WordPress

WordPressプラグイン作成時の注意事項

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka6 Comments2010.10.04

ソースコードに余分な空白をいれない!

例えば、記事内の円をJPYに置換するプラグインは以下のように記述できます。

< ?php /* Plugin Name: YEN REPLACER Plugin URI: http://php7.jp Description: YEN2JPY Version: 1 Author: よういちろう Author URI: http://php7.jp */ function yen_filter($content) { return str_replace('円', 'JPY', $content); } add_filter ( "the_content", 'link_filter'); ?>

このプログラム。最初のの後ろに空白文字(スペース、改行、タブなど)が出力されていると、WordPressの動作に支障が出ます。プラグインを実行した際に空白文字がブラウザに出力されてしまい、HTMLやXMLの構造が崩れてしまうのです。HTMLであればソースが汚れる程度で済むのですが、XMLの場合は、ブラウザや外部のWebサービスが内容を理解できず、何も表示されないという自体が発生してしまいます。

PHPのプログラムでは、末尾に?>を記述する必要はありません。?>を記述することによるトラブルの方が多いので、末尾の?>は記述しない方がおすすめです。

問題のある例

<!— この部分に余計な記述があると問題が発生します —>
< ?php /* Plugin Name: YEN REPLACER Plugin URI: http://php7.jp Description: YEN2JPY Version: 1 Author: よういちろう Author URI: http://php7.jp */ function yen_filter($content) { return str_replace('円', 'JPY', $content); } add_filter ( "the_content", 'link_filter'); ?>
<!— 末尾にスペースが1つあるだけで挙動が変わるのでご注意ください。 —>

WordPress3.0 β2 日本語版が発表されました。
現在は2.9系のWordPressですが、3.0になると様々な新しい要素があるようです。
互換性など様々な問題があると思うので、バージョンアップは慎重に行う必要がありそうですね。

WordPress 3.0 ベータ 2

2010年5月7日, Naoko McCracken

以下は、2010年5月6日に Peter が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 3.0, Beta 2」を訳したものです。リンク先はすべて英語です。


WordCamp サンフランシスコの後とに行われたコードスプリントは成功のうちに終了し、WordPress 3.0 の2つ目のベータ版が用意できました。

テストしていただきたい点:

  • メニューのユーザーインターフェース改変
  • WordPress エクスポート、インポート機能の柔軟性向上

ベータ版にスイッチできるテストインストールサイトがすでにある場合は、ベー タテスタープラグインをご利用ください。

テスターの方は、バグを見つけたら wp- testers メーリングリストを使うのをお忘れなく。

皆さんに気に入っていただけることを願っています ! でももし気に入らない場合は、RC (リリース候補) 版が出るまで待っていてください。:)

では、WordPress 3.0 ベータ 2 英語版をどうぞダウンロードしてください !


訳注:
日本語版は現在作成中です。少々お待ちください。

バ グ報告は、Trac もしくは日本語フォーラムの 「開発版」トピックま でお願いします。また、日本語版パッケージの作成は日本語版チームメーリングリストにて 行っています。


追記 (5/12): 3.0 ベータ 2 の日本語版が利用可能になりました。ぜひテストにご協力ください。

バ グ報告は、Trac もしくは日本語フォーラムの 「開発版」トピックま でお願いします。また、日本語版パッケージの作成は日本語版チームメーリングリストにて 行っています。

(引用:http://ja.wordpress.org/2010/05/07/wordpress-3-0-beta-2/ [WprdPress日本語サイト blog])

2010年3月11日に、eラーニングビジネス開業パックとして、SmartBrain ECパックをリリースしたら、早速、いろいろなフィードバックがありました。実際に開業を考えている方から、Webメールや、アクセス解析をさせたいとの要望もありましたので、下記の内容をサービスメニューとして追加することを決定しました。

1.GoogleApps
Gmail、GoogleDocs、Googleスケジューラなどが、御社指定のドメインで利用できるようになります。

2.GoogleAnalytics
Webサイトのアクセス解析を希望されるであろうと想定されますので、
WordPress内に、GoogleAnalyticを組み込み、アクセスログを見られるようにします。

3.マルチドメイン
マルチドメインも対応をしますが、これは、ドメイン取得代金がかかりますので、別途オプションで、ドメインを取得できることとしました。
ドメイン数は無制限でできるようにする予定です。

商品名をわかりやすくするために、ロゴなども作っていきたいと思います。

eラーニングシステム SmartBrain ECパックを発表

キバンインターナショナルがeラーニングビジネス開業セットを販売開始

eラーニング専門企業の株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区 代表取締役 西村正宏 http://elearning.co.jp/)は、eラーニングシステム SmartBrainに、eラーニングビジネスを開業するに必要なものすべてをパックにした「SmartBrain ECパック」を、4月に発売することを決定しましたので、ここにお知らせいたします。

コンテンツ保持者が、そのコンテンツを簡単にeラーニング化して販売する機能がないため、eラーニングビジネスを構築することが難しいことが問題となっていました。また、そのためeラーニングシステム SmartBrainに、教材作成ツール5種類、Web作成ツール、ドメイン、SSLなど、eラーニングビジネス開業に必要なものを、すべてセットにしたパックを発売し、eラーニングビジネスを開始したい事業者の支援をすることを決定しました。

eラーニングシステム SmartBrain ECパックを利用すれば、初期費用31.5万円、月額5.25万円から、コンテンツ販売に必要な機能すべてを利用することができます。

PC用、携帯電話用、iPhone用のWebサイトを作成するためのCMS(WordPress)、独自ドメイン、SSL、メールサーバー、教材作成ツール5種類、ユーザー数無制限で利用できるeラーニングシステム、サーバー容量は余裕の30GBの環境と、必要なものが、すべてパックに含まれています。

このパックを利用することで、コンテンツの作成から、Webサイトの作成、コンテンツの販売(クレジットカード決済、銀行振込)を行うことが可能になります。

このパックを利用することで、貴社のeラーニングビジネスの構築のスピーディーな構築を可能にします。このパックを利用することで、PCだけではなく、iPhone向けに、コンテンツ販売ビジネスを開始することができます。eラーニングの専門家資格であるSCORMアセッサの資格取得者が、eラーニングビジネスがスピーディーに開始できるよう、様々なサポートを行います。

ECパックの内容

  • PC(Windows+Mac)+iPhoneで利用可能。
  • ハードディスク容量は余裕の30GB。
  • アカウント数無制限、同時ログイン数25まで利用可能。
  • コンテンツ販売用のWebサイト(WordPress)がセットになっています。
    PC用サイト、携帯電話用サイト、iPhone用のWebサイトの作成が可能。
  • 独自ドメイン、SSLを取得が含まれています。
  • コンテンツ作成ツール5種類がセットに含まれています。
    PPT2Flash ProfessionalQuizCreatorDemoCreatorWebVideo AuthorPPT2Mobileが各1ライセンス含まれています。
  • eラーニングシステム SmartBrainの課金システムが利用できます。クレジットカード決済、銀行振込による決済機能が利用できます。
  • 無料体験者用の体験ID、パスワードの自動発行機能が利用できます。
  • 無料体験から有料コンテンツ購入のカート機能の提供されます。
  • 複数コンテンツをパックにして販売する機能が利用できます。
  • 同一コンテンツを利用期間に応じて金額を変える機能が利用できます。

想定している対象者

  • 予備校、学習学校、料理学校、資格取得の支援・教育を行う事業者
  • 各種学校法人(大学、大学院、専門学校)
  • セミナー、研修事業を行っている事業者
  • 出版社
  • 映像コンテンツを所有する事業者
  • eラーニングコンテンツ、コンテンツ、ビデオの販売を行いたい事業者
  • コンテンツ販売、コンテンツ課金のビジネスを行いたい事業者

SmartBrain ECパック

  • 初期費用31.5万円(ドメイン・SSL・WordPress・オーサリングツール5種類)
  • 月額利用料金5.25万円/月 コンテンツ販売額の20%が手数料。手数料が、売り上げが25.75万円以下の場合は、月額利用料金は5.25万円。
  • オーサリングツールがセット(PPT2Flash ProfessionalQuizCreatorDemoCreatorWebVideo AuthorPPT2Mobile)が各1ライセンスセット。
  • eラーニングコンテンツ作成講習会(Ustream+eラーニング)を無料受講可能。
  • 決済は、Paypalを利用します。
  • 利用例 英文法.COM http://bunpou.com/
  • 2010年4月~

SmartBrain コラボパック

  • 大規模なコンテンツ販売の場合は、別途相談の上、条件を決定いたします。
  • お問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • サービス開始時期
  • 随時お問い合わせ受付中
  • 下記のような対象を想定しています。
    • eラーニングシステム SmartBrainをカスタマイズしたい場合。
    • 既存のシステムと連携したい場合。
    • コンテンツ量が、30GB以上になる可能性がある場合。
    • コンテンツの企画、開発からアドバイス、コンサルティングが必要な場合。
    • オンライン大学、オンラインで資格取得学校を構築するような場合。
    • 専門家資格制度そのものの運用を含めてシステム化したい場合。
    • 日本国外の事業者である場合(ワールドワイドに展開をしたい事業者の場合)。
    • 独自の決済システムとの繋ぎ込みを行いたい場合。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社キバンインターナショナル
担当:湯川、西村
お問い合わせフォーム:http://elearning.co.jp/?page_id=7
電話:03-5846-5800
メール:international@kiban.jp
住所:〒121-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F

キバンインターナショナルについて

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。1900社にeラーニング関係の製品を提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。
キバンインターナショナルの情報についてはこちらをご参照ください。 http://elearning.co.jp/

SmartBrainについて

20名まで無料のeラーニングシステムとして2009年11月22日に発売。約300社に導入される。PCだけではなく、iPhoneでも学習ができるeラーニングシステムとして注目を浴びる。http://smartbrain.info/

函館事務所の様子

CATEGORIES SCORM, SmartBrain, WordPress, 新着情報by.yasu.tanaka1 Comments2010.02.10

東京本社から、「函館事務所は肉食べてばかりで仕事してないんじゃないか」という指摘をうけたので、簡単にこの2日間の出来事をまとめてみました。

2月9日
 湯沸かし器購入
 湯のみ×5 購入
 インスタントコーヒー購入
 昼食 海鮮居酒屋でランチ 500円ぐらい
 夕食 肉 (肉の日なので)

2月10日
 灯油補充
 バイト3名が出社
 ホワイトボード入手
 昼食 コンビニとか弁当
 カーテン購入
 PHP関連書籍が大量入荷
 夕食 ラッキーピエロ 

バイト3名の作業内容
 ・SmartBrainを各自のPCにインストール
 ・オーサリングツール6種類をインストール・簡単な教材を作成
 ・作成した教材をSmartBrainにアップロード
 ・余裕があれば、SCORMのAPIの実装、マニフェストファイルの記述
 ・Wordpressをインストール

決定事項
 昼食は、月水金が弁当(コンビニ)、火木が外食に仮決定
 
食べ物の話ばかり多いですね。でも、仕事、してます。午前8時半スタートで、みっちり仕事してます。

wp-cacheとiPhone向けプラグインの共存

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka2 Comments2010.02.02

キバンインターナショナルでは、Wordpressの高速化させるために、wp-cacheというプラグインを使っています。このプラグインは、一度生成したHTMLをファイルシステムにキャッシュすることで、2件目以降のアクセスを圧倒的に高速化できるのですが、そのままでは、iPhone用のプラグイン(WPtouch iPhone Theme)と共存できません。

iPhone用のプラグインをインストールすると、PCで閲覧した場合と、iPhoneから閲覧した場合で異なるHTMLが出力されるようになります。しかし、wp-cacheは、iPhone用のプラグインと組み合わせて使うことが想定されていないため、最初に出力したHTMLを記憶してしまいます。そのため、最初にiPhoneでアクセスしてしまうと、パソコンで見てもiPhone用のデザインで、最初にパソコンで見るとiPhone用のデザインで表示されてしまいます。

この問題を解決するために、iPhoneから閲覧した場合はキャッシュを無効化するように、wp-cacheを書き換えました。

wp-cache/wpcache-phase1.php 13行目付近を以下のように変更しました
変更前

if (!$cache_enabled || $_SERVER[“REQUEST_METHOD”] == ‘POST’)
return;

変更後

if (!$cache_enabled || $_SERVER[“REQUEST_METHOD”] == ‘POST’ || strpos($_SERVER[‘HTTP_USER_AGENT’],’iPhone’) !== false)
return;

ifの条件部分に、エージェント判定を追加しました。ユーザエージェントにiPhoneが含まれている場合は、キャッシュのプラグインの処理を行いません。iPhoneでアクセスした時のレスポンスは若干低下しますが、パソコンと比べてネットワーク接続もハードも非力なので、問題なく運用できています。

WordPress2.9の新機能

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka4 Comments2010.01.22

このブログはWordpressで運営していますが、本日、Wordpress2.9にアップデートしました。数多くの機能が追加されたのですが、その中でも利用頻度の高そうな2つの機能を紹介します。

ゴミ箱機能
ぺージと投稿に、ゴミ箱機能がつきました。削除してしまうと記事を復活できませんが、ゴミ箱なら間違って捨ててしまっても大丈夫。

ゴミ箱

ゴミ箱

画像エディタ
回転、反転、トリミング、縮小など基本的な操作をWordpress上で行えます。

画像エディタ

画像エディタ

これ以外にも多数の改善点があるので、ぜひ2.9にアップデートしてみてくださいWordpressを使われている方はぜひアップデートしてみてください。

※アップデート時には、念のため、バックアップをとりましょう。古い環境(MySQL4系)だと、Wordpressが動作しないとの情報もありますのでご注意ください。

WP-Cache導入

CATEGORIES eラーニングシステム, SmartBrain, WordPressby.yasu.tanaka1 Comments2010.01.20

キバンインターナショナルでは、数多くのサイトをWordpressで構築していますが、記事の数や、プラグインの数が増えてくるにつれ、徐々にレスポンスの悪さが目立ってきました。Webアプリケーションを開発している企業として、自社のWebのレスポンスが悪いなどということは許されるはずがありません。そこで、Wordpressに、表示を高速化するためのプラグインを導入しました。

導入したプラグイン
WP-Cache

詳細なベンチマークをとったわけではありませんが、トップページのHTMLの受信に掛かる時間が、導入前:1~2秒程度から、導入後:300ms程度に短縮しており、体感速度もかなり向上しました。

なお、弊社が開発しております、オンライン学習管理システム: SmartBrainは、HTML生成に掛かる時間が10ms程度になるよう最適化をしております。こちらから体験環境を設置できるのでどうぞお試しください。20アカウントまでであれば、無料でご利用いただけます。

Webサイトでの情報提供の重要性を考え、Webに積極的に情報を開示してまいりましたが、印刷時に、サイト右側のバナーが表示されたり、うまく印刷されないので、印刷専用ページを用意して欲しいとのご要望をいただきました。

そこで、株式会社キバンインターナショナルで運営している全サイトに、印刷専用のボタンを設けましたので、お知らせいたします。印刷は、文末のプリンターボタンを押すことで、印刷専用の画面が表示されます。印刷専用画面より、印刷をしてご利用いただければ幸いです。

▲Webサイトの全ページに印刷専用ボタンが追加されました。

———
株式会社キバンインターナショナルで運営している全サイト一覧
eラーニング専門企業キバンインターナショナルS_SmartBrain PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。a_PPT2Flash Professional パワーポイントファイルをFlashに変換。簡単SCORM対応の教材作成ツールb_QuizCreator 簡単操作でSCORM対応のeラーニングテスト問題作成ツール。 プログラミング不要で9種類のテスト作成可能c_DemoCreator SCORM対応動画キャプチャツール。PCの操作手順を簡単記録し、eラーニング教材に!d_WebVideo Author SCORM対応Flashビデオ(FLV)作成ツール。ビデオ教材簡単作成ソフトe_PPT2Mobile モバイル・ゲーム機・デジタルサイネージ用動画作成ツール。パワーポイントファイルをビデオファイルに変換f_LectureMAKER プロフェッショナルユースの高機能・SCORM対応eラーニング教材作成ソフトv_VeritasAcademy_bunpou 社会人のためのやり直し英語講座です。英文法を完全復習して英語力アップを。0_OnlineSeminer eラーニングのことをeラーニングで学ぼう!eラーニングシステム、教材作成ソフト(オーサリングツール)、教材をオンラインセミナーで伝授。eラーニングblog eラーニング専門企業の株式会社キバンインターナショナルのスタッフがお送りするeラーニング最新事情、eラーニングに関する情報をBlogで皆様に紹介します。月50本程度の情報発信を行っています。

WPのドロップダウンリストの階層数を制御

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka0 Comments2009.12.14

本記事は、Wordpressのテンプレートで、ヘッダー部分に「ぺージ」のドロップダウンリストが表示されている場合に、ドロップダウンメニューの階層を制御する方法についてです。

WordPressのヘッダ部分のドロップダウンメニューの階層設定変更方法

header.php、templates/header.php、もしくはこれに類するファイル、もしくは全く関係ない名前のファイルに、

wp_list_pages(‘title_li=0&sort_column=menu_order,post_title&depth=4’);

のような記述があると思います。

これのdepthが、階層の深さを指定しているので、より深い階層まで表示したければ大きな値を、より浅い階層までで表示をとめたい場合は小さな値を指定してください。depth指定がなければ、デフォルト値の0が指定され、無制限にページが表示されます。

なお、すべての階層を表示させると、ユーザビリティーは向上しますが、レスポンスの悪いサイトになる可能性があるのでご注意ください。特に1000ページ以上あるようなサイトでは、必ず深さ制限を設定しましょう。

参考: http://wpdocs.sourceforge.jp/テンプレートタグ/wp list pages