WordPress

新着投稿の一覧を記事内に表示

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka1 Comments2009.11.09

新着投稿の一覧を記事内に表示するプラグインを前回作成したが、日付が表示されないと、いつの投稿かわからないと指摘されたので、日付を表示されるように改良してみた。

ダウンロード: entrylist

プラグインをアップロード、アクティベート後、投稿やページ内に[ [entrylist] ]という表記があれば、新着記事の一覧を表示します。

使用例

ソースコード

<?php
/*
Plugin Name: エントリーリストつくーる
Plugin URI: http://php7.jp
Description: 新着10件のエントリーリストを作成します。
Version: 1
Author: よういちろう
Author URI: http://php7.jp
*/

function entrylist($str){
if(strpos($str, ‘[[entrylist’) === false)return $str;
$posts = get_posts(‘numberposts=10’);
$entrylist = ”;
if($posts){
foreach($posts as $post){
$entrylist.= ‘<div class=”entry-link”><a href=”?p=’.$post->ID.'”>’.str_replace(‘-‘,’/’,array_shift(explode(‘ ‘,$post->post_date))).’ ‘.$post->post_title.'</a></div>’.chr(10);
}
}
$entrylist = ‘<div class=”entrylist_block”>’.$entrylist.'</div>’;
return str_replace(‘[ [entrylist] ]’, $entrylist, $str);
}

WordPressの投稿者ページをカスタマイズ

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka9 Comments2009.11.08

WordPressの投稿者毎のアーカイブページをカスタマイズしてみました。

WordPressには投稿者ごとのアーカイブページがあるのですが、今使っているテンプレートでは、ヘッダー部分に「投稿者ごとのアーカイブ」とだけ表示されていて、殺風景だったので、名前と、自己紹介が表示されるようにしてみました。この修正は、Archive.phpが存在するテンプレートだったら、そのまま適用できると思いますので、どうぞお試しください。

※登録ユーザは信頼できるという前提で、内容をエスケープせずそのまま表示しておりますので、ご注意ください。

修正前(archive.php)

} elseif (is_author()) {
_e(‘Author Archive’, ‘inove’);

修正後(archive.php)

} elseif (is_author()) {
echo get_usermeta($_GET[‘author’],’nickname’).’ のアーカイブ<br>’;//get_usermetadataでユーザ情報を取得。
echo get_usermeta($_GET[‘author’],’description’);
// _e(‘Author Archive’, ‘inove’);

WordPressで前後ページにリンクを張る方法

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka5 Comments2009.11.05

WordPressを使っていて、前後のページへのナビゲーションに困ったことはありませんか?PPT2Flashのページに埋め込みたかったのですが、なかなかよいプラグインが見つからなかったので、自作しちゃいました。前回プラグインを作成したエントリーリストつくーるでは、add_shortcodeを知らなかったので、str_replaceで強引にタグ置換してましたが、今回はadd_shortcodeつかって、それっぽく、仕上げてみました。

add_shortcodeを使えば、簡単にタグを作れることがわかったのが収穫です。ほしい機能がみつからなくても、簡単にプラグインが作れる。それがWordpressのいいところですね。

使用例

ppt2flash

ppt2flash

プラグインのダウンロード: prev_next

プログラム概要

  • get_prev_next
    現在のページの前後のインデックスを確認し、あればそのページを、なければfalseを返します。
  • short_code_next
    [ prev-page ]を置換するためのHTMLを生成。
  • short_code_prev
    [ next-page ]を置換するためのHTMLを生成。
  • prev_next_prepender
    [ prev-page ][ next-page ]を、記事の先頭に付加します。

ソースコード

<?php
/*
Plugin Name: prev_next
Plugin URI: http://blog.elearning.co.jp
Description: Link to the previous page and the next page
Version: 1
Author: y.nishimura
Author URI: http://blog.elearning.co.jp
*/

/**
* this function returns previous page and next page
* if not exist, return false.
*/
function get_prev_next(){
static $pageArray; // for performance enhancement
if(!isset($pageArray))$pageArray = get_pages(‘sort_column=menu_order,post_title’);
foreach($pageArray as $page)$idArray[] = $page->ID;
$pos = array_search(get_the_ID(), $idArray);
$ret[‘prev’] = isset($pageArray[$pos – 1]) ? $pageArray[$pos – 1] : false;
$ret[‘next’] = isset($pageArray[$pos + 1]) ? $pageArray[$pos + 1] : false;
return $ret;
}

/* define shortcode [prev-page] and [next-page] */
function short_code_next(){
$prev_next = get_prev_next();
$next = $prev_next[‘next’];
if($next)return ‘<a href=”‘.get_page_link($next->ID).'”>’.htmlentities($next->post_title, ENT_QUOTES, ‘utf-8′).’ »</a>’;
}
function short_code_prev(){
$prev_next = get_prev_next();
$prev = $prev_next[‘prev’];
if($prev)return ‘<a href=”‘.get_page_link($prev->ID).'”>« ‘.htmlentities($prev->post_title, ENT_QUOTES, ‘utf-8′).'</a>’;
}
add_shortcode(‘prev-page’, ‘short_code_prev’);
add_shortcode(‘next-page’, ‘short_code_next’);

/* prepend link-unit to the “pages” (not to posts)  */
function prev_next_prepender($content) {
if(is_page())$content = ‘<div><div style=”float:left”>[ prev-page ]</div> <div style=”float:right”>[ next-page ]</div></div><br/>’.$content;
return $content;
}
add_filter ( “the_content”, ‘prev_next_prepender’);
?>

WordPressで記事内に子ページを表示する方法

CATEGORIES WordPressby.yasu.tanaka8 Comments2009.11.04

WordPressの”ページ”を使ってサイトを構築する際、子ページの一覧を表示したいことってありませんか?そんな時には、WP Js List Pages Shortcodesがお勧め。本文中に、 [child-pages] と書くだけで、子記事の一覧が表示されます。

でも、全ページに、タグを埋めるって面倒ですよね。

そこで、タグ埋め込みプラグイン(ダウンロード: child_pages_appender)を作ってみました。このプラグインをインストールすると、全ページの末尾に[child-pages]と埋め込まれ、子ページのリストが表示されます。

child_pages_appender のソースコード

<?php
/*
Plugin Name: child_pages_appender
Plugin URI: http://blog.elearning.co.jp/
Description: Append [child_pages] to the buttom
Version: 1
Author: KiBAN International
Author URI: http://blog.elearning.co.jp/
*/

function child_pages_appender($content) {
return $content.'[child-pages]’;
}
add_filter ( ‘the_content’, ‘child_pages_appender’);

とっても単純なプラグインですね。Wordpressのプラグインを今までに作ったことがない方も、この機会にぜひ挑戦していただければと思います。