修正しました。
■ 画像オブジェクトをURL指定で挿入した場合、上手く表示されなかった問題を修正しました。
■ 1時間を越える動画の再生時間が、上手く表示されなかった問題を修正しました。
■ 動画の比率が維持されず変換された問題を修正しました。
■ rtmp:// 動画を同期化する際に、以前のスライドが一瞬表示された問題を修正しました。
■ FLV動画を変換すると原本ファイルが削除された問題を修正しました。

▼詳細なリリース内容の閲覧は、以下のURLをクリックしてください。

http://lecturemaker.jp/wp-content/uploads/2010/11/LectureMAKER-4.9.2010.11015.pdf

▼添付資料は、以下のURLからダウンロードしてください。
http://lecturemaker.jp/wp-content/uploads/2010/11/LectureMAKER-4.9.2010.11015.zip
LectureMAKERを購入済(無料体験中)の皆様には、最新版へのアップデートをお願いいたします。

既にダウンロードされた方は、お使いのPC環境がオンライン上であれば、
自動的にアップデートのご案内文が表示され、アップデートすることが可能です。

●対象
LectureMAKERを購入済(無料体験中)のすべてのお客様。

●料金
購入済みのお客様アップグレート料金は、無料です。

●アップデート方法
バージョンをインストールするには、下記のURLからダウンロードしてください。

1.下記のURLにアクセスしてください。

LectureMAKERアップデート版【ver.2.0(4.9.2010.11015)】
http://lecturemaker.jp/archive/LectureMaker2.0_4.9.2010.11015_Update.exe

2.最新版へのアップデート方法については、以下をご参照ください。

アップデート方法について
http://lecturemaker.jp/?page_id=885

3.既にダウンロードされている方は、お使いのPC環境がオンライン上ですと、
自動アップデートされますので、以下をご参照し、アップデートしてください。

自動アップデート方法について
http://lecturemaker.jp/?page_id=924
●最新バージョンをインストールした方への注意点
※既存の作成された教材は、バージョンのアップロード後、もう一度、保存を行ってください。
レジストレーションコードは、購入時のものを入力することで製品版として使用することができます。

●旧バージョンのサポートについて
LectureMAKER 2.0(4.9.2010.11015)へのアップグレードをお願いいたします。
サポート対象は、原則LectureMAKER2.0(4.9.2010.11015)のみになります。
30日間無料試用版・最新版のダウンロード LectureMAKER製品版【ver.2.0(4.9.2010.11015)】
株式会社キバンインターナショナルでは、LectureMAKERの全機能が利用できる30日の無料体験版を提供しています。

製品版(試用版)をダウンロードするには、お名前とメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押してください。
製品を購入された方は、オンライン上で自動ダウンロードしていただくか、アップデート版をダウンロードしてください。

また、LectureMAKERのインストールなど導入手順などでご不明な点がございましたら
購入の有無に関わらずお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
今後とも、LectureMAKERをどうぞよろしくお願い申し上げます。
●LectureMAKER
URL:http://lecturemaker.jp/
価格:
99,750円(サポート無ライセンス)
152,250円(1年間サポート付ライセンス)
※サポート付ライセンスでは、教材の作成方法などについても親切丁寧にサポートいたします。

●販売方法
現在は、LectureMAKER専用サイト(http://lecturemaker.jp/ )にてご購入方法をご案内いたします。
見積もり依頼、購入、お問い合わせもWebから簡単に行うことができます。

●株式会社キバンインターナショナルとは
株式会社キバンインターナショナル(http://elearning.co.jp/)では、
「最高の学びをすべての人に!」という目標に向けて活動をしており、その目標を達成するために、
自社で製品・サービスを開発するだけではなく、日本・海外から優れた製品を探して皆様にお届けいたします。