月別アーカイブ: 2010年 11月

SmartBrain/成績表示の制限

CATEGORIES SmartBrain, 北海道ラボby.yasu.tanaka1 Comments2010.11.01

SmartBrainの新機能の紹介です。2010年12月リリース版で、学習者に対する成績表示の制限機能が強化されます!SmartBrainを使うと、クイズ問題を回答した際に、1問ごとの「正誤」「学習者の回答」「正答例」が学習者に対してフィードバックされます。これは、学習を目的としたeラーニングでは便利な機能なのですが、「資格試験」や「昇進試験」などで使うには不都合な機能です。これまでも、閲覧履歴を表示する、表示しないという二択では設定できたのですが、2010年12月版から、より細かく設定できるようになります。

設定画面

設定画面

アンケートの場合は、正誤や正答例って必要ないですよね?

アンケートの場合は、正誤と正答例は不要

アンケートの場合は、正誤と正答例は不要

不要な部分を非表示にしてしまいましょう!

不要な項目は非表示に

不要な項目は非表示にしてすっきり

adobe 社のTechNoteに、興味深い記事がありましたので紹介致します。

▼オーサリングにおける Flash の限界について
http://kb2.adobe.com/jp/cps/228/228626.html

▼引用
Flash ムービーは最高 16000 フレームをもつことができます。その限界を超えると、再生ができなくなるでしょう。しかし長いムービーでも、滅多にその限界を超えることはないと思います。
万が一、16000 フレーム以上必要になるのであれば、16000 フレーム以下にムービーを分割してそれらを Load Movie でリンクして対処します。

つまり、フレームレートによって、1スライド内で再生可能な時間が異なります。
例えば、8分以上のスライドの場合、30fpsの設定を利用することは出来ません。

・0分-8分   : 30fps 24fps 18fps 12fps
・8分-11分  : 24fps 18fps 12fps
・11分-14分 : 18fps 12fps
・14分-22分 : 12fps
・22分以上の場合は、スライドを分割してください。

詳しくは以下のFAQを御覧ください。
【Flashのファイルサイズの限界によるPPT2Flashのフレームレート設定】
http://ppt2flash.jp/?page_id=813

SkypeとFacebookを連携する方法

CATEGORIES facebookby.yasu.tanaka3 Comments2010.11.01

SkypeとFacebookを連携する方法をご紹介します。

やり方は簡単です。まずは、Skypeを立ち上げて、右の画面の上部にある「Facebook」タブをクリック。Facebookのメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

skypeとfacebookの連携

Facebookタブをクリック

その後は「許可」などで進んでいけば連携することができます。

SkypeとFacebookが連携できると、Skypeの「Facebook」タブ内の画面上部に「ニュースフィード」と「電話帳」の2つのボタンが表示されます。

ニュースフィード

「ニュースフィード」では、Skypeからニュースフィードを読んだり、投稿することができます。

Skypeムード

また、「Skypeムードにコピー」チェックボックスをチェックして投稿すると、投稿がSkypeムードに表示されます。(「Skypeムード」とは、Skypeのプロフィールに自分の今の気分を記入する欄です。相手のコンタクトリスト上に表示されます。)
これはやってみましたが、Skypeにちょくちょくアクセスする人にとっては面白い機能だと思います。Skypeムードをちょくちょく設定しなおすのは面倒ですがFacebookに投稿するついでにチェックするだけなら気軽にできます。

電話帳

「電話帳」にはFacebookに電話番号を登録してある友達が一覧表示され、受話器のアイコンから電話することができます(電話を利用するにはSkypeクレジットが必要です)。

FacebookがSkypeやその他大きなプラットフォーム同士の連携をすることで、より便利で面白くなっていきそうですので楽しみです。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

さくらインターネットVPSを検証

CATEGORIES eラーニングby.yasu.tanaka5 Comments2010.11.01

以前の記事では、VPSとAmazon EC2/S3タイプのクラウドサービスの違いを書きました。

今回は、VPSサービスでも新しく登場した、さくらインターネットのVPS「さくらのVPS」を検証してみます。

主な特徴を挙げていきます。

コントロールパネルから負荷状態を確認できる

さくらのVPSは、コントロールパネルから起動・停止・再起動の制御を行うことが出来ます。

また、負荷状況・リソース情報をグラフ表示で出してくれます。

コントロールパネル

コントロールパネル

リソース情報

リソース情報

いくつかOSを選択してインストール出来る

さくらのVPSでは、いくつかのLinuxディストリビューションを選択してインストールさせることが出来ます。リストアップすると、

・CentOS 5.5 x86_64    (64bit版)
・CentOS 5.5 x86 i386  (32bit版)
・Ubuntu 10.04 amd64   (64bit版)
・Ubuntu 10.04 i386    (32bit版)
・FreeBSD 8.1 x86 amd64(64bit版)※1
・FreeBSD 8.1 x86 i386 (32bit版)※1
・Debian 5.05 amd64    (64bit版)
・Debian 5.05 i386     (32bit版)
・Fedora 13 x86_64     (64bit版)※2
・Fedora 13 i386       (32bit版)※2

があり、これらのLinuxディストリビューションを選択してインストールさせることが可能です。

メモリは512Mb

topコマンドで計測したところ、次のようになりました。

top – 23:40:56 up 16 min,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00
Tasks:  50 total,   1 running,  49 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s):  0.0%us,  0.0%sy,  0.0%ni, 99.7%id,  0.3%wa,  0.0%hi,  0.0%si,  0.0%st
Mem:    510532k total,   153628k used,   356904k free,    10540k buffers
Swap:  2048276k total,        0k used,  2048276k free,   117032k cached

top – 23:40:56 up 16 min,  1 user,  load average: 0.00, 0.00, 0.00Tasks:  50 total,   1 running,  49 sleeping,   0 stopped,   0 zombieCpu(s):  0.0%us,  0.0%sy,  0.0%ni, 99.7%id,  0.3%wa,  0.0%hi,  0.0%si,  0.0%stMem:    510532k total,   153628k used,   356904k free,    10540k buffersSwap:  2048276k total,        0k used,  2048276k free,   117032k cached

何も処理をさせていない状態なので、LoadAverage(処理を待っているプロセス数)は0です。

メモリは510532k totalとあるので、512Mbあり、SWAP領域もあります。ちなみに、同種のVPSサービスである、Serversman@VPSは、SWAP領域0です。

KVMベース

さくらのVPSはKVM(Kernel-based Virtual Machine)ベース仮想化技術で構成されています。そのため、多彩なLinuxディストリビューションインストールやメモリSWAP領域があるなど特徴があります。

さくらのVPSの一番の特徴はここにあると言ってもいいでしょう。

まるごとroot権限をもらっているので、またKVMベースなので様々なソフトウェアをインストールすることが出来ます。例えば、セキュリティモジュールのTOMOYO Linuxもインストール出来ます。

ePubリーダー”Calibre”

CATEGORIES eBooK, ePubby.yasu.tanaka2 Comments2010.11.01

Calibreを使うと、ePub形式のファイルを管理・閲覧することが出来ます。イメージ的には、ePub版のiTunesで、iTunesのように作者、レーティング、シリーズ、出版社などで絞り込みながら検索できます。Windows,Mac対応です。

Calibreのメイン画面

Calibreのメイン画面

ePub形式のファイルを管理・編集・表示させることが出来ます。

以前このブログで作成した、MacのPagesで作成したePubファイルもきちんと表示できました。

MacのPagesで作成したePubファイルを表示

MacのPagesで作成したePubファイルを表示

さらに各ニュースサイトのデータを取得する機能があり、BBCなどからデータを自動的にダウンロードしてeBook形式で保存してくれる機能があります。下の画像は、BBCのニュースをダウンロードしePub形式にしたものです。

ePub形式のBBCのニュース

ePub形式のBBCのニュース

ePub形式に保存し、iPadで表示させることも可能なので、この機能は非常に便利です。

Calibreには、他にもePubファイルのメタデータを編集機能もついており、表紙や著者情報の編集が可能です。

その他、PDFファイルをePub形式に変換する機能などがありますが、残念ながら日本語には対応していませんでした。

Objective-Cでの静的なメンバ変数について

CATEGORIES iPhone, 北海道ラボby.yasu.tanaka5 Comments2010.11.01

Objective-Cでのstaticなメンバ変数について、ちょっと困ったので使い方をまとめておきました。

宣言部分はこちらです

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface SampleClass : NSObject {

}

+(NSString*)getString;

+(void)setString:(NSString*)str;

@end

定義部分はこちらです。

staticなオブジェクトを宣言はidにしておくほうがよさそうです。

#import “SampleClass.h”

@implementation SampleClass

static id string = @”hogehoge”;

+(NSString*)getString {

return string;

}

+(void)setString:(NSString*)str {

string = [str copy];

}

@end

こうすることによって、メンバ変数をグローバル変数のように扱うことができます。